« 事故の多い日。 | トップページ | 化粧をする服。 »

ガチャガチャ洗ってくれて構わないのにって…。

クリーニング屋さんが言われて困る言葉、というのが有ります。


適当に洗ってくれて構わないから。

ガチャガチャ洗ってくれて構わないから。


これらの言葉を言われると、その言葉の裏にある真意は何か?と考えてしまうんですね。


どんな風になっても構わないので、さっぱりと綺麗に洗ってください、なのか、手間を掛けてクリーニング代がかさむのは嫌なので、適当に洗って安くしてください、なのか。

話し方でなんとなく感じることは出来るんですけどね。


前の方の意味なら思い切って洗うこともできるので助かる場面もあります。
しかし、後ろの方の意味だと、頭を抱えてしまうんですよね。


じゃ、なんのためにうちにクリーニングに出してるの?


そう思うんですよ、素直に。
うちは、品物に合わせて洗うように心がけているお店です。
その意味は、汚れも落とすけど生地本来の色合いや風合いを維持したいから。
そのために服の状態を見ながら適切なクリーニングをしています。


そんに気を使わないでいいから適当でお願いね、と言われてしまうと、うちで洗う意味ってないと思うんですよ。
値段重視で、リーズナブルな価格で、それなりの品質でやってくれるクリーニング屋さんもありますから。

うちの分だけそうして、と言われても、そのお客さんの分だけで洗えば当然コストもかかるので、適当に洗っても値段はかかります。

つまり、うちではそんな仕事はできないわけです。
そのお客様の要望を叶えるために、他のお客様の品物も一緒に扱うわけにもいきませんしね。


例えば、クリーニング屋を利用するということには今があると思うんですよ。


家で洗えないものを洗う。
風合いよく着たいから任せる。
アイロンをかけてもらいたいから任せる。

他にも理由はあると思いますが、どれを取っても適当でいい仕事を望んでいるとは思えません。


もし、言われたから、と適当にやったとしたら。


はたして、これでいいよ、と言ってくれるお客様ってどのくらいいるんだろう?と思うんですよね。

きっと、適当でいい、とおっしゃっていたお客様でも、こんな風では困る、とクレームになると思うんです。
だって、服を見てればか分かりますもん、どういう風に着たいんだろうなっていうのが。

すると、適当に洗ったら望むような仕上がりにはならないよな、という事もわかるんです。



皆さん、コーディネートやブランド物への知識、皆さん詳しくなっていると思うんです。
リーズナブルな品物を上手に合わせて、オシャレに見せる技術も高くなっていると思うんですよね。


しかしその反面、服のメンテナンスや素材の知識がほとんどないのも事実。
形で判断したり見た目で判断したりしていますね。

その素材を洗ったらどうなるのか?


これを知らないんですよね。
だから、無闇に怖がって過剰な扱いをしたり、ぞんざいな扱いをしたりする。


本当にもったいないですよ。


今、見た目では本当にわからないです。
綿のようでポリエルテルが入っていたり。
シルクみたいだったり。
僕らプロでも、念のため、素材表示を確認しますから。


適当に洗えるもの、丁寧な扱うもの、これらの区別がつくと、着ている時のタブーなどもわかるようになるんですよね。


洗い方やシミの抜き方ばかり目に付きますが、その素材を洗うとどうなるか?を知ることはとても大事です。
ぜひ、知ってもらいたいなあと思います。

|

« 事故の多い日。 | トップページ | 化粧をする服。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/67259882

この記事へのトラックバック一覧です: ガチャガチャ洗ってくれて構わないのにって…。:

« 事故の多い日。 | トップページ | 化粧をする服。 »