制服着用の必要なし。

連日の猛暑で、熱中症やそれによるものと思われる死者の方のニュースが飛び交っています。

エアコンの利用をして、とか、水分をとって!とか、熱中症対策への喚起を目にしない日はありません。


うちの子供たち、制服を着ないで登校をしているんですよね。
最初は、特定のクラスから。
昨日から全校制服の着用をしなくても良くなりました。


教室のクーラーが壊れてしまったんだそうです。


今日はあそこのクラスのエアコンが壊れたよ、昨日はあっち、と毎日エアコンが壊れていきます。
学校側も、それに合わせて制服の着用をしなくてもいいように通達。
いい判断だと思いましたね。


教室の中にあれだけの人がいれば、人の熱気だけでも相当なもの。
子供達ですから代謝も多いですしね。

制服はウールなので、汗は吸い取りづらいし暑い。
なるべく軽装が望ましいと思いますし。


終業式もジャージでよくなった、と言ってました。


今回の連日の暑さのヤバさって、日中の気温や連日続いているってことだけではないと思います。
熱帯夜の影響はとても大きいか、と。


きちんと寝れてないから体が休まらない。
その上で、日中の暑さにやられる、耐えられなくなる、と言え構図かな、と。
寝不足で過呼吸起こす子っていましたよね?

みんなが同じようにエアコン使って寝ているわけではないし、環境は人それぞれなので、過酷な状況に耐えられるかどうか?はわかりづらいんだろうな、と思います。


子供たちはあと数日で夏休み。
それまで、なんとか無事に過ごしてもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«羽毛はびっくりするほど膨れます。