« あー、騙されてるなあ。 | トップページ | 君はだれ? »

香害が起こると言うことは。

匂いに関する問題が噴出しているようです。


電車内が臭い、何年も前から話が出ています。
洗ってないような嫌な匂いがする、とか、きつい柔軟剤の匂いがする、とか。
その匂いのせいで頭が痛くなったり気分の悪くなる人が出てきてしまっているので、大問題になってるわけですね。


匂いに対する問題が起きるのは、クリーニングをしてない証拠なんですよね。


汗臭い匂いがするのもクリーニングをしていないから。
自分で洗っているよ?と言う人もいるでしょう。
洗っているのに匂いが出る原因は汚れが落ちきってないから、ですよ。
水洗いが最高、のような話をする人がいますけど、決してそんなことはなく。
ここでは何度も書いていますが、汚れ寄って適した洗い方があるので、水洗いで落ちる汚れもあれば水洗いでは落ちづらい汚れもあるわけです。

で、水洗いをして落ちなかったから、匂いが発生した、ということですよね。


もう1つ、柔軟剤の匂いがするというのも、これ、クリーニングをしていない証拠なんです。
クリーニング屋さんはあんなきつい匂いのついた柔軟剤は絶対使用しません。
それは、お客様は匂いの好みがあるので、こちらから匂いをつけたら嫌がる人がいる、と思うから。
どから、無臭で返すのが一番いいとクリーニング屋さんでは考えます。

当店では、ワイシャツにヒノキ由来の抗菌消臭剤を使っています。
ほのかに香りがするんですが、これを導入しようとした時に、うちの中で大揉めをしたんですね。

香りをつけて返していいのか?


これでものすごく言い争いをした記憶があります。
それほど匂いをつける、という行為はクリーニング屋さんにとっては気持ち的にハードルが高い行為なんです。


結局、クリーニングをしていないと匂いの問題を出してしまうのかな、と思うんですよね。


柔軟剤の匂いの問題も、使用量が多いのかもしれません。
適正量を守って使っている人はどのくらいいるでしょう?
どうも洗濯って、量を多くした方がいいみたいな風潮があるような気がするんですよ。


洗剤を増やせばいい、強力な洗剤を使用すればいい、長時間漬け込めばいい、なんでも過剰にやる事が、綺麗になる、いい事だ、というような考えが広まっているのかな、って。


実際は、少なくても困るけど、多くても困るっていう、適正に使用する必要があるのが、洗濯やクリーニングなんですよね。


日本の洗濯教育がうまくされてないんだなあと思います。
やり方だけでなく、その理由も伝えていかないと間違ったやり方が広まってしまうなあと心配になります。

|

« あー、騙されてるなあ。 | トップページ | 君はだれ? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

 何時も、興味深く、又、楽しくブログを拝見させていただいております。
さて、3月12日のNHKのあさイチという番組で、このブログでも以前話題になりました、黄ばみ取りについてやっておりました、以前と同じ教授で、同じ意味の内容でやっていました。やはり、油汚れはドライクリーニングしてから、水洗いするのでしょうか?専門の方のご意見をお聞かせください。

投稿: 濱田 | 2019年3月16日 (土) 12時08分

濱田さん、いつも読んでくださってありがとうございます。

あさイチでやってたんですね、今確認してみました。
黄ばみをとるのに、というかシミをとるのには順番がありまして、油の処理、水の処理、という順番が決まっています。
ドライクリーニングしてから水洗い、で間違いはありません。
ですが、ちょっと違うな、と思うのは、ドライクリーニングではなくて油性の処理、なんですね。
ドライクリーニングでなくても油性の処理はできます。
僕らならドライクリーニングをしてから水洗いをしますが、一般家庭ではそもそもドライクリーニングが出来ませんから。
この場合のドライクリーニングは油性処理と置き換えていただけるといいと思います。

>濱田さん
>
> 何時も、興味深く、又、楽しくブログを拝見させていただいております。
>さて、3月12日のNHKのあさイチという番組で、このブログでも以前話題になりました、黄ばみ取りについてやっておりました、以前と同じ教授で、同じ意味の内容でやっていました。やはり、油汚れはドライクリーニングしてから、水洗いするのでしょうか?専門の方のご意見をお聞かせください。

投稿: boribori | 2019年3月20日 (水) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香害が起こると言うことは。:

« あー、騙されてるなあ。 | トップページ | 君はだれ? »