« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

想定しないことが起こる夏。

どうやら今年の夏は災害クラスの夏のようで。
単に暑い、と言うよりも、今まで考えても居なかったようなことが起こっているようです。


府中市の市民プールが2回ほど使えなくなることがありました。
理由は、嘔吐された方がいて、プールの洗浄のためにお休み。

体調の管理など批判をされている方もいましたが、どうやらそういう問題ではなく、プールに入っているのに熱中症になってしまったんではないか、と。

体を冷やすために入っているはずのプールで熱中症?
誰もが想像をしていない事態だと思います。

しかし、実際、学校のプールもあまりにも暑い日はプールそのものが中止になっています。
水に浸かっていても、汗をかき、脱水から熱中症になってしまうみたいですね。


暑い、という事が、ここまで想定を超えてくるとは思いもしませんでした。
これ、今体験していることは全部初めてのことなのかもしれませんよ?


という事は、これから先、想像していないような事が起きる可能性がまだある、という事。


気を引き締めなければいけないなあ、と思います。
体もそうですが、クリーニングもこれだけ高い気温だと色々と懸念材料が増えてくる。


いつものような洗い方で大丈夫なのか?
液温が上がる事で様々な事が起きます。
これだけ気温が上がると当然、液温も上がる。
それがどう影響するのか?気をつけておかないとな。


これが今年だけの異常気象ならいいんですが、数年に一度きたり、今後これが基本になったりすると困りますからね。
今年は情報収集をしなけらば。


皆さんも、初めての経験と思って用心しましょう。
どうも今まで経験だけでは対処難しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接触冷感。

今年の夏はとても暑く、寝苦しく困っていました。
そんな所に、いつもお世話になっている湯江接骨院に行くと、新しいシーツが置いてあったんです。


工藤さん、これいいでしょ?


そのシーツは、とても冷たくて気持ちいい。
ニトリで販売されている、接触冷感タイプのシーツでした。

接触冷感とは、触っているところの温度を低く感じる、というもの。
常に冷えているわけではなく、触っているところだけ冷たく感じるという商品です。
ニトリにはこの商品がいくつかあり、グレードも三種類くらいあってお値段も安い。


院長、、これいいですねえ、なんて話していて、翌日さっそく買いに行ったんですね。



接触冷感のシーツは、冷房の効いた部屋で冷やすと効果が上がる、と言います。
でも、我が家の僕の部屋にはそんなものはありません。
それでも冷えるのかな?と思いつつ購入。
試して見ました。


実は接触冷感の原理は知っているんです。
我が家にもそういう商品がありまして、なぜ冷えるのか?も原理は知っている。
それなら、エアコンがなくても冷えてくれるな、とおおよその見当は付いてたんですね。


シーツを被せて、いざ寝ようと思った初日。
疲れ果てて居間で寝落ち。(笑)
シーツの効果を試すことが出来ませんでした。

2日目、子供が先に昼間に使い、あんまり冷たくないよ?と言います。
エアコンがないからかな?と思って夜を待ちました。

お風呂に入って、布団のある部屋に上がると…、なんと、冷たくないよ?と言ってた子供が爆睡してる。(´・∀・`)


お前、大したことないって言ってただろ?
なんで、この部屋で気持ちよさそうに寝てる???


子供を移動させまして、さあ寝るぞ?と布団に寝たんです。



熱い。



子供が寝てたので、接触冷感の効果がなくなってる。
いや、効果はあったんでしょう、だから、子供は気持ちよく寝てたわけですから。

その後に寝てもねえ、意味がなかった。


後日、しっかりと試しまして、気持ちよくねれることを確認しました。(笑)
多分、ニトリの製品は、冷やすものとそれを維持するものと二つ使われているんだろうな、と思います。
だから、エアコンで冷やすと効果が上がるんでしょうね。


この手のものは、表面に小さいカプセルをくっつけておくんですよ。
その中に、一定の温度で解けるものが入っていて、その時の溶ける温度で体感温度を下げています。
ただ、それだと一度下がると持続をしないので、冷たいのが持続するようなものを生地に練りこんでいるんだろうなあ、と思います。



あとは、クリーニングしてみてどんな感じになるか?ですね。
こちらも近いうちに検証しましょう。



気を抜いていると、いい商品がどんどん開発されていきますね。
アンテナを張り巡らせて、見て回るようにしないのダメだな。

院長先生、いいものを教えてくれてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海苔屋は人を狂わす。(笑)

僕らの仲間内の間で、海苔が流行っています。
先日、築地に行った時も、せっかくだから、と海苔屋さんへみんなで行きました。


みなさん、知ってますか?
海苔屋さんって、人を狂わすんですよ?


海苔屋さんに入ると、試食があるんですね。
試食も順番があります。
まずは一番グレードの低いキズ海苔から。

これでも今まで食べた事ないくらいすごく美味しい。
みんな一口食べると、これかう、と手に取るんですね。


いやいやいや、まってまってまって、まだ他にもあるからと、買い物の手を止めます。(笑)


次に、同じ海苔のいいやつを試食。


すると、うーんと唸りだすんですね。(笑)
さっきのより明らかに美味しい、と。
でも、値段は当然さっきのよりは高いわけです。


悩んでいるところに追い打ちをかけます。(笑)


こっちの海苔はさっきのと違うんだよ?
と、また試食を勧める。(笑)


今度の海苔はさっきの倍ほどしています。
ちょっと変わった海苔で、青のりがすこーし混ざっているので風味が豊か。
で、これを食べさせると、うまいっ!と思わず言葉が出てしまうんですね。(笑)


またまた悩みだすんです、みんな。


せっかくきたんだからいいやつを買おうか?
いやいや、この海苔でも十分美味しかったぞ?
でも、ここに来ないとこの海苔は買えないからな、と。

みんな悩みだします。(笑)


そこへさらに追い打ちを。(笑)


先ほどの青のりの入った海苔の最高グレードのやつの試食をさせるんです。(笑)


すると、みんなおかしくなります。(笑)
気が付いたら、カゴいっぱいに海苔を買い込んでいるんですよ。


みんないい大人で、いつもは割と冷静な人たち。
それが、海苔屋さんにはいると、冷静さを失い、海苔を大人買いして行きます。(笑)


他にも、味海苔や青のり、びっくりするような海苔がたくさんあって、それを一つ一つ試食をしていくものだから判断がおかしくなっていくんでしょうね。


お店を出て、我に返った友達が、みんなぼーっとしているのが一番面白い。(笑)
ここに連れてくると、みんなおかしくなります。


僕の中では、海苔屋は魔物なんです。(笑)
人を狂わせます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

築地で朝食を。

昨日は話が盛り上がりまして、夜遅くまで話をしていました。
昨日は築地周辺で一泊。


朝、はやーく起きまして、築地に来ています。



台風の影響など心配をしていましたが、さほど影響がなかったようです。
場内、ものすごい人だかり。
お寿司屋さん、何十人並んでいるんだろう?というくらい、人が並んでいます。


僕らは、米花さんで朝食をいただくことにしました。


ただ今、待機中。(笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代シミ抜きのルーツの話をする会

ただ今、築地に来ています。
仕事を早めに切り上げまして、本日はここ築地にて、ちょっと面白い趣向の集まりがあるのです。



現代シミ抜きのルーツの話をする会。



いま、クリーニング業界にはいくつかのシミ抜きのグループ、流派というものがあります。
でも、実はそれらはとある人から始まっている、という面白い話。


各グループの人たちをこっそりと集めまして、今日は現代シミ抜きのルーツの話をしようと集まりました。


貴重な話が聞けそうで、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑過ぎても。

もし、気温が40度を越えるような日が来たら。


そんな事を想定していました。
まず、仕事はできねえよな、とか。
あまりにも暑くて仕事どころではなくなるんじゃないか、と。
自分がどうなるか?ばかり考えていたんですね。


そうしたら今年のこの暑さですよ。


想定していたものとちょっと違う変化が起きました。



一つは、意外と体は慣れてしまう、という事。



数日はとても辛く大変でしたが、それなりに慣れて来て、暑い中でも対応できるようになっていきます。


水分の取り方、着替えのタイミング、仕事の調節、いろんな事で対応するようになるんですね。
簡単にいうと、耐えられるようになっちゃうんだなあ、と思いました。



もう一つは、クリーニングが激減するという事。


まず、暑過ぎてみなさん外を歩きません。
お店にご来店くださるお客様もぐっと減ります。
配達で回っていても、品物の数が減ります。


暑くて汗をかいてクリーニングが増える、と想像する人がいるんですが、暑すぎるとそうはならないみたいです。


そりゃ、常識で考えて、この暑さでスーツなどを着ていたらおかしくなりますからね。
みなさんも、この暑さに対応する、という事なんでしょう。


気温が上がったらそれなりに変化する、ということがよくわかりました。
で、久しぶりに東京も気温が低く、過ごしやすい気温となった本日。



寒い。(´・∀・`)



気温だけ見ると、例年の夏なんですが、体は暑い気温を覚えているので、寒く感じる。
人体の不思議ですよね。


体は慣れるんです。


本当に不思議。



台風が近づいています。
過ぎたらまた暑くなるでしょうから、みなさん気をつけましょうね。
暑さを忘れないように対応していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんには2度行く。

クリーニング屋さんの見つけ方、そんな話題を目にすることがあります。
ここでも何度か書いて来ましたかね。


こんなクリーニング屋さんを選びましょう!
こういうクリーニング屋さんはダメです。
要望を伝えましょう。


いろんなことが書いてありますね。


クリーニング屋さんを選んだ時。
そのお店を知るために、クリーニング屋さんを二回ご利用することをお勧めします。


残念ながら、お店の外観で、いいクリーニング屋さんか、そうでないか、の区別は付きません。
世間一般では、外観の綺麗なお店、広いお店はいいお店、なんですけど、クリーニングは元々が個人商店が主。
すると、外観にあまり気を払わずに、仕事一筋、なんていうクリーニング屋さんもあったりするので、外観だけで決めてしまうと本当にいいお店を見つけられないなんてこともあるわけです。

それはもったいない。
もしかしたら、神業的職人がいるお店かもしれませんからね。


まず、そのお店がどんなお店か?知るために一度利用した方がいいと思います。


ワイシャツでも、スーツでも、なんでもいいです。
返ってくればそのクリーニング屋さんがどんなお店かわかります。


そして、2度目。


今度は、前回のことを踏まえ、自分の要望を伝えます。


ノリは硬めがいいのか、柔らか目がいいのか。
納期は早い方がいいのか。
これらは利用しないとどんな感じか?わかりません。


料理と一緒ですよ、奥さん。


食卓に出した料理に、一口も口をつけないうちからご主人が醤油をかけたら…、激怒するでしょ?(´・∀・`)

激怒まではなくても、むっ!とすると思います。
一度食べてみて、足りなかったらかけてよ、と。
ちゃんと味付けしてるんだから、と。


それとクリーニングも同じです。
一度やってもらわないと、どんな塩梅か?わかりません。


2度目のご利用が終わると、 さらに色んなことがわかって来ます。
クリーニング屋さんからのアドバイスをもらったり、店主さんの人柄が分かったり、そのお店とこれからもおつき合いしていくか?の情報がさらに集まって行く。


クリーニング屋さんを選ぶときは、2回利用するといい、というのはこういう事です。



いま、お店選びはとても難しいんです。

お金かければ外観はいくらでも整えられますから。
また、ホームページなども、お金かければいくらでも綺麗なものを作れるし、言葉ではいくらでもいい事をかけます。


でも、仕事は、昨日今日で出来るものではありません。
時間をかけて、作り上げてくるもの。
これは利用しないとわからないんです。


ぜひ、クリーニング屋さんを利用して、色々と確かめてみてくださいね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒマワリ畑に浮かぶしみ。

神戸出張帰りに見つけた、ヒマワリ畑でパシャリ。






ひまわり畑に浮かぶしみ。(笑)



クリーニング屋さんが独自に制作をした、しみポロシャツです。



しみを見つけたら是非クリーニングへ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊2日。

土曜の夜に出発して、つい先ほど帰って来ました。
0泊2日。(笑)

いつものように強行軍で行って帰って来た出張でした。
年々、体がついていきません。
今回も、一気に帰ってこれるくらいの距離なのに、途中、なんだも寝たので開店時間ギリギリに店に着くことに。
ひやりとしましたもん。(笑)


今日はものすごく暑いらしいですね。
耐えられるのか、おれ。
頑張れ、おれ。(笑)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯教室に参加してます。

おはようございます。
いま、神戸に来ています。(´・∀・`)


昨晩、お店の閉まる夜10時に家を出まして、愛知の友達のうちに行き、一緒に神戸で行われているクリーニングの展示会にやってきました。


クリーニング業者だけでなく、消費者も参加できる展示会となっております。


早速、洗濯教室をやっているので、消費者の皆さんと一緒にお勉強。
お子さんもしっかりと学んでいるので僕も負けずに学んできます。(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

車の中で汗をかく理由がわかりました。

連日暑い話ですいません。


ずっと謎だったんですよ。
車に乗ってて、エアコンが効いてるのに、汗をたくさんかかのはなぜだろう?と。


たしかに外とあまり差がないようにしてはいます。
でも、汗をかくほどでは無いし、ともすれば、外にいるよりも汗をかいている、ような気がする。


なんでだろう?と思ってたんですよね。



理由、わかりました。



車のボディ、窓が異様に熱いんです。
窓なんか、焼けるほど熱いですよ。
こんなのに腕を預けているんです、そりゃ右側だけ汗をかくに決まってます。


エアコンが効いていても、車のボディまでは冷えない。
窓も冷えない。
返って、陽に当たってものすごい熱を帯びてる、これが原因なんですね。


だから、外にいるよりも暑くなるし、汗をかく。


理由がわかれば対策を講じることもできます。



途中、車を洗うかなあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品物が熱い!

暑い、という声しか聞きませんが、いうのはタダなので、ここぞとばかりに暑いと連呼しています。(笑)


その暑さを物語るように、配達に出ていると、お客様に言われる言葉があります。



品物が熱い。



車に荷物を積んで一応エアコンを入れてあるんですが、品物が熱を帯びてしまうんですね。


で、気付いたんですけどね、袋に入れたままの品物、これだけ熱を帯びているのに、袋が白くなってないんですよね。
白くなるってことは、中の水分が蒸発して袋に付着しているってこと。
それが無いってことは、袋をかけたままにしていても問題が無いってことの証明でもあります。


クリーニング屋さん、みんなビニールははずしてね!と言いますけど、きちんと検証してるんですかね?
ビニールを外すか外さないか問題は、お店の仕事の仕方によって違うので、その辺をきっちりと抑えて説明しないとダメですよね。



熱い品物を届けて申し訳ないなあ、と思うんですが、エアコンが効かないほど暑い、ということを考えると、今年がいかに異常か?ということでもあります。

みなさん、本当に気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さ対策をきちんと見直さないと。

暑い日が続いてます。
ニュースで取り上げられて、皆さんも危機感を感じている様子。

お客様からメールをいただいても、暑さに気をつけて、とか、熱中症に気をつけて、と声を掛けていただいてます。


特に学校の対策が話題に上ることが多いようで。
見ていて、ちょっと思うことがあるんですね。


気温ばかり目が行きがちですが、みんなそれぞれ環境が違うんですよね。
自宅にいるとあの環境が違うと、暑さに対する抵抗力も当然違うし、自然と身についている対処法も違う。

うちのようにエアコンを使えないうちの子供は、常に何かを飲んでいます。
今年の飲料の消費量はハンパありません。
でも、常に飲んでいないと危ないのを知っているので、自然と子供達も水分補給をしています。


しかし、エアコンが効いているおたくのお子さんはどうか?と考えると、僕らのように水分の補給をしていないと思うんですよね。
体への負担の少ない気温にいる事で、いつもと同じように過ごせますから、基本水分がそんなに多くないと思います。

その子とうちの子が、同じ教室にいたら、当然感じる暑さも違うし、耐えられる力も違う。
ほんの30分前には自宅の快適な環境にいた子が、エアコンもない、暑い教室や屋外に出たら、当然やられてしまうと思うんです。


これくらいの気温だから、は間違い、というのに早く気づいた方がいいと思います。


自宅での環境、普段の生活の環境まで考えておかないと、誰でもやられてしまう可能性はあると思うんですよね。



また、体育館での行事など、ドアを全開にして、子供達に扇風機をあてて、って、間違ってる。
何が間違ってるか?って、空気の流れや入れ替えを考えてない事なんですね。

風を体に当てれば、というのは一昔前の対策。
これくらい日常で暑くなると、部屋の中の空気を入れ替える、という視点が大事になって来ます。


片方の窓を開けるだけでは、風は入りません。
入口が出来たら出口も必要。
そういう視点で、対策を取っていかないと、窓を開けてたのに、とか、扇風機をあててたのにとか、非効率な対策しか取れなくなります。


部屋を冷やす、という事を、きちんと学ぶべきです。
それだけ、大変な環境になっているらという事。
体育館なんかは、大型の換気扇を上につけて排気する方が圧倒的に熱が逃げるかもしれませんしね。


暑さ対策が今だにひと昔前なのが問題なのではないでしょうか。


今年はまだ暑さが続きます。
引き続き、暑さ対策をしっかりとやって行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

制服着用の必要なし。

連日の猛暑で、熱中症やそれによるものと思われる死者の方のニュースが飛び交っています。

エアコンの利用をして、とか、水分をとって!とか、熱中症対策への喚起を目にしない日はありません。


うちの子供たち、制服を着ないで登校をしているんですよね。
最初は、特定のクラスから。
昨日から全校制服の着用をしなくても良くなりました。


教室のクーラーが壊れてしまったんだそうです。


今日はあそこのクラスのエアコンが壊れたよ、昨日はあっち、と毎日エアコンが壊れていきます。
学校側も、それに合わせて制服の着用をしなくてもいいように通達。
いい判断だと思いましたね。


教室の中にあれだけの人がいれば、人の熱気だけでも相当なもの。
子供達ですから代謝も多いですしね。

制服はウールなので、汗は吸い取りづらいし暑い。
なるべく軽装が望ましいと思いますし。


終業式もジャージでよくなった、と言ってました。


今回の連日の暑さのヤバさって、日中の気温や連日続いているってことだけではないと思います。
熱帯夜の影響はとても大きいか、と。


きちんと寝れてないから体が休まらない。
その上で、日中の暑さにやられる、耐えられなくなる、と言え構図かな、と。
寝不足で過呼吸起こす子っていましたよね?

みんなが同じようにエアコン使って寝ているわけではないし、環境は人それぞれなので、過酷な状況に耐えられるかどうか?はわかりづらいんだろうな、と思います。


子供たちはあと数日で夏休み。
それまで、なんとか無事に過ごしてもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽毛はびっくりするほど膨れます。

今年はこの時期に、布団類のクリーニングのご依頼が増えて来ています。

中でも、羽毛布団のご相談が多いようです。


洗えますか?というご質問が一番多いでしょうか。
羽毛は普通に洗えるんです。
ダウンジャケット、普通にクリーニングしてるでしょ。
羽毛布団も中身は同じ羽毛ですから洗えます。


どのくらいの頻度で洗えばいいですか?

この質問も多いです。
さらっとしているので、ついそのまま使ってしまいがちですが、やはり洗っておかないと膨らみがどんどん減っていきます。
羽毛の命はこの膨らみなので、少なくとも年に一度はクリーニングする方がいいですね。


で、クリーニングをすると、みなさんびっくりされるんですね。



おおっ!
すっこい膨らんでる。



お預かりした時よりも、お届けした時の方が膨らんでいます。
1.5倍ほどになる時も。
それをみて、びっくりされるんでしょう。


元々はこれだけ膨らんでいるものが、使用してるうちに汚れが溜まり、膨らみが減っていくんです。
洗って綺麗にして、乾燥機でしっかり乾燥をするとふっくらと膨らみます。


これで、次のシーズンも安心。



羽毛布団のクリーニング、ぜひご依頼ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日焼け

クリーニング屋さんにとって、日焼けというと、衣類が日光に照らされて、色が剥げてしまったことをさします。

しかし、今日の話は、リアルな日焼けの話。

ぼく、今ものすごい日焼けをしているんですよね。
原因は昨日のどうでしょうキャラバン。
御岳ロープウェイでの開催だったので、山の上でしたから気温はそこまで高くない。
でも、日差しは強かったんですよ。

一応、念のため、日陰を探していたんですが、するものはしてしまう。


身体中、日焼けだらけです。(´・∀・`)



もうね、真っ赤っか。
見事に焼けました。
職人というと、日に強そうですが、クリーニング屋さんはやはり屋内での仕事なんですよね。
暑いのに慣れているとは言っても、日には慣れてない。
簡単に日焼けをしてしまいます。


うーん、弱すぎる。(´・∀・`)


しばらく体が痛いでしょうね。
今週配達でお伺いしたら、日焼け跡に笑ってもらいましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜どうでしょうキャラバン 長野

ただいま、御岳ロープウェイに来ております。
長野です。


今日は、水曜どうでしょうキャラバンが長野の御岳ロープウェイで行われておりまして、朝一でやってきました。


山の上だし、他の開催地に比べて来づらいから空いてるだろう?


そんな考えは甘かった。
2時間前に到着したら、すでにものすごい人数が並んでる。


2年ぶりの参加です。


この日を待っていたので、目一杯、楽しんで来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本らしく。

スーツの話になると、色々という人がいます。


スーツの起源は、とか、ヨーロッパではシャツは下着だったとか、ワイシャツの下に下着なんて着ない、とか。
ビジネスマナーに絡めて、スーツの着方に言いたい人が居るんですね。


スーツは確かに外国から入って着ました。
だから、その外国のマナー、着方が基本、というのはなんとなくそれっぽく聞こえてきます。

僕らクリーニング屋も、襟の形や立て方など、常に悩んでいたりするんですよ。
このスーツの形だと、襟はどうするのが一番いいのかな?とか。
業界内で言い争いになることもあるくらいです。(笑)


でもね、最近思うんですが、日本って独特じゃん?っと。
気候も違うのに、外国のやり方に習うのって逆に不便なんじゃないの?と思ったりするわけです。


例えば、ヨーロッパは日本と違い湿気が高くありません。
すると、下着の着方や考え方は日本とはだいぶ違います。
また、水も日本のように柔らかくないので、そもそも洗うことに向いていない。


片や日本。

湿度は高いし、暑いし。
ただでさえ、汗をかきやすい状況では、ヨーロッパのような着方は出来ないと思うんですよ。
日本ならではの着方に自然となって来ます。


下着を着て、汗をなるべくスーツにはつかないように工夫する。
外国の方からしたら変に見える、という人が居るかもしれません。
でも、日本にはこれがあっている。

誰に何を気兼ねする必要があるんだろう?と思うわけですね。


実際、外国の方は、真夏の暑い時期に、スーツを着ている日本人を見て、おかしいと言うらしいです。



今、気づいてない人もいるみたいですけど、東京の方が沖縄よりも気温が高いんですよ。
なのに。沖縄は、かりゆしスタイルが正装。
礼服用のかりゆしまであると聞きます。

片や東京は、クールビズが認められているとはいえ、職種によっては上着やネクタイが必要だったり。


スーツも日本スタイルを確立していいと思いますけどね。
ヨーロッパの真似をすることがいいことではない、と洗う立場から見てると思います。


来週も暑いらしです。
上手に乗り切りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生地と縫い糸のバランス。

なんでもっと強く縫ってないんだろう?そう思ったことのある人ってたくさんいると思います。


すぐほつれるじゃん!

とか。


またボタンなくなってる!


とか。


いざ着ようとしてガッカリする瞬間ですよね。
ボタンが取れやすい、ほつれやすい、のは最近増えて来ています。
少し調べたら、糸が細くなっているのが原因だ、とアパレルの関係者がつぶやいていたり。
僕らの体感でも、ほつれたりボタンの取れているものを多く見かけているので、おそらくそれが原因の一つだろうな、というのはなんとなくわかります。


じゃじゃじゃ、じゃあ、太い糸でもっとしっかりと縫えばいいじゃない?


水曜どうでしょう風に書いて見ました。(笑)

そう誰もが思うと思います。
しかし、そこにも問題があるんですよね。


ボタンが取れる、ほつれるって言うことは、縫い糸の方が弱い、という事になります。
もし、縫い糸が強いとどうなるか?


生地が破れてしまうんですよね。


単純な話で、糸が強いか生地が強いか、それで負けた方が切れる、と言う構図。


これね、とても大事なんですよ。
縫い糸が弱いなら、ほつれるかボタンが取れてしまいます。
でも、これなら縫い直せばいいし、ボタンをつけ直せばいい。
でも、生地が弱いと、生地が破れてしまい、裂けてしまいます。

来れたを修理する方が高くなるし、綺麗には直りません。


どっちがいいか?



考えるまでもないと思います。



柔らかい生地を使うほど、縫い方はとても繊細。
強く縫わなきゃいけない箇所は必ず補強が入っています。


こう考えると、繊細な生地ほど、ゆるく着ないとダメってことですね。
ピチピチで着てると生地にテンションがかかり、縫い糸との引っ張り合いになるからです。
少しゆったり目に着ることで、バランスよく着れるんだと思います。


生地が破れるより、ボタンが取れる方がいい、と言っているわけではないんですよ。
ボタンもきちんと付いていないといけない。

でも、縫い糸と生地のバランスを保っていないといけない、と言う話、なんですね。


服を買うときに、縫い目を横に引っ張ってみるとよくわかります。
縫い目が開くようなものは、少しサイズを大きめで買うのがいいか、と。
店員さんがよくご存知だと思うので、相談しながら買うといいですね。


夏は汗もかくし生地や糸に負担がかかりやすくなります。
生地と糸のバランス、なんて言う視点で服を選んで見ても面白いと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越し手伝い。

この所、年下の友達が新しく事業を起こしたり、独立したりして居ます。
先日の洗濯王子のセンタクアトリエもそうですね。
彼の今までの活動からまた一歩進んだ形となっています。


今日はちょっとだけ引越しの手伝いをして来ました。
こちらも年下の友達。
彼と知り合ったのは15年ほど前ですかね?
非常に独特な奴で、のんびりとした子でした。
前職が職人系の仕事で、それから実家のクリーニング屋に入り、いろんなことを勉強してましたね。

シミ抜き、修理、作製。
彼とはちょこちょこ会う機会もあったので話をしていました。

不思議なもんで、彼ととある人のことで意見がとても会うんですよね。

共通の知人で、僕ら2人はとてもすごい人でこんなに人を想う人はいない、とまで思うのに、周りの評価が少し違うんです。
いつも、なんであの人のことをみんな理解できないのかね?と話すのが定番。(笑)
同じものを見て、同じように感じるってとても大事だと思います。


そんな年下の友達が引越しをしている、というのは知っていたんですが、今の仲間が手伝っていると思っていたら、なかなか引越しが進んでいないようだ、というのを聞きまして、少しだけなら手伝えるよ、と言って来た次第。
娘を連れて、夜間にごそごそと引越しです。(笑)


少しは役に立てたかな?
彼の独立は少し不安でもありますが期待もしている。
ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メガネが壊れました。

朝、突然メガネが壊れました。


スマホをいじっていたら、メガネのあたりから、プツッ!と変な音が。
何かズレたのかな?くらいで気にしていなかったんです。

それから数分後、体の向きを変えようとしたら、目のあたりから何かがぽとりと落ちたんですね。
最初は、大きな虫かと思ってびっくりして顔周辺を払いのけていたんですが、どうも何もいないみたい。
あれ?とメガネを外してみると、左側のレンズがありません。


壊れてる。(´・∀・`)


その時気づきました。
糸みたいなのではめてあるのが切れてしまったようです。

今日は配達はないので、車は運転しなくてすみます。
仕事は、かろうじてできるかな?とやって見たら、ボヤけて危なっかしくて仕方ない。

今のメガネの前のやつが確かあったな?とごそごそ探して、それをかけて仕事をし始めました。


視界がぐるぐる回るんですよ。
あれ?これ、使えるはずなんだけど?と思っていたのに。
そういえば、今のメガネに変えた時に、老眼が入ってますね、と言われて、老眼が入ると乱視も入るんですよね、と言われたのを思い出しまして。

そうか、乱視用ではないから、おかしく見えるんだな、と分かったんです。


こうなってくると、早いところ修理してもらわないと行けません。
何とか仕事を終わらせて、府中にある和光さんへ。
手際よく、ちゃっちゃと直していただきました。
本当に助かります。


帰り際に、メガネ、洗ってますか?と。


汗をかくようですので、1日一回、もしくは数回、水でメガネを洗ったほうがいいです。
糸も汗がついているとそこから切れますから、とアドバイスをいただきました。

前も言われてましたけど、つい忘れてしまうんですね。
汗がついたところから切れる、というのもよくわかります。
汗をかかなくなると忘れちゃうんですよね。
で、また汗をかく時期になる、と。

メガネも洗いましょう。


予備のメガネ、作らなきゃダメですね。
前のがあるから、と安心できないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お子さんのいるうちには必需品です。

先日、洗濯王子のセンタクアトリエに行った時に、かんてんぱぱの伊那食品に寄ってきました。
そこでいろんなものを大人買いしてきたわけですが・・・・・。
かんてんぱぱの商品は、お子さんのいるご家庭には必需品だと思うんですよね。


帰ってきてからというもの、三男が毎日ゼリーを作っています。(笑)


本当にお手軽で、とてもおいしい。
だって、お湯に粉を溶かすだけなんですもん。
あとは、冷蔵庫で冷やしてもいいし常温で置いておいてもいい。
勝手に固まってくれます。
ゼリーですから冷えていた方がおいしいので、最後は冷蔵庫で冷やしますけど常温でも固まるという事は熱い時にもたなくてもいい、という事でもあります。


そのうち慣れてきた三男は、二層のゼリーを作ってみたり。
ハンバーガーくらいの値段でゆうに5人分くらいのゼリーをつくつ事が出来るのは、育ち盛りの親からすると嬉しい所。

しかも、自分で作っているので、何が入っているかもわかるから安心。
ゼラチンと違い、寒天はお腹にも優しいですしね。
大人も一緒に食べてうれしい食材です。


かんてんぱぱの商品、スーパーではなかなか見かけません。
それもそのはず、業務用の取扱いが多いからなんですね。
府中周辺ですと、大東京総合卸売センターに行くと売っています。
初台だったかな?かんてんぱぱのお店もあるのでそこに行けば、目移りするほど興奮できますよ。(笑)


パッケージはこんな感じ。


色んな味があるので、ぜひ購入してみてください。

本当にお手軽。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速ですよ???

長距離移動をするときは、高速道路を使います。
今の車は本当によく出掛けました。


高速というと、僕らの世代はバイクの二人乗りを見ると驚きます。
ええっ?いいの?って。(笑)

いいんですよ、今は。
でも、昔は高速は、バイクは二人乗りができなくて。
バイク雑誌に、高速二人乗り実現を!なんて記事を見かけていたのがいつの間にやら二人乗りが出来るように。
でも、やはりなんとなく慣れないから、見かけると一瞬驚くんです。(笑)


しかし、昨日は違う意味で少し驚いてました。


王子のセンタクアトリエがある長野県伊那までの間で、何回高速道路上で止まっている人を見かけた事か。


一番多かったのがバイク。
路側帯の止めて、ヘルメットまで脱いでたりします。
中にはほんの少しですが、Uターンして戻るバイクも。

高速道路上では止まってはいけない、というのが常識でしたからやはり驚きますよね。
さらに、車も止まっていたりするのを見ると、自由になったなあ、と感じてしまいます。


緊急でトイレが我慢できなかったのかな?と思いもしましたけど、トイレをしてるようなそぶりもなく。
なんとなく、止まっているんですよね。


次のサービスエリアで集合ね、そんなやりとりをして高速は移動したもんなんですけどね。


でも、やはり高速道路上は危ないので、いくら路側帯でも止まって外にいるのは危険です。
運転手さんも驚くでしょうし、実際そこで事故にあって亡くなっている方もいらっしゃいますしね。

昨日はそんな光景を何度も見てしまったので、軽いカルチャーショックでした。


みなさん、危ないからやめましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんてんぱぱ。

昨日、七夕の日に、洗濯王子こと、中村くんがセンタクアトリエの業務を正式に開始しました。
昨日は朝から仲間が何やらやったらしく。(笑)
盛大なセレモニーが執り行われたようです。
仕事があったので参加出来ずに、悔しいから今日行って来ました。(´・∀・`)


朝10時過ぎに、センタクアトリエに到着。
油断しているところに襲撃です。
しかも、嫁さんと子供を連れて。(笑)


1時間ほど滞在して、王子と話をして、気になるものを見せてもらい、おいとましました。
続々とお客様が来てましたからね、僕がいると邪魔になってしまいます。


伊那にはかんてんぱぱと言うすごい会社があるんですよ。
寒天製品を作っていて、そのどれもが美味しい。
うちの子たちも大ファンで、伊那に行ったら是非寄りたいと思っていました。


行きましたよ、かんてんぱぱ。(笑)


すごい、工場があって、レストランがいくつも併設されていて、かんてんぱぱガーデンなる庭もある。
しかも、かんてんぱぱの製品を買えるかんてんぱぱショップもある。(笑)


もうね、ここは夢のような所です。(笑)


早速、かんてんぱぱショップに突撃。(笑)





もう、目移りしちゃって困るとはこのこと。
ゼリーから始まり、カレー、シチュー、ラーメンもあります。
しかも、試食があるから食べれば当然それも買う。(笑)

お店を出る頃には大きな袋が一つ。(笑)


お腹が空きましてね、王子がかんてんぱぱにお蕎麦やさんがあってそこが美味しいですよ、と言う情報が。
なら、食べていこう、と寄ったのが、栃の木さん。





ここね、本当に美味しかった。
もうビックリですよ。
店内は落ち着いた雰囲気で、しかもいろんなものにお金を掛けてる。
出てくる割り箸、これいいやつですよね?とはっきりとわかるくらい。
で、蕎麦が少しお時間かかりますからと、これをどうぞ、と出て来たのが野菜のピクルス。
ピクルスと聞いて、酸っぱくて少し歯ごたえがあるのかな?と思ってたら、だしの効いた、歯のいらないくらい柔らかく煮たもの。
すっごい美味しくてびっくりしました。

そのあと出て来た蕎麦も美味しくて。


かんてんぱぱ、すげえ、と改めて思うことに。
センタクアトリエにまた来るかはわかりませんが、かんてんぱぱは絶対来ます。(´・∀・`)


いい時間でしたが、このまま帰ると中央道の渋滞にはまる、と諏訪湖の間欠泉を観に行くことに。
いま、自然に出ないんですね。
そのかわり、時間ぴったりに出るので、その時間に観に行けば誰でも観れます。
子供はなんで吹き出しているの?と驚いてました。(笑)


高速に乗ってもまだ、先で渋滞してる。


なら、と、山梨のほったらかし温泉へ。





甲府盆地の夜景と、富士山を見ながらのんびりとお風呂に入り談合坂で夕食をとるころには渋滞も解消。
すーいすい、と帰って来ました。


まる丸一日出かけて来ましたが、いい1日になりましたね。
王子のセンタクアトリエ、これから本当に楽しみです。
また、かんてんぱぱのついでに寄りましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一つ一つ個別がいいのか、全部お任せがいいのか。

クリーニング屋さんのサービスも時代ともに変化してきました。


例えば。


昔のクリーニング屋さんはいろんなサービスを無料でやる所が多かったんです。
ボタン付け、軽いほつれ修理、しみ抜き。
これらは当たり前のようにサービスとしてやっていました。
サービスなので、無料です。


しかし、時代の流れと共に、無料のサービスだと頼みづらい、というお客様の声も上がり、また良かれと思ってやったサービスで、頼んでない事をやったとお客様に怒られるようなことが増えてきて、次第に個別で有料化されていきました。

今は、ボタン付けも有料、ほつれ直しも有料、しみ抜きも有料、と看板を出しているお店も多くなってきています。

無料だと頼みづらい、というお客様の声もわかりますし、無料でやっているクリーニング屋さんの負担もあるので、有料化しているクリーニング屋さんの気持ちもよくわかります。


先日、友達のクリーニング屋さんに行きました。
ちょっとした用事で寄ったんですが、本人不在。
今はスマホがあるから便利ですね、あと30分くらいしたら戻るから、というので、友達のお母さんと話をしていたんです。


僕ね、おばあちゃん子だから、おばあちゃんとは気兼ねなく話せるという特技を持っています。(笑)


いろんな話をしました、友達の家での話、最近の仕事の話、昔の仕事の話。
友達が頑張っているのは僕も知っているので、お母さんが協力しようとしているのもよくわかります。
カウンターの横に、しみ抜き代を置いてあって、その話になって。


息子がね、しみ抜きをしたら、お代をいただいてねっていうんだけど、私はいただかないの、というんですよ。
頑張って勉強をしてしみ抜きを学んだんだから、きれいに落せたらいただけばいいのに、と思ったんですが、そのまま話を聞くと、お母さんなりの思いがあるんですね。


だってね、今まで私たちに任せてもらってて、気づかないものも私たちが気付いて落としているんだもの。
今までもらってないのに急にくださいなんて言えないでしょう?と。

お母さんのクリーニングは、私たちに任せて、全部やってあげるから、なんでしょうね。

一つ一つサービスが個別で、お客様の方から指示を出せるようにすると、必要なものだけ頼めて料金も安くなって良いんです。
ただし、これにはお客様側の勉強をしなければいけません。
汚れの具合を見て、シミやほつれもチェックしておいて、自分からやってと頼むかいらないというかしなければいけません。
でないと、クリーニングから返ってきて、ほつれやシミが残っていてもう一度お願いをしなければならなくなります。


片や、お母さんの全部任せてというクリーニングは、クリーニング屋さんがすべてチェックしてあるので、任せるだけでいい。
修理もしてくれるし、シミも抜いてくれる、気になるものはやってくれます。
案外、自分の服の事って知らないので、クリーニング屋さんで発見してもらう事ってよくありますからね。
ただし、すべてコミコミなので、お値段は少し高めになることもあります。

さあ、自分ならどっちのクリーニングがいいですか?


もし僕がクリーニングに出す側だったら。


クリーニング屋さんお知識はあるので、最初は指示を出すかもしれません。
でも、すぐお任せにしちゃうだろうな、と思います。
そこに自分の意識を常において置くって、とても大変ですから。
クリーニング屋さんが気にしてくれて、次も安心して着られるようにしてくれるなら、お任せで、となると思います。

今、クリーニング業界では、お任せでやるよりも、個別に指示をいただいて有料化する動きが出ています。
資材が上がり、人件費が上がり、クリーニング自体の需要も減っているので、個別に有料化しないと大変という側面もあると思いますが・・・・。


消費者の立場から見ると、全部任せて!というクリーニング屋さんもありなんじゃないのかな、と僕は思いますけど。
友達のお母さんと話をしていて、いいクリーニング屋さんだなあと思いましたから。


友達はそこで悩んでますけどね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近にいたオウム。

今朝は朝からニュースが騒がしかったです。
オウム真理教の死刑囚の執行がされた、と。
地下鉄サリン事件から23年もの月日が流れた、とニュースで言っていました。


オウムは、僕の人生の中で、割と身近に感じられたニュースの1つでした。
それまでは、おおきなニュースというのは、テレビの画面の先にあるもので、自分の周りでは起こっていない、遠い世界の話だったんです。
ところが、オウムの事件は、事あるごとに自分の周りでその存在を感じることがありました。


高校生の頃。

学校に行くと、友達が、しょーこーしょーこー、と歌をうたっていたのを覚えています。
それ何?と聞くと、渋谷とかで選挙の活動でやたら歌っているんだよ、と。
笑えるだろ?と話していたのを鮮明に覚えています。
それから家に帰ってテレビを見ると、宗教が選挙に出てる、と。
当時は、商店会のお店の二階とかで新興宗教がたくさん出てきてた時代で、宗教は税金かからないから儲かるみたいだよ?みたいな話を聞いたことがあったので、お金に余裕があるのかな?とオウムの選挙を見て思っていました。


地下鉄サリン事件が起こったのは、クリーニング学校を卒業する年。
ニュースで大変なことが起きてる、と知り、さらに、友達のクリーニング屋さんに、都営地下鉄の制服がクリーニングに出されて、もしサリンが付いていたらどうする?なんて話を友人としていました。
まだ、化学兵器、なわていうものの認識が小説くらいしかなかった時代。
リアルに自分の周りに起きた時に、どう対処すればいいのか?悩んだのを覚えています。


それから、オウム真理教がテレビに出始めます。
毎日、会見をするし、反論するし。


数年前から秋葉原でパーツをかっていた友人たちは、知らずにオウムのお店で買っていたこともあったり、秋葉原を歩いていると、あの人オウムの店の人だよ、と教えてもらうことがあったりしたもんです。


山梨にオウムの拠点があり、中央道で山梨に行くと、必ずと言っていいほど車を止められました。
そして、中を確認されるんです。
もちろん、するのは警察。
当時は、うちの近くの大きな会社の子会社が山梨方面にあり、出張に行くたびに止められて中をあらためられる、と話していました。


ここ府中にも、オウムの幹部の実家があって、その周辺は連日、報道陣が集まってたり。
また、そこから、府中にもたくさん信者がいる、と噂が出たり。
白い服を着ている集団を見ると、近寄らないようにしてたり。
本当に身近な存在でした。


思い返すと、色んなことが周りで起きていて、その原因にオウム真理教があったんだな、と思うと、今回の執行は1つの区切りだと感じています。


日本史上、類を見ないような大事件は終わりを迎えているんでしょうね。


刑の執行が、被害者の方々の救いに必ずなるわけではないのですが…。
このような悲惨な事件はもう二度と起きて欲しくないと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネットから情報仕入れたでしょ?

なんでもネットで調べられる時代なのでとても便利です。
僕も気になることがあれば、すぐスマホを持って検索。
忘れないうちに調べて頭の中に入れるようにしています。


しかし、ネットの情報が全て正しいわけではない、というのはここでも何回も書いてますね。(笑)



誰が書いているのか?
その人発信の情報なのか?
どこかから聞いてきた情報なのか?


主にこの3つを見て信用するか?考えています。


やはり、一番怖いのは、また聞き。
どこかのサイトを見て、自分のところに書き込んでいるものが一番危ないです。
正しく理解していないことが多く、大元の話と違って書かれていることがよくあるからです。


きちんと読んで書いてくれてれば問題ないのですが、えてしてパクる人は専門家ではないので、勘違いしやすいんだと思います。


今日もそんなサイトを発見。

スーツの専門家だ、という人が、ワイシャツの洗濯の仕方を教えてくれてます。
色々と突っ込みどころはあるんですが、その人が信じているなら、それでいいんじゃない?とスルーして読んでいたら、最後の方でやってくれました。


ワイシャツがクリーニングから返ってきたら袋を外さなきゃいけない。
黄ばんだりするのはドライクリーニングの溶剤が残っているからで、ビニールの袋を外して換気しないと、と書いてあります。


ワイシャツをドライクリーニングなんかしませんよ?


するはずないじゃないですか?
なんでこんな適当な話をするんでしょう?
これ、ネットから調べてきた話を自分で置き換えてますよね?
スーツなどのクリーニングの話をワイシャツにまで広げてしまってる。


これ読んでるだけで、適当なこと書いてるなあ、と信用できななあ、と思うわけです。

肩書きはすごいですけどね。


みなさん、この肩書きに騙されてしまうんだと思います。



洗濯の話、クリーニングの話は、クリーニング屋さんから聞いてください。
専門家ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングしないで売るのがオススメ。

最近、中古市場が熱いようです。


服を始め、バッグやブーツなどを買い取ってくれる業者もいます。
また、ヤフオクを始め、メルカリなどの個人売買も盛んになって居ます。


昔なら、クリーニングに出してから出品しよう、販売しよう、とみなさんして居ました。
ある意味、それが常識と言われて居ましたね。


最近は、クリーニングはしないで、買い取った人が自分でクリーニングに出すやり方もあるらしいです。
クリーニングに出してから出品する方がいいのか、買った人にクリーニングに出してもらう方がいいのか、どちらでしょうか?


クリーニング屋の経験から言わせてもらいますと、ズバリ、買った人にクリーニングは任せた方がいいと思うんですね。

理由は3つあります。



1つ、出品者がクリーニングに出す手間がないので、すぐ出品できる。

タイミングによっては、今着たいものもあるかと思います。
クリーニング屋さんによっては時間のかかることもあるので、早い方が買ってもらいやすくなることも。


2つ、クリーニングを買った人に任せることで、その分安く売買できる。

クリーニングをしてからだとどうしてもクリーニング代を上乗せした形になります。
先に金額を決めて、出品してからクリーニングに出す方もいて、ともすれば、落札価格よりもクリーニング代の方が掛かってしまうことも。
売る人も買う人もお互い損しない形になりやすいです。


そして、3つ、クリーニングは人それぞれ価値観が違うので、着る人が洗う方がいいから。
これは、クリーニング屋を長年やって着た経験からなんですが、友達に借りた服を善意でクリーニングしてから返して、返ってトラブルになってしまうことがあります。

クリーニング屋さんもいろんなお店があるので、服を大事にしている人ほど、クリーニング屋さんも選んでいたりするんです。
すると、売る人は気にならなくても、買う人は気に入らない時があって、本当にクリーニングに出したの?なんていうトラブルになることもあります。

買った人がいつも利用しているクリーニング屋さんでクリーニングしてもらってから着るのが一番トラブルが少ないです。


個人での売買が盛んになる程、人それぞれの価値観でトラブルが起きやすくなります。
服を売るときは、クリーニングは買った人の好きなところで、これが常識になるとトラブルが減ると思います。

着ることができる服は、どんどん着てもらった方がいいですから。
ヤフオクやメルカリなどを有効活用して、どんどん服を着てもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松ちゃん!予備のボタンや生地は大事ですよ!

テレビをオンタイムで見る事がなくなりました。
その理由は、テレビを買い替えた時に、ハードディスクに録画できるようになっらから。
それまでの録画と違い、リアルタイムで見ているのと同じような画質で見る事が出来るようになってから、録画して時間が開いたときに見るようになりました。


毎週日曜日に放送している、ワイドなショーを録画してみています。
普通のワイドショーとは違い、思っている事をはっきりという所に好感を持っていたりするんですね。


日曜のワイドなショーをお昼ご飯を食べながら見ていました。
過剰包装について話をしていて、その中で、ダウンタウンの松ちゃんがこんな事を言ったんですね。


スーツについている余分な生地や予備のボタン、いる?
ボタンなんか取れないしいらないやん、と。


これね、僕も学生のころはそう思っていました。
予備のボタン、邪魔だなあ。
予備の生地、使わないよなあ。

これを保管するのが面倒くさいなあって。

ボタンなんてめってに取れないよ、と本当に思ってましたしね。
で、制服の内ポケットの中に入れっぱなしにしておいたり。


でも、クリーニングの仕事をし始めて、その考えは逆になっていきました。

予備のボタン、大事!!
予備の生地、大事!!!


ボタン、取れないと思っているんですけど、取れるんですよ。
しっかりと縫われているものならいいんですけど、意外ときちんとボタンを付けてないものって多いんです。
すると、簡単にボタンが取れてなくなります。


また、修理の時に、生地を使う事もよくあります。
予備の生地がなければ、服から調達してくるんですが、高い服だと余白が多いんだけど、安い服だと余白がほとんどなくて修理が難しくなることも。


いらなさそうなんですけどね、本当に大事なんですよ。


で、もう一つ、内ポケットに入れておくのはやめましょう。
できれば、別できちんと保管を。
ボタンはなくなってメーカーに問い合わせても、同じのがないのが基本です。
一つなくしたおかげで全部付け直しになるなんてことにもなりかねないので、必ず保管をしておくようにしてくださいね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

振り込め詐欺との接触???

今日も暑かったですね。
仕事していて、脱水症状にならないように、こまめに水分補給をします。

お昼過ぎに、水分を取ろうと小銭を取りに二階へ上がり、アイロン台の前へ戻ってきたら、見知らぬ人がお店に入ってきました。


お客さんかな?と、いらっしゃいませ!と言うと、警察です、と。(´・∀・`)

おもむろに警察手帳をパパッと、見せてくれます。
信じるしかないですよね。


少しお話を聞きたい、と言うんです。


なんの話を聞きたいか?伺いました。
二月にこの辺りで、振り込め詐欺がありまして。
受け子(お金を受け取る役の人)がお金をビニールの袋に入れてもらってきたんだけど、そのままだと駅前の交番の前を通る時に怪しまれるので困る。
そこで、この通りの商店で、紙袋をもらって入れて隠した、と言ったらしいんですね。

受け子はすでに捕まっていて、その証言通りなのか?紙袋を渡したお店を探している、と言います。


この通りのお店の中で、紙袋を渡すようなお店…、うちしかありません。


今、紙袋なんて使わないし、飲食ではないだろうし、薬局、米屋さんではビニール袋を使うだろうし。


ああ、うちだな、とピンっ!ときました。
でも、ぼくは渡していないので、うちの嫁さんと母に聞いて見ます。




結論から言いますと、うちでした。



嫁さんが、渡したことがある、と証言。
やはりお客さんではない人が突然やってきて、紙袋をください、と言ったんだそうで。
うち、そう言うの全然断らないので、いいですよ、と簡単に渡したらしいです。。。


軽く聴取をされ、終了。
うちが絡んだことよりも、この周辺で、振り込め詐欺に被害が出ていることにビックリしました。

まだまだ被害が出ているみたいですよ。


いまは、色んなところで色んな奴がやっているので、たくさんいるんだ、と警察の方が仰っていました。
身近でこう言う話を聞くということは、皆さんの周りでもいつ被害にあってもおかしくはない、と言うこと。

念には念を入れて、ご家族に連絡を取って見てください。


うち、色んな人がやってくるんです。
道を聞きにくる人もいますし、病院はどこか?と聞かれることもあります。
今回みたいに警察の方もたまにきます。

どうやら聞きやすいみたい。


入りづらい店よりはいいんですけどね。


みなさん、お気をつけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン戦争。

今日も暑かったですね。
仕事がお休みになると、何だか気が抜けてら暑さに負けそうになります。
普段仕事をしていると、暑くても何とかなっちゃうんですけどね。
気持ちの持ちようで体感もずいぶん変わるようです。


で、梅雨が明けた今、毎年恒例のエアコン戦争がまたもや勃発しております。


暑いからと、エアコンを入れたい父と、エアコンを使ってしまうと体がだるくなり翌日仕事ができなくなるからと窓を開けて自然の風で過ごそうとしている他の家族。

仁義なき戦いが今年も始まっているんです。


仕事をしだすと、お店の中は四十度を軽く超えていきます。
50度近く行っているかもしれません。
実はお店だけが暑くなるわけではないんです。
お店の上の住居部分も暑くなります。
熱気が上にあがっていくので、居間なんかものすごい気温になってますから。

お店を立て替えた最初の年、夏の熱気でパソコンが一台壊れてますから。
どれだけ暑いのか?想像できるかと思います。

暑い暑い、と言っても、、窓を開けていると過ごせるようになるんですね。
幸い今年は今のところ風がよく吹いているので、窓を開けておくといい風が入ってきます。
もちろん、汗はかきますが、暑くて仕方ない、というほどではなくなります。


ところが、です。


車でエアコンをガンガン使い、遊びに行った先でエアコンに当たってくる父には、エアコンのない生活が耐えられないんです。
いい風が入ってきてても、エアコンを入れたがる。

エアコンを入れながら、本人はズボン下履いて穴がズボンまで履いてたりしてる。(笑)
もっと薄着になればいいのち、と思うのに。(笑)


エアコン、確かに涼しいんですよ。
でも、冷気が漂ってくると一気に体が冷えていくのがわかるんですね。
で、暑いところに行くと、いつもよりさらに暑く感じてしまって、返って日常が耐えられなくなる。
残念ながらお店の中はエアコンを入れることが出来なかったので、体の方を慣らすしかないわけです。

なのに、なのに。

父が帰ってくると、エアコン戦争勃発。


すぐ、エアコンのスイッチを入れるんですが、他の家族の誰かが、本体のスイッチで電源を切る。(笑)
すると、またリモコンでスイッチを入れる。(笑)
何回かこのやり取りをした後に、リモコンをどちらが奪うか?の戦いが始まります。

子供が大きくなっているので、大抵は子供が勝つんですが、父も知恵を使い、隠したりするので攻防は激しくなるばかり。

最後は、エアコン本体の電源を抜いて、一応の終結をします。

まあ、また電源を入れてエアコンを起動させてるんですけどね。


毎年、お盆休みに入ったらエアコンを解禁しています。
お盆過ぎれば、残りの夏もあと僅か。
体もなんとかついていけるだろう、と言う判断です。


今年は、梅雨明けが早すぎたのでお盆まで一月半。
今年の戦いは長そうです。


程よく使ってくれればいいんですけどね。
冷やし過ぎも体に悪いですから。

皆さんもエアコンの近い方にご注意ください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »