« フェレット。 | トップページ | 受付をどう考えているか?で違いが。 »

1客洗い、は正しくない。

クリーニングの宣伝は世の中にたくさんあります。
その中で、おいおい、それは間違ってるだろう?というのをたまに見かけるんです。

どうしてそうなったのか?

なんとなく理由はわかるんですね。
プロなんだから、それがおかしいのはわかっているはず。
でも、おかしいと知りつつもやるのは、どうなんだい?と思ったりしています。

先日、とあるクリーニング屋さんの広告に首をひねっておりました。


1客洗いをします。

との事。
どういう事か?と言いますと、そのお客さんの品物だけで洗います、と言うんですね。
他のお客さんの品物と一緒に洗いません、と。

これ、おかしいんです。
綺麗になるはずがないんです。

なのに、なんでこんなことを宣伝したのか?


最近、お客様の中で、他のお客様の衣類と一緒に洗わないでほしい、と言う方がいらっしゃるらしいんですね。
当店では聞いたことはないのですが、他のクリーニング屋さんから聞いたことがあります。


誰の服かもわからない品物と、一緒に洗われたくない、と。


うーん、これってお父さんの服と一緒に洗濯しないで!と言うのと同じ感覚なんでしょうか?
実際の汚れ落ちの問題ではなく、気持ちの問題のような気がしています。


他のお客様の品物と一緒に洗っても問題はありません。
というのも、品物を選別して洗っているからです。
一緒に洗ってはいけないものは確かにあります。
それを明確に分け、選別して洗っているので、他人の服と一緒でも問題はないんです。

洗剤を適量使うことで、落ちた汚れが戻ることはありませんし、一定量、まとめて洗うことでより汚れ落ちも良くなります。
これは、洗浄時のたたき効果が上がるからです。


選別をして、同じ衣類同士で洗うことにはメリットがあります。


しかし、これが1客洗いとなるとどうでしょうか?
同じお客さんの品物ではありますが、同じ衣類同士ということはまずありません。

硬い生地、柔らかい生地、装飾品の有無など、普通は一緒に洗えないものばかりです。


それを1人のお客さんの品物という括りでまとめて洗ってしまうなんて…、僕は怖くて洗いあがった後の洗濯機の中を見たくありません。


どんな事になっているか?
こわすぎて…。

綺麗に、安全に洗う第一歩は、衣類の選別。
その選別は、お客様ごとではなく、衣類の性質ごとが基本です。


柔らかいものは柔らかいもの同士で。
硬いものは硬いもの同士で。
そうして分けて行った先でまとめて洗う事で、より綺麗にすることができます。


ね、1客洗い、というのがいかに理にかなってないか?誰でもわかるでしょう?


なんでこんなことをクリーニング屋さんが言い出したのか?
変なところで忖度しちゃったんじゃないか?と思うんですね。


お客様は、洗濯のプロではないので、こんな細かい理由は知りません。
知らないから、自分なりに綺麗にする方法を考えます。
それが、他の人と混ぜないで洗う、ということなんでしょう。


でも、先ほども書きましたが、綺麗にしようとすると自分の服だけで洗う、という括りは決して綺麗にする条件ではないのがわかります。


クリーニング屋さんがきちんと説明をした安心させてあげればいいんです。
それをしないで、お客様が不安に感じてるからと、勝手な忖度をしてしまうと、かえってお客様に不利益になってしまう。

本当のお客様のためはなわなのか?考えないといけません。


以前書いた、洗濯代行よりも僕らクリーニング屋さんが洗ったら綺麗になる、というのも、これと同じ理由です。

クリーニング屋さんが細かくやっている作業は、とても大事です。
そこをすっ飛ばしても、綺麗にはならないんですよねえ。
見えづらいですけど。
知っていてほしい話ですね。

|

« フェレット。 | トップページ | 受付をどう考えているか?で違いが。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66582922

この記事へのトラックバック一覧です: 1客洗い、は正しくない。:

« フェレット。 | トップページ | 受付をどう考えているか?で違いが。 »