« 洗いたくないもの。 | トップページ | えぞ千さんがご挨拶に来てくれました。 »

とある芸能人の、とあるブランド品の、クリーニングトラブルについて。

なんかクリーニングに関連したニュースがネット上に上がっていました。

世間ではもっと悲惨なニュースが報道されていたのですが、その裏でとある芸能人がクリーニング屋さんへ怒っているニュースがあったんです。



今は、その記事は見れなくなっています。



ここから先は、その記事を知っている方だけにわかる話になるかもしれません。


ざっくりも書きますと、とある芸能人の方がとあるブランド品をクリーニングに出したら、メモ書きと一緒にクリーニングされた服が納品されていた、と。

その服には、ブランドのロゴがプリントされていて、なんとそのプリントが剥がれていて、メモ書きには、プリントは永久なものではない、と。

汚れ具合などにより消失する事があります、と、書いてあったらしいんですね。


で、大事な服をダメにされたと怒った芸能人の方が、その怒りとともに写真をネット上にあげた、というお話です。



この話について、ネット上ではいくつかコメントが上がっています。

1つは、クリーニング屋が悪い、という話。

もう1つは、芸能人があげるのがおかしい、という話。

両方の意見があるようです。


今回のこの話、何が原因として考えられるか?クリーニング屋の立場から、書いてみようと思います。



まず、ロゴが剥がれてしまった事について。



プリントが剥がれたというと、真っ先にドライクリーニングをしたからだ、と言う人がいます。

確かに、ドライクリーニングはプリントの接着を溶かす性質があります。

プリントした製品をドライクリーニングをすると、接着剤が溶け、プリントが剥がれてしまいます。


では、今回もそのケースか?というとおそらく違うんですよね。

写真をよく見るとわかるんですが、全部が綺麗に剥がれているわけではないんです。

擦れたように剥がれていて、剥がれたものが他に付いています。


これ、熱で接着剤がとけて、擦れたところが剥がれていったんだと思うんですよね。

プリントが剥がれる原因は、ドライクリーニングだけではないんです。

熱も接着剤が溶けるので剥がれる原因になります。


ドライクリーニングの場合、剥がれる時は綺麗に剥がれるんですよ。

接着剤も残らないんです。


そういう性質を考えると、今回のケースはドライクリーニングによるものではなく、水洗いをして乾燥機で乾燥した時に剥がれてしまったんではないか、と推測します。


では、乾燥機で乾燥したクリーニング屋が悪いのか?



それはしっかりと調べてみないとなんとも言えません。

じっさい、プリント製品でも乾燥に耐えられるものも普通にあります。


となると、次に考えられるのが、洗える表示が付いていたのか?という問題。

きちんと製品テストをして、どういう洗い方ができるか?今はきちんと洗濯表示になって付いています。

その表示で、洗えるとなっていて、表示通りに洗ったのなら、それは表示をつけたメーカーの責任となります。


しかし、表示では洗えないとなっていて、クリーニング屋が独自の判断で洗ったのなら、それはクリーニング屋の責任。


ここは商品についていた洗濯表示を確認してみない事には、どちらに責任があるか?と安易に話せません。



ここでもう1つ気になることがあります。

それは、このブランド、フェイク品が多いので有名なんです。

偽物が出回っている、と評判のブランド。

なので、この商品が本物なのか?という問題もあります。



さて、ここまでは、洗い方の話。

次に気になるのが、クリーニング屋の対応について。

ご不在なので、宅配ロッカーにお届けすることは良くありますが、商品に問題があってお客様に伝えなければいけない時には、とにかく丁寧に説明をしなければなりません。


クリーニングの事は残念ながら普通の人はわからないので、もし自分たちに非がないのならきちんと説明をしないと誤解を受けてしまいます。

電話をして説明をするとか、メモ書きにしてももう少し丁寧に書く事はできたんではないか、と思いますね。


まあ、クリーニング屋からすると、普通に洗ったのにおかしくなって、商品に問題があるからだ、と言いたいのかもしれません。

だとしたら、余計きちんと説明をする必要がある。

どう商品が悪いのか?それはクリーニング屋にしかわからないんだから。



今回のネットに上がったニュースを見てて、平等にみるとこんな感じになります。

クリーニング屋に問題があるかもしれない、けど、商品の表示を見てみないと最終的な判断はできない、これが現段階での答えです。



もし、この商品がうちで預かる事になったとしたら。



仮の話ですが、うちなら、やはりプリントが付いているのでドライクリーニングはしません。

水洗いをするんですが、乾かす時は熱をかけると剥がれる危険性があるので、自然乾燥を選択します。

こうする事で、プリントが剥がれるなどの事故を限りなくゼロにすることが出来るからです。



ただ、これでも完璧とは言えません。

なぜなら、商品のプリントが弱いものだと、普通に使っているだけで剥がれてくる事があるから。

そのような商品も沢山あるんです。

すると、どんなにソフトに洗っても、かすかに剥がれる可能性は残っています。


これ以上、回避しようがないので、仕方のないこととしてお客様にご理解をいただく事になると思います。


きちんと作られた商品なら洗うくらいではなんともないんですけどね。

世の中に出回っている商品には、不良品もたくさんあるんです



どうやら芸能人の方とクリーニング屋の方で話し合いがされているようです。

無事に解決することを祈っています。



|

« 洗いたくないもの。 | トップページ | えぞ千さんがご挨拶に来てくれました。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗いたくないもの。 | トップページ | えぞ千さんがご挨拶に来てくれました。 »