« ひどい話をしているのは重々承知していますが…。 | トップページ | 高級生食パン 国立 に志かわ »

加工の違いは大きいです。

服の難しい所って、バリエーションが多すぎる事だと思うんですね。


ぼくらクリーニング屋さんは繊維の勉強もしてるし、その繊維に施されている加工の勉強もしています。

だから、同じ繊維でも性質の違いを見分けるし、理解もできるんですが、これを一般の方に求めるのはかなり難しいと思うんですね。


そもそも、繊維表示にはどの繊維が使われているか?しか書いていません。

綿なら綿だと普通に思うでしょうし、ポリエステルならポリエステルとしか普通は思わない。


綿だけど、どんな綿か?どんな加工がされているか?まで考える人がいたら、それはもうプロです。(笑)



加工といってもいくつか種類があります。



薬品を使って、その薬品の力で風合いを変えるケース。


薬品などを使い、繊維そのものに変化を加えるケース。


繊維の形を変えてしまうケース。



いろんな加工があるわけですね。

で、加工ごとに性質が違います。



例えば、強度に違いが出たり。

薬品によっては特定の洗い方が出来ないものもあります。



永久に続く加工、期間限定の加工、それらを見極めるには知識がないと難しい。



綿なのに、なんで?と一般の方は思うことがよくあると思います。

これがその理由なんですね。

綿だけど、純粋な綿というわけではない、という事もあるわけですね。



で、見て判断ができない消費者のために、洗濯表示がある訳です。

指示通りに洗えば、問題なく洗うことができる、という証明です。

特に、新JIS表示は、製品での洗濯テストをしているので、その服をどのように洗えば大丈夫か?ということを教えてくれています。



なんで洗えないの?

同じ素材で、こちらは洗えて、こちらは洗えない、なんで?

そんなふうに思うこともあると思いますが、そこには理由があるんですね。

その表示通りに洗えば、問題なく洗えるはずですから、信じて洗ってみてください。


もし、指示通りでおかしくなったら、表示がおかしいという事になります。その時は販売店、メーカーさんに問い合わせて詳しく聞いてみるといいですよ。

しっかりしたメーカーほどちゃんと対応をしてくれますから。

|

« ひどい話をしているのは重々承知していますが…。 | トップページ | 高級生食パン 国立 に志かわ »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひどい話をしているのは重々承知していますが…。 | トップページ | 高級生食パン 国立 に志かわ »