消臭剤は汚れを落ちにくくさせる。

先日、クリーニング総合研究所から興味深いニュースがありました。



消臭剤は汚れを落ちにくくする。



ファブリーズなどの消臭剤を使用していると、服についた汚れが落ちづらくなると言うんですね。

研究所ですから、きちんと検証の実験もしていました。



実験結果ではたしかに消臭剤を掛けていると、汚れが落ちなくなってる。

とくに、ドライクリーニングで汚れが落ちなくなるようです。



この件について、クリーニング屋さんの仲間と話をしたんですが、すでに経験している、との事。

自分で洗えるものには消臭剤は使用しないので、多いのはスーツや制服、つまりドライクリーニングをする衣類に多いと言います。


一回でもクリーニングする費用を浮かすために、良かれと思ってやっているんでしょう。

でも、それが逆に仇となるとは。


ファブリーズなどの消臭剤を蒸発させると粘り気のある液体が残るんです。

これが汚れを落としにくくさせてしまうんですね。


接着剤のような感じで、服の表面をコーティングしてしまう。

着用して汚れているものの上から吹きかけるので、汚れをコーティングしてしまうんでしょう。


それを落とすやり方もあるにはあるのですが。

デメリットも出てきてしまうんですよ。



今度は服の腰が抜けるんです。

つまり、テロンテロンになる。


テロンテロンになると服が着古したようになっちゃいますからね。

恥ずかしくて着れない、と思う人も出てくると思うんですね。



服のメンテナンスとして、クリーニングの代わりとして、消臭剤を使うのは良くありません。

一時しのぎ、と考えて使うようにしましょう。


臭いが出る、と言うことは、汚れているという事。

一番は洗う事です。

| | コメント (0)

«浸水被害の洗濯物の取り扱いは、洗濯王子をチェック!