« 毎年9月23日は。 | トップページ | 誰もシミ抜きをしてくれない。(笑) »

カエルの子はカエル。

昨日は長野のクリーニング屋さんの友達の地元のお祭りのお手伝いに行ってきました。
僕らの担当は射的。

地元のお祭りとは思えないほど豪華な景品です。(笑)
駄菓子あり、ヘリコプターのラジコンあり、子供から大人まで頑張って取っちゃおうかな?と思えるようなラインナップ。


流石に大きいものは当たってもびくともしません。
でも、ほんの少しだけ、当たると動く。
当て続けていると落とすことができるんですね。


上手な子、大人気ない大人(笑)、資金力に物を言わせる大人(笑)、たくさんの人が景品を取って行きました。


その中で、君の本職はスナイパー?と思うような子供が出現。


クリーニングやの友達のお子さんでした。(´・∀・`)



身内がやるな、と思うのですが、彼もちゃんとお金を払ってやっているのでお客様です。
お金を払って撃ち落としたものは彼のもの。
でもね、命中率、落とした数が辺りにもハンパない。

撃ち落としている姿を見ていて、ああ、環境だよな、と思うんですね。


この子のお父さんはクリーニング屋さんの中でも一目置かれているような存在なんですね。

行動力、統率力、そして研究に対する意識がすごい。
みんなそれを知っているので、ついていくんですよ。
クリーニング業界にもいろんな常識があります。
それを検証し、新しいやり方や技術を見つけるその姿を見ているんですね、僕らは。


で、子供達ですよ。
あまりにも撃ち落とすので、何で?どうやってるの?と聞いたら、すごく研究しているのが分かりました。


玉をここに詰めるとブレてしまう。
だからここに詰めて、ここから照準を合わせるとまっすぐ飛ぶ、と。

さらに続きます。

当たる位置を考えないと撃ち落とせない。
この角度で打てばかなりの確率で落とせる、と。


彼らは射的職人か、と思えるほどプロっぽい考え方でした。
背中にあるリュックがどんどん膨らんでいくんですよね。
景品を落としまくるので、それでリュックがパンパン。

これは遺伝ではないと思うんですよ。
普段の生活の中から、子供たちも影響を受けているんだろうな、と。

環境は大事だなあ、と改めて思いました。


この子たちが将来、クリーニング屋さんになったらまたすごくなるんだろうなあ、と楽しみにもなるし。
小さくておとなしかった子たちがねえ、と感慨深くなるし。

いろんなことを感じた1日でした。
また、お手伝いに行きましょう。

|

« 毎年9月23日は。 | トップページ | 誰もシミ抜きをしてくれない。(笑) »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カエルの子はカエル。:

« 毎年9月23日は。 | トップページ | 誰もシミ抜きをしてくれない。(笑) »