« 開店時間に間に合った! | トップページ | 0泊3日の内容は。 その2 »

0泊3日の内容は。 その1

お正月の後半に広島へ行ってまいりました。
相変わらずの強行軍。(笑)
終わってみれば、またやっちまったなあ、といった感じです。


うーん、冷静に見ると0泊3日でしたからね。


どんな風にしたらそうなるのか?
どんな旅だったのか?ご紹介したいと思います。


今回の目的地は広島呉市のシバクリーニングさん。
20年来の友達です。
ここに行こうと決めて準備をしていました。

片道800キロ。
車で行こうと思っていたので何時間かかるか?想像も出来ません。
ナビで設定をすると8時間で着くと言いますが、休憩したら当然もっとかかるし、どのくらいくる疲れるのか?どのくらい休むのか?見当もつきません。

という事で、4日の朝出て5日の朝につけるようにすればいいかな、と軽い段取りを付けました。(笑)


まず、車で寝れるように車中泊用のマットを購入。
寝袋を注文したのですが、年末で間に合わず。(笑)
仕方がないので、毛布をしこたま積んでいきました。

朝8時に府中を出発しまして、順調に高速に乗ります。
道中は混みもせず、車も少なかったので、安定して走っていくことが出来ました。


実はこの日のために車にあるパーツを付けたんです。


クルーズコントロールという機能が、いいグレードの車にはついています。
一定の速度で走ってくれる設定ができる機能。
最先端の車では、前の車を認識するのて追突も防止してくれるらしい。

後からつけるのでそんな大層な機能は付きませんが、一体の速度で走ってくれるのは助かる。
これを付けておいたのが功を奏しました。


走っていてとても楽。
アクセルワークがこんなにも負担になっているとは思いもしませんでしたねえ。
加減速が運転の負担にもなっていたんですね。
一定の速度で走るということは、いろんなメリットが出てきます。

疲れない、燃費も良くなる、安全。

気がついたら名古屋に着いていた、そんな感じです。

名古屋で友達と会う約束をしていまして、連絡を取り合って合流。
お昼ご飯を食べにいきました。


道の駅のような大きな施設に行きまして、そこがまたのんびりといい雰囲気。
買い物をし、ご飯を食べると、クジが一回引けると言うんですね。
どうせ当たらないけど、と思いながらも、友達に引いてきなよ、と。

なにが当たるのかな?と見てたら、一等は知多牛。
全国にブランド牛っているんだな、と思い、知多牛当てて(笑)、なんて冗談を言ってたんですよ。


6等がその場で使える金券でしたから、それで何か買う足しにしようかな、と考えていました。


後ろにパン屋さんがあり、いい香りだなあと、パンに見とれてたら、カランカラン!と威勢のいい音とともに、おめでとうございます!との声が。
誰がなにを当てたんだろう?と見てたら、友達でした。(笑)
なんと、知多牛を当てちまったみたい。(笑)
彼の引きの強さには驚きます。

こっちも冗談で言ったのが本当になったもんだから驚いちゃうし。(笑)

その後、友達のオススメのお店を回ったり、おしゃれな喫茶店でコーヒーとプリンをいただいたり。
4時間ほど愛知を満喫したんです。


気がつくと夕方、暗くなっていました。
広島まで、まだまだ距離があります。
走らないと、と使命感が。(笑)

友達と別れ、広島へ向かいました。


夕方になって、大阪に近づくとそれなりに混んできます。
都市圏ではオートクルーズはあまり効果がありません。
やはり、車の少ない長距離で効果を発揮するんでしょうね。


大阪を抜け、山陽道をひたすら走ります。
今回の長距離で決めていたのは、2時間おきに休む事と、疲れたり眠くなったら関係なく休む事。
山陽道では1時間おきに休憩を取りました。


サービスエリアに入ると、今はコンビニがどこでもあります。
コーヒーを買うと、店員さんと話すことになるのですが、今はどこに言っても標準語なんですよね。
大阪に来た感じがしない、岡山に来た感じがしない、と、遠くまで来た感じがしないんです。


ちょっと会話をすると、イントネーションが方言っぽくなるんですね。
そこが嬉しく思っていました。
もっとどんどん方言を使えばいいのになあ。


ひたすら走り、呉市のちょい手前の小谷サービスエリアに到着。
日付が変わる頃に着きました。
ここで仮眠をとります。


コンビニで、広島を感じるものがないか?と見てると、東京では見たことないようなものがたくさん売ってます。(笑)
思わず店員さんに、これなんですか?どうやって食べるんですか?と聞いてしまい、店員さんも困り顔。(笑)
そりゃそうだ、こっちなら当たり前のものを質問されるんですから。(笑)
そんなやりとりに満足して、車の後部座席を寝れるようにして、仮眠をとったんです。


3時間後におきまして、準備をします。
ここから呉市に入るまで、30キロ以上あるんです。
友達のうちに行く前に、寄りたいところがあったのと、お風呂に入りたかったので早めに移動。
まずは、呉市の温泉に入りました。


事前に調べておいたので、わかってはいたものの、昭和の感じを出したレトロな温泉。
人も少なく、温泉も程よく、気持ちのよく汗を流してきました。
思ったよりも長湯をしたので、時間が微妙に。


悩んだ末に、予定を変更して朝一で友達とうちへ行くことに。


ここで、ふと、ナビを設定しないでつけるか?なんて遊びをし始めてしまいまして。
住所はおぼろげながら覚えている、近くになにがあるかは聞いている、呉市の地図も頭に入っている。


いけるんじゃね?


と思い、呉市をぶらぶら運転。(笑)
途中、大和ミュージアムという看板を見つけ、回ってみたら、大きな潜水艦が!
テンションが上がって、車を止めて写真をパチリ。
さすが呉!なんて感動しておりました。

ナビでたどり着く楽しさもありますが、不意に現れる景色に感動することもあると思います。
時間があるなら、こんな出会いも楽しいもんですね。


街中をうろつくこと30分。(笑)
目の前にローソンがある、と聞いていて、ここだな、と言うローソン発見。
前を見たらシバクリーニングさんでした。


長い道のりでしたが、無事に到着。
不思議なもんで、しばらくと言うかほとんど会ってないのに、まるで昨日もあったかのような感じで挨拶。(笑)
その後、僕のリクエストで朝食を作ってもらいました。

呉に来たらしたかったことが幾つがあるんです。
その一つ、手手作りの朝食を食べたい、は見事に果たすことができました。

美味しかったなあ。


ふふふ、続きは明日。
さらに呉市での珍道中が始まります。

|

« 開店時間に間に合った! | トップページ | 0泊3日の内容は。 その2 »

クリーニング」カテゴリの記事

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537157/67572980

この記事へのトラックバック一覧です: 0泊3日の内容は。 その1:

« 開店時間に間に合った! | トップページ | 0泊3日の内容は。 その2 »