« アイロンをかけたポロシャツとかけてないポロシャツの違い。 | トップページ | 樽トマト。 »

危ないのは誰?

日々、いろんなニュースがあります。
特に、いきなり襲われたり、子どもが襲われるニュースはいつ聞いても痛ましくて聞いてるだけで辛い。
こんな事件は無くなればいいのに、と本当に思います。


と同時に、子どもを持つ身としては、自分たちの周りへの不安も同時に感じるわけで。
子どもだけで遊びに行かせたり、習い事に行かせることに不安を感じている方も多いようです。


変な人がいると困るから。


みなさん、口を揃えたこうおっしゃいます。


うーん、変な人、不審者、本当に怖い人はその人たちなのかな?と最近思うんですよね。
というのも、子どもたちに話を聞くと、意外と僕らが想定してないシーンでいろんな経験をしているようなんですよ。



普通の人に絡まれることが多いらしんですね。


例えば、自転車で帰って来るときにサラリーマンとすれ違うときに、怒鳴られたり。
えっ?普通の人がそんな事するの?と僕ら大人は思うんです。
でも、実際子どもたちは、普通にそういう場面に遭遇しています。

思い当たることは結構あります。
駅で電車を待っているだけで、近くにいたサラリーマンに舌打ちされるとか。


絵に描いたようなおかしい人よりも、普通の人の方が危ないんじゃないか?と最近思います。


普通の人なんですよね、いたって。
たぶん、話とかすると、普通に会話できる人なんだと思います。
でも、子どもに対しては、迷惑をかける存在、何考えているかわからない、と考えるらしく、親が管理するものだ、迷惑をかけるな、といきならそんなしこうになってしまうひとがいるようです。

攻撃的になってしまうんでしょうね。


なんかねえ、悪いものには何をしてもいい、というような曲った正義感があるようでそちらの方が怖い。
正義の名の下に、何をしてもいいわけではありませんね。


今、仮面ライダーですら、勧善懲悪ではないんですよ。
悪いことしてる人たちにも、彼らなりの理由があって、絶対的な悪というわけでもない。

僕らが子供の頃は、テレビのヒーローは勧善懲悪でしたよね。
悪い奴らはぶっ殺せ!やっつけろ!が普通でした。


今、たぶん、これは通じないと思います。
普通なら、ね。

冷静になると判断できることも、特定のシチュエーションになるとできなくなる人がいます。
もう少し寛容な社会に、と思うのは難しいですかね?


本当に危険なものは何か?もう一度考えて見ましょう。
本来は危険なものではないはずですから。

|

« アイロンをかけたポロシャツとかけてないポロシャツの違い。 | トップページ | 樽トマト。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危ないのは誰?:

« アイロンをかけたポロシャツとかけてないポロシャツの違い。 | トップページ | 樽トマト。 »