仕分ける。

先日、チョウさん宅で話をしていた時に、服の仕分けについての話になりました。


話の流れはこんな感じ。



ポロシャツのクリーニングって、ワイシャツに比べると少し高いんですよね。

ポロシャツ単体で洗わなければいけないので、大きい洗濯機に数枚で洗うからコストが掛かるんです。



すると、そこまで仕分けるの?という質問が。

どうやら、ポロシャツは他の物と一緒に洗っていると思っていたようでした。



素材や色で仕分ける話はここでも書いています。

さらに実際は、もう少し細かく仕分けています。



例えば、ワイシャツ。

ワイシャツはワイシャツ以外とは一緒に洗いません。

洗う時はワイシャツオンリーで洗う。


汚れの種類も似通っているし白を中心としているし、素材も揃っているし。


ポロシャツも綿素材のものがありますが、ワイシャツとは一緒に洗いません。

ポロシャツも同じ水洗いです。

でも、一緒には洗わない。


なぜが?と言われると、作りが違うから。

シャツの生地と柔らかさが違うので、たとえ一枚だとしても、一緒にワイシャツとは洗いません。


綿は植物の繊維なので、毛羽立つことがあります。

出来る限り、硬さは揃えた方がいいんですよ。



ドライクリーニングでも、一緒に洗うものと洗わないものがあります。

同じウールで出来ていても、スーツとニットは一緒には洗わない。

やはり、硬さが違うからです。


また、この二つは洗浄時間に差がある、というのも理由の一つ。

スーツの方がニット類よりも長めに洗っています。


このように、洗い方の違い、洗浄時間の違いでも、一緒に洗えないものって結構あるんですよ。


でね、なんでこんな細かく考えるか?と言ったら、なるべく元の状態のまま洗い上げたいからなんですね。


コストのことを考えたり、もったいないと考えれば、一緒にあらって仕舞えばいいんです。

実際、そうしているクリーニング屋さんもあります。

見学に行って、全部一緒に洗っているのをみて、驚いて何も話せなかったこともあります。


うちらのように細かく仕分けて洗うのと、全部一緒に洗うのと、その結果が、綺麗になるかどうか、なんですね。


汚れが落ちてる、という問題だけではなく、色が落ちてないとか、風合いが変化してないとか、そういうのをぜんぶひっくるめて、きれい、という話。



こういう仕事をするクリーニング屋さんに出会っている人は、クリーニングをすればまた綺麗に着ることができると思っています。

出会ってない人は、クリーニングがもったいないと感じる。


この差は大きいですよ。


仕分けはとても大事な作業なんですよね。

テレビでクリーニング屋さんが取り上げられていても、そんな細かい仕事をしているところを映しているのは少ないんですよね。

こういう所を放送してもらいたいなあ。

| | コメント (0)

«ボードゲーム大会。