« ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。 | トップページ | 和光さんでメガネの調整。 »

何を持って洗える、と言っているんだろう?

洗える、って言葉、とても難しいんですよね。
言葉だけでなく、実は洗濯絵表示も微妙な塩梅になっていまして。


洗えると書いてあった、と言いながらおかしくなった衣類を見て泣きそうなお客様が結構いらっしゃいます。

僕らはクリーニング屋なので、洗えるか洗えないか、というのは一定の基準を持っています。
それは、どの衣類でも平等に、洗った事により変化が起きない事。

これが洗える、という条件。

洗ったら縮む、これは論外ですね。
洗ったら、なんか色がにじみだしてきた、これも論外。
洗ったらふわふわだった表面が固くなった、これも洗えるとは言いません。

つまり、洗う事によって変化が起きない、という事が分かっていてはじめて洗えますよ、と言ってほしいんです。


服の値段に関係なく、すべての服に平等に検査をしてもらい、事実に基づいて洗濯絵表示とかもつけて欲しいんですね。

しかし、現実は少し違いまして。
検査はしている・・・・・、はずなのですが、結果に対してどう判断をするか?は商品によって違うんです。

例えば、同じブランドから出ているもので、素材は同じでも、洗えるものと洗えないものとあります。
素材だけ見ればどちらも洗えるはずなのに、なんで片方が洗えないのか?
問い合わせてみると、こんな答えが返ってきます。


値段が高い方はシルエットが崩れるので、水洗いは出来ません。


ん?んんん?
水洗いをすれば、両方とも腰が抜けるからシルエットは崩れると思うけど、なんで片方はよくて、片方はダメなの???


謎ですよね。
片方にだけ起こる現象なら納得しますが、どっちにも起こる現象で片方がよくて片方がよくない、とおっしゃる。
ブランドがそう着させたいから、という意思があるんでしょうけど、買う人にとっては値段の高い安いは自分が決めるものです。

ブランドが安いと決めていても、大事に思っているお客様もいらっしゃいます。
で、ブランドの指定通り洗って腰が抜けたら・・・・・、お客様、悲しいですよね?

水で洗える、自分で洗えると書いてあったからやったのに……、というのが年々増えていっています。

変化の事を無視すれば、ほとんどの衣類が自分で洗えます。
ご家庭で水洗いが出来る、という事です。
しかし、洗えるのと着る事が出来る、は違います。

皆さん、本当は自分で分かっているんですよね。
失敗してることを。


自分で洗ってみて、すこしちぢんだけど、これでも平気、と言って着ている。
なんか、表面が固くなった気がするけど、これでも平気、と言って着ている。


そういう人、多いですよね。
洗濯やクリーニングって、そういう風になったら失敗をしているんですよ。
本当の洗濯やクリーニングは、そんな風にはならないんです。


皆さん、自分に嘘つきながら諦めてしまっている・・・・・。


メーカー、ブランドが、きちんとした基準で表示を付けると防げると思うんですよね。
みんなメーカーの表示を信じているんだから。


洗えるって書いてあったのにこんなになっちゃって・・・・・、と悲しんでいるお客様に説明をしなくて済む日は来るんでしょうか?
どんなに丁寧に説明をしてもお客様の心は救われません。
アパレル業界は、まじめにこの問題を考えた方がいいと思います。

|

« ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。 | トップページ | 和光さんでメガネの調整。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66612509

この記事へのトラックバック一覧です: 何を持って洗える、と言っているんだろう?:

« ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。 | トップページ | 和光さんでメガネの調整。 »