クリーニング

ドライして?

どこの会社でもあると思うんですが、その現場やプロならではの言葉って、とにかく端折ることが多いですよね。


たった一言なのに、その一言の裏にはたくさんの意味が込められている。

それを瞬時に理解するのも、プロならではだと思っています。



当然、クリーニング屋さんにもそう言うのはありまして。

一定の条件、状況下で、一言で全てを含ませた物言いをすることはよくある事。



たとえば、この時期のクリーニング。



品物を見て、洗い担当に、これドライして、と一言告げます。



ドライして、とはもちろんドライクリーニングをしてくれ、と言う意味。

しかし、この時期はさらにこの言葉の奥に他の意味合いも含まれています。


当然汗をかいていますから、汗が落ちるように前処理と言う、ドライクリーニングで洗う前に汗の汚れを落とす処理をする訳なんですが、それをやってドライクリーニングをしてね、という意味で、ドライして、と言うわけです。



たった一言なのに、かなり意味を含ませてますねえ。(笑)


でも、これって当たり前の話なんです。

今の時期、品物を見て、自ずとどう言う洗い方をするか?決まってきます。

選択肢にはドライクリーニングと水洗いがあるんですが、その中でドライクリーニングをして、と言えばそう言う意味で使っている。


忙しい現場で、いちいち細かい指示や確認はしません。

だって、お互いプロだもの。

特にうちは、全員、国家資格のクリーニング師を取得していますから、知識もある。

一々、細かい指示を出さなくてもその一言から分かるんです。



たまに、もう少し細かく指示を出す時もあります。



ドライクリーニングも出来るし、水洗いも出来る。

通常ならドライクリーニングを選ぶんだけど、今回は汗の汚れもひどいし、水洗いがいい、と思えば、水洗いで、と指定して、洗浄時間、温度なども指定したりします。

微妙な塩梅の時は、ここで相談したり。


うちの両親は50年以上のベテランなので、さらに言葉は少なくなります。(笑)

阿吽の呼吸というやつですね。



これに慣れていると、お客様への説明で、言葉が足りなくなる時があるんですよ。

ある条件下で、こう言う洗いがいい、と言っているつもりでも、お客様はそんな条件のことはわかりませんから、下手するとなんでもその洗い方でいいと思ってしまう。


最近特に多いのが、ドライクリーニングで汗は落ちない、と言うやつがまさにそれですね。

もし、そう言うクリーニング屋さんがいたら、こう言ってみてください。



それならドライクリーニングする必要はありませんね?と。



するとこう返ってくると思います。



いや、ドライクリーニングでも汗は落ちるんですが、ひどい汗汚れは水洗いの方が向いていて



そう、結局、ひどいものは、と言う条件が付いているんですよ。

それを説明しないで端折って言うから、お客様が混乱する訳ですね。



プロの見立てはプロ同士だから通じるんです。

お客様に説明をする時はきちんと最初からしなきゃダメですね。



| | コメント (0)

体に覚えこませたもの。

子どもの頃からクリーニング屋でしたので、小学生くらいから手伝いをしていました。


僕が小学生の頃のクリーニング屋さんはとても忙しくて、朝は四時から、夜は日付が変わっても終わらない、そんなのが毎日ある様な感じ。

子どもの手も借りたいくらい忙しかったんですよね。


当時、僕が手伝っていたのは、配達と包装。

配達は学校から帰ってくると、父が迎えにきてそのまま車に乗せられて配達へ。

手分けして品物を届け、預かってきます。


包装は、仕上がったワイシャツを放送していくんです。


今、その仕事は母や嫁さんがやっています。



ちょっと訳ありで、この数日僕も包装をしていまして。

包装するビニールをセットしたりするんですが、昔取った杵柄とやらで、体が覚えてるものなんですね。(笑)


自分でも驚くくらい、やる事に無駄がない。(笑)

当時、忙しくてトロトロしているとどんどん品物がたまっていくので、テキパキと包装をしなければならなかったんです。

あれから35年くらい。

今も同じ様にやるんだな、と自分でも驚いています。(笑)


体に覚えこませたものは忘れないもんですね。


しばらく包装もやります。

そのうち子どもにも覚えさせて、競争でもしましょうかね。

負ける気はこれっぽっちもありませんけどね。(笑)

ほら、年季が違うから。(笑)

| | コメント (0)

洗剤は要らない?

自分で洗う人が増えてきて、クリーニングや洗濯の知識がだんだん増えてきている様ですね。

それ自体は大変喜ばしいことなのですが、反面、ちょっとまずいなあと思うこともあります。


ここでは何度も触れていますが、間違った情報も多く出回っています。

それを信じてしまう人も少なからずいるのがとても心配。


洗濯やクリーニングは間違うと汚れが落ちないだけではなく、ひどい時には服に悪影響を及ぼすこともあります。



穴が開く、変色する、退色する、縮む、風合いが変わる。


こんなことが起きてしまうんですね。


先日、ちょっと有名なブロガーさんが洗濯について書いていました。

内容は洗剤が多すぎなんじゃないのか?と言う話。



何にでも洗剤を使っているけど必要ないんじゃない?と言う内容でした。


洗剤は汚れを落とすのに必要です。

でも、おっしゃる様に過剰な洗剤は良くありません。

汚れ落ちも悪くなるし、残留すると困るからすすぎの回数も増える。

適切な量で洗う必要があります。


そんな話なら気にならないんですが、この方はちょっと違ったんですね。


洗剤、いらないでしょ?と言うわけですよ。


汚れには油溶性と水溶性があってね、と言います。

はい、正しいです。

次にこう続くわけです。


油溶性の汚れはお湯を使えば落ちるので洗剤は必要ない、と。


ん?


さらに続きます。


水溶性の汚れは字のごとく水で落ちる汚れだから洗剤がなくても十分綺麗になる、と。



ん?


こうして洗っているけど、綺麗ですよ、と。



ん?



えーっとですね、確かに汚れには油溶性、油で落ちやすい汚れと、水溶性、水で落ちやすい汚れがあります。

でも、だからといって洗剤がいらないかと言ったらそれは無いんですよね。


落ちやすいと言うだけで、水だけで落ちるわけじゃ無い。

水溶性でも落ちづらい汚れはあります。


油溶性の汚れもそう。

油の汚れだから、ドライクリーニングで落ちる、と思ったら落ちないのもあるんですよ。

全部の油の汚れが落ちるわけでは無いんです。


なので当然、ドライクリーニングにも洗剤が入っています。

水洗いも洗剤を使いますよね。

適切な量を使うのは汚れを落とすために必要なこと、言葉に振り回されて、なんでも落ちると思うのはいただけません。


汚れを落とすってそんなに簡単な話では無いんですよ。

僕らも水溶性、油溶性、さらに不溶性と汚れを見ています。

でも、それは方向性の様なもので、絶対落ちると言うわけじゃ無い。

ドライクリーニングだって、一つじゃ無いですからね。

汚れを落とす指標の、油脂溶解力は使っているドライクリーニングの液体によってかなり差がありますから。

当然、使ってるもので、洗って落ちる汚れと洗っても落ちない汚れが出てきます。


水も同じです。


最近言葉に振り回されると人が多すぎる様な気がします。

タイトルや名前を見ても全部かわかるわけでは無いですよね。

中身をよく見ないと本当のものは見えてきません。


先ほどのブロガーの方も、洗剤を使わずに、綺麗になったと思い込んでるだけだと思いますけどね。


使いすぎは良くありませんが、適切に洗剤は使いましょう。

| | コメント (0)

日本に優秀な技術者が育たない訳。

色んなことを経験している人から、色んなことを教えてもらうことが出来ます。



日曜日の貴重な体験をした時に、実は色々なお話も聞いて来たんです。


趣味の話から始まったんですが、もちろんそれだけに止まらず。

音質の話、日本と海外の音の違い、映像の違い、違ってしまう理由などなど、マニアの方々の話は本当に多岐に渡ります。


その中でとても興味深い話をされていました。

その話とは、日本の会社は技術者が育たない、という話。


その理由は、とてもわかりやすくて思い当たることが僕にもあります。


海外では、技術者はそのまま現場にいて出世出来る、と。

ともすれば社長よりも高額な給料をもらいながら、現場で開発や技術をやる人が普通にいるんだそうです。


しかし、日本では優秀な技術者もある程度経つと、現場から離れ、管理する立場になってしまう。

そのため、現場には優秀な技術者が育つたびにいなくなってしまう、というお話でした。


その優秀な人がそのまま現場でやり続けていらば、新しい技術が出来るかもしれないのに、管理に回ってしまうデメリット。

とても勿体無い、と話していましたね。


これは、日本の会社ではありがちな話だとか。



で、この話は僕らも思い当たることがいくつかあります。

その中の最たるものが、服のトラブルなんですね。



この生地を使うとこんなトラブルがある、この服にはこんなトラブルがある、そういうのがあるんですね。

で、アパレルメーカーもわかっていて、一度は改善されるんですよ。

翌年にはその生地を使った商品がなくなるんですが、5年ほど経つと、同じ様な問題のある服が生産され始めるんです。


これね、ぼくは本当に不思議でした。

アパレルにクレームも行ってて嫌な思いをしているはずなのに、なんで同じことを繰り返すのか?

でも、日曜お話を聞いて合点が行く訳です。



そうか、優秀な技術者が管理職に回って新しい人が来るから、過去を知らなくて同じような失敗をするんだな、と。



僕らクリーニング屋さんは、経験があるので、また来たね、と話しながら対応をしていますけど、それに頼ってばかりいてはダメだと思うんですよね。


根本的に直せるなら直した方がみんないいと思いますし。


技術者がきちんと評価されるという事は、そのまま出世できるという事でもあると思います。

そんな風に変わるといいですねえ。

| | コメント (0)

加工の違いは大きいです。

服の難しい所って、バリエーションが多すぎる事だと思うんですね。


ぼくらクリーニング屋さんは繊維の勉強もしてるし、その繊維に施されている加工の勉強もしています。

だから、同じ繊維でも性質の違いを見分けるし、理解もできるんですが、これを一般の方に求めるのはかなり難しいと思うんですね。


そもそも、繊維表示にはどの繊維が使われているか?しか書いていません。

綿なら綿だと普通に思うでしょうし、ポリエステルならポリエステルとしか普通は思わない。


綿だけど、どんな綿か?どんな加工がされているか?まで考える人がいたら、それはもうプロです。(笑)



加工といってもいくつか種類があります。



薬品を使って、その薬品の力で風合いを変えるケース。


薬品などを使い、繊維そのものに変化を加えるケース。


繊維の形を変えてしまうケース。



いろんな加工があるわけですね。

で、加工ごとに性質が違います。



例えば、強度に違いが出たり。

薬品によっては特定の洗い方が出来ないものもあります。



永久に続く加工、期間限定の加工、それらを見極めるには知識がないと難しい。



綿なのに、なんで?と一般の方は思うことがよくあると思います。

これがその理由なんですね。

綿だけど、純粋な綿というわけではない、という事もあるわけですね。



で、見て判断ができない消費者のために、洗濯表示がある訳です。

指示通りに洗えば、問題なく洗うことができる、という証明です。

特に、新JIS表示は、製品での洗濯テストをしているので、その服をどのように洗えば大丈夫か?ということを教えてくれています。



なんで洗えないの?

同じ素材で、こちらは洗えて、こちらは洗えない、なんで?

そんなふうに思うこともあると思いますが、そこには理由があるんですね。

その表示通りに洗えば、問題なく洗えるはずですから、信じて洗ってみてください。


もし、指示通りでおかしくなったら、表示がおかしいという事になります。その時は販売店、メーカーさんに問い合わせて詳しく聞いてみるといいですよ。

しっかりしたメーカーほどちゃんと対応をしてくれますから。

| | コメント (0)

柔らかいものは良いもの。

良いものには理由があります。

でも、その理由はプロと消費者では少し違っています。

また、同じプロでも立場によって違ったり。

どんな理由で良いものと判断しているのか?と考えてみると、とても面白いものが見えてくるんです。



例えば、今、消費者の間では柔らかいものが良いものとされています。



食べ物でも、柔らかいものが良いもの、固いものは悪いもの、そんなふうに感じ取る人が多いようです。

お肉なんてまさにそれですよね。



服もそれに似た感じがあって、柔らかい、サラッとしているものを良い服と認識する人が多いようです。

袖を通した時にツルッとしているとか、いわゆる肌触りですよね。

それが良い服の条件と思うようですね。


アパレルさんも似たような感覚を持っているんですよ。

アルマーニのスーツ、とても柔らかくて有名なんですね。

で、アパレルさんでは、なぜアルマーニのスーツが良いものか?というと、あれだけ柔らかい生地で服を仕立てる技術がすごい、そう考えるんだそうです。

多少、ニュアンスが違いますが、ここでも柔らかいことは正義なんですね。



しかし、僕らクリーニング屋さんはちょっと違うんですよ。

柔らかいのは必ず正義ではないんです。


柔らかいの服は良いものが確かに多いんだけど、それが持続するか、しないかで評価は変わります。


僕らの考える良い服というのは、変化がしにくい服。

柔らかい生地が、着用しても洗っても変化がなければよく作られた良い服なんです。

逆に、どんなに肌触りが良くて、気持ちの良い服でも、洗ってそれが失われるようなものは良い服ではないんです。



これには理由があります。



柔らかさってね、演出が出来るんですよ。

見せかける事が出来るんです。

よく言えば演出、悪く言えば偽装。


たとえば、聖像の段階で演出することも出来ます。

生地をスカスカに作ると柔らかくなります。

でも、そういう生地は、洗うと目が詰まって硬くなる。

某有名なタオルはそれですよね。


また、薬品で柔らかさを演出することも可能です。

ウールをカシミヤ風の柔らかさに見せる薬品があります。

これ使うと、生地に詳しくない人ならほぼ騙すことができますよ。

カシミヤに詳しい人だと、これは違うと、わかりますが、柔らかいものが良いものと思う人は気付かないかもしれません。

これも加工されているものなので、洗ったら落ちてしまい、元の記事の硬さに戻るわけです。


本当にいいものって、洗っても変化なく柔らかいままなんです。

耐久性がある、という事なんですが、よく観察してみると、生地だけではなくて、縫い方などにすごい工夫がされているんですね。

また、そういう服は、立体的に作られているので疲れにくい。

クリーニング屋の僕らは柔らかさだけでなく、他のことも総合していい服か?見分けています。



で、ここでお肉の話に戻しますね。(笑)

お肉もかなり偽装できるんですよ。

固いお肉をワンランク上のお肉のようにする道具、と言うものが売られています。

また、安いお肉に脂だけ高いお肉の脂を足して作ったハンバーグとかも売られています。

服よりもより高度な演出をされているのが食べ物です。


悪く言えば偽装ですが、少しでも良く見えるように、選んでもらえるような演出をしているってことなんだと思い、たいですね。


こう言う技術が上がると、それを選ぶ消費者に取ってどんどん難しい時代になってきていると思います。

賢くならないといいものを選べませんからね。

ある意味プロよりも過酷かもしれません。

| | コメント (0)

人の芝生は青く見える。

人のものってよく見えることがありますよね?



接骨院で治療をしてもらいながら音楽を聴いていました。

某国営放送のプロフェッショナルの番組で使われている曲。

せんせいと、この曲を聴いてると、ストイックな感じがするでしょ?なんで笑いながら話をしていたんですね。


で、職種は違えど僕らは自営業者なので、なんとなく話が通じます。

最近のテレビに出てくるこの手の番組について話をしていました。



視聴者が見て感動するように作られていますよね、と僕。

お客さんのため、という所にフォーカスを当てて、ものすごくストイックな職人像を作り上げているのに違和感を感じることがある、と僕。


先生もこんな話をします。



あれね、同業者が見ると、おかしく見えるんですよ。




そう、そうなの!

同じ仕事をしている僕らが見ると、それ違うよね?と思う事がしばしば出てきます。

技術的な話ではなく、解釈の話。

なんでその説明をしているのか、とか同じ仕事をしているからこそわかるものってあるんです。


ところが、番組ではそれを変に誇張して伝えていく。

見てる方は感動して楽しいだろうけど、これでた人はこのあとキツイでしょうねえ、と思うんです。



というのも、過剰に演出されて、ストイックなまでの人格を作り上げられると、リアルとの差に苦しむんじゃないのかな、って。


本当はお客様のためにやってない、と言ってるんじゃないんですよ。


だれも、みんな、お客様のためにやっている。

これは番組に出ている人だけではなく、働いている人みんな同じ何ですよね。

少しでも良くなるように、便利なように、使いやすいように、みんなやっている。

これは間違いないです。

でも、ボランティアではなく、商売なので、できることとできない事が出てくる。


自営業者はみんなこの境界線で悩んでいると思います。


絵に描いたような職人像を作られてしまうと、生活と仕事の狭間で頑張ってた人に過剰に期待が集まって大変になると思うんですよね。


いい宣伝になると思うけど、テレビに出る負の面もあるって事ですね。



先生と話してて、最後に。


でも、あれ、人の仕事だと感動するんだよね。(笑)



これも皆さんと同じ。(笑)

僕らも番組に煽られています。(笑)


本当に上手に作るよなあと思います。(笑)

| | コメント (0)

学校の割烹着。

学校の割烹着の話を見かけました。



割烹着、家で洗ってくるのではなく、学校で洗ってくれないかな?と。



やはり、大変らしいんですね。

洗うのも大変、アイロンかけるのも大変。

さらに、前のうちで使った洗剤の匂いが強烈についてたりすると、自分のうちの洗濯物にまで匂いが付いてしまう、とか。


割烹着なんて、学校がまとめてクリーニング屋さんに出せばいいんだよ、という意見も出ているようです。



家で洗ってくるのにもおそらく理由があると思うんですけどね。

でも、今はそれも負担になる程、共働きのご家族も増えているのかもしれません。



子どももね、学校から帰ってきて、割烹着をすぐ出してくれるならいいのに、日曜の夜とかにこれ明日持っていくんだ、と出された日にゃ、お母さんの頭からツノがニョキニョキと生えてきてもおかしくない。

やはり、週末の時間でやらないといけないことを考えると負担なんだろうなあ。



割烹着にアイロンはかけた方がいいですよね。

理由は消毒を兼ねるから。

アイロンの熱で消毒しているわけです。


形状安定のものも出ているからそれなら楽でしょ?という意見も見られました。

確かに楽かもしれませんけど、食べ物を扱う時に着る物ですから、洗うだけでは少し不安です。

やはり、アイロン掛けは必要だと思いますよ。



いろんな書き込みを見ていたら、すでにクリーニング屋さんに丸ごとお願いしている学校もあるようです。

もちろん、その費用は生徒側で負担をするようですが、負担できるならそれが一番確実に綺麗になるし、清潔ですよね。


金曜の夕方預かって、月曜のお昼までに納品。

時間も十分あるのでクリーニングできます。



もし、割烹着の洗濯を教育の一環として考えるなら。



子どもたちに正しいやり方を教えてあげるとさらにいいかな、と思いますね。



洗い方、洗う意味、汚れとは?アイロンの正しい掛け方、これをきちんと教えてあげるといいかな、と思います。


教えろ、と言われたらいつでも教えますよ。

だって、僕はクリーニング師ですから。(笑)

あ、その前にうちの子に教えなきゃ。

割烹着のアイロン掛け、今度やってもらいましょう。(笑)

| | コメント (0)

高齢者とクリーニング

クリーニングを利用する世代は様々です。

毎日ワイシャツを着るサラリーマン。

若い世代から高齢の方まで幅広くご利用されます。



定年するとクリーニングは必要ないでしょ?



そんな話を聞いたことがあります。

たしかに、ワイシャツは着ない、スーツも着ない、働きに出ているわけでもなければクリーニングの必要はなさそうに思えるんですが、実際は違うんです。



実は高齢の方はクリーニングをよくご利用されます。



一つは、その年齢の方々は、衣替えの意識がしっかりあること。

季節ごとにクリーニングに出す習慣があるので、よくご利用されています。

今は、特養老人ホームや介護付きマンションから集配のお問い合わせがよく来ています。



そして、もう一つの理由。

これは高齢者じゃないとわからないかもしれません。


今持っている服を大事に使いたいから。


これ、かなり大きな理由を占めているようです。

高齢者の方は服を結構たくさん持っているんです。

で、それを上手に着まわしたいと思っているようで。

自分の年齢、自分の最後を考えると新しい服を買うのに躊躇するケースもあるようです。

だから、今持っているものをクリーニングしてまた着たい、と思うんでしょう。


また、高齢者の方は特定の服をこだわって着る傾向があります。

いわゆる、お気に入りの服があるんですよ。

で、それ以外の服はあまり着たがらない。

あまりにも着用されるので、自宅で洗うのが困難なほど汚れているケースもあります。

そこで、クリーニング屋さんの出番、という訳です。



いろんな理由から高齢の方はクリーニングをご利用されます。



若い人たち、まだ働けている人たちからすると、そんなに頻繁にクリーニングに出さなくても、と思うらしいですが、それは高齢者の立場になるとその理由がわかってくるのかもしれませんよ。

少なくとも、呼ばれてお伺いしてお話を伺っていると、クリーニングを必要としているな、と感じますから。


あの汚れをきれいにできるのは僕らクリーニング屋さんだけだよなあと思います。

| | コメント (0)

服の品質を決めるのは誰?

世の中、いろんな人がいます。

職種の違い、立場の違い、各々いろんな違いの中でみんな生活をしています。

すると、価値観も微妙に違ってくるんですね。


たとえば、アパレルとクリーニング。

同じように衣類を扱っている業種ですが、製造している人たちと、それを洗ってメンテナンスをしている人たちでは、見ている位置が違うので価値観もかなり違います。


良いものとしているものが全く違うことを感じることはよくある話。



アパレルでいい服とされているものが僕らから見たら悪いものだったりすることはよくある話。


僕らクリーニング屋さんがいいと思う服は、変化のない服。

縮まない、風合いが変わらない、色合いが変わらない、これらをいい服と呼びます。

細かく書きましたが、要は最初のままの状態を長く維持できるものがいいものなんですね。


当然、長く着ることができます。


逆に、これらに問題のある服は、長持ちしません。

縮む、風合いが変化する、色合いが悪くなる。

こんな風になる服は、次にまた着ることが出来ないでしょ?

だから、長持ちしないんですよ。



変化するのは洗ったからじゃないの?


そう思う人もいますよね。

これがまた違うんです。

服ってね、化粧してるんですよ。

それも、服によってはかなりの厚化粧。


同じように洗っているのに、片やほとんど変わりがないのに、もう片方は洗う前と風合いが変わってしまってる。

これ、後者の方は化粧が取れて素肌があらわになった、という事なんです。


元々がこういうものなのに、柔らかくなる薬品を使ったり、強引に染料を乗せたりして、見栄えを良くしてしまってる服があるんですね。


で、これらは洗いに耐えられるように出来てないので、余分なものは落ちてしまう。

残ったのが本当の姿なんです。


クリーニング屋さんはそういう服をたくさん見ています。



見栄え良く売られていたり、綺麗な店舗で売られていると、わからないんですよね。

商品もちゃんと作られていると思ってしまう。

でも、中にはそうでない商品が沢山あります。


昔はこんな商品はなかったんですけどねえ。

よほどの粗悪品、意図的な粗悪品以外、こんなのは無かったんです。

というのも、アパレルも僕らと同じような価値観があったから。


服は、着て、洗って、また着る。

このサイクルができて初めて服となります。

着て洗うことが出来ないのはダメなんですよ。


だから、昔のアパレルは、洗ったときのことも考えて、変化しないようにしっかりと作り込んだんです。


ところが、大量販売になり、製造から出荷までのサイクルが短くなり、流行を追うようになってから品質にばらつきが出始めました。


消費者のみなさんもそれに慣らされてしまっているんですよ。



今、服なんて1年、2年着られればいいよ、と思ってる人、結構いますよね?

それ、本来はおかしいですからね。

もっと長く着ることができるだけの品質は作れるはずなんですよ。

みなさん、いつのまにか、服ってそういうものだと思い込まされてきてしまったんですよね。



今日来たお客さんも、いつも利用しているセレクトショップの服の品質が落ちてると言っていました。

セレクトショップの店長さんも、いま高い服は売れないんだよ、とはっきりというと言います。

安い代わりに品質も当然落ちる。

でも、あまりにも酷いものは扱えないので、なるべくその値段の中でいいものを選んでいる、と話してたとか。



ねえ、服が難しい時代になってきました。

いい服がないから安いもので済ましているのか、安い服を皆さんが求めるから、そういう服ばかりになるのか。


真相はどっちなんでしょうか。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧