« 引っ越し手伝い。 | トップページ | 日本らしく。 »

生地と縫い糸のバランス。

なんでもっと強く縫ってないんだろう?そう思ったことのある人ってたくさんいると思います。


すぐほつれるじゃん!

とか。


またボタンなくなってる!


とか。


いざ着ようとしてガッカリする瞬間ですよね。
ボタンが取れやすい、ほつれやすい、のは最近増えて来ています。
少し調べたら、糸が細くなっているのが原因だ、とアパレルの関係者がつぶやいていたり。
僕らの体感でも、ほつれたりボタンの取れているものを多く見かけているので、おそらくそれが原因の一つだろうな、というのはなんとなくわかります。


じゃじゃじゃ、じゃあ、太い糸でもっとしっかりと縫えばいいじゃない?


水曜どうでしょう風に書いて見ました。(笑)

そう誰もが思うと思います。
しかし、そこにも問題があるんですよね。


ボタンが取れる、ほつれるって言うことは、縫い糸の方が弱い、という事になります。
もし、縫い糸が強いとどうなるか?


生地が破れてしまうんですよね。


単純な話で、糸が強いか生地が強いか、それで負けた方が切れる、と言う構図。


これね、とても大事なんですよ。
縫い糸が弱いなら、ほつれるかボタンが取れてしまいます。
でも、これなら縫い直せばいいし、ボタンをつけ直せばいい。
でも、生地が弱いと、生地が破れてしまい、裂けてしまいます。

来れたを修理する方が高くなるし、綺麗には直りません。


どっちがいいか?



考えるまでもないと思います。



柔らかい生地を使うほど、縫い方はとても繊細。
強く縫わなきゃいけない箇所は必ず補強が入っています。


こう考えると、繊細な生地ほど、ゆるく着ないとダメってことですね。
ピチピチで着てると生地にテンションがかかり、縫い糸との引っ張り合いになるからです。
少しゆったり目に着ることで、バランスよく着れるんだと思います。


生地が破れるより、ボタンが取れる方がいい、と言っているわけではないんですよ。
ボタンもきちんと付いていないといけない。

でも、縫い糸と生地のバランスを保っていないといけない、と言う話、なんですね。


服を買うときに、縫い目を横に引っ張ってみるとよくわかります。
縫い目が開くようなものは、少しサイズを大きめで買うのがいいか、と。
店員さんがよくご存知だと思うので、相談しながら買うといいですね。


夏は汗もかくし生地や糸に負担がかかりやすくなります。
生地と糸のバランス、なんて言う視点で服を選んで見ても面白いと思いますよ。

|

« 引っ越し手伝い。 | トップページ | 日本らしく。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66938290

この記事へのトラックバック一覧です: 生地と縫い糸のバランス。:

« 引っ越し手伝い。 | トップページ | 日本らしく。 »