クリーニングで本当に大事なのはこれだ!

さて、昨日の続きです。(笑)


クリーニングで差がつくのはなぜだろう?と不思議に思っている方はたくさんいらっしゃいます。
実際、クリーニング屋さんでも、本当のことを知っている人は少ないと思うんですね。


その理由は、クリーニングできれいに出来ないのを溶剤管理のせいにしてきたから。

その昔、クリーニング屋さんの仕事が増えて、チェーン店が出店し始めたころのこと。
薄利多売で、大量に品物を扱った事により、溶剤管理がうまくいかなかった時期があるんです。
大手チェーン店では、汚れが落ちない、と言われている時期があって、その原因が管理しきれていない溶剤のせいでした。
昨日、きれいな溶剤は無色透明と書きましたが、当時ひどい所はコーラのような色になっていたこともあったと聞いています。

僕ら二代目のクリーニング屋さんは、初代や先輩から、クリーニングの悪い所は溶剤管理がなってないからだ、と教え込まれてきていたんですね。
で、これをずっと引きずっているんです。


ところが、最近この話は間違っているという事に段々と気づき始めてきました。
大手チェーン店は、資金力で定期的に濾過機を交換して、溶剤の色はとてもきれいな色に。
昔のように、大手チェーン店の溶剤管理は悪い、というのは一概に言えなくなってきています。


ところが、いまだに、大手チェーン店で洗うときれいにならない事が多々あります。
おかしいですよね、溶剤管理をしていて、きれいな洗浄液で洗っているのに・・・・・。
ここが、とても大事なポイントになります。


どこで差がつくか?
それは、洗い方の問題なんですね。


溶剤をいくら管理していても、それは保存しているタンクの中の話。
洗っている最中の洗濯層の中の状態が悪ければ、汚れは落ちないですし、逆に汚れてしまう事もあります。
きれいな溶剤で洗っていても、おかしくなることはあり得るんですよ。


例えば、衣類を詰め込みすぎるとか。
クリーニング屋さんの機械はドラム型なので、多少詰め込んでも叩き効果が出て洗う事が出来ます。
しかし、洗えるのと汚れが落ちるのは別の話で、やはり適切な量で洗う事がとても大事になります。
ここで、適正量を超える量で洗うと、問題が起きるわけですね。


汚れが落ちない、汚れが戻る、風合いが変化する。


どれもクリーニングで出てはいけないものなんですね。
このほかにも、色で品物を分けるとか、素材で品物を分けるとか、実はクリーニングで差が付く要素はたくさんあります。
同じものでくくるのはとても大事で、違う素材同士だと生地が傷んだりします。
こういう所をきちんとしていると、風合い良く仕上がっていきます。


やっている所は当たり前にやっているし、やってない所は全然やってない。
その差がお客様が感じている差になっています。


大手チェーン店でおこりやすい理由は簡単です。
パートさんやアルバイトがやっているから。
彼らはプロではないので、クリーニングの知識があるわけではありません。
最初はきちんとしたクリーニング屋さんから指示されて仕事をしていても、慣れてくると詰め込みたくなる物なんですよ。
気が付いたら、洗濯機の中にぎゅうぎゅうに押し込んでいるってあるんですよね。


誰も働いている人の管理をしていないと、それが当たり前になって、仕事の品質が悪くなる・・・・・。


クリーニングはプロの仕事ですから。
細かい所が大きな違いを生んでいくわけですね。


なかなか、消費者の皆さんには見えづらい部分で、どうしても値段だけで選びがちだと思いますが、その値段の先になにがあるのか?しっかりと見極めてほしいと思います。
当然、それは品質につながっていきますから・・・・・。


クリーニング屋さんは、答え合わせ、いかがだったですかね?
昨日のブログを読んで電話をくれた友達がいましたが、やはりすごい人ですから正解。
きちんとやっている人は理解をして仕事をしているって改めてわかりました。


ねえ、こういうクリーニング屋さんが消費者の皆さんにもわかりやすく見えればいいんですけどねえ。
なかなかうまく伝わりません。
本当にいつも思いますが、いいクリーニング屋さんが見つかりますように、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«クリーニングで差が出る理由は?