« 服の傷みが気になる人が知った方がいいのは。 | トップページ | 鎌倉から我が家へ。 »

制服のズボンの裾出しの線が消えない。

春休みですね。

我が家でも子どもたちが宿題のない連休を満喫しています。

 

子どもはそれでいいんですが。

親はやることがありまして、制服をクリーニングしたり、裾を直したりする必要があるわけです。

新しい学年になると言うことは、体もそれなりに成長をしているので、制服も買った時よりも丈が合わなくなってきます。

 

 

実はこの時期に多いのが、ズボンの裾を伸ばした時の線を消してくれ、と言うもの。

折られている裾を伸ばす時に、今まで折っていた所に折れ線が入ってしまってるんですね。

で、これを家庭のアイロンで直そうとしても直らないので、お願いできませんか?といらっしゃるんです。

 

太るわけでもなく、ただ身長が伸びるので、ウェストや太ももは問題ないのに、裾だけが短い制服になってしまう。

まだ着ることができるので裾を出して着させたい気持ち、よく分かります。

 

今日も1本、裾の線を消すご依頼がありまして。

先程アイロンで線を消してきました。

 

 

アイロンで消せるのは折れた線だけです。

例えば、生地が傷ついていたり、擦れて白くなっているのはアイロンでは直せません。

その時はうっすらと線が残ったように見えてしまうのですが、今回のズボンはきれいに消えました。

 

僕らはここに線があったな、と分かりますが、普通の人はわからないと思いますよ。(笑)

 

 

線を消すのにもコツがありまして、実はアイロンのかけ方に通じるものがあります。

なぜか、現代ではアイロンの正しいかけ方が伝わっていないので、家庭で消せないんだろうなあと思います。

 

 

昔なら消せたのかな?

どうなんだろう?

 

 

制服の裾の線が消えなくて困っている人がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。

アイロンで消しますよ。

|

« 服の傷みが気になる人が知った方がいいのは。 | トップページ | 鎌倉から我が家へ。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服の傷みが気になる人が知った方がいいのは。 | トップページ | 鎌倉から我が家へ。 »