« おまえ、大丈夫か?元気か? | トップページ | お客さん、いい人だろう? »

ウールのシャツを普通のシャツと一緒に洗えと言われたらどうしますか?

たまにですが、お客様からこういう風にして下さい、と言われることがあります。

線を入れてください、線を入れないでください、襟を立ててください、などなどが大体多い感じでしょうか。
お客様のご要望なので、全然言われた通りにします。
僕らの常識と最新のデザインが違うってことはたまにありますから。


一番驚いたのが、ジーンズにセンターラインを入れてあるのを見た時。


あれはかなり衝撃的でしたね。
ジーンズにセンターラインって見たことなかったので、最初見た時に何かの間違い???と思ったくらいです。
でも、そういうデザインなんだと聞いて、以降、そういうデザインの物にはジーンズでもラインを入れます。


とあるセミナーで、友達のクリーニング屋さんがこんな質問をされたんだそうで。


ウール100%のシャツをお持ちになったお客様が、これはシャツだから普通のシャツと同じように洗ってくれ、と言っています。
あなたならどうしますか?

ウール100%のシャツは、形はシャツですが扱いが全然違います。
綿やポリエステルのように、水でばしゃばしゃ洗う事は出来ません。
そんな洗い方をしてしまうと、子どもサイズに縮んでしまうのです。
ですから、ウールのシャツだったら、ドライクリーニング、もしくはウェットクリーニングの別洗いとなります。


たくさんのクリーニング屋さんが集まっていて各々色んな答えを出したんだそうで。、


黙って預かってドライクリーニングをする人が一番多かったみたいです。
説明をして、ご納得いただけない時は断る人もいたとか。


あらかた答えが出そろったところで、先生がこう言ったんだそうで。


私なら、お客様に説明をして、言われた通りにyシャツと一緒に洗って縮んだものをお客様に渡し、こうなるって言ったでしょう?と返す、と言ったらしいんですね。

いやいやいや、色んな答えはあるし、お店のやり方があると思うけど、それは一番ない答えだわ。


友達も、その答えにびっくりしたんだそうです。
そりゃそうでしょうね、だってその答えには責任が全くないんだもの。

ちなみの僕も友達と同じ答えで、説明をして、納得してもらえかったらお断りする、でした。

クリーニングってサービス業なんですね。
サービス業ってことはお客様の要望に応える事、なんです。

でも、だからと言って、言われたことを言われた通りにするのは違うと思っています。

なぜか?


僕らは国家資格を持ったクリーニング師なんですね。
衛生的に衣類を適正に洗うために資格を取ったプロフェッショナルなわけです。
それは自分で洗う事だけでなく、お客様へ適正な情報をアドバイスするのも含まれていると思っています。


だって、お客様はプロじゃないんですもん。
衣類の知識や洗浄の知識なんて皆無、その人たちがもし間違っている事をしろといってきて、そのままやるのなら、プロなんて必要ないじゃないですか。

そのお客様はどうなってもいい、と言っているわけではないんですよね。

同じ形をしたシャツなのに、ウールというだけでぼったくってるんだろう?本当は普通のシャツと一緒に洗えるんだろう?と言っているんです。

だから、この正解は、ウールの特性をきちんと伝え、僕らも別に扱っているという事を教えてあげないといけないんです。


洗う前から、言われた通りにやったらおかしくなる、と分かっていて、受けるなんてありえません。
ほら、こうなったでしょ?なんて、言われた方も嫌じゃないですか。


僕らはプロなんですから、正しく教える義務もあります。

プロ、と名乗るんだから当然責任もありますね。
衣類のメンテナンスにおいて、僕らはプロであるんだからその責任を全うしなきゃ。
そのために勉強をして国家資格を取ってるんですからね。

クリーニング師の重み、ちゃんともたないとね。


|

« おまえ、大丈夫か?元気か? | トップページ | お客さん、いい人だろう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウールのシャツを普通のシャツと一緒に洗えと言われたらどうしますか?:

« おまえ、大丈夫か?元気か? | トップページ | お客さん、いい人だろう? »