« デパートとの電話 その4 | トップページ | ゴールデンウィークのお休みについて。 »

クリーニングの情報のアップデートを!

デパートとのお話を書いてきました。

その間に、いろんな人に相談して意見をいただきました。

 

やはりというか、とあるお客様から、そこのデパートのワイシャツは以前から破れやすいイメージを持っていた、と聞いてみたり。

 

また、クリーニング屋さんの友達と話していた時に、仕上げに関する書物の中にノリにおける話が書かれていて、本の内容が間違っていると言うことに気付いたり。

確かにかなり古い本なんです。

クリーニング業界って、とにかくネガティブなんですよね。

 

自信がない。

 

アパレルの方が正しいと思ってたり、詳しいと思ってたり。

確かに、ファッションに関してはアパレルの方が優れています。

でも、こと服のメンテナンスに関しては、クリーニング屋さんより知っている人はいません。

もっと自信を持っていいと思うんだけど。

 

そんなネガティヴな時代に書かれた本なので、所々歪んだ表現などを見つけたり。

 

これが踏襲されてるとすると厄介だなあと感じます。

 

 

もう1つ、いろんな人と話をしていて気づいたことが。

 

 

それは、クリーニングに対するイメージが古すぎる、と言うこと。

 

 

 

一体いつの時代のクリーニングの話をしているのか?と言う話をたくさを見聞きします。

確かに昔はそう言うのもあったんです。

ノリが固すぎてまるで板のようになってるとか、光ってしまってるとか。

そう言う時代が確かにありました。

 

でも、クリーニング業界も進化しています。

使っている資材も変わり、機械も変わり、内容は全然変わっている。

なのに、デパート、アパレル、お客様、ともすればクリーニング屋さん自体が古いイメージのままでいる。

 

クリーニング屋さん同士で話をしていても、同業他社の話になるといつの時代のクリーニング屋さんの話???と思うような話をする人がまだいるんです。

しかも、若い人でも。

 

古い情報で思い込んで見ているので、ちゃんと物事を判断できていないひとも出ています。

 

これはいけません。

クリーニング屋さんの情報のアップデートをして欲しい。

そう願います。

 

 

思っているようなクリーニングではないよ、今は。

情報が古すぎてはダメです。

|

« デパートとの電話 その4 | トップページ | ゴールデンウィークのお休みについて。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デパートとの電話 その4 | トップページ | ゴールデンウィークのお休みについて。 »