« 2019年9月 | トップページ

2019年10月

消臭剤は汚れを落ちにくくさせる。

先日、クリーニング総合研究所から興味深いニュースがありました。



消臭剤は汚れを落ちにくくする。



ファブリーズなどの消臭剤を使用していると、服についた汚れが落ちづらくなると言うんですね。

研究所ですから、きちんと検証の実験もしていました。



実験結果ではたしかに消臭剤を掛けていると、汚れが落ちなくなってる。

とくに、ドライクリーニングで汚れが落ちなくなるようです。



この件について、クリーニング屋さんの仲間と話をしたんですが、すでに経験している、との事。

自分で洗えるものには消臭剤は使用しないので、多いのはスーツや制服、つまりドライクリーニングをする衣類に多いと言います。


一回でもクリーニングする費用を浮かすために、良かれと思ってやっているんでしょう。

でも、それが逆に仇となるとは。


ファブリーズなどの消臭剤を蒸発させると粘り気のある液体が残るんです。

これが汚れを落としにくくさせてしまうんですね。


接着剤のような感じで、服の表面をコーティングしてしまう。

着用して汚れているものの上から吹きかけるので、汚れをコーティングしてしまうんでしょう。


それを落とすやり方もあるにはあるのですが。

デメリットも出てきてしまうんですよ。



今度は服の腰が抜けるんです。

つまり、テロンテロンになる。


テロンテロンになると服が着古したようになっちゃいますからね。

恥ずかしくて着れない、と思う人も出てくると思うんですね。



服のメンテナンスとして、クリーニングの代わりとして、消臭剤を使うのは良くありません。

一時しのぎ、と考えて使うようにしましょう。


臭いが出る、と言うことは、汚れているという事。

一番は洗う事です。

| | コメント (0)

浸水被害の洗濯物の取り扱いは、洗濯王子をチェック!

1日ごとに台風の被害が報告されています。

長野では千曲川が決壊し、あたり一面浸水の被害が出ていました。


多摩川の下流の方でもありましたしね。


浸水すると家財道具が全てダメになります。

でも、服とか、洗ってみよう、と思う人もいるはず。



いろんな業種の人たちが動き出していますよね。

クリーニング屋さんの中でも動いている人たちがいるようです。



昨日から、洗濯王子こと中村くんが、浸水で汚れた服の取り扱いについて、発信をし始めました。



扱い方、洗い方など事細かく、丁寧に発信をしています。

もちろん、彼一人でやっているのではなくて、彼の周りのクリーニング屋さんの仲間が協力している。



今までも災害が起きても、中々クリーニング屋さんは貢献できることが少なかったんです。


災害の時の衣類の洗い方について、きちんとした知識がなかった、というのもあったと思うんですけどね。

積極的にクリーニング屋さんから発信というものがありませんでした。


今回の洗濯王子の発信はそういう意味でも、とても貴重で大事なもの。

彼も、思考錯誤しながら発信をしています。


普通の泥汚れの想定では対応しきれない、というのとも分かっていて、ならどうやって対処すればいいのか?一生懸命頭を使い、人脈を使い、発信している。



僕も友人の息子さんの浸水した現場に行って、粘土のようなものすごい泥汚れを見て、これは難しいと思いました。

汚れを落とすだけでなく、殺菌、除菌をしなければいけませんしね。

また、洗う時にも注意をしなければいけない。

素手では触れないですしね。



これから色んな情報を集め、クリーニング屋さんの知恵も集め、さらにいい情報として発信していくと思います。



今回の災害で洗濯物の扱いに困ってる人がいたら、洗濯王子、中村くんのツイッター、Facebookをチェックしてみて下さい。



| | コメント (0)

浸水の被害は大きい。

今回の台風で、友人の息子さんが浸水の被害にあいました。

友人は新潟の人なので、こっちに来るまでにタイムラグがある。

僕ならすぐ動けるな、と昨日、友人の息子さんと現場を確認しに行ってきたんです。



ものすごかったんですよ。



二子新地という二子玉川の反対、川崎側が現場です。

今回、二子玉川ではは多摩川が氾濫した、と報道がありました。



多摩川にあるバーベキュー場も悲惨な状態になってました。

トイレはひしゃげてたし。


でも、二子新地の多摩川沿いの道路は全然汚れていません。

どこが浸水したんだろう?とちょっと曲がって路地に入ったらあたり一面泥だらけ。


そこだけ景色が違うんですよ。



友人の息子さんを車から降ろし、僕は周辺の人にどんな状況だったのか、聞いてみたんですね。



すると、早い時間から浸水していて最後には腰のあたりまで水が来たんだ、と。


多摩川からですか?と聞いたら違うと言います。

どうやら、多摩川からではなくて、裏手にあるドブ川が氾濫したらしい。

小さい排水用の用水路のことだと思うんですが、そこが最初から機能しなかったみたいです。


帰りしなに、川崎側を走っていると、やはり浸水している箇所が何箇所かある。

どれもこれも多摩川からではないんですね。


今回、上流の八王子の方でも氾濫していますが、やはり多摩川ではなくて、その支流の細い川だったりしています。


多摩川に流れ込むように作られていても、その多摩川に大量の水があると流れこめない、そんな理由なんでしょうか。



そして、つい先ほど、現場の掃除に、と発電機を借りてきて高圧洗浄機を持って行ったんです。

僕は仕事があったので、機械を下ろしただけだったんですが、靴が泥だらけに。


この泥がまた普通のとは違うんですよ。

粘土みたいな泥。

一度つくと、なかなか落ちない厄介な泥なんです。



関戸橋が同じように氾濫してたらと思うとゾッとします。

この被害にあったら、仕事も出来ないし、店もたたまなきゃいけないかも、と頭をよぎるくらいです。


浸水したマンションの部屋は、たくさんの人で片付けたので早く片付いだみたいです。

でも、部屋に戻れるわけではありません。

これからどうするのか?いろいろ決めなければいけなくなるでしょう。


大変だけど頑張って欲しいと思います。


まだまだ色んなところで被害の報告がありますね。

府中市内でも陥没があったらしい。

引き続き、注意していきましょうね。

| | コメント (0)

台風が過ぎて。

台風一過の朝、みなさん無事でしたでしょうか?

 

 多摩川は一部氾濫したようで。

関戸橋もあと少しで氾濫するという所まで水位が上がって来てましたね。


台風が来る前から、とても勢力の強い大きな台風だから危ない、と言われていましたが、買い出しなどはするものの、まさか避難をしなければいけないような事態まで想像出来た人は少なかったのではないでしょうか?

今回は、かろうじて助かりましたが、似たような規模の台風、雨が降ったら、いつ多摩川が決壊するか?分かりません。


僕らが今出来ることは、今回のことをきちんと考えて、次に起きた時の教訓にすること。

今のうちにしっかりと考えておかないと、ですね。



今回、いろんな人が助けようとしてました。

Facebookで情報をやり取りしてた人もいました。

市から出る情報をマップにしたり、サイトにまとめたりする人もいました。


でも、市の対応がどうしても遅くなってしまいます。

それに対する不満もたくさん出てましたね。



特に、避難所が足りず、右往左往する場面が。

そもそも、避難地域の人口が分かっているのに、それに満たない避難所の開設はいただけませんね。

僕らも避難勧告が出た時に、避難しようと考えて準備をしましたが、避難所が満員で断られてる、と聞いて、行くのを諦めましたから。


下手に人口が多い東京は、逃げることも難しいんだな、と実感しましたね。


何万人も受け入れられる避難所は無いと思うし。



また、市への不満の中でそれは理不尽だろ、というものもありましたね。



避難所が遠すぎる、歩いて5分くらいのところを開設するべき!みたいな投稿があったり。


いやいや、その周辺に氾濫で水が押し寄せてくるかもしれないから避難しましょうと言われてるのに、その周辺で避難所作ったら危ないじゃないですか。

遠いのは、浸水しない地域で避難所を作ってるから。


ここで考えるのは、近くで欲しい、ではなくて、どうやって移動できるようにするか、です。

タクシーもほとんど走っていませんでしたから、車を持たない人たちは徒歩で避難所を目指していました。

若い人はなんとか歩いてましたけど、中には腰の曲がったおばあさんを連れて歩いている人も。


今回、台風ですよ。

幸いにも風がそこまで強くなかったから良かったけど、もしこれで風が強かったら、何か飛んできて怪我したかもしれません。

二次災害に発展する可能性がある。


これを教訓に、移動する手段、方法を考えておかないといけません。


また、僕らも賢くならないとね。

市の対応が遅い、使いづらい、というのも分からなくもないけど、それにも理由があったりします。

非常時に、行政に文句を言っても何も解決しません。

その場で必要なのは、力を合わせて乗り切ること。

全て終わってから、次に活かすために言いたいことを言えばいいんです。


今回、警報が早く出たのは府中市の反対側ばかり。

最後に出たのが府中市でした。


対応が遅いのか?それとも地形的な理由があるのか?見極める必要がありそうです。

府中側の土手は少し高くて安心だったのかもしれないですしね。

普段、そんなの気にしてないから全く想像もできない。

これを機に、なんで警報の早さに違いがあったのか?よく考えておかなきゃ。



それもこれも、何事もなく無事で済んだから言えること。

無事でいられた事に感謝ですね。



と言いつつも、氾濫で被害にあった方もいらっしゃいます。

なるべく早く日常に戻れることを祈っています。

| | コメント (0)

警報が鳴りっぱなし。

警報が鳴りっぱなしです。


この辺も避難勧告が出ています。



多摩川のライブカメラがとてもありがたく、自宅にいながら多摩川の様子を見ることが出来ました。



周りの市が避難勧告、避難指示を出す中、府中市はなかなか出ないので大丈夫なのか、と思いましたが、やはり府中市も避難勧告が出て。



避難所も開設されましたが、避難した人たちがたくさん集まってしまい、満員で断られた人もいたようです。



その後、避難所がたくさん開設されたようでほっとしました。



僕らも万が一冠水したら困るので、品物を上に持ち運び、じっと様子を伺っていました。



雨も上がった模様。

これで台風は過ぎたのかな?


まだ、多摩川に流れ込む水はあるでしょうから引き続き注意していきましょう。



なんとか関戸橋周辺は持ちこたえてくれたみたいですね。

| | コメント (2)

明日12日は臨時休業します。

明日12日は、台風のため臨時休業になります。


すでにニュースやワイドショーなどで注意喚起もされているようですが、災害が起きてもおかしくないレベルの台風みたいです。


特に関東では台風に慣れていないので、何が風で飛ばされるか?わかりません。

以前、お客様が台風の日に歩いて帰って来たところ、トタン屋根が飛んできて頭を切る大怪我をされた方もいらっしゃいます。



明日は1日、お出かけになりませんように。


みなさん、なんとか乗り切りましょう。

| | コメント (0)

まるで学食のよう。

仕事を早めに切り上げて、立川のIKEAに来ています。

受付のところでちょっと座れる椅子がなくて。

方々で探していたんですが、IKEAに行ってみるべか、と仕事を早めに切り上げまして、えんやこらやって来たんです。



最近は、少し重いものを買う時には子供を連れて行きます。(笑)

力持ちですからね、彼らに重いものは持ってもらう。


そして、今いるのはIKEAのレストラン。

椅子を探す前に彼らのお腹を満たさないと不満が溜まり、スムーズに買い物ができなくなるで腹ごしらえです。



駐車場にはほとんど車は止まっていなかったんです。

でも、レストランは満員。


そのほとんどが学生さんたちです。


スマホをいじったりノート出して勉強したりしています。

確かにファミレスよりもいいのかも。

さすが、学生はこう言うのを見つけるのが早いですね。


前に来た時には学生なんて居なかったのに。



まるで学食に来たような不思議な感覚です。

| | コメント (0)

充電されてない!

昨日、配達に出ようと駐車場に車を取りに行ったんですね。


今の車は便利です。

リモコンで近づくと自動で鍵が開きます。


ところが、昨日に至っては、全然開きません。

いつもなら、ピッ!と音がなって開くのに、昨日は音も変。


もしかして???



そう、バッテリーが上がったのでした。



配達に行く時間が迫っているので悠長な事はしていられません。 

こんな時のために、と買っておいたジャンプスターターを取り出して来て、いざ使おうとしたら、なんとジャンプスターターのバッテリーがほとんど残ってない。

最近、充電のチェックをしようと思ってたんだっけ、と自分の準備不足に嘆くことに。



仕方がないので、隣の父の車を拝借し、そこから直で繋いでエンジンを掛けました。



と、ここまでは良かったのですが。


エンジンが掛かったのはいいけど、変な警報ランプが付いています。

速やかにディーラーに持ち込んでみてもらってください、と。


でも、昨日はディーラーがお休みなので持ち込むこともできず。

仕方がないので、最後の手段、父の車を借りて配達に出たのでした。


その間、ジャンプスターターへの充電もしておいて。



配達から帰って来て、仕上げをし、スマホで調べていると警告ランプはバッテリー上がりの時につくものらしいと判明。

今の車はコンピューターで管理しているので、エラーが出たら記憶をしているようで、それを消せばいい、という事でした。


なら、そのまま走れるかな、と充電の終わったジャンプスターターを持って来て、再度挑戦です。


一度、これでエンジンを掛けてみたかった。(笑)



車のバッテリーにコードを繋いで、スマホ用のバッテリーを少し大きくしたようなジャンプスターターに接続。

エンジンを掛けてみると、あっけなく始動。


こんな小さなものでエンジンが掛かるとは。



これからはきちんと充電の管理をしましょ。



さてさて、バッテリー上がりの原因ですが、前日に嫁さんが車を使い、室内灯を点けっぱなしで帰って来たのが原因でした。


流石にここまでうんともすんとも言わない上がり方はなかったので、何か付けっ放しだったんではないか?と思っていたら。


エンジンを掛けてからしばらく走ったので、充電も大丈夫そう。

後日、ディーラーさんで見てもらいましょう。


朝は動かなくてヒヤヒヤしましたが、なんとかリカバリー出来て大満足。(笑)

| | コメント (0)

サクラ、サク。

ニュースでやっていたんですが。

府中で桜が咲いてるらしい。



どうやらこの寒暖差で、桜が春と勘違いして咲き出したようです。



配達があったので、桜を探してみました。



ありました。(笑)



本当に咲いてた。(笑)




268414b623074923ad121129748b651c


Ebaf4dce699b40bcaecb41b4b5a87ccc

| | コメント (0)

スチームアイロンの注意点。

衣替えの時期になると、テレビショッピングで洗濯に関するものを扱い始めます。



洗剤、洗濯機、クリーニングの宅配。


その中で、アイロンも最近になって取り上げられるようになってきました。


しかし、アイロンと言っても、普通のアイロンではなく、蒸気をかけるタイプのもの。

アイロン台がいらなくて、ハンガーにかけたままなぞるとシワがなくなる、と言う夢のようなアイロン。

スチーマーか。


テレビで見ていると綺麗に伸びるので、楽に綺麗になるように見えます。



シワを伸ばすのに、蒸気はとても有効です。

繊維が柔らかくなり、あらジワが取れます。

ゆるいシワなら、蒸気だけでシワは取れちゃいますから。


しかし、いい事ばかりではありません。

蒸気は生地の上にとどまり、冷えると水分になります。

すると、シワが戻る。

特に綿は戻りやすいんですよね。


また、一見、綺麗にシワが取れているようでも、本当のアイロンとは別物。

きちんとアイロンをかけたものに比べると、シワはないけど、伸びてはいない、という状態になるんです。



一番注意をしなければならないのは、仕舞う時。

クローゼットにしまう時に、スチームアイロンをかけてしまうと、カビが生える危険性があります。

スチームアイロンをかけた時は、きちんと干して乾かしてからしまうようにしてくださいね。


スチームアイロンは残念ながら万能ではありません。

テレビのように伸びるものと伸びづらいものがあります。


みなさんが本当に取りたいシワは結構難しいと思います。

普通のアイロンをきちんと掛けられるようになるといいんですけどねえ。

| | コメント (0)

水曜どうでしょう祭りのライブビューイング。

TOHOシネマズ府中へ来ております。



今日は、水曜どうでしょう祭りのライブビューイングがここであるんです。



頑張って、チケットを取りました。



水曜どうでしょうの新作が公開されるらしい。

TOHOシネマズ府中のロビーには沢山のファンの方が。



あと20分。

待ち遠しい。(笑)




67e1f8c4ded44d69b4cf4fdd91b4c1b8

| | コメント (0)

涼しくなったら夏物のクリーニングを忘れずに。

10月なんですよね。

で、この暑さです。

クリーニングって季節商売なんですね。

なので、季節には敏感になります。



暑くなってきたな、寒くなってきたな、雨が多いな、乾燥してるな。

これらは衣生活に微妙に影響を与えます。

陽気を見ながらどんな事が起きるのか?常に頭の中に入れて、クリーニングでお預かりした時には注意深く見るようにしているんです。



本来なら今は秋、なんですよね。

しかし、まるで夏のような気温で、まだ普通に短パン、Tシャツで過ごせてしまう。

言葉があっているかわかりませんが、異常気象のように思います。



今、寒くなる前にと、春にお預かりしたものを順次、お届けしているのですが、そこで話しているのは、夏物の洗い忘れをしないでね、と言うお話。


今年のようにいつまでも暑くて、急に冷え込んでくると、着るものが優先されて、仕舞うもののお手入れが後回しになりがちなんです。

夏物は、冬物と比べても圧倒的に汗や皮脂の汚れが付いています。

そのまま置いておくと、虫食い、カビ、変色の原因になってしまう。

なので、忘れないでくださいね、とお話をしています。



今になって、猛烈に蚊に刺されまくっています。

夏はほとんどくわれてないのに。

蚊が活発になる気温、と言う事みたいですよ。

夏の風物詩の蚊取り線香が、秋に使うのが当たり前になるかもしれませんね。


涼しくなって夏物はもういらない、と思ったら。

長袖を着るのと同時に、夏物のクリーニングを忘れずに。

| | コメント (0)

服が多い?少ない?

ここで何度か、服の数が少なくありませんか?増やしましょう、とアナウンスしています。

するとこんなことを言われたりするんです。



着ない服が沢山ある。

少なくない、と。



友達がやっている古着の回収でもそれは表れていて、半年に一度、もう数年やっているんですが毎回10トン以上の衣類が集まるそうです。


みんな大量に服を持ってるじゃないか、確かにそう見えます。



服に偏りが出てしまっているんです。

普段着に近い服は沢山もっているんでしょうが、スーツなどのきちんとした服の数が足りない、僕はそれを書いているんです。



これはお店で何人もの人に質問をして来ました。

スーツを何着くらい持っていますか?と。



すると、今はほとんどの方が5着弱と答えます。

ともすれば3着を着まわしている、と。

それでは少な過ぎるんです。

着る頻度が高く、クリーニングするには数が足りない。

せめて10着くらいもっていれば、1シーズン、洗わなくて済むだろうになあ、と思うんです。



少ない数を着まわして、洗う事もないので、どんどんスーツが臭ってきます。

また、擦れて切れ始めます。


不思議なもので、そうして汚れて傷むと、服にお金を投資するのが無駄に見えてきてしまうんですね。


どうせ、長持ちしないならやすいものでいい、となりがち。


長持ちしないのは服のせいじゃありません。

数の問題やメンテナンスの問題。

結果を正しく認識しないと間違った考え方になってしまうんです。



逆に、普段着を沢山買うのはなぜでしょう?


これにも理由がありそうです。

服を沢山買う理由は、安くてデザインが豊富だから。

昔に比べて安くても変わったデザインのものが多くなり、お買い求めしやすくなっていると思います。

会社帰りにお店に寄って、安いからとついつい買ってしまう、そんな人もいらっしゃると思います。



反面、安いんだけど、長持ちするような品質ではありません。

つまり、すぐヨレヨレになったり、買った時のような張りがなくなってしまう。

そして、安いからと新たに買った服の方をよく着るようになって、もともとあった服は着なくなる。


その結果、クローゼットに沢山の服があふれ始める。



いまね、新品の品質がいいんですよ。

値段以上に見えるんです。


でも、それが長持ちしないんですよね。

すぐ、着古したような感じになってしまう。

下着の代わりに来ているものならいいんです。

でも、今は普段着でも仕事に来て行ったら普通にするじゃないですか。

すると、着続けるのが難しくなるんですよね。



もちろん、高ければなんでも長持ちすると言うわけではありません。

高いのにも理由がありますからね。



デザインの良さだけでなく高いものもあれば、長持ちするようにきちんと作られて高いものもある。

作る難しさで高いものもある。


すると、高くても長持ちしないものが出てきます。



みなさん、なんとなくで服を見るのはやめませんか?


テロンテロンとした生地、とか、ふわっとした感じ、とか、そんな風に服を見てると、服を見分けられません。


素材の特徴を知る事で、服を見る目が養われます。

いいものを買うためにも、無駄な買い物をしないためにも、素材の勉強を是非してみてください。


わらかない事があれば、クリーニング屋さんに聞いてみてくださいね。

アパレルさんとは違ったメンテナンスの視点で色々教えてくれます。

クリーニング屋さんの話が一番生活に根ざしていると思いますよ。



| | コメント (0)

コインランドリーが襲われてるらしいです。

増えるとこんな事件も起こるんだなあ、と思います。



コインランドリーが襲われているらしい。



特定の店舗のコインランドリーばかりが狙われているらしいんですね。

あっという間に機械を壊してお金を奪っていく。



フランチャイズだから、機械も全て同じ。

と言うことは壊し方も同じ、って事なんでしょうか。



コインランドリーを経営している人のブログに、お金の集金をこまめにやってないようなことが書かれていました。

結構まとめてから集金しにいく、と。

結構な金額がたまっている、と言う話だったから、こうして襲われると被害額も大きいんだろうなあ、と推測します。



どうしても売れるとそれに合わせて犯罪に巻き込まれることも増えてくるのも事実。


クリーニング屋さんも景気のいい時期は、詐欺師が来たり、夜間にお店を襲われたり、色々ありました。


たくさんお店が出てるからクリーニング屋さんは儲かっているんだろう、発想はこんなところから始まるようです。



一般の人は服を洗うだけだからほぼ人件費だけでしょ、と思うかもしれませんけど、機械は高いし、数が必要だし、意外にコストがかかっているんです。

売り上げに対する利益なんて、職人の中ではかなり低い部類に入ると思いますよ。



そんな中、頑張った売り上げを持っていかれたら、泣くに泣けません。



泥棒と火事は一瞬で全てを持っていきます。

気を付けなければ。

皆さんも気を付けましょう。

| | コメント (0)

接客が本当に悪いのかな?

ぼくもスマホで調べてからお店に行ったりします。

その時に、利用したお客さんの評価を参考にします。



ボリュームや美味しいとかそんな話を参考にして、地方に行った時にそのお店に寄ったり、また配達先で何かないか?よく探していたりします。


少し前から気になっていたんですが、お店のレビューの中に、接客がいいとか悪いとかつくようになったんですね。

味の批評の他に必ずといっていいほど接客がいいか悪いか、書かれるようになっきてました。



悪い評価を見るとあまり行きたくないのはみんな同じだと思います。

それが味には関係ない接客だとしても、です。


しかし、接客のいい悪いについて、ちょっと気になったんですよね。

果たしてそれは本当に接客が悪かったのか?と。


僕はクリーニング屋なので、やはりどうしても立場的にはお店側に立っています。

すると、今世間で言われているような接客と少し違うんですよね。


基本、悪い接客ってあまり考えていなくて、いい接客というのはあるんです。

こちらが何もしなくても全てやってくれるとか、こちらの先を感じ取ってやってくれるとか。

でも、そういう接客にもお金はかかっているはずなので、他と同じような値段で、そういう接客をされるとそこまでしなくていいのにな、と思うんです。


基本、食事に行って、食事の注文を取ってくれて、食事を持ってきてくれれば、接客はOK、そんな感じで考えています。



実は、接客が悪い、というお店に何軒か行ったんですよね。

ネットのレビューは本当なのか?


利用してみたら、別に接客が悪いわけじゃないんですよね。

確かに、愛想は良くないかもしれないな、そうは思いました。

でも、それが接客が悪いとは思わない。

こちらが挨拶をすれば、小さい声ですけど挨拶をしてくれるし、質問をすれば質問に答えてくれる。


それで十分。


丁寧に作ってくれてるし、美味しいし。



で、食べ終わってから、もう一度そのお店の接客が悪いという人のレビューを読み直してみました。


そこから見えたものは、お店がどういうものか?という捉え方の違いなのかな?と思いました。


お客様は神様です、これを本当に信じている人がいます。

お店の人は、お客様に尽くさないといけない、頭を下げないといけない、不快にさせてはいけない、これを本気で思っている人がいる。

接客が悪い、という人って、お店側が頭を下げないことに苛立っているんだなあ、と思います。



日本って、お店のサービスがどこもいいんですよね。

海外に行った人はみんな同じように話します。

日本はサービスが行き届いている、と。

海外に行くと、平気で差別されるし、サービス悪いよ、と。


日本のお店は、お客様を差別しないように考えるので、どんなお客様でも丁寧に接客をするのがいい、と思われています。


反面、こんな事も言われてて、そのお店をヘビーに利用するお客様も同時に特別扱いしない、と。

海外だと、よく使うお客様はさらに特別なサービスをしてもらえるんですよね。

外資系のホテルや航空会社のサービスを見てると良くわかります。



話を戻しましょう。



接客が悪いと評価した人の他のお店の評価を見てみると、あまりいいと評価しているものがないんです。

これを見て思うのは、評価をするというのが、粗を探す、と思っている人なのかな?という事。

本来評価って、いい事もあるし悪い事もあるはずなんですよね。

悪いところを指摘することが評価だと思ってしまっている人っているんですよ。


悪いって人に突き刺さりやすくてですね。

いいという評価よりも、悪いという評価の方が強く見えちゃうのが不思議。

100、いい評価があっても、一つ悪い評価があると躊躇してしまう事、皆さんありません?

正当な評価ならいいんですけどねえ、ちょっと穿った人の評価だと僕らを悩ますだけなので正直勘弁してほしいと思います。



ネットの功罪だと思うんですが、こうした評価サイトが増えるとお客様も増えていきます。

また、悪い評価がつかないようにお店の人も切磋琢磨するので、技術も上がるしお店自体もパワーアップします。


反面、いろんなお客様が来てくれる、というのはいいことばかりではありません。

望まないお客様が来る事もあるわけです。



お客さんの立場からは想像ができないと思いますが、いろんなお客様がいるんですよ。

中には、最初から悪意を持った人も来たりします。

その区別はお店の人には分かりません。


クリーニング屋の僕らでさえ、悪意を持ったお客様が来たりしますから。

僕らを騙しに来る人、いますからね。


クリーニングやよりも人がたくさん来る飲食業はもっとたくさん変な人が来てるはず。

その心労は計り知れません。


接客が悪い、愛想が悪いと言われているお店の店主さんと話をしていると、愛想が悪いんじゃないんだな、と分かるんです。


多分、お客様が怖いんだろうな、と。



何回も来てくれてる人なら、その人が何となく分かるし、話をするようになれば人となりもわかります。


でも、初めてのお客様だと、どんな人がわからない。

先ほども書いたような悪意のあるお客様かもしれない。


店主さん、緊張してるんです。


その緊張が、いい方に見えなくなってるのかなあ、と思うと、接客が悪いというのはかわいそうな気がします。



お店の人も不安なんだなあ、と温かい気持ちで見てあげて欲しいですね。

何回か通えばそのお店の本当の姿が見えて来ますから。


本当にいい接客って、対応だけでは見えませんよ。

表でにこにこ、裏で悪口言われてたら嫌でしょ?

本当にいいお店はそんな事しませんからね。


僕がいつも心がけているのは、客の立場になったら、お店に信用してもらうようにする、です。

お店側からしたら、僕が何者かわからないから不安だろうな、と思うので、まずは僕を知ってもらうようにしています。


嘘をつかない、正直になる、必要な事を伝える。

そして、プロに任せる。


信頼関係を結べると楽ですよ。(笑)

| | コメント (0)

場所取り合戦。

今日から10月。

消費税が変わる日です。

朝からテレビもどんなふうに変化するのか?色々と取材をしているようです。



クリーニング屋さんも昨日は駆け込み需要があったようで。

それなりに忙しかったみたいですよ。



増税したら、しばらくはうちらは関係ないかな?と思っていたら、配達に出て、消費増税の洗礼を受けることに。



場所取りですよ。




配達に出て、マンションに行ったんですよね。

お届けだけなので、宅配ロッカーに入れていこうとすると、満杯。


平日でロッカーが満杯なんて年末年始くらいしかありません。

それが今日に限って満杯。

入れられないなら仕方ない、と次の配達に行くことにしました。



次の配達先でも場所取りをすることに。



いつも車を止めているところがあるんです。

通行人や他の車に影響のないところ、宅配業者さんもよく止めている、そんな場所があります。


そこへ停めて、さっと配達に行ってこようかな?と思ってたら、なんとそこに沢山の車が。

みんな宅配便業者さんです。


あっ!とここで気付くことに。



増税前にネットで購入したものが今日届いてるんだな、と。

それで宅配業者さんとたくさん会うんだな、と気付いたんです。



まさかこんな形で増税の影響を受けるとは。

今週は配達が混みそうだなあ。

気を付けて運転しましょ。



コンビニのイートインも人が居ませんね。

みなさん、シビアです。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ