« 1客洗い、は正しくない。 | トップページ | 今日はここで一泊っ! »

受付をどう考えているか?で違いが。

クリーニング屋さんにはいろんな営業形態があります。
工場と店舗が一緒のお店、受付のみのお店、宅配専門のお店、ネット専門のお店。
各社、各々の考え方で営業をしています。


例えば、受け渡しのお店をたくさん作って薄利多売でやっているクリーニング屋さんがありますね。
リーズナブルな価格で、多店舗展開で、とアグレッシブな経営に見えます。
しかし、ちょっと視点を変えると面白いことに気づくんですね。

多店舗展開をするクリーニング屋さんと一店舗のみで営業をするクリーニング屋さんでは、受付に対する認識がちょっと違うんです。

他店の経営をするクリーニング屋さんは、受付は受け渡しなので誰でも出来る、と思っています。
反対に、一店舗のみで偉業をしているクリーニング屋さんは、受付は誰でも出来る場所ではない、と思っています。
大きな違いでしょ?
この違いで経営のスタイルも随分と変わってくるんです。


当店でも、昔いろんな所から出店のお誘いが来ていました。
しかし、色々と考えた結果、多店舗経営はしませんでした。
sの理由は、人材がいないから。


僕らは受け付けはとても大事な場所だと考えています。

ただ品物を預かるのではなく、状態を把握し、危険を察知し、場合によってはお客様に説明をしなければいけない、と考えています。
これ、簡単な仕事ではないんですね。
当然受付の人もクリーニングの知識があり、自分で洗ったりしあげた経験が相当ないと出来ません。
なかなかそんな人材もいなくて、うちでは多店舗経営には踏み切りませんでした。


世の中の大半の人が僕とは逆のことを思っているんです。
受け渡しだけなら、アルバイトでも十分でしょう?と。
そう考える事の出来る経営者の人は、たくさん店舗を出すことに躊躇はありません。
受付が素人でも、受け渡しをするだけならだれでも出来ると思いますから。

しかし、実際は違って、そういう理念のお店でも、従業員教育に頭を悩ませています。


やはり必要最低限の知識はい必要ですから、それをどう教えるか、また人材を確保するか、で日々頭を悩ませています。


そういう悩みがあるからでしょうね、クリーニング屋さんにAIを導入した、というニュースが。
ネットでもテレビでも取り上げられていました。

僕も見ましたが、品物を判別するだけにAIを使うのはちょっともったいない。
かといって、一社でコンピュータに学習させるには量が足りない。
難しいなと感じますね。

いま、AIが流行りですが、そこに頼らずにもっとシンプルな方法を選ぶこともクリーニングなら出来るんです。
機械かは一見便利そうですが、実は無駄が多い事がよくあります。
今の流行のAIも、いずれ人がやった方が効率的だよね、と言われる日も来るのかなあ、なんて思ったりもしますね。


受付を大事と思っているクリーニング屋さん、安心して任せる事が出来ますよ。
ぜひ、探してみてくださいね。

|

« 1客洗い、は正しくない。 | トップページ | 今日はここで一泊っ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

クリーニングをお願いしたいと思うのですが、三鷹市でも大丈夫でしょうか?
昨年コートを購入してクリーニング屋さんに出して、今年着ようと思って出してみると、購入したときにあったボリューム?といいいますかふっくらしていた感がなくなってペタンこなコートになっていました。
クリーニングが原因かはわかりません。
今年も新しくコートを購入したので、昨年のようになりたくないと思っております。
ブログ拝見して、ぜひお願いしたいなと思っております。
返信いただけたらと思います。
宜しくお願いいたします。

投稿: OK | 2018年4月 7日 (土) 17時04分

OKさん、はじめまして。
メールにてご連絡します。

投稿: boribori | 2018年4月 9日 (月) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66583530

この記事へのトラックバック一覧です: 受付をどう考えているか?で違いが。:

« 1客洗い、は正しくない。 | トップページ | 今日はここで一泊っ! »