« ニットはクリーニングに出したほうがいい、汚れ落ち以外の理由。 | トップページ | 1客洗い、は正しくない。 »

フェレット。

クリーニング屋になる時に、いろんな勉強しています。
洗い方や洗剤の勉強、繊維の勉強などクリーニングに必要なものは全て勉強をしているんです。

ですが。

日々進歩するアパレルさんから、知らない繊維がでてくることもしばしばあります。

先日、お客様からお預かりしたニット、素材がフェレットだったんです。
フェレット、わかりますかね?
ググって見てください。
かわいい顔してますから。(笑)

そのフェレットの毛から出来たニットがクリーニングに出てきたんですね。

フェレットは珍しいので、クリーニング屋さんの友達に聞いて見たんですね。


フェレット、出たことある?と。


すると、みんな記憶になあなあ、と言います。
お客様のお話だと、2年前くらいから売りに出されているとのこと。
アンゴラのようにふわふわしているのに、糸も抜けず強い、なかなかいい繊維の様です。


わからない繊維がでてきた時に、クリーニング屋さんの友達に色々聞いて回ります。

どんな風に扱う?って。


クリーニング屋さんもいろんな人がいて、僕らの扱ったことのない服を扱っているクリーニング屋さんもあれば、逆のケースもある。
情報共有は大事なんですよ。

こんな時はみんなで協力しあっているんですね。


全く知らない繊維でも、触った感触、見た目などから適切なやり方を選ぶのもプロの腕の見せ所で、僕が聞いた友達はみんな同じやり方を話していました。


安全に洗うには?という事がよく分かってるクリーニング屋さんのたちばかりです。


フェレット、安心してお任せください。

|

« ニットはクリーニングに出したほうがいい、汚れ落ち以外の理由。 | トップページ | 1客洗い、は正しくない。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66577914

この記事へのトラックバック一覧です: フェレット。:

« ニットはクリーニングに出したほうがいい、汚れ落ち以外の理由。 | トップページ | 1客洗い、は正しくない。 »