クリーニング

クリーニングで本当に大事なのはこれだ!

さて、昨日の続きです。(笑)


クリーニングで差がつくのはなぜだろう?と不思議に思っている方はたくさんいらっしゃいます。
実際、クリーニング屋さんでも、本当のことを知っている人は少ないと思うんですね。


その理由は、クリーニングできれいに出来ないのを溶剤管理のせいにしてきたから。

その昔、クリーニング屋さんの仕事が増えて、チェーン店が出店し始めたころのこと。
薄利多売で、大量に品物を扱った事により、溶剤管理がうまくいかなかった時期があるんです。
大手チェーン店では、汚れが落ちない、と言われている時期があって、その原因が管理しきれていない溶剤のせいでした。
昨日、きれいな溶剤は無色透明と書きましたが、当時ひどい所はコーラのような色になっていたこともあったと聞いています。

僕ら二代目のクリーニング屋さんは、初代や先輩から、クリーニングの悪い所は溶剤管理がなってないからだ、と教え込まれてきていたんですね。
で、これをずっと引きずっているんです。


ところが、最近この話は間違っているという事に段々と気づき始めてきました。
大手チェーン店は、資金力で定期的に濾過機を交換して、溶剤の色はとてもきれいな色に。
昔のように、大手チェーン店の溶剤管理は悪い、というのは一概に言えなくなってきています。


ところが、いまだに、大手チェーン店で洗うときれいにならない事が多々あります。
おかしいですよね、溶剤管理をしていて、きれいな洗浄液で洗っているのに・・・・・。
ここが、とても大事なポイントになります。


どこで差がつくか?
それは、洗い方の問題なんですね。


溶剤をいくら管理していても、それは保存しているタンクの中の話。
洗っている最中の洗濯層の中の状態が悪ければ、汚れは落ちないですし、逆に汚れてしまう事もあります。
きれいな溶剤で洗っていても、おかしくなることはあり得るんですよ。


例えば、衣類を詰め込みすぎるとか。
クリーニング屋さんの機械はドラム型なので、多少詰め込んでも叩き効果が出て洗う事が出来ます。
しかし、洗えるのと汚れが落ちるのは別の話で、やはり適切な量で洗う事がとても大事になります。
ここで、適正量を超える量で洗うと、問題が起きるわけですね。


汚れが落ちない、汚れが戻る、風合いが変化する。


どれもクリーニングで出てはいけないものなんですね。
このほかにも、色で品物を分けるとか、素材で品物を分けるとか、実はクリーニングで差が付く要素はたくさんあります。
同じものでくくるのはとても大事で、違う素材同士だと生地が傷んだりします。
こういう所をきちんとしていると、風合い良く仕上がっていきます。


やっている所は当たり前にやっているし、やってない所は全然やってない。
その差がお客様が感じている差になっています。


大手チェーン店でおこりやすい理由は簡単です。
パートさんやアルバイトがやっているから。
彼らはプロではないので、クリーニングの知識があるわけではありません。
最初はきちんとしたクリーニング屋さんから指示されて仕事をしていても、慣れてくると詰め込みたくなる物なんですよ。
気が付いたら、洗濯機の中にぎゅうぎゅうに押し込んでいるってあるんですよね。


誰も働いている人の管理をしていないと、それが当たり前になって、仕事の品質が悪くなる・・・・・。


クリーニングはプロの仕事ですから。
細かい所が大きな違いを生んでいくわけですね。


なかなか、消費者の皆さんには見えづらい部分で、どうしても値段だけで選びがちだと思いますが、その値段の先になにがあるのか?しっかりと見極めてほしいと思います。
当然、それは品質につながっていきますから・・・・・。


クリーニング屋さんは、答え合わせ、いかがだったですかね?
昨日のブログを読んで電話をくれた友達がいましたが、やはりすごい人ですから正解。
きちんとやっている人は理解をして仕事をしているって改めてわかりました。


ねえ、こういうクリーニング屋さんが消費者の皆さんにもわかりやすく見えればいいんですけどねえ。
なかなかうまく伝わりません。
本当にいつも思いますが、いいクリーニング屋さんが見つかりますように、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングで差が出る理由は?

クリーニング屋さんにもいろいろあります。
僕らが言うよりも、お客様の方がよくご存知ですよね。
ですから、クリーニング屋さんを選んで利用しているわけです。


たかがクリーニング、たかが洗たく。
洗濯機に服を入れて、洗剤を投入して、洗うだけになんの差があるんだろう?
そう思う方もたくさんいらっしゃると思います。

どこに差が付く所があるのか?と。


実際自分で洗っていても綺麗にならないし、家庭とクリーニング屋さんは機械が違うのかもしれないけど、クリーニング屋さん同士なら機械はほぼ一緒だろうし。
どこもそんなに変わらないんじゃないの?と思う人もいるでしょうね。


こういう話をクリーニング屋さん同士でしていると、決まって出てくる言葉があるんですね

それはね、溶剤管理の差なんだよ、と。


溶剤管理、難しい言葉が出てきました。(笑)
溶剤管理とは、簡単に言うと、洗う時に使う液体を管理する、というもの。
皆さんのうちでの洗濯は毎回水を入れ替えて洗濯をしていますが、クリーニング屋さんのドライクリーニングは洗浄液をろ過しながら使っているんです。
水ではなく、石油由来の油ですから簡単に捨てるわけにもいきません。

洗剤を入れ、ろ過しながら汚れを取り除き、いい状態の洗浄液を保つことを溶剤管理と呼んでいます。


想像しやすく説明をすると、ジーパンを洗った後の青い水で洗ったら、他の服が青くなるのはご理解いただけると思います。
管理が悪いと、こんな感じで汚れが移ってしまうのでろ過しながらきれいな状態を保ちながら洗っています。

溶剤管理の状態がいいと、洗浄液は無色透明になるんです。
最近はクリーニング屋さんの中でも、洗浄液のきれいさをアピールしているお店がありますね。
わざわざ、今日の溶剤、と称して写真をアップしているクリーニング屋さんも。


溶剤管理もクリーニング屋さんに差が付く理由の一つなんですけどね、実はこれだけでは見分けがつきにくいんですよね。


というのも、いつの状態の溶剤の写真か?で意味が違ってくるんですよ。


分かりやすく説明をします。
洗うという事は、汚れが洗浄液に落ちる、という事です。
つまり、洗ってきれいにしているクリーニング屋さんほど、洗浄液は汚れるんですね。
で、これをろ過してきれいにして使っているんです。

きれいな洗浄液の写真が、もし、洗った直後の物だったら・・・・・、それって汚れが落ちていなかった、という事になってしまうんです。
これだといくら溶剤がきれいでも、大問題なわけですね。

洗っているのに洗浄液がきれいなままって・・・・・。
真っ黒に汚れた服を家で洗っても、洗っている最中の水は真っ黒でしょ?
そこから考えてもご理解いただけると思います。


きれいな洗浄液の写真が、洗って濾過した後の物なら。
それはとてもよく管理されている、という事になります。
と言いましてもね、色合いだけでは判断つかず、中に溶けだしているものも綺麗に濾過されているか?と、他にも大事なところはありまして・・・・・。
きれいな洗浄液の写真だけでは、まだ信用するには早いかな、と思ったりもしています。


あくまでもプロとしての見解ですよ。
プロは簡単に信用しませんから。(笑)


確かに溶剤の管理はきれいに洗うための重要事項の一つなんですが、実はきれいに洗うためには他にもっと大事な事があります。
溶剤がいくらきれいでも、きれいに洗えない事もあるんですね。

その違いとは?

続きは明日。(笑)
クリーニング関係者の皆さんは何が答えか?考えておいてね。(笑)
答え合わせをしましょう。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つい、素材を見てしまいます。

次男が中学生になり、部活に入ったのでそのための準備をしています。


長男の時は卓球部に入り、ラケットを買いに行ってあまりに高額でビックリしたり。(笑)
卓球ってこんなにお金かかるんだ?と驚いたんです。
ラケットもたくさん種類あるし、ラバーもいろんな種類がある。
どれを選んだらいいのかわからないし、そもそもどんなお店に行けばいいのかもわからない。
最初の時は悩みました。(笑)

長女も卓球部に入りまして、こちらはすでに経験済みだから大して驚かず。(笑)
まあ、そのくらいかかるよね?とこちらも心の準備が整っていますので大丈夫です。(笑)

そして、次男はバスケ部に入ったらしい。
で、早速必要なものを揃えに行ってきました。

バスケットシューズを買わないといけないのですが、沢山ありすぎてどれがいいのか?わかりません。
メーカーの好みなのか、色なのか、もちろんはき心地は大事だし。


わからない時は店員さんに聞くのが一番です。
相談にのっていただき、無事シューズは購入。

次に、練習中に着る服も買わないと。


こちらも沢山あるんですね。
でも、ほら、こっちは服じゃないですか。(笑)
クリーニング屋の僕からすれば、守備範囲なわけですよ。(笑)


汗をたくさんかくだろうし、肌に引っかかるのは動きづらそう。
そして、洗いやすいほうがいいんだろうな、などと、クリーニング屋の知識をフル動員して、こんなのはどうだ?と提案。

次男の好みもあるので多少時間は掛かりましたが、最終的に購入が決定しました。


しかし、やはり必要なものを揃えるとお金が掛かります。
道具は違えど、卓球と変わらない金額ですね。
しかも、これから成長していくので、半年もしないうちに買い換えなければいけないものもあるでしょう。

次からは自分の好みで揃えるようになるだろうな。


洗いやすいやつにしてくれ…。


スポーツショップには僕らみたいな家族がたくさん来ていました。
多分、みんな同じでしょうね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衣類は繰り返す。

クリーニング屋をしてるとですね、気付くことがあるんです。


あれ?これ何年か前に問題になった商品だよね?



どう言うことか?と言いますとね、何年か前に商品自体の問題が出て、騒ぎになった商品とかが、数年後に同じような商品で出てくることがあるんですよ。



例えば、ダウン。
ダウンは羽毛、水鳥の羽です。
脂や汚れがあるので、洗浄してからダウンに詰めているんですが、羽毛の洗浄不足で匂いが出る商品があったり洗うと脂がにじみ出てきてしまう商品があったり。
で、返品騒動になって大騒ぎして数年後に同じような商品が出回ったり。


合成皮革の劣化が問題になり、やはりこちらも弁償や返品騒動が起きて、合成皮革を使った衣類が作られなくなったなあ、と思っていたら、数年後にまた使われた衣類が販売されたり。


新しく販売されるときに、問題解決されていたら別に構わないんです。
しかし、ほとんどの商品が、前の問題を抱えたまま、新しく作られて販売されています。


僕らクリーニング屋さんは、数年前の記憶があるので、これ、また同じの作ったの?なんで?と不思議に思うんです。


繰り返すんですよ、なぜか。


問題になると製造をやめて、時間が経つとまた製造される。
本当に不思議です。


時には、その当時デメリットだったものが、新しくメリットとして宣伝されていたり。
消費者の皆さんは、新しい技術が開発された、いい商品が出た、と思ってしまうこともあるようです。


僕らクリーニング屋さんの方にはノウハウが積み重なっていきます。
見抜く目も鍛えられていきます。

それと同時に、恐怖もたくさん植えつけられていきます。


クリーニング屋さんを長年やればやるほど、怖いなあと感じるようになるのは、経験がそうさせているんでしょうね。


アパレルさんも勉強しているはずなんですけどね。
広告、宣伝は上手になってるけど、商品はそこまで変わっているのかな?と思う事も。

いい商品って、昔から変わらなかったりしますしね。


洗わなくてもいい衣類の開発を望む人がいらっしゃいます。
近い将来、そういう衣類ができるのかも、と期待する反面、広告や宣伝でごまかすんじゃないだろうな?と疑心暗鬼に…。


技術は一体どこまで進化しているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングはもったいないですか?

ニュースでは、景気が良くなって来たかのような話が聞かれますが、実際はまだまだみなさん節約をされているなあと実感しています。

衣替えのこの時期は、特に節約を意識されているなと感じまして。
はっきりとこう言われる方もいらっしゃいます。


クリーニングはもったいなくて。


節約したいから自分で洗いたい、とおっしゃる方もいますね。
クリーニングはもったいない、これにもいくつか種類があると思うんですね。


クリーニングをする事自体がもったいない。
自分で洗えるのに、わざわざお金かけるのがもったいない。


もう服が古くなって来てるのでクリーニングはもったいない。
もう捨ててもいいかもしれない。


どちらでしょう?


クリーニング屋を20年以上やって来ると、クリーニングを出し続けるって結構難しいことに気づきます。
みなさん、生活が楽な時期と大変な時期とあるんですね。


お子さんの成長、進学、冠婚葬祭、人生の中ではいろんなことがあります。
クリーニングを利用し続けることは意外と難しいんです。


クリーニングを利用してもらいたい、とは思いますが、人それぞれの事情があるので、仕方がない事もある。
でも、クリーニングを利用しなくても、衣類は洗ってしまうことはやってもらいたいな、と思うんですね。


今年は暖かくなったのが早かったので、衣替えも進んでいます。
しかし、まだ冬物を抱え込んで洗ってない人もいらっしゃる。


夏ごろに洗えばいいかな?とか、ふ秋になったらまとめて洗おうかな、と言う人もいるんですね。


クリーニングを利用しなくても、やはり時期が来たら洗って欲しいな、と思います。


冬物は春に。


夏物は秋に。


洗ってしまう。


これ、面倒くさいけどとても大事なことです。
汚れたものを洗う、綺麗にする、と言う習慣は無くさないで欲しいなと思います。


どんなに技術が進化しても、まだ洗わないで着続ける服はありません。
着たら汚れる、これは防ぎようがないんですね。


で、洗うのがもったいない、と言う感覚ではなく、洗わないと使えなくなってしまう、洗っといてよかった、と言う感覚が根付いて欲しいと思います。


いつの頃からか、洗うのがいいことではなくなって着てしまってるのが、悲しいと感じています。


服は洗ってしまう、これは忘れずに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人材育成の悩み?

毎週水曜の夜に、クリーニング屋さん何名かと会議と称した話し合いをしています。
便利なもので、自宅にいながらネットを使い話が出来る。
場所を選ばないので、遠方の方とも話ができるし、どんな格好でもいいので、気軽に参加できます。


先日出た話で、みんな結構深刻なんだな、と思った事がありました。


それは、人材育成に関する事。


自分がお店にいればいいのですが、自分がいない時にお客様への説明をどうするか?で悩んでるんですね。
皆さん、個人事業主なので、家族で経営。
大抵は奥さんが受付に立っていたりします。

クリーニングのお預かりの時に、説明の必要なものがあるんです。

購入からの時間経過によって劣化をしてしまうもの。
シミの具合から説明が必要なもの。
お客様からのご相談。

いろんな話をする必要があります。
ここには専門的な知識が必要なんですが、自分がいないとせつめいができない事がある、どうするか?みたいな話になったんです。


毎年、クリーニングに出るものには傾向があります。
これだけはお客様に伝えて欲しい、と伝えておくなどいろんな話が出ていました。


実はうちは、こういうのではあまり悩まないんです。
というのも、うちは、働いてる家族全員がクリーニング師の国家資格を持っています。
誰が受付に立っても、誰が電話に出ても、同じ説明が出来るように普段からしているんです。


もし、これは難しい案件だな、と思った時には、家族内で情報を共有します。
品物があれば実物を見てみんなで検討し、お客様に話す必要のある事は何か?と話し合いをするんです。

なのでうちでは誰が出ても大丈夫。


と、書くと、簡単に聞こえますが、ここに来るまではとても大変なんですよ。
優し言葉だけで教えられるものではないんですね。


知識は優しい言葉で教える事ができます。
しかし、ものによっては、ものすごく大事な、決して外しちゃいけないようなこともあります。

一番難しいのは、緊急性、危険性をどう感じさせるか?なんですよ。
知識だけではどうしても危機感を感じにくいんです。
それをどう理解して行くか?常に試行錯誤して来ました。


同業者からも、それはあまりにも厳しすぎないか?と言われた事があります。
お客様からも言われた事があります。


でも、ここでしっかりと覚え込まないと、一番困るのはお客様なんです。
嫌じゃないですか、中途半端な知識しかなくて、危機感なく扱われたら。

目の前の品物が大事なもの、という認識をどう持つか?これを体に染み込ませるのに、苦労しないでやるのは無理です。


ある意味、うちで働いてる家族はものすごく鍛えられています。
アパレルと電話してても、普通に会話できますし、時にはこちらからアドバイスできるほどに。


人を育てるって大変です。
優しいだけでは乗り越えられないものもありますからね。


世の中に出回っているたくさんの服を見極めるんですもん、こちらもプロフェッショナルでいないと。
勉強はずっと続くのでこれからもうちでは情報の共有が行われていくでしょう。
これをしている間は、うちは大丈夫かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふわふわもこもこのニットのクリーニングはお任せを。

先日のフェレットのニットから、ふわふわもこもこしたニットがよくクリーニングに出てきます。
去年あたりからダウンが流行らなくなってきているらしく、その代わりにウールのコートにふわふわのニットが流行っていたんだとか。

クリーニングって面白いんですよね。
その年の流行物も出てきますが、数年前の流行りも出てくる。
いろんなものが混ざって出てきます。


ふわふわのニットのクリーニングは皆さん、不安なようで。


このふわふわ感がなくなったらどうしよう?とか不安に思うようです。
自分で洗って固くしてしまったり、縮ませてしまったり、クリーニング屋さんへ出してそうなってしまった、というような経験がある方もいらっしゃるみたいですね。


当店はネットでカシミヤクリーニング.COMというネット専門の店舗を展開しています。
これを作った理由はまさにこれ。

カシミヤやアンゴラなどの柔らかいデリケートな素材のクリーニングで困っている方がたくさんいる、これが始めた理由でした。
カシミヤやアンゴラなど高級絨毛素材と呼ばれているものは、とてもデリケートです。
しかも購入金額も高いので、長く大事に使いたいのにそれが叶わない、とご不満を持っている方がたくさんいらっしゃいました。


クリーニング屋さんもいろいろとあります。
上手にカシミヤやアンゴラなどを仕上げてくれるクリーニング屋さんもあるし、あまり上手ではないクリーニング屋さんも存在しています。
運悪く、上手でないクリーニング屋さんにあたってしまって、カシミヤやアンゴラは洗ってはいけない、と思い込んでいる方もいるようです。


洗わない出来る事が出来る服は残念ながらありません。
洗わないでいると、虫食いの被害が出たり変色の被害が出たり、別の問題が起こってきます。


だからやっぱり洗わなきゃいけない。


ここで悩む人がたくさんいらっしゃったんですね。
ネット専門の店舗を立ち上げて、集まってきた衣類はいろんな問題を抱えているものがたくさんありました。
お客様が気付いていないでトラブルになっているものもありましたし、かたくなった、ふわふわでなくなったと真剣に悩んでいる方もいらっしゃいました。

直せるものは直して、また時には相談に乗ったり。
時間が経つにつ入れて、トラブルを抱えた品物も減ってきましたけど。

ふわふわもこもこもこの商品を洗うのは大事な事がいくつかあります。
そのため時間もかかってしまいますが、ふわふわのために必要な時間なんですね。
冬物で今は着ないものなので、じっくり時間を見てもらえるとありがたいな、と思います。


ふわふわもこもこのニットでお悩みの方がいらしたら一度ご連絡ください。
相談にも乗れますから遠慮なく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング屋さんの悩み。

いろんな職業があって、その数だけ悩みがあると思います。
クリーニング屋さんにも、悩みがあって。
いずれ解決していくんですが、クリーニング屋さんになると一度は通る道と言いましょうか、セミナーとか展示会であった人に相談を持ちかけられたりすることがよくあります。
中には、泣いちゃう人がいるくらい。

どんな悩みか?と言いますとね?
こんな悩みなんです。


クリーニング屋さんは社会的地位が低い。
馬鹿にされやすい。

こんな悩みを多くのクリーニング屋さんが持っています。
僕も同じことで悩んだこともありますので、よくわかる。


僕の時は、お客様が僕の説明を信じてくれない、という所から始まりました。
きちんと説明をしているんですが、アパレルメーカーの方が信用があるんですね。

これ、商品に問題があります、と言った時に決まって返ってくるのが、私が買っているお店に間違いがあるはずがない、そういわれてしまうんです。
また、汚れを落とすのが難しい、というと、自分で漂白剤掛ければ簡単に落ちるわよ、なんて言われたり。

僕の場合は説明を信じてくれない事が始まりでした。


いろんなケースがあって、どれもこれも同じではありませんが最終的に行き着くのはクリーニング屋さんが馬鹿に荒れている、信用がない、という所みたいです。
ある人は、仕事以外の所で、同窓会の予約をホテルでしようとしたときに職業を尋ねられ、クリーニング屋だと言ったら笑われた、という人もいました。


僕はこういう反動があるからクリーニング屋さんは大きく見せたがっているんだろうな、と分析しています。


先日行った長野でも悩んでいる人がいました。
ほとんどの人が自分なりに解決した問題でも、彼にとっては大きな悩みで仕事に影響が出るほどの悩みです。
下手すれば、この悩みでクリーニング屋を辞めてしまう人が出るくらいなので、何とかケアをしなきゃいけないな、とその時思ったんですね。


僕が悩んでいた時は、クリーニング屋さんの先輩やいろんな職業の方に話を聞いたんです。
いつもお世話になっているクリーニング屋さんの先輩に話をした時に、こういわれました。

僕はロータリークラブとかに参加しているけど、一度もクリーニング屋というだけでバカにされたことなんてないよ?

僕はその話を聞いて、はっとしたんですね。
馬鹿にされている認めてもらえない、そう思っているのは自分の心なんじゃないかって。
相手が本当にそう思っているとは限らないのに、過敏に反応をして、勝手にそう思い込んでいるんじゃないか?と思ったんですね。
で、いったん冷静になって、周りを見るようにすると、今まで見えなかったものが見えてきます。


僕らだけではなく、他の業種の人も同じような悩みを持っているんですよ。


で、次に話を聞いたのは他の業種の人たちでした。
すると、出てくる出てくる、僕らよりひどい扱いが。
今、巷でブラック企業とかいうじゃないですか、あれをリアルに体験している人ってたくさんいるんです。
会社内だけでなく派遣先の企業や、仕事で行った先でひどい扱いを受けている人はたくさんいる。

すると、一つ見えてくるんですね。


信用してもらえなかったり、お客さんにいわれのない文句を言われたりするのはどこも一緒なんだなって。

さらに、出掛けた先でいろんなものを注意してみていると、日本人のサービスについての考え方が見えてきます。


日本人って、サービスの受け方が上手ではないんですね。
サービスを受ける=威張る、と思っている人が結構いらっしゃるという事に気づきました。
しんかんせんおなかでも、飛行機の中でも、横柄な方はたくさんいらっしゃいます。
安い居酒屋で、店員さんに怒鳴りつけている人もいます。
そんな安い居酒屋で、高いサービスを求める方がおかしいのに。

たまにネット上で見かけますが、お金を払っているのに店員さんにありがとうっていうのっておかしくないか?そんな人もいますよね。
お客様はありがとうというのはおかしい、みたいなことを言う人がいます。

お店の人は、お金を払ってくれるからありがとう、と言っているわけではないんですけどね。


こうするのが当たり前だ、これをしないのは店側が悪いから怒っていい、そんな風に思っている人もいるようです。


サービスに決まりはないんですけどね。
これをしなければいけない、なんて決まりはありません。
サービスを省くことでコストカットをしているお店もありますし、徹底的なサービスでもてなすお店もあります。

僕が行きついたのは、日本人のサービスについての考え方と、他の業種の人たちは僕らよりもつらい思いをしている、僕らなんてまだまだ、という事でした。
これに気づいてから、自分なりに前を向いて仕事をしていけるようになったと思います。


今回、悩んでいる人に、僕なりの話をしました。
もちろん、話を聞いてその場で解決なんてしません。
逆に、疑っているかもしれません。
でも、それでいいんです、僕は種をまいただけなので、後は自分で仕事や日常を通じて感じて最後に納得が出来れば。
次にいつ会うか?わかりませんが、彼が生き生きした顔になっているといいなあ、と思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を持って洗える、と言っているんだろう?

洗える、って言葉、とても難しいんですよね。
言葉だけでなく、実は洗濯絵表示も微妙な塩梅になっていまして。


洗えると書いてあった、と言いながらおかしくなった衣類を見て泣きそうなお客様が結構いらっしゃいます。

僕らはクリーニング屋なので、洗えるか洗えないか、というのは一定の基準を持っています。
それは、どの衣類でも平等に、洗った事により変化が起きない事。

これが洗える、という条件。

洗ったら縮む、これは論外ですね。
洗ったら、なんか色がにじみだしてきた、これも論外。
洗ったらふわふわだった表面が固くなった、これも洗えるとは言いません。

つまり、洗う事によって変化が起きない、という事が分かっていてはじめて洗えますよ、と言ってほしいんです。


服の値段に関係なく、すべての服に平等に検査をしてもらい、事実に基づいて洗濯絵表示とかもつけて欲しいんですね。

しかし、現実は少し違いまして。
検査はしている・・・・・、はずなのですが、結果に対してどう判断をするか?は商品によって違うんです。

例えば、同じブランドから出ているもので、素材は同じでも、洗えるものと洗えないものとあります。
素材だけ見ればどちらも洗えるはずなのに、なんで片方が洗えないのか?
問い合わせてみると、こんな答えが返ってきます。


値段が高い方はシルエットが崩れるので、水洗いは出来ません。


ん?んんん?
水洗いをすれば、両方とも腰が抜けるからシルエットは崩れると思うけど、なんで片方はよくて、片方はダメなの???


謎ですよね。
片方にだけ起こる現象なら納得しますが、どっちにも起こる現象で片方がよくて片方がよくない、とおっしゃる。
ブランドがそう着させたいから、という意思があるんでしょうけど、買う人にとっては値段の高い安いは自分が決めるものです。

ブランドが安いと決めていても、大事に思っているお客様もいらっしゃいます。
で、ブランドの指定通り洗って腰が抜けたら・・・・・、お客様、悲しいですよね?

水で洗える、自分で洗えると書いてあったからやったのに……、というのが年々増えていっています。

変化の事を無視すれば、ほとんどの衣類が自分で洗えます。
ご家庭で水洗いが出来る、という事です。
しかし、洗えるのと着る事が出来る、は違います。

皆さん、本当は自分で分かっているんですよね。
失敗してることを。


自分で洗ってみて、すこしちぢんだけど、これでも平気、と言って着ている。
なんか、表面が固くなった気がするけど、これでも平気、と言って着ている。


そういう人、多いですよね。
洗濯やクリーニングって、そういう風になったら失敗をしているんですよ。
本当の洗濯やクリーニングは、そんな風にはならないんです。


皆さん、自分に嘘つきながら諦めてしまっている・・・・・。


メーカー、ブランドが、きちんとした基準で表示を付けると防げると思うんですよね。
みんなメーカーの表示を信じているんだから。


洗えるって書いてあったのにこんなになっちゃって・・・・・、と悲しんでいるお客様に説明をしなくて済む日は来るんでしょうか?
どんなに丁寧に説明をしてもお客様の心は救われません。
アパレル業界は、まじめにこの問題を考えた方がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニットを自宅で洗うメリットとデメリット。

衣替えのこの時期、冬に着ていたニット類をしまう前にお手入れをしますよね。

最近は、ご自宅で自分でニットを洗う人もいらっしゃるかと思います。
もちろん、クリーニングに出す人もいらっしゃいます。

ニット類を自宅で洗うと、いいところと悪いところがあります。
ちょっと知っておくと後々便利ですよ。



自宅で自分で洗うメリット、これは何と言っても節約できる事が一番のいいところです。
クリーニングするよりも格段に安く上がります。

また、自分で洗うので、自分の好きなタイミングで洗う事ができます。
いつしまうか決めて、それに合わせて洗濯をすれば効率的です。

自宅での洗濯は水洗いになります。
水で洗うと、汗などの汚れがよく落ちます。
冬は、意外と汗をかいているもの。
その汗を落とせるのは大きなメリットです。


このようにいいところが満載なのですが、逆に悪いところもあります。


一番良くないのは、生地の腰がなくなる事、です。
水で洗うとどうしても生地の腰がなくなり、腰砕けの状態になります。
ニット類なので元々がそんなに固くできているわけではないのですが、さらに腰がなくなると、テロンテロンになってしまいます。
さらに、一度、腰がなくなると、元に戻す事はとても難しくなります。
糊をつければ、と思う人もいるでしょうが、固くするのに糊、というほど簡単な話でもなく、ニット独特の風合いに戻しつつ生地にハリを持たせるのはとても難しいのです。
クリーニング屋さんでも、風合いが変化してしまう事があるので、水で洗うときには細心の注意を払います。

また、自宅でも洗濯は、いわゆる押し洗い、というやつでそこまで洗浄力は高くありません。
つまり、汚れ落ちが悪い、という事。
汗などの汚れは水に溶けやすいので、浸けた段階である程度落ちてくれますが、油の汚れや頑固な汚れは押し洗いでは落とす事は難しいです。

そして、水に先につけてしまうので、油汚れなどは余計に落ちづらくなってしまう事があります。

シミ抜きの基本で、油を落としてから水に溶ける汚れを落とす、という鉄板のやり方がありますが、これに反してしまいます。

そして、やはり素人がやるものなので、どうしても失敗が起こる事がある。
クリーニング屋さんみたいに、技術や知識があるわけではないので、ちょっとした違いに対応できず、なんで?という失敗を起こしてしまいがちです。

節約のためにやっていたのに、失敗して結局買い直すことになってしまうと、安かったのか高かったのか、わからなくなってしまいますね。


このように、自分で洗うのは、いいことと悪いことの両面があります。


自分で洗ったほうがいいもの、クリーニング屋さんに任せたほうがいいもの、上手に仕分けて衣替えをしていってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧