« 制服、4年目。 | トップページ | 何を持って洗える、と言っているんだろう? »

ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。

衣替えのこの時期、冬に着ていたニット類をしまう前にお手入れをしますよね。

最近は、ご自宅で自分でニットを洗う人もいらっしゃるかと思います。
もちろん、クリーニングに出す人もいらっしゃいます。

ニット類を自宅で洗うと、いいところと悪いところがあります。
ちょっと知っておくと後々便利ですよ。



自宅で自分で洗うメリット、これは何と言っても節約できる事が一番のいいところです。
クリーニングするよりも格段に安く上がります。

また、自分で洗うので、自分の好きなタイミングで洗う事ができます。
いつしまうか決めて、それに合わせて洗濯をすれば効率的です。

自宅での洗濯は水洗いになります。
水で洗うと、汗などの汚れがよく落ちます。
冬は、意外と汗をかいているもの。
その汗を落とせるのは大きなメリットです。


このようにいいところが満載なのですが、逆に悪いところもあります。


一番良くないのは、生地の腰がなくなる事、です。
水で洗うとどうしても生地の腰がなくなり、腰砕けの状態になります。
ニット類なので元々がそんなに固くできているわけではないのですが、さらに腰がなくなると、テロンテロンになってしまいます。
さらに、一度、腰がなくなると、元に戻す事はとても難しくなります。
糊をつければ、と思う人もいるでしょうが、固くするのに糊、というほど簡単な話でもなく、ニット独特の風合いに戻しつつ生地にハリを持たせるのはとても難しいのです。
クリーニング屋さんでも、風合いが変化してしまう事があるので、水で洗うときには細心の注意を払います。

また、自宅でも洗濯は、いわゆる押し洗い、というやつでそこまで洗浄力は高くありません。
つまり、汚れ落ちが悪い、という事。
汗などの汚れは水に溶けやすいので、浸けた段階である程度落ちてくれますが、油の汚れや頑固な汚れは押し洗いでは落とす事は難しいです。

そして、水に先につけてしまうので、油汚れなどは余計に落ちづらくなってしまう事があります。

シミ抜きの基本で、油を落としてから水に溶ける汚れを落とす、という鉄板のやり方がありますが、これに反してしまいます。

そして、やはり素人がやるものなので、どうしても失敗が起こる事がある。
クリーニング屋さんみたいに、技術や知識があるわけではないので、ちょっとした違いに対応できず、なんで?という失敗を起こしてしまいがちです。

節約のためにやっていたのに、失敗して結局買い直すことになってしまうと、安かったのか高かったのか、わからなくなってしまいますね。


このように、自分で洗うのは、いいことと悪いことの両面があります。


自分で洗ったほうがいいもの、クリーニング屋さんに任せたほうがいいもの、上手に仕分けて衣替えをしていってください。

|

« 制服、4年目。 | トップページ | 何を持って洗える、と言っているんだろう? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66606874

この記事へのトラックバック一覧です: ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。:

« 制服、4年目。 | トップページ | 何を持って洗える、と言っているんだろう? »