正しいクリーニングとは?

こうしてブログを書いていると、相談を受けることがあります。


これって正しいやり方ですか?


他店でクリーニングをして、不安に思うことがあったんでしょうね。
色々お話を聞いてみます。
洗う前の状態、洗った後の状態、お店の説明。
たくさんお話を聞いて、お答えするようにしています。


クリーニングに正解はあるのか?


残念ながらないと思うんです。
適切な処置はあります。
やってはいけないこともあります。

しかし、どれが正しいやり方で、とか、これが正解、というやり方はないんですね。


なぜなら、いろんなご要望があり、その中でそのクリーニング屋さんが選んだやり方にはいろんなやり方があるから。


例えば、ワイシャツの袖をアイロンで線を入れたとします。


これが正解か?間違いか?と言われたらどっちでもありません。
昔のやり方なら、袖は平らにアイロンをかけるので線が入ります。
しかし、今、その線を入れて欲しくない人もいます。
そうすると、平らに仕上げず、丸いつつのまま仕上げるやり方も出て来ます。


また、畳んで仕上げるのが正解か?吊るしで仕上げるのが正解か?も答えはありません。
たたむメリットもあるし、吊るしのメリットもある。
お客さんの要望、メリットとデメリットを考慮しつつ、、そのクリーニング屋さんのやり方を決めているので、正解か間違いか、という判断にはなりません。


どのやり方も、基本は同じなんです。


お客様のために、何を選んでいるか?


ここはどこのクリーニング屋さんもぶれてないんですね。
お客様のため、がどこなのか?これが違うので、自ずと品質にも差が出ますし、料金にも差が出て来ます。


今、お客様はとても繊細です。
また、クリーニング屋さんへの信用も無くなって来ているのかもしれません。
少し不安になると、どうしても他のことまで不安になってしまうことがあります。

本当におかしければいいんですが、おかしくないことでも不安になってしまう人がかなりいらっしゃいます。


これ、お客様がとても辛いと思うんですね。


どれもこれもおかしく見えて、不安に感じる。
辛いでしょ?こんな状態は。
クリーニングの不安、得体の知れないもの、いろんなものが混じっているので、冒頭のような正しいやり方ですか?という基準を求めたくなるんだと思います。


今までご相談を受けて来て、クリーニングがおかしかったケースもあります。
しかし、おかしいとまで言えないケースも多々ありました。


こういう話を考えるときに、やはりいつも思うのは、クリーニングのセカンドオピニオンが必要だ、という事。

はっきりと窓口を作ることで相談しやすくなりますし、お客様が不安な日々を送ることも少なくなると思います。

セカンドオピニオンを作りたいと考えて早数年。
だんだん切実になって来てると感じています。
いろんな問題があってなかなか進まない現状もある。
でも、いつかはやらなければいけないんだよなあと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«師匠。(笑)