« 柔らかいものは良いもの。 | トップページ | 加工の違いは大きいです。 »

ひどい話をしているのは重々承知していますが…。

先週からあまり良くないニュースが僕の周りで起きていまして。

僕に出来ることをしようと、色々と動いておりました。



その中の一つは、古くからの友達の奥様が亡くなられたんです。


数年前から色々とお話を伺っていまして。

友達の苦労も知っていたし、奥様のお身体の話も伺っていたので、SNSにお葬式の祭壇の写真が上がった時に、その場ですぐ何が起こったのか、わかったんです。



で、今日、電話が来たんですね。

そこで色々とお話をしました。


奥様が亡くなられた状況や、その後の話、これからの話、短い時間でしたけど話をしたんです。

やはり、奥様が亡くなられて落ち込んでいるようで。

普段、ものすごく明るい友達からは想像も出来ないくらいです。



話を聞いていると、日曜日にマラソン大会にエントリーしている、と。

ずいぶん前から楽しみにしてエントリーをしていたようです。

でも、今はとてもじゃないけど、走れる状況ではない、と言います。


周りの友達は、出ろ、と言うんだそうで。


同じように身内を亡くされた方が、生きている人間が落ち込んでいたらダメだよ、だから走ろう、と声をかけてくれたといっていました。


でも、迷っていると言います。



時折、泣いてるんじゃないか、と思うような声で話をするので、そのきもちもよくわかる。



辛いよなあ、と僕も思います。

無理かもなあ、と思います。

でも、酷だと思うけど、僕も同じ話をします。



走ろうよ。

せっかくエントリーして、これで走らなければ奥さんも悲しむと思うし。

友達もエントリーしてるんでしょ?

周りも心配してるから走ってみれば?



酷な話をしているなあと自分でもわかっています。

ぼく、ひどいやつだよなあ、と自分でも思います。


だけど、残された彼は今生きている心地がしてないと思うんですよね。

心ここに在らずというか、足が地についてないと言うか。

正気ではないと思うんですよ。

いや、正気でいられるはずがない。


亡くなられたことに後悔もしてましたし、責任も感じてましたし。

自分を責める必要はないんだけど、どうしてもそう思ってしまう。

辛いだろうなあと思います。


そんな時に、現世というか、現実に引き戻してくれるのは、人なんです。

家族、友達、お客さん。

他人と話す事で、現実に戻ってこれるんですよ。



大きなトラブルが起きた時に、よく人が集まりますけど、昔はあれに意味があるのかな?とよく思っていました。

しかし、うちで父が倒れた時に、人の集まる意味がわかったんですよね。

人が来る前は、これが現実じゃないような感じがして、ふわふわ変な感じがしてたんですけど、人が来て話をする事で日常に戻れるんです。


これ、とても大事なんですよ。


父の一件があってから、駆けつけられる時は駆けつけるようにしよう、と心に誓いました。



今回、とても駆けつけられる場所ではなく、電話でしか話しませんでしたが、マラソンにエントリーをしているのなら、と、出場を勧めてみたわけです。


出れば、日常に戻ってこれるから。


そこにはたくさんの友達もいますしね。



正直、どっちでもいいんです。

出ても出なくても。

まだそんな気持ちになれない、それでもいいんです。

でも、いずれ、日常に戻って行かなくてはいけない。

仕事もあるし、家族もいるし。



酷だとわかっていても、頑張れ、と声をかけてあげられるのは、周りの友達だけなんだよなあ、と思います。



本当にごめん、と思いつつ、出場しなよ、頑張ろうよ、と声を掛けていました。


最終的に僕らが望んでいるのは、彼が普通に生活に戻る事。

なんとか日常に戻って欲しいと願っています。



|

« 柔らかいものは良いもの。 | トップページ | 加工の違いは大きいです。 »

日記・その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柔らかいものは良いもの。 | トップページ | 加工の違いは大きいです。 »