« 知識と経験の罠。 | トップページ | クリーニングはなぜ難しいか? »

二重価格はいけませんよ?

ちょっとしたニュースに驚きました。

クリーニング屋さんに公正取引委員会から措置命令が出たらしい。

なかなかこういうニュースはないので、正直驚きです。



内容を簡単な説明すると、料金がおかしいよね?という話。

正規の料金としている金額で請け負った様子はなく、元々がセール価格なのに、それを割引したかのように見せるために別に正規料金にみさかけていた、という話です。


セール価格で安いように見せかけていて、本当は変わってないってやつですね。



これ、結構昔からあるんですよ。



僕らがクリーニング学校に通っている頃からこんな話は出ていました。

法律違反だろ、と話は出るも、だからといって取り締まるのは難しいらしい、と当時話されていましたっけ。


競争が激しいのはわかりますが、消費者を欺くような事はしてはいけません。


ようやくこの問題にメスが入った事に、やっと動いてくれたのね、とほっとしました。



まじめにやってる人たちかかわいそうですしね。

騙されたお客様もかわいそうですしね。

誰も得しない。



セールばかりやってるクリーニング屋さんは、本当の正規料金は正しいの?と思いませんか?

一年中、セールをしているならそれが正規料金でしょう?と思いませんか?


普通なら価格改定をするところをずっとセールをしているって変なんですよ。

まあ、そもそも手間を掛けるクリーニングでセールの意味もよくわからないんですけどね。


物販や製造なら大量に扱う事でコストダウンになるのは理解できますが、クリーニングは基本、商品ごとに手間をかけます。

たくさん出てもコストダウンになかなか繋がらないんですけどね。


なら、どこでコストダウンをしているんでしょう???

不思議な話ですよね。

|

« 知識と経験の罠。 | トップページ | クリーニングはなぜ難しいか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知識と経験の罠。 | トップページ | クリーニングはなぜ難しいか? »