« 化学繊維を求める理由は? | トップページ | ザ・買い物ツアー。 »

服が傷む、と思う原因は?

さて、昨日の続きです。

 

 

丈夫なものを求める理由は、丈夫でないと感じているから。

 

服がそんなに丈夫でなくなったのか?まずそこが気になりますよね。

 

繊維の技術が上がるとどうなるか?というと、繊維が細くなっていくんです。

これは肌触りや柔らかさに直結するので、良いものというものは糸や繊維が細くなっていく傾向になります。

 

しかし、細くなるということは、同じ繊維でも強度は落ちる、これは容易に想像できますね。

はい、繊維が細くなった分、確実に弱くなっています。

 

弱くなったと実感するポイントは、例えばほつれやすくなっていたり、破れやすくなっていたり、また色合いが変わりやすかったりする所で見て取れます。

また、柔らかさを追求するあまり、硬くなりやすいものも増えてきていますね。

 

では、繊維の細さが原因か?というとこれが決定打、というわけでもありません。

もっと複雑にいろんなことが絡んでいます。

 

 

もう1つ、気になるのがクリーニングの技術。

クリーニングに出して、風合いが変わってしまう、そんな経験をしたことのある人もいると思います。

せっかく洗ったのに、長く着用できないことから、より丈夫なもの、変化の少ないものを求めるようになっていったという背景もありますね。

 

実はこれは2つの要因があって、1つは先ほどの繊維の細さが影響しています。

昔に比べてデリケートな衣類が増えていて、変化しやすくなっている。

また、製造メーカーが洗浄テストをしていなかったり、洗える服を作っていない、という問題もあります。

また、クリーニング屋さんもそういう服に適応していない業者がある、という問題も。

クリーニング屋さんの側にも理由があって、パートやアルバイトに洗わせているクリーニング屋さんもいます。

いわゆる大量に処理する大きなクリーニング屋さんです。

デリケートな服が増えている、と言うことは、細かく洗いを変えていく必要がある、ということ。

きちんと資格を取った人が洗うのと、アルバイトやパートが同じ仕事をできるとは到底思えません。

そのやり方で問題のない服もありますが、昔に比べてその範囲に収まる服が圧倒的に少なくなっている、という事なんですね。

 

 

繊維の細さ、クリーニング屋さんの問題、さあこれで全てか?いえいえ、まだありますよ。

実はこれからの話がかなり重要だと思っています。

 

 

 

それは、着ているお客様の方の問題。

これ、大きいなあと、思うようになってきました。

 

一番の問題は、服をよく知らない人が増えています。

まず、繊維を知らない。

綿、麻、ナイロン、ポリエステル、カシミヤ、ウール。

これらの区別がつく人、一体どのくらいいるでしょう?

ほとんどの方が全くと言って良いほどわからないと思います。

これら、全然違うんですよ、で、違うというのは、当然クセも違うので扱い方も変わってきます。

 

百歩譲って、服に詳しい方がいるとします。

それでも、デザインやファッションとして詳しいだけで、服が洗うとどうなるか?水に濡れるとどうなるか?アイロンをかけるとどうなるか?知ってる人はほとんどいないと思います。

僕がそう言い切れるほど、アパレル関係の方のブログで出てくる服のメンテナンスの話はみんな間違っている。

今までたくさん見てきましたが、見るたびに、作ったり販売する人たちと、僕らメンテナンスをする人たちは、全く違う知識や技術なんだなあと思いますから。

 

服のことを知らないので、扱い方がわからない。

連続して着てしまったり、ずっと洗わないで着ていたり、少ない着数で着回していたり。

そんな扱いをしていたら傷むよ!と言う行動をしてしまっていてら服が傷むから、と思っている方もいらっしゃいます。

 

実際に傷んでいる服を見て、丈夫な服が欲しい、これはまだ良いかもしれません。

 

さらに、服を知らないと言うことは、傷む、と言うことを理解してない人もいるんですね。

何をもって傷んでいるか?それを知らないで、ちょっとした変化に過剰に反応して、おかしくなった、傷んだ、と騒ぐ人、結構いるんですよ。

わからないから神経質になってしまっているんだと思います。

 

 

これらのように、いろんなタイプの人がいろんな理由から服がもたないと思い、形は似てる、大して変わらない、とポリエステルなどの化学繊維を求めるようになって来てるのかな、と思います。

 

 

丈夫な方が確かに良いのですが。

でも、服には必要な機能があるわけです。

化学繊維には致命的な欠点があります。

吸湿発散性がない。

あるように見せかけている服もありますが、実際は無理なんです。

で、この点は、自然の繊維の方がとても有利なんですね。

 

 

僕が一番気になるのは、区別もつかなくなり、形やなんとなくだけで着ていると、どんどん消費者の方々が損をしていくことになるんですよ。

 

デザインだけでなく、季節ごとに適切な素材があります。

また、TPOによってもあります。

合わない着用をしていると、服はどんどん傷んで行くし、ともふれば毎年新しい服を買わなければいけない。

1年しかもたない服にお金をかけようとは思いませんよね。

消費者の方が、そう言う買い方をし出せば、メーカーも一年持てば良い服を作り出します。

そう言う服は、着心地悪くなるんですよ。

すぐ変化し出しますからね。

 

長い目で見て、消費者に不利になるような世の中なりそうで、僕はすごく嫌なんです。

 

 

今まで、クリーニングを知っていただけてないからかな、と長い間思っていましたが、違うんだな、と気づきました。

クリーニングではなく、服のことを知らないんだ、と。

 

みなさん、服の勉強をしましょう。

素材の特性、違い、メンテナンスについて。

本当に大事ですよ。

|

« 化学繊維を求める理由は? | トップページ | ザ・買い物ツアー。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 化学繊維を求める理由は? | トップページ | ザ・買い物ツアー。 »