« 今の僕の全てです、の言葉に感動。 | トップページ | 新百合ヶ丘 リリエンベルグ。 »

クリーニング代が高いという事は?

衣替えが始まるこの季節、クリーニング代が気になりますよね。

クリーニング屋さんに持って行ったら、思いのほか高かった、という経験もあるかも知れません。

 

特に、これとこれはどこが違って値段が違うの?と思う人もいると思います。

 

クリーニング屋さんにも基準があり、ちょっとだけどこで違いを見分けているか?説明してみようと思います。

 

 

まず、クリーニングの基本ですが、やはり沢山一緒に洗えれば安くなります。

逆に、一点だけでしか洗えないと高くなります。

 

沢山で洗えない、一緒に洗えないものとは?

 

 

他のものと洗うと風合いが変わってしまうものなんですね。

 

 

柔らかい生地がそれにあたります。

カシミヤ、アンゴラ、アルパカ、シルク、これらはとても細くて柔らかい繊維。

なので、これらより硬い繊維のものと一緒に洗うと、負けてしまって風合いが変わってしまうんです。

 

 

また、一緒に洗えないものの中に、逆にその服に問題があるケース、というのがあります。

例えば、水につけたり、ドライクリーニングの溶剤につけたら、色が滲み出てしまうような服。

これは、他の服に色が移ってしまうと困るので、単品での扱いになります。

 

他にも、装飾品が壊れやすかったり、その装飾品のせいで他の衣類を傷つけてしまうような場合も、単品での取り扱いになります。

 

 

他にもいくつか理由はあるのですが、実はこれって家庭で問題の起こる服ということでもあるんですね。

 

気付かずに洗ったらおかしくなってしまった、という経験、一度はしたことがあると思います。

 

僕らクリーニング屋さんは、知識もあるし経験もあるので、事前に危険性を認識し、適切な処理をするので普通に洗えている、というだけの話で。

 

つまり、クリーニング代が思いの外高かったという事は、それだけ難しい衣類だった、という事にもなります。

 

 

洗いづらい服が出来てしまうのはアパレルに問題があるんですが、それはまた別の機会に。

 

 

洗いづらい服は、なるべく早めにクリーニングに出しましょう。

汚れを溜めすぎると綺麗にするのが難しくなりますからね。

|

« 今の僕の全てです、の言葉に感動。 | トップページ | 新百合ヶ丘 リリエンベルグ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今の僕の全てです、の言葉に感動。 | トップページ | 新百合ヶ丘 リリエンベルグ。 »