« アイロンの動画を見て その1 | トップページ | クリーニングとAIの課題。その1 »

アイロンの動画を見て その2

昨日の続きです。


アイロンを検索かけて、ふと見つけたのがアイロンがけの動画。
もう一本の方は、アパレル関係の方の動画でした。


まあ、ね、不愉快ですよ。
何でアパレル関係の方は、あれだけ嫌なものの言い方が上手なんでしょう?
自分がオシャレに気を使っている、と言うのはわかるんですが、必ずといっていいほど、何かしら文句を言う。
ワイシャツのアイロンがけで、クリーニングに出すとこうなる、これが嫌だ、と散々言うわけです。


僕はキレイに着たいから、と言うのはわかります。
何で僕が不愉快に感じるか、というと、クリーニングの技術の上で成り立っていたアイロンがけだったからなんですよね。


自分で洗った服をアイロンかけているのではなく、一度クリーニング屋さんでアイロンをかけてあるものを再度かけるわけです。


クリーニング屋さんできちんとのりをつけているので、伸び方が違うんですよ。
アイロンを当てるだけできちんと伸びるのはノリのおかげ。
これ、自分で洗ってたら同じようには仕上がりませんから。


さらに、たたみジワが嫌だから、クリーニング屋さんに出すとたたみジワが付いてくるから、と散々いうんですよね。


何で畳んでるか?お前知ってるのか?と。


じゃ、そんなに自信があるなら、自分で洗って、アイロンをかけてみろよ、と。


どうなるか?僕らはわかるんですよ。
畳まないで、ハンガーに吊るしておくと、30分もしないうちに小じわが戻るんです。
かけた直後に着るのならわかりません。
でも、ハンガーにかけた状態で置いておくと、生地が空気中の水分を吸って、シワが出始めます。


クリーニング屋さんは、仕上げてからお届けまで時間がかかるので、畳んでなるべく空気中の湿気に触れないようにしているんです。

吊るしで仕上げて、と言われて仕上げたことなんてなんどもあります。
その度に、取りに来る時間を計算して、ギリギリの時間で仕上げるようにしたり、ノリでなるべく固めたり、苦労しています。


着るときにシワが気になるから、とアイロンかけるような奴にはこんなことわからんだろ、と一人カッカしてしまいました…。


とまあ、いつまでも怒っているわけにもいかず。
冷静に考えてみたんですね。


たしかに、たたみジワは嫌だ、という人もいると思います。
先ほども書きましたが、僕らの方ではいつ着るか?わからない状態で吊るしで仕上げても、たたみジワはないかもしれないけど小じわがたくさん出る。
それはいい状態ではないと思うんですよね。

なら、畳んで納品して、着るときにアイロンでたたみジワを取ってもらうのがいいんじゃないか、と。

そのために、正しいアイロンの使い方を教えてあげるのがいいんじゃないか、と思ったんですよ。


アイロンの使い方が悪いので、きちんと伸びない、でも、それを知らないから家庭では無理なんだ、と諦めてる人もたくさんいらっしゃいます。


かけ方は、手順ではありません。
本当に、アイロンの使い方。
基本的な使い方です。

いざん、友達が街ゼミでアイロン掛けを教えているのを見学に行ったときに、手順を教えても、伸びてないシャツを見てがっくりしている方がいました。


ちょっとしたコツを教えると、クリーニング屋さんと同じようなキレイな仕上がりになります。
その時の笑顔、忘れません。

アイロンに希望を持った瞬間だったと思うんですよね。

自宅の洗濯では難しくても、クリーニングから返ってきたシャツのアイロンがけは掛けやすくなっている。
それを知ってもらうのはいいことなんじゃないかな、と思い始めました。


クリーニング屋さんも実はあんまり気づいていません。


素人のアイロン影の本当の問題に気付いてる人は見た事ない。
テレビで雑誌で、アイロンがけのやり方を教えている人はいますが、本当の問題がわかってないので、手順を教えたがります。


そこではないんだよなあ、と最近周りのクリーニング屋さんに話し始めました。

いつか、消費者の皆さんに届くといいなあと思います。
うちもアイロンかけの講座、やろうかなあ。

|

« アイロンの動画を見て その1 | トップページ | クリーニングとAIの課題。その1 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/67329669

この記事へのトラックバック一覧です: アイロンの動画を見て その2:

« アイロンの動画を見て その1 | トップページ | クリーニングとAIの課題。その1 »