« 洗濯機とアイロンの距離。 | トップページ | クリーニングの求人。 »

きれいな仕事をするね?

夏休みに入ったので、子供達にも手伝いをさせています。


特に今年は、クリーニングの仕事の中で手伝えるものを少しやってもらっています。



クリーニングの仕事の中に、プレスという仕事があります。

大きな熱の入った鉄板で、シーツなどをアイロンをかけるように使う機械です。

テレビなどで見たことある人もいるかもしれません。


綺麗に真っ平らにおいて、ボタンを押すと熱の入った熱い鉄板が降りてきてプレスをしてくれます。



これ、誰がやっても同じように仕上がると思いますよね?

単純な機械ですし、難しいものでもありません。

そもそも機械って誰がやっても同じ品質で仕上がるためにあるものですし。



それがね、違うんですよ。

人によって単純な微妙に仕上がりが変わってしまうんです。


今回、子供たちに手伝わせていて、あることに気づきました。



この子達、仕事が丁寧だぞ?と。



今までやらせていませんでしたから、色んな不安はあります。

怪我はしないか、ちゃんと出来るか。

なので、一人でやらせることはせず、必ず隣で大人が見ながらやっているんです。


最初は多少指導が入りましたが、そのうち指導も減り、綺麗にプレスをするように。

子供だから飲み込みが早い、というのもあるのかもしれませんが、それだけではなさそうな感じです。


もしかして、これが、門前の小僧、習わぬ経を読む、ってやつですかね?


普段から服に関して厳しいことを言ったこともありません。

子供の着る服を全部アイロンかけているわけでもありません。

必要なものはかけてますけどね。


子供の性格もあるのかなあ。

クリーニング向きの性格ってありますからね。



一仕事終えた子どもたちは、背中がびっしょり、汗で濡れてました。

でも、達成感はあったみたいぇす。

暑さに対する耐性もありそうだな。(笑)

実はここが一番クリーニング屋さんで大事だったりして。(笑)


この夏休み、頑張って働いてもらいましょう。

|

« 洗濯機とアイロンの距離。 | トップページ | クリーニングの求人。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯機とアイロンの距離。 | トップページ | クリーニングの求人。 »