« 生地と縫い糸のバランス。 | トップページ | 水曜どうでしょうキャラバン 長野 »

日本らしく。

スーツの話になると、色々という人がいます。


スーツの起源は、とか、ヨーロッパではシャツは下着だったとか、ワイシャツの下に下着なんて着ない、とか。
ビジネスマナーに絡めて、スーツの着方に言いたい人が居るんですね。


スーツは確かに外国から入って着ました。
だから、その外国のマナー、着方が基本、というのはなんとなくそれっぽく聞こえてきます。

僕らクリーニング屋も、襟の形や立て方など、常に悩んでいたりするんですよ。
このスーツの形だと、襟はどうするのが一番いいのかな?とか。
業界内で言い争いになることもあるくらいです。(笑)


でもね、最近思うんですが、日本って独特じゃん?っと。
気候も違うのに、外国のやり方に習うのって逆に不便なんじゃないの?と思ったりするわけです。


例えば、ヨーロッパは日本と違い湿気が高くありません。
すると、下着の着方や考え方は日本とはだいぶ違います。
また、水も日本のように柔らかくないので、そもそも洗うことに向いていない。


片や日本。

湿度は高いし、暑いし。
ただでさえ、汗をかきやすい状況では、ヨーロッパのような着方は出来ないと思うんですよ。
日本ならではの着方に自然となって来ます。


下着を着て、汗をなるべくスーツにはつかないように工夫する。
外国の方からしたら変に見える、という人が居るかもしれません。
でも、日本にはこれがあっている。

誰に何を気兼ねする必要があるんだろう?と思うわけですね。


実際、外国の方は、真夏の暑い時期に、スーツを着ている日本人を見て、おかしいと言うらしいです。



今、気づいてない人もいるみたいですけど、東京の方が沖縄よりも気温が高いんですよ。
なのに。沖縄は、かりゆしスタイルが正装。
礼服用のかりゆしまであると聞きます。

片や東京は、クールビズが認められているとはいえ、職種によっては上着やネクタイが必要だったり。


スーツも日本スタイルを確立していいと思いますけどね。
ヨーロッパの真似をすることがいいことではない、と洗う立場から見てると思います。


来週も暑いらしです。
上手に乗り切りましょう。

|

« 生地と縫い糸のバランス。 | トップページ | 水曜どうでしょうキャラバン 長野 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/66942194

この記事へのトラックバック一覧です: 日本らしく。:

« 生地と縫い糸のバランス。 | トップページ | 水曜どうでしょうキャラバン 長野 »