« きのう何食べた、ロス。 | トップページ | 学校の割烹着。 »

高齢者とクリーニング

クリーニングを利用する世代は様々です。

毎日ワイシャツを着るサラリーマン。

若い世代から高齢の方まで幅広くご利用されます。



定年するとクリーニングは必要ないでしょ?



そんな話を聞いたことがあります。

たしかに、ワイシャツは着ない、スーツも着ない、働きに出ているわけでもなければクリーニングの必要はなさそうに思えるんですが、実際は違うんです。



実は高齢の方はクリーニングをよくご利用されます。



一つは、その年齢の方々は、衣替えの意識がしっかりあること。

季節ごとにクリーニングに出す習慣があるので、よくご利用されています。

今は、特養老人ホームや介護付きマンションから集配のお問い合わせがよく来ています。



そして、もう一つの理由。

これは高齢者じゃないとわからないかもしれません。


今持っている服を大事に使いたいから。


これ、かなり大きな理由を占めているようです。

高齢者の方は服を結構たくさん持っているんです。

で、それを上手に着まわしたいと思っているようで。

自分の年齢、自分の最後を考えると新しい服を買うのに躊躇するケースもあるようです。

だから、今持っているものをクリーニングしてまた着たい、と思うんでしょう。


また、高齢者の方は特定の服をこだわって着る傾向があります。

いわゆる、お気に入りの服があるんですよ。

で、それ以外の服はあまり着たがらない。

あまりにも着用されるので、自宅で洗うのが困難なほど汚れているケースもあります。

そこで、クリーニング屋さんの出番、という訳です。



いろんな理由から高齢の方はクリーニングをご利用されます。



若い人たち、まだ働けている人たちからすると、そんなに頻繁にクリーニングに出さなくても、と思うらしいですが、それは高齢者の立場になるとその理由がわかってくるのかもしれませんよ。

少なくとも、呼ばれてお伺いしてお話を伺っていると、クリーニングを必要としているな、と感じますから。


あの汚れをきれいにできるのは僕らクリーニング屋さんだけだよなあと思います。

|

« きのう何食べた、ロス。 | トップページ | 学校の割烹着。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのう何食べた、ロス。 | トップページ | 学校の割烹着。 »