« ドライクリーニングへの絶大なる信頼。 | トップページ | こんな所にも海外のお客さんが。 »

洗ったら傷む、と書いてるのは全部ウソですよね。

最近、とある事に気付きました。


洗ったら傷みます。


と書いてあったら。
その情報はほぼウソです。


洗い方の指南のブログが季節柄数多く出てきますが、そのほとんどがどこかからのサイトの引用、もしくは適当に書いた記事。
なんでそう思うか?というと、話がアバウトだからなんですね。


消費者の皆さんは洗うのがこわいと思うんです。
だって、洗うものがどんなものか?よくわかってないし、洗ったらどうなるのか?もわかってない。
何もわからないままで、今まで洗ってうまくいったり、失敗したり。
理由がはっきりとしないので、洗濯やクリーニングはまるで運のような扱いをする人もいます。


その人たちに共感を得る記事を書こうとすると、この表現がぴったりなんですね。


洗うと傷みます、って。


間違った洗い方をすると傷みます、間違った洗剤を使うと傷みます。

じゃあ、どう傷むのか?教えてよ?
傷むって一言で済ましているけど、素材と洗剤、扱い方の組み合わせで変化の仕方も違う。
十把一絡げで傷む、と簡単にいってくれるけど、僕らプロはそんな安易な表現は使いません。


何か変化が起きるなら、そうなる原因と結果が必ずあるから。



洗うと痛みます、と書く人は、どう変化するか?わかってないんですよね。
だから、とにかく、間違ったら傷む、と書く。
それを書く事で、免罪符のように、読んだ人が失敗しても責任を問われないように書くわけです。


今朝も、アウトドアでよく使われる、ゴアテックスの話が出ていました。


ゴアテックスの撥水性が低下するのは、汚れてるからだ、だから洗濯しなきゃダメ、と。


これは正しいんです。
ゴアテックスとは、少し特殊な生地で、繊維の隙間が水の分子は通さないけど空気は通せる、というもの。
だから水は弾くけど湿気は通してくれます。

しかし、汚れてくると、生地の表面が濡れます。
撥水性が落ちてくるんですね。
だから、洗うことは大事なわけですよ。


問題はここから。


洗い方を、専用の洗剤を紹介しながらせうめいをしているんですが、とにかく適当。
間違った洗剤を使うと生地が傷むから、のオンパレードです。


ふふふ、ゴアテックスが傷むような洗剤、家庭で使うわきゃないでしょ。
傷むって、どう傷むんだろう?
生地に穴が空く?
ヨレヨレになる?
一体、どう傷むのか?そこは説明されません。


僕らプロからすると、ゴアテックスを洗うときに気を使うのは傷むことではないんです。
だって丈夫だもん、洗っても平気ですよ。
問題はそこではなくて、そもそも水を弾くので洗いづらいんです。
沈まないですから常に浮いたまんま。
汚れ落ちが難しいんですね。

また、もう1つ問題があって、それは洗剤の残留。
これが厄介なんですよ。


洗剤が生地の表面に残ると、撥水性が損なわれます。
これは洗剤の性質によるもので、洗剤ってものを濡れさせる役目があるわけです。
だから、ゴアテックスの場合、洗った後に洗剤が表面に残らないように洗わなければいけない。


専用の洗剤はその辺をうまくしているんだと思います。


このように、必ず理由や原因があって、その結果がある。
傷むという一言で片付ける人たちは、何にも知らない人か誤魔化している人なんですよね。



だから、冒頭にも書きましたが、洗ったら傷みます、という情報はウソが多いんです。


洗濯やクリーニングに関して、本当に情報が行き渡ってないなあと感じます。
悪貨は良貨を駆逐する、と言いますが、まさにその状態か、と。

丁寧に伝えていく必要があるんだろあなあ。

|

« ドライクリーニングへの絶大なる信頼。 | トップページ | こんな所にも海外のお客さんが。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/67234738

この記事へのトラックバック一覧です: 洗ったら傷む、と書いてるのは全部ウソですよね。:

« ドライクリーニングへの絶大なる信頼。 | トップページ | こんな所にも海外のお客さんが。 »