« 車を見てもらってます。 | トップページ | 衣替えをしたほうがいい理由。 »

高級なものほど洗えなくなる。

みなさん、服を買うときに洗濯表示を確認される人もいると思います。


自分で洗えるのか?
クリーニング屋さんに出すのか?
どんなメンテナンスをすればいいのか?


事前に知っておくといいですもんね。
時には扱い方が購入の決め手になるときもあると思います。


洗濯表示は仕事柄、穴が空くほどみています。(笑)
これが基本となるので必ずチェック。
すると、首をかしげる表示のものが結構あることに気付くんですよ。


なんでこの素材で洗えない表示が付いているんだろう?


なんどもこの場面に出くわしています。
どうみても洗えるはずなのに、洗えない、と表示されている。


僕らは事故なく洗わなきゃいけないので不可解な表示の時にはメーカーに問い合わせをしています。


なんで洗えないんですか?



先日もお客様が汚してしまった服が、水洗いができないという表示で、でも、汚れは水洗いでないと落ちなくて。
素材や作りを見ると洗えると思うんだけどな?とメーカーに問い合わせをしました。


すると、不思議な答えが。


商品として出荷する前に水洗いをしています、とのこと。
と言うことは、洗うことは可能と言うことですよね。
では、なんで表示は洗ってはいけないになっているのか、です。


これは今までたくさんのメーカーさんと話してきてわかった傾向ですが、高級な商品ほど洗えない表示がつく傾向にあります。

同じメーカーのもので比較的リーズナブルなもので素材も同じものは洗える。

この違いは何か?


それは、洗いあがった後のシルエット、形を維持できるか?にあるようです。
高級な服は、素材はもちろん、シルエット、形も意図をもって作り込まれています。
洗うことはできてもらその形を維持できないのなら、それは洗うことができないと言うこと、と言う解釈になるようです。


この際の維持できない、は型崩れをすると言うことではなくら腰が抜ける、と言うこと。
張りがなくなるので出来るとは言えない、と言うことのようです。


リーズナブルに商品の場合は、そこまで厳密に考えていないので、素材的に洗えれば洗えると表記される、なんだかモヤモヤしたものが残ります。


服のシルエッは、何も洗うときに壊れるってわけではないんですよね。
そもそも、着用した時点で、形が崩れるんです。


服の形にジャストフィットしている人なんてほぼいませんから、着ればどこかしらに負荷がかかって生地が伸びるんですよ。

肘や膝、袖とか腰回りとか。
そうして着ているうちに自分の体に合うようになっていくのが普通です。

洗う、と言う行為は汚れを落として、元の形に戻す、と言うこと。
先日も書きましたが、洗うことで着用中の歪みが元に戻る効果もあります。


洗うって何か。


ブランドって何か。



改めてここに行き着いてしまいますね。
同じ服だけど、ブランド品は服としての機能ではなく、工芸品や芸術品として求められている、と言ってもいいのかもしれませんね。


すふと、その扱いはどうするのか?も考えなくてはいけない。


でも、ユーザーはおそらくそんなことは考えていないと思います。
ブランド品は、作りがしっかりしていて、高いけどその分長持ちするからお得だ、と。


多分、僕らクリーニング屋さんだけでなくブランドメーカーも悩んでいるんだろうなあ。
そんな気がします。


せめて、その表示をどうしてつけているか?その目的は?くらいはお客様に伝えて欲しいと思います。
それだけで、いざという時に驚くことが減ると思いますから。

|

« 車を見てもらってます。 | トップページ | 衣替えをしたほうがいい理由。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高級なものほど洗えなくなる。:

« 車を見てもらってます。 | トップページ | 衣替えをしたほうがいい理由。 »