« 体に覚えこませたもの。 | トップページ | ご報告と伝えたい事。 »

ドライして?

どこの会社でもあると思うんですが、その現場やプロならではの言葉って、とにかく端折ることが多いですよね。


たった一言なのに、その一言の裏にはたくさんの意味が込められている。

それを瞬時に理解するのも、プロならではだと思っています。



当然、クリーニング屋さんにもそう言うのはありまして。

一定の条件、状況下で、一言で全てを含ませた物言いをすることはよくある事。



たとえば、この時期のクリーニング。



品物を見て、洗い担当に、これドライして、と一言告げます。



ドライして、とはもちろんドライクリーニングをしてくれ、と言う意味。

しかし、この時期はさらにこの言葉の奥に他の意味合いも含まれています。


当然汗をかいていますから、汗が落ちるように前処理と言う、ドライクリーニングで洗う前に汗の汚れを落とす処理をする訳なんですが、それをやってドライクリーニングをしてね、という意味で、ドライして、と言うわけです。



たった一言なのに、かなり意味を含ませてますねえ。(笑)


でも、これって当たり前の話なんです。

今の時期、品物を見て、自ずとどう言う洗い方をするか?決まってきます。

選択肢にはドライクリーニングと水洗いがあるんですが、その中でドライクリーニングをして、と言えばそう言う意味で使っている。


忙しい現場で、いちいち細かい指示や確認はしません。

だって、お互いプロだもの。

特にうちは、全員、国家資格のクリーニング師を取得していますから、知識もある。

一々、細かい指示を出さなくてもその一言から分かるんです。



たまに、もう少し細かく指示を出す時もあります。



ドライクリーニングも出来るし、水洗いも出来る。

通常ならドライクリーニングを選ぶんだけど、今回は汗の汚れもひどいし、水洗いがいい、と思えば、水洗いで、と指定して、洗浄時間、温度なども指定したりします。

微妙な塩梅の時は、ここで相談したり。


うちの両親は50年以上のベテランなので、さらに言葉は少なくなります。(笑)

阿吽の呼吸というやつですね。



これに慣れていると、お客様への説明で、言葉が足りなくなる時があるんですよ。

ある条件下で、こう言う洗いがいい、と言っているつもりでも、お客様はそんな条件のことはわかりませんから、下手するとなんでもその洗い方でいいと思ってしまう。


最近特に多いのが、ドライクリーニングで汗は落ちない、と言うやつがまさにそれですね。

もし、そう言うクリーニング屋さんがいたら、こう言ってみてください。



それならドライクリーニングする必要はありませんね?と。



するとこう返ってくると思います。



いや、ドライクリーニングでも汗は落ちるんですが、ひどい汗汚れは水洗いの方が向いていて



そう、結局、ひどいものは、と言う条件が付いているんですよ。

それを説明しないで端折って言うから、お客様が混乱する訳ですね。



プロの見立てはプロ同士だから通じるんです。

お客様に説明をする時はきちんと最初からしなきゃダメですね。



|

« 体に覚えこませたもの。 | トップページ | ご報告と伝えたい事。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体に覚えこませたもの。 | トップページ | ご報告と伝えたい事。 »