« 夢のキンブルへ。 | トップページ | 仕分けはしなきゃダメでしょ。 »

名古屋の空気を感じてきました。

先週金土と、名古屋へ出張に行ってきました。
今回は、シミ抜きの神様と呼ばれている、横倉さんの同行です。


朝、迎えに来てもらいまして…、先生に迎えに来てもらうなんて偉そうですよね。(´・∀・`)
一路名古屋に向かったんです。


高速は割と順調で、途中、いろんなサービスエリアに寄りました。


新東名を使ったんですが、面白いですよね。
ぼくが新東名を使うときは、早朝から深夜ばかりなので、日の明るいうちのサービスエアは初体験。
今までシャッターが閉まっていたお店がたくさん開いています。

まあとにかくおしゃれなのが多い。


バイク関連のお店はジャケットから、Tシャツ、他のグッズなどいいものがたくさんある。
ついつい、買ってしまおうか?と思うほど。
でも、今日はそんなことのために来てない、と我慢してました。(笑)


ガンダムのお店もあったり。

ここは我慢できませんでしたねえ。
それでもなんとか手ぬぐい一枚でやり過ごせたのは奇跡。
湯飲みも欲しかったなあ。


名古屋に近づいてくると、あんこの比率が高くなります。(笑)
岡崎では、大あんまきというどら焼きを平べったく巻いたようなやつが。
あんこたっぷり、半分こでいただきました。


名古屋市内に入ると景色が変わりますね。
一番違うな、と感じたのは車の量。
さすがトヨタのお膝元です。
まだまだ車文化は残っているなあ、と感じます。

少し早く宿について、昨日書いたキンブルへ。

その後、名古屋の友達数人と食事会を開き、一旦お開きしました。

先生をホテルに返さなければいけませんからね。


横倉さんをホテルに返して、僕はそのまま名古屋の友達たちに拉致されます。
お前はまだ寝かさねえぞ、と。

寝かさないで何されるの?と不安でいると、連れていかれたのは味仙というお店。
店内はすごい人で、いい香りが漂ってきます。


名古屋めしを食えっ!


という事らしい。(笑)
味仙、名物らしいんですよ。
ラーメン、ちまき、青菜炒め、これを食べなきゃダメだ、と。

注文したら、水をください、と友達が。
で、店員さんが持ってきたのが青いボトルに入った水。
友達がニヤニヤしながら言うんです。

この水の今がわかるから。


なんだこの意味深な発言は、と思いつつ待っていたらラーメンが出て来ました。


ラーメン、赤い。(´・∀・`)
見ただけで辛いとわかるんですよ。
で、一口食べてみると、火を噴くほど辛い。
水、ないと食べれません。

しかも熱々で出てくるから余計口の中がヒリヒリするわけです。

でも、美味しかったあ。
ラーメンも、ちまきも、青菜炒めも。
他の席の人も食べていたので、名古屋の人のソウルフードの1つなんでしょう。

1時間ほどでぼくも解放されまして、その日はホテルで就寝。

翌朝。

名古屋と言ったらモーニングでしょ!
と思っていたんですが、セミナーの準備が朝早くからあったので残念ながら今回は行けず。
ホテルの朝食となりました。


セミナー会場に着き、準備をしていると何やらいい香りが漂ってきます。

横を見ると、コーヒーを淹れている。
普通、こう言うセミナーってインスタントだと思うんですよね。
さすが名古屋、コーヒー、本格的に淹れてるんですよ。
だからこんなにいい香りがしたんだな、と驚いたので、聞いてみたんです。

これ、会の持ち物ですか?と。

すると、違う、と言います。
コーヒー当番がいて、順番に回ってくる。
自分の番が来たら自分のコーヒーセットを持ってきてみんなに淹れる、らしい。

すかさず、みんなコーヒーのセットなんて持ってるの?
と聞いたら、大抵の人は持ってるよって。

やはり名古屋はコーヒーの聖地ですね。


セミナーが始まるとみんな真剣に話を聞いてます。
午前中座学、午後は実践と充実した内容。

お昼ご飯になりましてね、お弁当が出たんですが、なんて言うか豪華なんですよね。
名古屋、本当に凄かった。
各地のセミナーに行ったりしますけど、やはり地域性みたいなのはありますね。
お昼は各自で、というところもあるし、お弁当が出るところ、仕出しやコンビニ、いろんなやり方があります。
その中でも、名古屋のおもてなしはちょっと違うかなあ。


無事、セミナーも終わり、懇親会へ。


中華だったんですよね。
ここも、辛かった。(笑)
でも、すごく美味しかったですよ。


8時になったので、横倉さんと僕は帰ることになります。
やはり疲れているので、お風呂に入って汗を流してから、と刈谷パーキングエリアにある温泉に寄ることに。

最近の高速はお風呂があるので助かりますね。
ほんの30分くらいですが、お風呂に入るだけで体が楽になります。


ここで愛知の人たちと本当にお別れ。
また会いましょう、と約束して、一路東京へ向かいました。


帰りは驚くほど車がいなくて、あっという間にぼくのうちへ。
深夜一時半くらいに着きました。
ぼくは朝ついても良かったのになあ。(笑)

横倉さんにお礼を言いまして、横倉さんは颯爽と茨城へ帰っていかれました。
うちから120キロとか行ってたかな。
まだまだ走ったんだと思います。


まるまる2日、愛知を満喫し、道中、横倉さんともたっぷりと話をしてきました。
仕事の話もたくさん、ヒントもたくさん頂いたので、またこれからも頑張れそうです。

いい出張でしたねえ。

|

« 夢のキンブルへ。 | トップページ | 仕分けはしなきゃダメでしょ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/67352009

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の空気を感じてきました。:

« 夢のキンブルへ。 | トップページ | 仕分けはしなきゃダメでしょ。 »