« パンツを洗いましょう。 | トップページ | 挨拶は大事ですね。 »

クリーニング屋にだって言いたいことはありますよ?

いろんな事情があって服が作られ、売られています。
そのいろんな事情を考慮しながら日々クリーニングをしています。
時に、モヤモヤすることがあっても。


つい先日、いい加減これはひどいなあ、と思ってしまいました。
アパレルさん、クリーニングが悪いと言いすぎじゃないですかね?
今までは、どこかからネタをパクってきて書いてるんだろうな、と仕方ないよな、メンテナンスの本職ではないから、と温かい目で見ていましたが、この2週間ほどの間に、アパレルさん側の気になる記事がネットで見かけられるようになり、そんなに言うならクリーニング屋だって言いたいことはあるんだぞ?と、今日は思いの丈を公開。


事の発端は、某スーツ屋さんの記事でした。

衣替えに当たって、やっておきたい事、のような記事の中で、こんな文言があったんですね。

クリーニングをすると傷む事もあるので、と。

また、他のアパレルさんの記事でも、クリーニングする事で変なふうになることがある、と。

全てクリーニングが悪いかのような書き方、です。


不具合が出たらクリーニング屋のせいですか?


僕ら、たくさん勉強して、素材の勉強をして、どうやったらそのままの状態を維持して綺麗にできるか?を日々考えながら作業をしているのに……。


接着剤が使われているから、劣化しないように洗わなきゃ、とか、合皮が使われているから劣化しないようにしなきゃ、とか、プリントが剥がれないようにしなきゃ、とか。
こんな事を日々考えながらクリーニングをしているんです。


でもね、内心こんな事も思ったりするんですよ。



なんで洗えるように作らないのよ?って。


接着剤は、時間とともに劣化して剥がれ出します。
つまり、長持ちしないわけです。


じゃ、なんで接着剤を使わなきゃいけないんですか?
剥がれる可能性がある、機能が損なわれる可能性があるのに、その素材を使って販売をするアパレルさんには責任はないんですか?
メンテナンスをしている僕らからすると、元から劣化するように作られているのに、なんとかクリーニングしている僕らが、まるで劣化させてるかのような表現をされるのは誠に遺憾です。


縫えばいいじゃない?
接着剤を使えば劣化して剥がれるんだから。
きちんと縫えばそんな事も起こらないでしょ?


合皮を使っているのもそう。
合皮も時間の経過で劣化してボロボロになります。
これもクリーニングで劣化する事がある、と言われます。


ならさ?合皮じゃなくて皮を使えばいいでしょ?
なんで、劣化すると分かっている合皮を使うの?
合皮じゃなければいけない理由でもあるんでしょうか?
製品が長持ちするなら、ちゃん皮を使えば問題ないはず。
そもそもが長持ちしないような素材を使い、それをなんとかクリーニングしている僕らが悪いような書き方は本当に不愉快です。


他にもたくさんあります。

洗えば生地から色が出てくる服。
色が出るって不良品です。

洗ったら縮む服。
なんで洗ったら縮むの?
地のししてないの?
生地が洗っても変化しないように、作る前に縮ませておくのは常識ですよね?
着用や洗っても変化が起きないようにしてから作るのは当たり前の話。


これって、製造側の問題のはずですよ?


服に問題があるって消費者の方はほとんど知りません。
なぜなら、クリーニング屋さんの方で忖度して洗っているから。
普通にクリーニングに出して、引き取りに行けば普通に返ってくる。
でも、お店の中では、日々、どう洗おうか?どうしようか?悩みながら仕事をしていたりします。


僕がこの業界に入った20年ほど前。
おかしな衣類はアパレルに文句を言ってやろう、と言う風潮がありました。
実際、電話かけて、こんないい加減な商品を作るな!と怒鳴った人もいます。

しかし、ここで怒っても解決はしないばかりでなく、目の前のお客様が困ってしまう。
気に入って買った服が、着れなくなってしまうのか、と。
だから、僕らは目の前の服を淡々と黙って洗うようになっていったんです。
アパレルさんには、次の製造の時に、改善して貰えばな、と。


僕らだってアパレルさんとこんな言い合いをしたくはありません。
一番いいのは、お互いいい関係でやり取りできるのがいいんですよ。

アパレルさんがいい商品を作り、僕らがそれをメンテナンスする。
服が長持ちをすると、いい服を買うようになり、購買意欲も高まります。

今のような、適当なものを毎年買い換える乗って、一見、売り上げも上がっていそうですが、お客様は商品に不満があったり、商品のクレームも出てきてしまう。
いい事があまりないんですね。

服を長持ちさせるのに、僕らはクリーニング屋さんは絶対必要。
だから、アパレルとクリーニング屋さんは運命共同体なんです。

なのに、なのに……。


あまりにもクリーニングの事を悪く言いすぎです。
おかしくなるのがクリーニングをしたから、なら、世の中からクリーニングがなくなってしまいますよ?
それで困るのはアパレルさんのはずです。
売った責任を取らなきゃ行けなくなりますから。


多分、ネタ元はどこかにあるんです。
ネットの情報をそのまま転用しているんですよね。
その中には、クリーニング屋さんからの発疹もあるはず。
おかしな風潮をなんとかしなければ。

|

« パンツを洗いましょう。 | トップページ | 挨拶は大事ですね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニング屋にだって言いたいことはありますよ?:

« パンツを洗いましょう。 | トップページ | 挨拶は大事ですね。 »