« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

ラーメン二郎小金井店、復活したみたいですよ。

つい先ほど、集配のご依頼がありまして、小金井法面に配達に行ってきました。

この通りにラーメン二郎小金井店があったんだよなあ、先月で営業が終わったんだよなあ、なんて思いながら運転していたんですね。


すると。


なんと、ラーメン二郎小金井店、影響しているじゃないですか。


同じ経営者なのか?はわかりません。
でも、店舗はそのまま、前と変わらないような雰囲気で営業をしていました。


復活したんですかね?


ラーメン二郎はファンの方が多いので、復活は喜ばしいです。
また行列ができる日もそう遠くないうちに来るような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店員さんも選ばなきゃ。

たまに嫁さんに頼みごとをします。

これ、買って来て、と。


すると大抵、なかった、と言われてしまうんですよ。
おかしいなあ、あそこに売ってると思ってたんだけど?というと、店員さんに聞いたけどないって、と。


店員さんがないって言ったからない?


昔なら店員さんにきけば全部わかったと思うんですよね。
でも、今は店員さんに聞いたからといって、わからないこともたくさんあります。
社員さんでないことの方が多いですし、大きな売り場だったりすると、その部門の担当でなかったりすると、聞いても的確な答えが返ってこないことが多い。

ここに出ているもので全てです、と言われることがあります。
取り扱ってないなら、ありません、と答えられるし、今在庫を切らしているなら今切れてますね、と言えます。
なのに、ここにあるだけです、と言うのは、知らないってことだと思うんですよね。


お店の経営上、仕方がないことだと思うんです。
昔のように、社員さんを雇えない、パートやアルバイトで回していると、全部を把握している人はほとんどいないと思います。

せめて、その売り場の担当の人に話を聞かなければ正確な話は聞けないんですよね。


家電屋さんも同じで。
店員さんなら誰でもいいわけではなく、権利を持った人、そこのお店の店員さん、ヘルプで来ている人、いろんな人がいます。
誰に聞くか?を間違うと、説明すらきちんと聞けなかったりするんですね。



そう、何度も言いますが、誰に聞くか?はとても大事。



クリーニング屋さんも同じです。
受付にいる人全てがクリーニングに精通しているわけではありません。
クリーニング屋さんでも、パートやアルバイトを雇って受付業務だけをやってもらっているところもあります。
また、クリーニング自体も、パートやアルバイトでまかなっているところもある。
作業はしているけれど、何をしているか?どんな意味でしているか?わかってやっている人はあまり多くないと思うんですよね。


何か聞きたいことがあるときに、クリーニング屋さんの誰に聞くか?で答えは相当変わって来ます。

出来れば、国家資格のクリーニング師を持っている人に聞いてもらえたらな、と思います。
これはれっきとした資格で、この資格を持って人が1人必ずいなければいけないことになってる。
専門家ですから、クリーニング師の人にはなしをきくのが一番的確だと思うんです。

で、大抵、クリーニング師は、そのお店の社長さん、店長さん、工場長さんあたりが持っています。
この人たちに聞ければまず間違いないかな、と。

うちみたいに、働いている人間が全員クリーニング師を持っている、そんなお店もあると思います。
そう言うお店なら、誰に聞いても大丈夫ですよ。


あそこのお店のあの人に聞けば大丈夫!そんな人を1人知っているだけでかなり違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TUTAYAもセルフレジ。

雑誌を探していまして。


最近、雑誌を買う時はほぼコンビニで済んでしまいます。
本もamazonで買うので、リアルな本屋さんにはなかなか行きません。


欲しい雑誌がありました。
お目当は、付録。
配達の途中に寄ったコンビニで見つけたんですよ。
で、その時はまだ配達があったので、他のコンビニで買えばいいや、とそのまま買わずに出て来てしまいました。


ところが。


その後、寄るコンビニ寄るコンビニ、どこに行ってもその雑誌がない。
配達の途中のコンビニ、ほぼ全部回りました。
なんなら少し離れたところのコンビニにも。


でも、いくら探してもない。


仕方ないので、子供にお使いを頼みました。
中河原駅にある啓文堂で買って来てくれ、と。


すると、帰って来た子供が、売ってないよ、というじゃありませんか。
こりゃ、本格的に探さないと、と仕事が終わった後で、車を出し、本屋さんに探しに行ったんです。


最初の本屋さんにはなく。
仕方なく、西府のTUTAYAに行きました。
ここは広いから流石にあるだろう、と予想してましたが、予想通り、TUTAYAで発見。
さあ、会計を、と言うところで、見慣れないレジを見つけたんです。


そう、セルフレジ。


お隣のサミットでも、会計だけのセルフレジが導入されてます。
どれどら、TUTAYAのセルフレジも経験しておこうかな、とやってみたんですね。


使えるカード、会員カード、いろんなものを選択しなければいけないので、少し煩雑。
でも、使えないことはありません。

最後、精算の時に、現金での支払いがわからなくて、店員さんを呼びましたが、わからばなんてことない。
なんで分かりづらかったか?と言うと、カード払いの項目がたくさんあるんですよね。
カード社会だな、もう、と何だか取り残された気分。
ぼくはまだ、ニコニコ現金払いですから。(´・∀・`)


これからセルフレジはいろんなところで導入されていくでしょう。
クリーニング屋にはどう言った形で入るんだろう?と考えていたら、あ、だからAIでやってたのか、と何時ぞやのニュースのことを思い出したり。

クリーニングでセルフレジを導入するには、少し工夫が必要な気がします。
少なくとも、AIは間違った方向性だろうな。


たまには違う店にも行かなきゃダメですね。
世の中は常に変化していってます。
取り残されないようにしないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残って欲しくないもの、残って欲しいもの。

日本人って、洗濯のことをあまり知らないと思っています。
最初は、僕だけかな?と思ってました。

と言うのも、クリーニング屋さんの子供ですから、自分で洗濯機を回す、なんてことは経験しません。
夜寝て、朝起きたら、綺麗な洗い立ての服がそこにあり、タオルは常にふかふか、シャツは白く、ワイシャツはビシッ!としているのが当たり前だったんです。

成長して、家を追い出され。(´・∀・`)

一人暮らしを始めると、自分で洗わなければいけなくなります。
何も知らないので、見よう見まねで洗濯みたいなことをするんですね。
洗剤を買い、干して、着る。

多分、皆さんと同じです。
よくわからずに洗っていました。


で、クリーニング屋さんになった時に、洗濯の勉強も独学でやりました。
やってわかったことは、洗濯のことを何にも知らずに洗っていたんだな、と言うこと。
それは、洗剤メーカーの宣伝に振り回されたり、イメージで洗っていたことが原因なんだな、と思ってます。


先日、街ゼミをしていた友達のところに伺い、お話を聞いている時に、こんな話をされたんです。

街ゼミでよく質問をもらうんだけど、なんでこんなことを?と言うような質問をよくされるんだ、と。

ノリはいつつけるんですか?
最初に入れるんですか?

僕らがこの話を聞いたら、なんでそうなるの?と疑問に思います。
でも、普通の人はわからないんですよね。

それだけ、洗濯について、知らない人が多いと言うことなんです。


洗濯の基本で、洗い流したいものと、残したいものがあります。


汚れは残って欲しくないから洗い流したい。
洗剤も残ると困るので洗い流したい。


反面、ノリや柔軟剤は、それらが衣類の表面に残ってくれてないもの効果がないので、残ってもらいたいものなんですね。


さて洗濯をもう一度見直してみます。


洗い、すすぎ、脱水。
これが基本の動作です。

洗いの後にすすぎます、と言うことは、このすすぎ以前に入れたものは、洗い流されてしまう、と言うわけです。

すすぎの前に柔軟剤やノリを入れると洗い流されてしまって効果が出ません。

では、どこで入れるか?というと、最後のすすぎ。
すすぎながら、衣類に付着させて、最後脱水します。


残したいものは一番最後に、と言うことですね。


なんとなくイメージが伝わったでしょうか?
洗濯って理屈通りなんですよ。
冷静に考えるとそんなに難しくない。
魔法でもないし、下手すれば、料理の味付け、下ごしらえと同じような感覚かもしれません。


いま、皆さんに洗濯を伝えようと洗濯王子こと中村くんが頑張っています。
正しい洗濯が皆さんに伝わることを祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで最近洗濯物のにおいに騒ぐんでしょう?

今、テレビを見ていると、洗剤のCMが盛んに流れています。
特に、洗ったのににおいがする、という事を強調して、それに効果がある、とうたう洗剤がとてもたくさん出ていますね。


洗ったのに、匂いがする。


クリーニング屋さんがこれを聞くと、乾燥の時に時間がかかって雑菌が増えたな、とすぐ思うんです。
これはこれで正しいんですが、しかし、冷静に考えてみると、なんで今頃急にこの騒ぎになっているんだろう?とも思うんですよね。


においの問題は今までもあったはず。
それが急にここにきて、取り上げられるのはなんかおかしい。


考えられるのは三つ。


一つは、今までも不快だったものをここにきてクローズアップされた。


二つ目は、洗濯の方法が変わったので、匂いが出るようになった。


三つ目は、環境が変わった。


影響しそうなものをぱっと考えたらこんな感じでしょうか?
一つ目はわかりますよね。
二つ目は、洗濯に関する情報が欠落している世代がいて、その世代が大人になって自分たちで洗うようになり、汚れ落ちや乾燥の仕方に問題が出てしまった。
簡単に言えば、子どものころに洗濯を教えてもらってこなかった、という事です。

でも、これもそんな事はないと思うんですよね。
洗濯に関していうと、日本はきちんとした教育はされていないと思います。
各家庭で、独自の方法が伝わっていると思うんですよね。
で、もしそうなら、今になって問題になるわけもなく、昔からにおいが出ていたはずですから。

三つ目、環境は一応あり得るかな?と思っています。
気温が高くなってきているし、どこに行ってもエアコンが効いているので、外に出た時に出る汗の濃度が濃くなっている、という噂も聞いたことがあります。

自然環境、人工的な環境、どちらも変わりつつあるので、影響がないとも言えませんね。


これらとは別に、もう一つ、気になっている事があります。


それは服の問題。
そもそも、服が臭いやすくなっている、という問題もあるわけですね。
これ、多分みなさん気付いていないと思います。


クールビズと言われ、皆さん夏用の服装に着替えるようになりました。
ノーネクタイで、シャツもそれ用のシャツになり、汗をかいても乾きやすいのを売りにしていたりします。

宣伝ではとてもいいことを言うんですが、この乾きやすい服、がちょっと面倒だよな、とクリーニング屋さん的には思うわけですね。


さらっとしている、という表現が多いでしょうか、それって服が乾いているわけではないんですよね。
そもそも服に汗が吸われていないんです。
吸水性が乏しいんですよ。


下着などに求められる性能で、吸水性というものがあります。
汗を吸い取ってくれる下着がいいわけです。
更に、発散性が高いと尚の事良い。

発散性とは、すった汗を素早く乾かしてくれる能力の事。
吸湿発散性のいい服は体への負担がなく、とても楽になります。


ところが、今流行っているさらりとする服は、そもそも汗を吸うような素材で出来ていません。
でも、汗を吸うとうたわれている。

どうやるのか?


繊維にちょっとした穴をあけて、そこに汗が吸い込まれるように細工をしているんです。
毛細管現象を利用して、汗を吸います。
しかし、吸える量なんてたかが知れているので、吸いきれない汗が体の表面につき、体がかゆくなります。

これね、ただ吸えないだけでなくこの後問題になるんですよ。


細工をした繊維の奥に、皮脂などの汚れが残るんですね。
で、これがにおいの原因になるんですよ。
この汚れを掻き出そうとすると、家庭用の洗濯機位では厳しいと思います。


ぼくね、最近洗った後のにおいで騒ぐ理由の中には、これもあるんじゃないか?と思ってるんですよね。
そもそもの服の方の問題。

におい対策ではいろいろあるんだけど、実は服を変える方がいいのかな、と思ったりもします。
体への負担もかかりますしね。
汗をそんなにかかない人にはいいんだろうけど、汗をかく人には不向きなんではないか、と思うんですよ。

僕も似たようなのを買って試しましたけどね、僕には厳しかった。


洗ったのににおいが出るという人は、服の見直しも考えてみてもいいかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タオルよしっ!

梅雨の中休み、らしいです。
この気温で???


先週までは気温が30度まで行っても、普通の格好で仕事をしていました。
気温の上昇とともに、汗もかいていますが、何とか乗り切っていました。


でも、今週はちょっと違うような気がしています。
天気予報のアプリの中では、気温が33度を超える日もあるみたい。


完全に夏仕様に変えなければ。


大きめのタオルを用意して、いざ仕上げへ。


こまめに着替えて、汗対策していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな風邪ひいてますよね?

この時期に?と思うんですけど、周りで風邪をひいている人が沢山います。


うちの家族の中にも、おかしなのが数人。
熱の出る子、頭の痛い人、体調が優れない人、くしゃみがとにかくでる僕、我が家だけでもかなり。

でも、寝込むほどの重症ではなく、引きはじめ?と思うくらいの症状なので何となく過ごしてしまえるんですよね。


うちだけかと思いきや、facebookの友達も体調悪くて仕事休んで寝てしまったり。
お客様のところに行くと、風邪をひいたみたいだと話を聞いたり。


雨が降って朝晩の気温差が激しかったですからその時の影響でしょうか。

この時期は特に気温に注意して過ごさないといけませんね。
体調を崩しがちかもしれない。


沖縄は梅雨が明けたそうですよ。
来週は気温が高めですから、水分補給なども忘れずに。
いつにも増して、天気予報をチェックしておくことをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣替えの意味。

年々、衣替えが遅れて来てる、おかしくなって来てる、と感じています。


昔の話をすると、嫌がる人もいるかもしれませんが、聞いてください。(笑)
僕がクリーニング屋になった頃は、季節の変わり目、衣替えの時期はみなさん一斉にクリーニングに出してました。


コート、オーバー、スーツ、ニット、毛布に布団、これらが一通り出るとその年の衣替えは終わり。
梅雨に入る前にクリーニング屋さんの繁忙期は終わったんですね。


裕福な時代とか、今は自宅で洗えるものが多いからとか、そんなことの話ではないんです。
クリーニングに出しましょう、といっているのでもないんです。


洗う時期に洗わなきゃダメですよね、という話をしたいんですよ。



昨日の話の続きになりますが、今年のようにカビや虫食いの被害がたくさん出てくると、一番に思うのは洗ってないから、なんですね。


洗わなければいけない時期、というのがあります。
これを逃すと、カビや虫食いの被害に遭いやすくなる。
今年、カビや虫食いの被害が多い理由には、衣替えのタイミングがずれた、という事もかなり影響していると思うんですね。


今から10年ほど前からでしょうか。
衣替えの概念が少しずつ変わって来ました。

それまでは、着たら洗う、だったものが、着るから洗う、に変化し始めたんです。


一冬着た衣類は、衣替えの時期に洗ってからしまう。
これが世の常識だったんですね。

ところが、一部の人たちが、しまっている間にシワがついたりして結局またクリーニングに出してアイロンかけてもらわないと着ることができない、と。
なら、着る前に洗う方が効率的じゃないか、と冬前に洗うようになって着ました。

服に変化が起こるなんて想像もしていないので、平気で一夏、家に置いてしまうんですね。

汚れている服を置いたままにしておくと、全部がおかしくなるわけではありません。
平気なものもあるし、おかしくなるものもあります。
そんな事よりも、着る前にクリーニングした方が気持ちいい、と思う人が増えて着て、その方が効率的に感じる人が増えてから、衣替えが崩壊していったんだと思います。


服に汚れが付いたまましまっていると、どんどんリスクが高まります。


カビが生えやすくなるし、虫によって着やすくなる。
また、汚れが温度や陽の光などで変色する事も。

これらは、汚れているとリスクが増すので、汚れを落として保管をするのが常識でした。

そう、これが、衣替えなんです。


これから着る服を出す、用意することを衣替えだと思っている人が多いと思います。
それも大事なんですが同時に今まで着てきた服を、綺麗にして、しまう事も衣替え。

そしてそのちょうどいいタイミングというものがあったんですよね。


しかし、いつのまにか、それがなくなり。
みなさん、忙しいですから、時期に合わせて衣替えをする事も難しくなっていったんだと思います。

昔から言われている事には意味があります。


今みたいにネットがあるわけでもなく、情報機器があるわけでもない。
そんな中の知恵が、暦を使って決まった日に決まったことをやる事。
そうする事で、忘れることを防止したんだろうな、と思うんですね。


さらに加えて、今の住宅事情、環境のことを考えると、かなり服に対する環境は良くないんではないかな、と思うんですね。
人が住みやすくなるけど、密閉性が高まる反面、湿気が溜まりやすかったり。
梅雨時期に夏日を迎える事も多くなってきたり。

昔に比べるとシビアだなあと思います。


だからこそ、衣替えはだいじにしたほうがいいよな、と思うんです。


自分の感覚で決めるのは割と大変。
なら、暦に合わせて、毎年決まった時期に、衣替えをする、と決めるほうが楽ちんだと思いますが、いかがでしょう?

多少、羽織るものを残しておけば、急な冷え込みにも対応できますしね。


服は毎年買わなければいけないものではありません。
流行り物を買い足すのはわかるけど、メインに着ているものを毎年買い換えなければいけないなんて、非効率です。


きちんとメンテナンスをして、長持ちさせましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫食いとカビがとても多いです。

毎年、いろんな傾向があるんですが今年はカビと虫食いがとても多い年だなあと感じています。


しかも、被害が大きいんですよね。
一箇所とかそんなレベルではないんです。
何箇所も、ともすればものすごいでかい穴だったり。
また、カビは、出てくる冬物全てにカビの匂いが付いていたり。


原因はいくつかあります。


やはり、雨と気温、この二つは外せないでしょうね。
雨が降って気温が下がったかと思うと、急に気温が上がり、まるで夏のようだったり。


カビは湿気と温度が必要ですから。
この条件が整いやすかったんだろうな、と思います。


では、虫食いは?


こちらも湿気が大きく影響しています。
乾燥していると虫の活動も下がるので。
湿気があると言うのは虫にとっても動きやすいかと。



もし、虫に食われてしまったら。


虫きいの穴は補修ができるケースがあります。
場所にもよりますが、修理してまた着ることができることも。
数が多いと修理代が高くなり、買い替えの方が安くなることもあるので、一度最寄りのクリーニング屋さんへ相談してみましょう。

ニット製品ですと、割と綺麗に直ったりしますよ。


カビも一度ご相談してもらえるといいかな、と思います。


もう一つ、今年多くなった理由の一つに思い当たることがあります。


それは、衣替えの出方が、バラバラだったこと。


毎年、決まってはいませんが、ある時期にばばっと品物が一斉に集まり時があります。
気温の関係や連休の関係などで、みなさん出しやすい時期があるんでしょう。


今年のピークはこの日だったな、なんて話をクリーニング屋さん同士でするくらい、どこも同じ時期に品物が集まります。


ところが。



今年は、本当にバラバラで。
ある程度は一致していましたが、今だに冬物のクリーニングのご依頼があったりします。

例年ですと、もっと早くクリーニングしているのに、今年は遅れているんです。


遅れている、と言うことは、汚れたままにしてある、という事。
ハンガーに掛けているならまだいいんですが、クリーニングに出そうと、袋に丸めて突っ込んでいたりすると、まずいですよね。
湿気がたまりやすくなるし、虫もよりやすくなります。


こう言うのも影響が出ているんじゃないのかなあと思いますね。



まだ洗い残しはありませんか?
もし、衣替えの品物が残っているなら早めにクリーニングに出しましょう。
手元に置いておいてもいいことはありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭用のアイロンでもしわは取れる!

僕の認識では、家庭用のアイロンではしわが取れにくい、と思っていました。
理由はいくつかあります。


一番の理由は、実はアイロン側ではなく、アイロン台の方。
僕らが使っているアイロン台は、バキュームで蒸気を吸い取っていまして、同時に服を冷やして伸びた状態を固定させる役割をします。

実はアイロンよりも、アイロン台の方が大事で、家庭ではこのアイロン台がないので、しわが思っているほど伸びない、と思っていたんですね。


ところが。

先日、お邪魔した友達が行っていた街ゼミのワイシャツのアイロンのかけ方の所で、伸びる!と確信が持てたんです。


使っていたのは、普通の家庭用のアイロンとどこにでも売っているようなアイロン台。
アイロン台にはバキューム機能はついていません。


最初、普通にアイロンを掛けていたんですね。
すると、やはり伸びないわけですよ。
そうだよな、これが限界だよね、と思っていたところ、こういう風にやってみてください、と指示が。


すると、きれいにアイロンが掛かり始めるんですね。

掛けている本人もびっくりしているわけです。


もちろん僕らが掛けるのに比べると、若干劣るんですが、ほぼ遜色ないレベル。
ノーアイロンのシャツと比べても雲泥の差で、きれいなんですよ。


やり方はあります、コツもあります。
そして、時間がかかります。


でも、家庭用のアイロンにアイロン台で、きれいになる、という事がはっきりと分かりました。


で、よくよく考えてみると、僕らもバキュームを使わないでアイロンを掛けることもあるわけです。
早くは出来ないけど、掛ける事は出来たんだよなあと思いだしたんですね。

出来ない、と思い込んでいたのは僕だったのかもしれません。


クリーニング屋さんは、yシャツのアイロンのかけ方を知りたがっている、と思ってしまいますが、もしかするとアイロンを使ってきれいに伸ばすやり方が知りたいだけなんじゃないのかな?と思いました。
それ程、僕を含め、みんな家庭用では伸びない、と思い込んでいるんじゃないのかなって。


家庭用のアイロンでも、しわはきれいに取れますよ。
コツややり方は必要ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LINE、全削除です。

ワールドカップで日本が初戦を戦った、勝って盛り上がっている頃、ひとり途方に暮れていました。


スマホのLINE、全削除してしまったんです。


経緯はこんな感じ。
子どもにLINEを使わせようと、子ども専用のiPadにLINEを入れました。
登録する段階で、電話番号が必要になります。
iPadなので電話番号はありません。
どうしようかな?と思っていた時に、僕のスマホの番号を打ち込んだんです。

いま、LINEのアカウントは電話番号などと連携してて、一つのアカウントに一つの番号が紐付けられています。
その番号で他のアカウントを登録するとどうなるか?

今まで使っていたLINEのデータが全部消えるんですよ。


写真もチャットのログも、もちろん友達も。
見事に全部消えます。

なんでそんなことをしてしまったのか?というと、以前僕は二台のスマホを持っていました。
そのうちの一台でLINEの登録をしていたので、片方は空いて居ると勘違いしたんです。

で、打ち込んでみたら消えちゃった、という次第。


日本全国が日本の勝利に酔いしれて居る中、黙々とLINEの際登録をし、友達やお客様の連絡先が消えて居るので、一からご連絡などをしていた次第。


これ、芸能人の不倫の事件からですよね、たしか。
まさかこんな形でやっちまうとは思いもしませんでしたが、軽く考えてやるととんでも無いことがおきるといういい事例で。


皆さんもやる事はないと思いますが、お気をつけください。


LINEから僕が消えてしまっていたらご連絡いただけるとありがたいです。
設定から僕の方からでは登録出来ない方も多数いらっしゃるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長年の経験から正しいやり方を見つける人。

日曜日に、友達のクリーニング屋さんが街ゼミをして、そこを見学させてもらいました。
そこですごいなあと思った事があったんですね。


午後は、スーツのメンテナンスの仕方についての講座。
皆さん、スーツの扱いには苦労しているようで、色々と悩みがあろう様でした。

どんなふうにすればスーツが長持ちするんだろう?そんな質問が出た時です。


参加者の中の一人の方が、話し始めたんです。


僕の経験ですが、と前置きをしたうえでこんな話をしたんですね。


スーツは休ませなければいけない。
出来れば一回着用したら二日は休ませる。
長い間営業でスーツを着てきたけど、扱いの仕方によってスーツのもち方が全然違う。
下手な扱いをすると、毎年スーツを買い足さなければいけなくなるので出費が嵩んでしまう。


これ、まさにそのセミナーの中で話をされる予定の話でした。
スーツは休ませてあげる必要があるんですよ。
毎日着てしまうと、スーツがどんどん汚れていくし、傷んでいくんです。
特に着用の時に寝てしまった毛が、休ませることで回復をするんです。
その回復させるための時間が大事、という話。

まさにこの人はこれを長い経験から感じ取ってきたんでしょうね。


実はさらにもう一つ、これも絶対大事ですよ、というお話をされていました。


それは下着を着ること。


yシャツの下にズボンの下に肌着を着るのがとても大事だ、とおっしゃるんですね。
これを着るのと着ないのとでは、圧倒的にスーツのもち方が違う、と。

子どものころ、お父さんが股引を着ているのを見て、こんなみっともない恰好をして、と子どもながらに思っていたらしいです。
でも、自分がスーツを着るようになって、体感で、下着の重要性を感じると、不恰好とかそんなこと言っていられない、とおっしゃっていました。

とても大事な事を、長年の経験から気づいたんだなあと思ってすごいな、と感心しました。


同じような体験をしても、こういう発想に至らない人の方が圧倒的に多いと思うんです。


どうせスーツは持たないんだ。

二年くらいで買い替えする方がいいんだな。

こんな風にとらえてしまう人の方が多いと思うんですが、正しく認識するのってすごい、と思います。
プロではないですからね。


多分、お父様のしていたことを覚えていて、それを参考にされたんでしょうね。


昔の人のやる事には意味がありますから。
古いから、と思ったりもしますけど、今みたいな技術のない時代にやっていた事なので逆にシンプルに素直な行動かもしれません。


下着、大事ですよ。
スーツを着ている皆さん、ぜひご一考を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震お見舞い申し上げます。

今朝、関西地方で大きな地震がありました。
ここの所、大きな地震が続いていたので、不安を感じていたのですが、大阪の地震はかなり大きく、また亡くなられた方もいらっしゃると聞き、とても悲しい気持ちで一杯です。

亡くなられた方に心よりお悔やみ申し上げます。

また、被災された方もたくさんいらっしゃる様子。
1日でも早い復旧を願っています。


小さい子がなくなるニュースは本当に心が痛い。
阪神淡路大震災を教訓にして、建物への対策は取られていたと思うのですが、そうでないところもあるのかもしれません。

地震が起きた時に何も出来なかった、と友人の一人は言っていましたが、地震が起きた後の方が色々と問題は起こります。
今回、どのような影響が出るのか?わかりませんが、今できる事はまだあるので、準備してほしいと思います。

引き続き、小さな地震も起きると思います。
心のケアも忘れずに。


一日も早く日常に戻れるように祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街ゼミを見学に来ました。

今日の目的はセンタクアトリエの襲撃ではないんです。
これが目的じゃあないの。(笑)

今日は、長野県茅野市の小池ドライクリーニングさんで、街ゼミをやるというのでその見学にやって来ました。


府中市でも街ゼミが行われるのですが、残念ながら中心部だけなので、もし中河原近辺でもやるようなら、と見学させてもらって勉強をしておこうと、やってきました。


午前中は、ワイシャツのアイロンのかけ方から。


小池さん、とても上手に説明していきます。
ならほど、こうやって教えていくんだな、と参考になることがたくさん。

午後はスーツのメンテナンスについて。


しっかりと学んできます。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

センタクアトリエ。

おはようございます。
今朝は、朝早くから動いてまして。
ひとりでひたすら走って来ました。


ついた場所は、センタクアトリエ。


洗濯王子こと中村くんの自宅兼仕事場です。
朝一で、襲撃っ!(´・∀・`)


王子、おはよ?
とメールしても既読にならず、仕方ないのでピンポン押して来ました。


驚いてました。(笑)


いい景色、きれいな仕事場、かわいい娘。(笑)
いい環境だな、ちくしょう。(´・∀・`)


1時間ほどいろんな話をして来ましたが、なにやら面白いことを考えているようですよ。
また、革命的な洗濯をぼくらにみせてくれるのかもしれません。

と煽っておきます。(笑)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

青木屋菓子まつり イン 郷土の森

ちょっと買い物をしようと、青木屋さんの工場直売店にやってきました。


お休みでした。(´・∀・`)


今日は、郷土の森で、青木屋菓子まつりをやっているそうです。
ものすごい人だかり。(笑)

盛況ですね。


人気商品は売切れでした。


ここにきたら焼き団子を買わないと。
このお祭り、たまにやってますよね。
みなさん、よくご存知だな。(笑)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭科と洗濯絵表示。

夕方、学校から帰ってきた次男から話がありました。

内容は、洗濯絵表示について。


どうやら家庭科の授業で、洗濯絵表示についての話があったようです。

先生曰く、今、洗濯表示はJIS規格とISO規格の二つがあって、新しいISO規格はほとんどの大人が知らないので君たちが勉強して教えてあげましょう、との事。


すかさず次男、心の中で、うちの親、プロなんだけど?(´・∀・`)、と思ったらしいです。(笑)


プロが知らないはずはない、きちんと勉強してやってるはずだ、というのが次男の考え。
で、ぼくに聞いてきたみたいです。


もちろん、勉強してますよ。(笑)
多分、いや、確実に先生よりも詳しく説明できます。(笑)


次男の話を聞こうと思ってたんですが、ウズウズしちゃってダメ。
だって、こんな時でしか、親父の威厳なんて見せられませんから。(´・∀・`)


子供に羨望の眼差しで見られたい!という欲の方が勝ったんでしょうね。(´・∀・`)


いいか?まず、新しい表示は新JISと呼ばれている。
確かに、ISOにならってはいるが少し違うところもあるんだぞ、と偉そうに話を。

次男、少しめんどくさそう。(笑)

仕方ない、これは先生は知らないと思うから覚えておきなさい、と、一つ教えてあげたんです。

いいか、ISOの規格はな、アジアは義務表示が多いけど、ヨーロッパは義務ではないんだぞ?
つまり、なるべくならつけてね、というのがヨーロッパ、ちゃんとつけろよ?(´・∀・`)というのがアジアだ、と。

この辺で、次男の表情が変わってきます。


お父さん、すげえ、と。

鼻高々です。(´・∀・`)


調子に乗って、さらに追加情報を。(笑)


新しい表示ではな、今までと違って服の形でのテストをしなければ表示をつけられなくなったんだ。
今までは、服に使われている生地の段階でのテスト、もしくは過去の資料から表示をつけられたんだ。
今のはより精度が高くなっているんだぞ、と。

そうなの?


もう、ぐいぐい食いついてきます。(笑)



洗濯絵表示に関してはお父さんの方が詳しいから先生できるな、と、ドヤ顔を。(´・∀・`)


まあ、こっちはプロですし、これでご飯食べてますからね。
知らなきゃ洗えませんから。


まだまだ、洗濯絵表示に関しては話がいくつもありますが、マニアックなので今日はこのくらいで勘弁してやる、と。

すると、次男が先生がこういった、と言うんですね。


クリーニング屋さんに出すと違いから、出したくない人はこの表示を見てドライクリーニングのマークがないものを選ぶといい、そう言ったんだそうで。
子どもなりに、そんな言い方はないだろ?と思ったようです。


先生、少し違いますね。


洗濯絵表示は、服のメンテナンスのためにつけられているもの、長持ちさせるためにつけられているものです。
洗濯絵表示に縛られて、着たい服が着れないのは悲しい事ですよ。

そうではなく。


自分がいいと思って買った服を、長くきれいに着るために絵表示を参考にしてメンテナンスをしましょう、が正しい教育です。


そのために、製品のテストをして表示をつけているんですから。
こうやって洗えば無事な洗えます、というための表示が新しい表示です。


先生、ぜひ、子供に服に対する希望を無くさないようにしてください。
服を着るのがめんどくさくなるようになっていけませんから。


まじで講義しに行きたいな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襟がカッコいいなあ。

普段、ワイシャツを仕上げていますが、なかなか仕上げたワイシャツを着ているところを見る機会はありません。


自分で着ていくこともあるんですが、大抵慌てて出かけるので、鏡でよく見てない。(笑)
やはり、着ているところを見たい、という願望があったりします。


最近、早く出る子供達と朝遭遇する機会があって。
今朝、次男が制服に着替えているところを見たんですね。


ワイシャツに袖を通して着替えてる。



うん、襟がカッコいい。(笑)



かっこいい襟は、襟が立っているんですよ。
次男、こういう服装が似合うというのもあるんですが、僕は個人的にワイシャツに満足。(笑)


やっぱり、アイロンのかかったワイシャツはかっこいいですね。
爽やかさも感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

境界線がむずかしい。

たまにね、思うんですよ。
これ、判断に迷うな?って。

色んなことでそう感じることがあります。


例えば、地震とか。
東北震災の時、ここ府中でも震度5強の地震がありました。
長く揺れていましたが、程なくして収まって。
で、気がついた時に、これ、よかったのかな?と考えたんです。

地震の時には伏せて、揺れが収まったら外に出る。
そう習いませんでした?

でも、外に出た人って少ないですよね。
小学校でさえ、迎えに行ったら、なんで来たの?という顔してたし、先生たちは生徒を校庭に連れ出さなかった。

あの程度の揺れなら校庭に出なくていいのか?
それとも、外に出た方が良かったのか?
この判断って難しいですよね。
建物が壊れてるとか、物が散乱してるとかではないですし。


また、具合が悪くなった時に、救急車を呼ぶレベルなのか、迷うことがあります。
それで亡くなってしまった人もいます。
でも、大して悪くないのに救急車を呼ぶのが問題になっていたりするので、呼んでいいのか?よくないのか、わからない。

救急車を呼ぶレベルでなくても、家で大人してればいあのか、早く病院へ行けばいいのか、これも迷います。

抽象的な話でこうした方がいい、と言われてても、いざ実際にそれが起こったら、どうしていいのか?わからないことってたくさんあると思うんですよ。


で、今日はここからが本題。


クリーニングでも同じようなことがあります。
この服はクリーニングした方がいいのか、洗わないほうがいいのか?

何回も着ていない服はどうすればいいのか?

毛布の扱いは?

こんな感じで、判断に迷うことはクリーニングでも起こっています。


最近は、自分で洗う人も増えているので、こんなものまでクリーニングに出したら恥ずかしいかな?そう思う人もいるようです。


もし、クリーニングに関して迷うことがあったら、遠慮なくクリーニング屋さんに聞いてみていいと思います。
実際、うちにもそういう問い合わせがたくさん来ています。


これ、洗った方がいいですか?というお問い合わせも来てますし、今年何回も使ってないんだけどクリーニングした方がいいですか?とか。


洗った方がいいと思っていても、その理由を説明されたら納得しませんか?


なぜ洗わないといけないのか?
洗う方がいいのか?
きちんとした理由があるんです。
それを聞くだけでも、クリーニング屋さんに問い合わせをする方はあると思います。

で、その時の説明で、そのクリーニング屋さんの良し悪しも分かったりします。


ちゃんと理解していい仕事をしているクリーニング屋さんは、説明の仕方も丁寧です。


遠慮なくお問い合わせしてみてください。
知らないことは恥ずかしいことではないですから。
知らないのが普通。
残念ながら、今の教育では、服に関してきちんとした教育はされていません。
だから、安心して、問い合わせしてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保管、だから言ったでしょ?

テレビに出たクリーニング屋さんの話の続きです。

神様とか気になる発言もあったんですが、実はもう一つ気になったものがありました。
このクリーニング屋さん、保管サービスもやっているんですよね。
で、その保管をしている様子もテレビに映っていました。


全部、ビニールのカバーが付いたまま保管してある!!!!!

空調など最適な状況で保管をしてある、と言っていましたね。
でも、長期保管をビニールの袋にかけたまましているんです・・・・・。


ビニールの袋、かけたまま保管できるって事でしょ?
僕、ずっとビニールの袋を外さなくても出来る、と言って来たんです。
ところが、クリーニング屋さんの多くは、ビニールは外さないといけない、と言います。
あれはクリーニング屋さんにある間の埃よけだ、と。


更に、湿気がこもるから、変色するから、いろんな理由をつけていたんですよね。


でも、テレビに映ったクリーニング屋さんではそんな保管はしていません。
普通のクリーニング屋さんでも、ひと月預けっぱなしでも袋を外してはいませんよね???


ね?クリーニング屋さんの話、おかしいでしょ???


僕前に書いたと思うんですが、湿度と気温をデータとして取る事が出来る機械で調べたことがあるんです。
その時の結果では、ビニールの袋をかぶせている方が安定していて、外している方が外の環境に影響されやすくなる、と出ています。

つまり、ビニールの袋を外すと、晴れているときはいいけど、雨が降るともろに服に湿気が入ってしまう。
環境がもろに影響をする、というのはこういう事です。


保管の際にビニールを外してください、と言っているクリーニング屋さんのほとんどは、おそらくはっきりした理由がないか勘違いしているんだと思います。
データで出てますからね・・・・・。


確かに仕上げのやり方で外したほうがいいこともあります。
でも、全部の品物がそれをする必要はない。
ビニールを外すかどうか、で悩むくらいなら、服を仕舞う環境を整える方がよほど大事、という事なんですよね。

ビニールをしたまま保管をする方がいい理由は他にもあるんですよ。
家の埃が服につかない、これなんです。
ここ、とても大事ですよ。
次のシーズン、すぐ着る事が出来ますから。


クリーニング屋さんも、盲目にビニールを外そうというのではなく、明確な理由を持って、いうようにしましょうね。
湿気はこもりませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

facebook、不正アクセスされました。

facebook、不正アクセスされてしまいました。
今はパスワードを変えたので、大丈夫だと思います。


ことの経緯はこんな感じ。



先程、配達に出て帰る途中にメッセージが入ったんです。
写真付きで、こんなイベントを招待してるけど?と。

有名なレイバンの招待でした。


facebookのアカウントを乗っ取られるとやられるんですよね。
診断系のものをやったりしているとよく乗っ取られるんです。


ところが。


ぼくは一切、診断系はやりません、
乗っ取られる可能性があると知っていたので。
また、ほとんどいいねも押しません。
つまり、どこかと絡んで乗っ取られるようなことは一切していないんですね。


なのに、不正アクセスされてしまいました。
ちょうど、ぼくのアカウントから招待状が届くちょっと前に、埼玉の春日部からアクセスが。
ぼくの使っていないブラウザーなので、ぼくでないことは明白です。


パスワードを変え、不正アクセスされたものを削除して、イベントも削除。
これで終わってくれると思います。

皆さんには迷惑をかけてしまいましたが…。


考えられるのは、ぼくのアカウントの情報がどこかから漏れている、と言うこと。
そうでないと今回のことは説明がつきません。
ぼくが何か操作して、やってしまったのなら、気をつけよう、で済むんですが、ぼくの知らないところでぼくの情報が漏れているとなると事は深刻になります。


こう言う被害は、周りで起きると自分にも回ってくることがあります。
皆さんもお気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神さま、多過ぎです。

最近、平日深夜や日曜は録画した番組を見る時間になっています。
リアルタイムで見ることがなく、全部撮り溜め。
どんどん見ていかないと、録画できなくなるので深夜に1人でこっそり見るんです。

今日、やっと一つの番組を見ることができました。


クリーニング屋さんが1時間番組に出たんです。
まるごと1時間、そのクリーニング屋さんの話。
見た人の感想を先に聞いていたので、冷静に見る事が出来ました。

いくつかツッコミどころがあるんですが、今日は特に気になったところを。


今、テレビでクリーニング屋さんが取り上げられると、シミ抜きが中心に取り上げられます。
すると、決まってこんなことを言いだすんですね。


シミ抜きの神様と呼ばれている。


シミ抜きの達人と呼ばれている。


クリーニング業界で一目置かれていて。


クリーニング屋さん、神様多いんですよね。(笑)
シミ抜きの神様だらけです。(笑)
ぼく、クリーニング業界の事、結構幅広く知っていますが、本当にすごいと言われている人はやはりほんの一握り。
神さまと呼ばれている人…、自称は居ますけど、僕らが率先して、あの人はシミ抜きの神様だよ、と言う人はいないですよね。

じゃあ、誰が神様と言ってるんだ?という話で。


一つは、番組側が名前を付けることがあります。


洗濯王子こと中村くんも、最初の頃は洗濯王子ではありませんでした。
とある番組に出演して、そこで洗濯王子と呼ばれて今に至ります。
最近は、洗濯家、と名乗ることもあるらしいです。

各番組、自分たちが見つけて来た人に名前をつけてわかりやすくしたいんでしょうね、いろんな人がいましたよ。
シミ抜き住職、シミ抜き大臣、神さま、達人、名人、伝道師、多分もっとあるでしょうね。


もう一つ、自称で神様を名乗る人がいるんです。


こちらは、宣伝文句の一つとして、シミ抜きの達人ですと名刺に入れたり、神様を名乗ったり自分でしています。


…、自分を売り込むのも大事なので、全部は否定しませんが、流石に神様はちょっとなあ、と思いますね。
神様と呼ばれるなら、自称ではなく、みんなからすごい、と言われて名乗ってもらいたい。


クリーニング屋さんはみんな勉強して資格を取って営業してますからね。
そんな特別でなくてもみんなすごいと思うんだけどな。

これからも神様はどんどんでてくると思いますが、温かい目で見てあげてくださいね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤッターワンからガンダムへ。

今日は長野から友達が来たんです。
僕らで言うところの、襲撃、と言うやつですね。(笑)
連絡もなしに突然やって来て驚かせる、と言う。
しかし、残念ながら、彼が来るのは事前に知っておりました。(笑)

ええ、迎え撃ちましたよ。(笑)


居間に上がってもらって二時間ほど話をしまして、彼の本日の宿まで送っていくことに。
まあ、送るのは別の場所だったんですけどね。(笑)


まっすぐいくわけにはいかなかったので、寄り道をしながら行きました。


稲城には僕ら世代が心をくすぐられるものがいくつかあります。


一つは、南多摩駅にある、ヤッターワン。

これですね。





おっと、彼が写り込んでる。(笑)


そして、次に向かったのが、長沼駅にあるガンダム。
これね、ずっと見たかったんです。
なかなかいくタイミングがなかったのですが、せっかくなので案内して来ました。





こんなに立派だとは思いもしませんでしたね。
ガンダム世代の彼も喜んでくれたようで。
連れて行った甲斐がありました。


この後、とある目的地まで連れていくんですが、実は彼が一番興奮したのはここではなかったんですね。

彼が一番喜んだのはここ。






だし道楽の自販機。(笑)


どうやら聖地のようです。(笑)
また遊びに来てください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングでなんでそんなに割引ができるのか?

僕も仕事を離れると一消費者なので、買い物をするときには安い方が嬉しいです。
仕事のもので仕入れするときも、安いに越したことはありません。
ここは皆さんと同じですね。

しかし
安ければなんでもいいというわけでもなく、適正な安さ
理由がキチンとしたものでないと、いくら安くても困ってしまいます。


安いのにもいろんな理由があるわけですね。


例えば、賞味期限が近いものとか。
早く売りさばかなければいけなくなると安くなります。

また、型落ち品とか。
新製品が売り出され、型落ち品が売れなくなると安くなったりしますよね。

営業的理由で安くなることもあります。

競合他社とせめぎあっていて安くしているとか。


また、一時的に売上を上げたくて安くしているケースもあります。
車だと決算時期に安くなると言うのはこれが理由だったりしますね。

大量に作るから安くなる、そう言うこともあります。


こんな風に安いのにも理由があるわけです。
その安い理由の中によっては、品質が落ちてしまうものもあるので、こちらがしっかりと見極めないといけなかなるわです。
だから、消費者の買い物はとても難しいんです。

さて、クリーニングの安いのはどんな理由でしょうか?


たまに見かけますね、30%引き、50%引き、他ではあり得ないような割引です。
クリーニングに賞味期限があるとは思えないので、型落ちとか賞味期限が近いとかの理由はありません。


多くの理由は、営業的な理由からだと思います。
クリーニングは年間通して出るものではないので、一番忙しい時に、なるべくご利用してもらいたい、と割引をして利用しやすくしているお店があります。

しかし、営業的な理由だけで、50%もわりびきできません。
もちろん、その範囲で出来るように仕事も変わってしまいます。

クリーニングで一番起こりやすいのは、一度に多くの洗濯物で洗うこと。
すると、コストが下がるんです。

ところが、一度に洗える量には適正量があります。
入れ過ぎると汚れ落ちが悪くなったり、衣類が擦れて色合いが悪くなったりします。

あまり過度な割引をしていると品質にも影響がでかねません。


お店側からすると、競合他社との競争で、仕方なくしているところもあるようです。
一見、安くて嬉しいと思ってしまいますけど、実際はあまり得をしていないことを考えると、お店側も適正な価格を維持するのは消費者の利益を守ることになるのになあ、と思うんですね。


うちで仕事をしていて思うのは、クリーニングは体だけでなく頭も消費するんです。
なので、気を使って仕事をするのにも限界があるんですよね。
無理して頑張るよりも、常に一定の状態でやり続ける方が安定するなあと感じています。
それだけ気を使う服が増えている、という事でもあるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宣伝はきちんと宣伝と書きましょう。

クリーニングに関する情報がないか?毎日色々調べたりしています。

今は誰でもネットで公開できるので、ちょっと調べるとクリーニングに関するものだけでもかなりの数でヒットします。


クリーニング屋さんからの発信、消費者の方からの発信、アパレルからの発信、本当に多種多様になって来ました。


誰かは?わからないけどまとめサイトを作る人が増えています。


オススメのクリーニングはココだ!みたいなの、一度は見たことがあるはず。
そのほとんどが、アフィリエイト目的の人が紹介しているだけなので、本当にいいクリーニング屋さんかどうか?は分かりません。

アフィリエイト自体はちゃんとしたサービスなので問題はないんです。
問題なのは、人を騙して誘導するようなアフィリエイトで。


でもね、それ以外にもおかしなのはまだまだあるんですよね。


グーグルアラートでクリーニングを登録していまして、クリーニングに関するサイトが見つかるとメールで来るようになってます。
先日も、新しいクリーニングに関するまとめサイトが出て来ました。


着物をどこに出せばいいか?とかダウンの洗い方とかそんな情報が載っています。
こう言うサイトを見るときに、だれが作っているのか?見るんです。


書いてある情報を読むと、なんとなくわかります。

素人がどこかからネタをパクって来たのもすぐわかりますし、アパレルの関係者もなんとなくわかります。
しかし、今回のサイト、少しおかしかったんですよね。

と言うのも、情報が細かい。
ネットにあるような話にしてはプロっぽい、でも、間違えているところもある、と言う不思議なもの。
しかも、オススメのクリーニング屋さんは載っているけど、リンクが貼ってありません。

アフィリエイトならリンクをつけています。
それがないんですね。

でも、いろんな記事を見ていると、聞いたことないクリーニング屋さんがいちばんのオススメだとどこのページにも書いてある。


ぼく、割と全国のクリーニング屋さんのことを知っているほうなんですよね。
そのぼくが知らない、なのに九州で一番のクリーニングやだと言うんです。


なんかおかしいな?と感じました。
百歩譲ってこのクリーニング屋さんのファンが作っているのかもしれない、と思いましたが、それにしてはだれが書いてあるか?のクレジットもない。


こうなると、だれが作ったか?調べて見ないと。(笑)


五分後。。。。。



サイトを作った人が判明。
一番のオススメのクリーニング屋さんでした。(笑)



もう、がっかり。
せんでんしたい、お客様に来てもらいたい、それは本当によくわかります。
でも、宣伝ならきちんと宣伝とわかるようにしなきゃダメですよ。
その宣伝のやり方は悪質です。
人を騙すようなやり方で集客しちゃダメ。
一時期は集まるかもしれませんが、こうしてバレてしまうと一気に信用も無くしてしまいます。

同じクリーニング屋としても、そういう事をする業界だと思われるのも嫌ですしね。


きちんとした技術があり、いい仕事をしていると自負するなら、素直にそういえばいいんです。
何も、他人のふりして、九州で一番のクリーニング屋さんです!オススメです!
なんてやらなくていい…。


こう言うのが出てくるから、ネットの情報は怪しいとか言われちゃうんですよ。


本当にやめましょう。


こうさてブログで発信することもできるんだから。
自分の言葉で伝えるようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実は今も昔も変わっていないんです。

技術の進歩で昔出来なかった事が今はできるようになった。


こんな話をよく聞くと思います。
洗濯なんてまさにそれで、昔は自宅で洗えなくて、全部クリーニングに出していたけど、今は自宅で洗えるようになった、そんな話をする人がいるんですね。


正直に申しますと、実は今も昔も何も変わっていないんですよ。
昔から自宅で洗う事が出来たし、その時の問題も今も昔もさほど変わりません。


そうですね、強いて言うなら、昔に比べて宣伝が上手くなった、と言うところでしょうか。


例えば、ニットは、昔から洗おうと思えば自分で洗えました。
現代だから洗えるのではなくて、その当時と今の技術はほぼ変わりません。

ニットを洗って失敗する理由は今も昔も一緒なんです。
昔も、邸内に手洗いをすれば洗えました、今はその手洗いを機械が再現している、と言うだけなんですよ。

てことはです、昔自分で洗っていておかしくなってしまったことは、現代でも起きているんですね。


洗ったらしわくちゃになってしまった。


縮んでしまった。


色がおかしくなってしまった。



これらの問題は今も昔も何も変わっていないんです。
でも、先ほども書きましたが、宣伝が上手になった。


誰でも、簡単に、綺麗に、出来る様に見え、しかもみんな自分のものを洗っているかのような宣伝を見ていると、技術が進歩したと思ってしまうんですよね。


そう、一番変わったのは、消費者の気持ちの持ち様かもしれません。



多少の技術の進歩はもちろんあります。
しかし、昔からの大問題が解決しているか?と言うと、案外そんなことはないんですよ。
いくら、水洗い可能なスーツが出来た、と言っても。
それと汚れが落ちるのは別の話で、綺麗にしようとすると自ずと家庭での限界が見えてきます。

また、誰でも簡単に出来る、と宣伝することで安易な事事故も増えました。


気をつけることは今も昔も同じです。


大事なものを洗おうとするときは、よく考えてくださいね。
本当に自分であらっていいのか、クリーニング屋さんに任せたほうがいいのか。
今も昔もここが一番大事ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファミリーマートとドン・キホーテがコラボ。

ニュースを見ました。
ファミリーマートとドン・キホーテが提携してコンビニを出す、と。


ファミリーマートはいろんなことに挑戦をしています。
先日も、コインランドリーを併設したコンビニを展開し始めたばかり。
今度のドン・キホーテとのコラボはとても魅力的です。


なんと、そのお店が立川にある、ということが判明。
ちょうど配達途中に寄れるところにあったので、早速行ってきてみました。






おおっ!
ドン・キホーテの文字が入ってる。(笑)


駐車場は満車。
純粋なお客さん、ではなくて僕みたいにどんな感じかな?ときてる人がたくさんいるようです。
そのせいか、一度とめるとなかなか出ません。
中を細かくみているからでしょうね。


店内は、コンビニなのに、ドン・キホーテの店内のように雑然と品物が置かれています。
明らかにコンビニの品揃えとは違うし、量が違う。
かと言って、ドン・キホーテほどはたくさんありません。


コンビニらしい雑誌類は隅にちょこんとあるだけ、飲み物が充実してたり、おつまみが充実してたり、インスタントラーメンも充実してたり、コンビニながらドン・キホーテを感じる事が出来る店舗になってました。


おもちゃも揃って売ってましたしね。


ちょっと面白かったです。(笑)


多分、テストで作ったものと思うので、今後品揃えなど変わっていくんだろうと思います。
また間を空けて、様子を見にきますかね。


他業種ですが、こうして気になるものは見ておかないとね。
クリーニング屋さんは配達以外はほぼ店の中での仕事なので、気を抜いてると世の中に取り残されがちになってしまいます。
そうならないように、気になったらなるべく動く。(笑)
これを心がけてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨がひとつの目安になります。

クリーニング屋さんが、梅雨入り前にクリーニングに出してくださいね、ということがあるかと思います。


梅雨入り、ひとつの目安になってるんですね。


クリーニングもしやすい時期としにくい時期があります。
天候と言いますか、環境に影響を受けるんですよ、クリーニングって。
結構微妙なバランスで成り立っています。


ドライクリーニングの液体の状態がかなり大事なんです。
こんな言葉を見たことある人もいらっしゃるかと思います。


溶剤管理。


ドライクリーニングの液体の状態を管理することを言います。
洗うと汚れが落ちるので液体が汚れます。
そのまま洗えませんから、ろ過して液体自体をきれいにする。
また、服の汚れをさらに落としやすくするために、洗剤を適量混ぜるとか。
これらの管理をする事を溶剤管理、と僕らは言っています。

実は、この管理の他に大事なことがいくつかあって、その中に環境が含まれるんです。


例えば、気温が上がると洗浄力も変わってきます。


洗浄力が上がるといい事のように見えますが、過剰な洗浄力は逆効果の面もあるので、一概にいいとは言えません。
適切な範囲内での洗浄力が大事になります。


となると、あまり気温が高くなるのは、歓迎しません。


また、雨が降るとドライクリーニングの液体の中に水分が入り込みやすくなります。
その水分が影響を与える事もあるんですね。


と言うことで、僕らクリーニング屋さんは、梅雨入りをひとつの目安にして、それまでに出来るだけクリーニングに出して欲しい、と願っています。


梅雨に入って、雨が降り、湿気が高くなると管理が難しくなるからです。
また、その後、梅雨が明けても今度は真夏に入るので気温が高すぎる。
やはり、洗うのにとても気を使うようになります。

じゃあ、夏過ぎて、冬に入る前に洗えば?と思うんですが、汚れたままで、夏の高温を過ぎたら、服がおかしくなるのはみんな想像できるでしょ?

暑くなる前に洗ってあげないと。


関東も梅雨入り間近のようです。
お早めにクリーニングにお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まんパクにて。

今日は、夕方からな神奈川県大和市の白栄ランドリーの野田さんと、昭和記念公園で行われているまんパクに行ってきました。


まんパク、もうかなり有名なイベントになりましたね。
食のイベントで、日本各地のお店が出店しています。


しかし、今日の目的は食べ物だけではありませんでした。


面白い芸人さんがいるんだよ。


そう野田さんに言われまして、一緒に見に行ったんです。会場に着きまして、まずは腹ごしらえ。(笑)
夕方ですから、日中に比べて行列も少なく、ちょっと並べば買うことができます。
ハム、ステーキ、ポテト、子供たちは欲望の限りを尽くして行きますね。

それに加えてインスタ映えはここでも威力を発揮します。


マスクメロンをくりぬいてジュースを入れた後にアイスを付け足したり。
ここの行列は物凄かった。
うちの娘と野田さんちの娘さんは並んで買ってましたね。
満足そうでしたよ。(笑)


そして、ショーが始まりました。


僕らが見たい芸人さんの前に、他の芸人さんが出てきます。


さかな芸人ハットリ。


何にも事前情報なしに見でたんですが、この人、面白い。(笑)
フリップを使って、替え歌を歌うんですよね。
それも全部魚に関するもので。
しかも、妙に歌が上手いので聞いちゃう。(笑)

なんか今、自分で釣った魚しか食べない挑戦をしているらしいです。
目標300種類で現在70種類くらいらしい。
この挑戦をし始めてかなり痩せたらしいです。(笑)
いろいろ面白い芸人さん。(笑)
思わず、ツイッターをフォローしてしまいました。(笑)


そして、今日の目的、サーカス芸を披露する吉川健斗さんのショーです。


この人、すっごい色っぽい人でしてね。
最初、男?女?と見ててわかりませんでした。
ほぼしゃべらず、パフォーマンスを見せて行きます。
しゃべらないのに、見てて魅入ってしまう。
表情、手の動かし方、惹きつけるものがあるんでしょうね。

ジャグリング、一輪車、見てる人から歓声が上がります。

マイクを持って、やっと話したと思ったら、すっごい太い声で男らしい。(笑)

日本で唯一のサーカス芸を教える学校に通って卒業したらしいです。
まだ、プロデビューしてから半年とか。
だからかな、歓声が上がるたびに、ホッとした表情を見せる。
そして、芸を披露した後の感性を聴くと、本当に嬉しそうな顔をする。

この子、売れますよ。(笑)


このイケメンぶり、芸、仕草、女性の人気が爆上がりでしょうね。
そんな空気を感じます。


久しぶりにいいものを見させてもらいました。
これから人気も出るでしょうし、忙しくなってくると思います。
大変だと思いますが、今の気持ちをどうか忘れないでほしいな、と思います。

喜んでもらう喜び、これを忘れる人は多いですからね。


僕ら、クリーニング屋なので、どうしても衣装に目がいきます。
吉川さん、ものすごイケメンで、カッコいいんです。

アイロンの掛かったシャツを着て芸を披露したら今の3倍増しでかっこよく見えるのになあ、と。
襟と袖のところ、特に袖はきちんとアイロンをかけるとものすごくかっこいいんです。
クリーニング屋さんに出せないなら、ここの部分の掛け方だけでも教えてあげたいな、と思いました。

吉川さん、もしここを見るようなことがあって興味がありましたら連絡ください。
アイロンの掛け方、教えます。(笑)


なんか充実した1日でしたね。
パフォーマンスを見て美味しいものを食べて。

たまにはこういうのもいいですね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンプスターター。

車に乗り始めて20年以上が経っています。
遊びでも乗ってますが、仕事でも乗っているので、それなりに距離も走っています。

すると、いろんなトラブルに巻き込まれるんですね。(笑)


今年は特にトラブルが多くて、ひと月の間に二回もパンクして見たり。
こんなにスペアタイヤに履き替える作業したのは初めてです。(笑)


他にも配達に行った先で、バッテリーが上がってしまったり。
車の故障でJAFを呼んだり。
JAF、入会してますからね。


走ったぶんだけトラブルも乗り越えてきました。


実は、ずっと目をつけていたものがあります。
ジャンプスターター、と言いまして、バッテリー上がりの時に、エンジンをかけてくれるもの。

昔なら、バッテリーが上がると、近くの車に応援を頼むか、JAFを呼ぶかするしかありませんでした。
予備のバッテリーを積んでる人もいましたね。

それがですよ、今は、なんと、小さなモバイルバッテリーくらいの大きさのものでエンジンがかかってしまうんですよね。
スマホのバッテリー、あれくらいの大きさです。


技術の進歩はすごい。


これがね、欲しかったんですよ。
車のトラブルの中で、やはりバッテリー上がりが1番多くて、復旧も簡単なのに、待つ時間はひたすら長い。
その場でなんとかなるようにしておけば、その後、楽になります。


ジャンプスターター、バッテリー上がり以外にも使えましてね、スマホの充電、ライト、いろんなことに使えるんですよね。



便利でしょ?


もう一年以上、いつか買わなきゃ、と思っていました。


で、買ったんです。(笑)
コストコで安くなっていたので衝動買い。
でも!必要なものだったので、これで不安が一つ消えました。
安心して
何処へでもいけます。(笑)


お車に乗る方、ぜひ、ジャンプスターターの購入を検討して見てください。
持っているだけで安心できますから。
本当にオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3D。

いろんなクリーニング屋さんと話をしてきました。
また、ネット上でもクリーニング屋さんの書いたものを読んでますし、クリーニング屋さん屋さんに勤めていた、という方の話も読んでたりします。

どの人の話が正しくて、どの人の話がおかしいんだろう?


僕らはクリーニング屋さんなので、読めば、話を聞けばすぐ分かります。
でも、一般の消費者の方は、その区別がつかないんではないか、と思うんですね。



大きなお店の人の話なら信用できる、いつも見ている人だから信用できる、綺麗なお店だから大丈夫、いろんな所から、その人の話を信用できるか?判断していると思います。


たくさんのクリーニング屋さん、及びその関係者と話をしてきて、最近気づいたことがひとつありまして。


出来る人は、説明が3Dなんですね。


立体的な話をするんですよ。
これに気付きました。


例えば、シミ抜きの話をしていても、出来ない人ほど、簡単に薬品の名前を上げるだけだったりします。
作業の説明をしていても、付けてすすいで、みたいな感じ。
実際、そんな簡単な話ではないので、こういう説明をする人は、シミ抜きをやってはいるけど理解していないんだと思います。


これがですよ、シミ抜きの神様、と呼ばれる人、先生と呼ばれる人、何年も修練を積んでいる人になると、説明が立体的になるんです。


まず、シミの構造が立体的。
生地の上にシミが付く所から始まり、最近何層も方が重なっている説明をしてくれます。
そしてそれをシミ抜きして行く説明も、その層を剥がしていくように説明して行くんですね。


それも、まるでパズルを解くようで、単純に上から一枚ずつ剥がしているわけではなく、これを使うとここに問題が出るからそれを中和して、とか、本当に難解なパズルを解くような話し方をするんです。

その説明は、まるで全ての解き方がわかっているかのような説明の仕方をします。


洗い方や素材の説明も同じ。


理解している人ほど、立体的なイメージで考えているので、その説明も立体的。


初めて会うクリーニング屋さんでも、少し話をすると、この人できるな、とわかるようになります。


一般の方ですと、お店に行ってもパートさんにしか会えないケースもありますね。
パートさんでもよく勉強しておられる方もいますが、中にはなんちゃって化学を本当のように説明する方もいます。
Yahoo!知恵袋に出てくるクリーニングの説明、意外とおかしな話が多いんですよね。


実際に仕事をしている人の顔が見えるって大事だというのがこういうところでも分かります。
ぜひ、個人営業のクリーニング屋さんを探して見てください。
僕の書いたことがわかるはずです。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »