クリーニング

そのしみ、いいですねっ!

今日の配達で、お客様から声を掛けられたんです。



そのしみ、いいですねっ!



およそ、クリーニング屋さんに言うべき言葉ではないように思うのですが(笑)、これはちょっと嬉しかった。
この言葉、僕がきていたパーカーの背中に書いてある文字についてのものだったんです。


以前、クリーニング屋さんの友達が、パーカーを作ったんです。
シミ抜きの勉強会のもので、せっかくだからと他のクリーニング屋さんも買えるようにしてくれたんですね。
で、僕もそれに便乗してパーカーを買いました。


そのパーカーの背中には、大きく、しみの文字が。(笑)


まあ、目立ちますよね。(笑)
子供用にも買っていて、そっちはとてもかわいい。
結構お気に入りだったりします。


今まであまりこのしみについて、誰も触れてくれなかったので、そのしみいいですね!と言われて嬉しくなってしまいました。


たまに配達で着ているので、気になる方は僕の背中を見てください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーン店にはチェーン店の理由があるんですね。

クリーニング屋さんの中では、個人のお店とチェーン店とで少しわだかまりがあります。
個人店が一方的にチェーン店に思うことがある、といった感じかもしれません。



チェーン店は品質が悪く、それがクリーニング業の悪い噂につながっている。



多分、この辺りが個人店のクリーニング屋さんが気になるところだと思うんですね。


洗っても落ちない、とか。
洗うと傷む、とか。
ドライクリーニングをすると傷む、とか。


そんな悪い噂の根源は大手チェーン店だと思ってるので、個人店の人たちはあまりチェーン店をよく思ってないんです。


たしかに、仕事の中身を見ると、個人店の手のかけ方は丁寧だし細かい。
大量に早く洗う事は出来ないので、仕上がるまでに時間はかかりますが、その代わり仕上がりはとても綺麗になります。


大手チェーン店は仕事がいい加減、そう思っている人も多いと思うんです。


先日、その大手チェーン店に勤めていたことのある人からお話を伺うことが出来ました。


受付ではなく、工場での勤務をしていた人。
品質の真実を知っている人ですね。
その人と話をしていて、そういう理由なのな?と驚いたんです。
僕が知っている大手チェーン店の仕事の仕方で問題なのは、とにかく洗濯機にたくさん品物を詰めること。
これでは汚れは落ちない。
なんでそれをするのか?わからなかったんですが、今回お話を伺う事が出来てわからました。


たくさん詰める理由、それは仕上がりに間に合わないから。


クリーニングの工場では、洗う機械よりも仕上がりの機械の方が数が増える傾向にあります。
それは、洗いはまとめて洗えますが仕上がりは時間がかかってしまうため、同じ数だと生産能力に差が出来てしまい、途中で詰まることになる。
なので、仕上がりの機械の数を増やして、洗いとバランスを保つようにしています。


普通なら問題がないのですが、大手チェーン店の場合、仕上げの仕方が少し僕らと違うため、仕上がりの方が多くさ上がる傾向にあるようなんですね。

つまり、洗いの方が間に合わなくなる、という現象が起きてしまうらしいんです。


このせいで、洗いの方は急いでたくさん一気に洗わなければならず、まとめて詰め込む仕事になってしまう、との事。



なるほど、そういう理由だったのか、と納得しました。
聞いて見なければわからないことはたくさんあります。
彼らには彼らの理由があって、本来の目的は別にして、考えた結果の仕事なんだな、と。

まあ、これがいいか悪いかはまた別の話ですが。


個人店のうちだったら、それなら仕上げの方を調整すればいいんじゃね?と思いますが、クリーニング代との問題もあるんでしょうね。
薄利ですからたくさん処理しないと稼げませんから。


いろんな理由からこの選択をしたってことなんでしょう。


クリーニング屋さんも本当に様々です。
中を知ると、本当にそう思います。
こういう話が消費者の方に知られるようになり、クリーニング屋さんを選ぶ時の参考になるといいのかな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森のクリーニング屋さん シルク

先週からとある縁でお邪魔をしておりました。
あきる野市にある少し変わったクリーニング屋さん。


森のクリーニング屋さん シルク



もうなん年前になりますかね?
ここを知ったのは友達を通じてでした。
とある友達から、すごい人がいるんだ、と聞かされまして。
本に載ってるから読んでみろと言われて本を買ったんですね。


その本には、びっくりするような話が書かれていたんです。



クリーニング屋さんの店頭でDVDを200枚売り切った話。
次には、なんのCDかわからないままCDを売り切ってしまった話。


両方ともクリーニング屋さんで買うものではないと思うようなものなのに、全て売れてしまう。
他にもいろんな企画を立ち上げ、お客様と交流し、とても楽しいお店なんです。


クリーニング屋さんとはなんぞや?


と改めて考えるきっかけをもらったんですよね、本を読んで。
で、何年か前のクリーニングの展示会で、軽くお会いして名刺交換をしたんです。
今回、ちょっとしたことからお伺いしてお話を伺う機会がありました。



数日通って、のべ20時間くらい一緒にいましたか。
その間、たくさんのお客様もご来店していましたが、全てのお客様がとても楽しそうに笑顔でいる入ってきます。


クリーニングを出しに来ているのに、クリーニングが主ではないような感じ。
おまけでもなく、そこにくるのが当たり前、楽しいと言った不思議な感じをしていました。



こんなクリーニング屋さんはおそらく他にはないと思います。



まだまだいろんなクリーニング屋さんがありますね。
勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メトロからコストコへ。

おはようございます。
今朝は多摩境にある業務用卸スーパーのメトロからスタートしました。


クリーニング屋さんの友達を連れて、見学を兼ねて買い物です。






他業種を見て回るのは勉強になりますからね。



そして、その後コストコへ移動。
こちらも見学からの買い物。
勉強熱心なクリーニング屋さん達です。(笑)


今や各地にあるコストコですが、こうして出かけた時に見て回ろう、という意気込みがすごいなあと思います。


お昼くらいまでお供しますよ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先輩二人と。

今日は朝からクリーニング屋さんの先輩二人と一日中お話をしていました。


一人は昔からのお付き合い。
もう一人はお名前は存じ上げていたんですが、深く話し込んだのはこの数日、と言う方。
二人ともクリーニング屋さんの中でもかなり異質な方々です。(笑)


でも、面白いもので、クリーニング屋さんらしかなる人たちなんだけど、話している内容はものすごくクリーニングの核心をついている。
たくさんお話をしました。


今までのクリーニング、これからのクリーニング。
世の中の変化についても話しましたし、各々が感じたことを意見交換することで、新たな気づきもあります。
みんな色々と知っているけど、知っているものの方向性が違うと、新たな発見がたくさん出てくるわけですね。


みんな違うクリーニングをしています。
でも、一つだけ共通しているのは、手を抜けないよね、と言うこと。


職人気質というか、元からの性格か。
クリーニング屋をしていて大きな事業にはせず、小さいクリーニング屋さんを経営している人は、多分みんな共通点がここにあるのかもしれません。


気になったら手を出してしまう。


シミや汚れ、サービスなど、気になるとやるんですね。
いいお店をやっているんだなあとわかります。


お客様にこう言われるんですね。


おたくがなくなったら困るのよ。


そういうクリーニング屋さんがこうして何人もいるというのは同郷として嬉しいですね。
あとは後継者だな。
みんないいお年でしたから。

次の世代を育てなきゃいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その4

広島呉市に到着して、1日いないで帰り始めました。(笑)


夜は休み休み走るのでそんなに距離は稼げません。
眠くなったら少し仮眠、起きたら移動の繰り返し。
コーヒーもなんども買いますので本当に休みまくるんです。


神戸にたどり着いたのが朝の8時。
ここで、クリーニング屋さんの先輩に会おうと思っていました。


前日、シバクリーニングさんで電話をしてて、帰りに寄るかも?と話をしていた僕。
確か夜だったと思います。
その僕が、朝には神戸にいる。(笑)

来るとは思ってたけど、朝来るとは思わなかった、と言われましたしね。(笑)
そうれでいいんです。(笑)


せっかくだから朝食でも、と喫茶店に入りまして、モーニングをいただきながら話をしました。


この先輩も20年来の先輩でお友達。
色々気に掛けてくれて声を掛けてくれます。
この先輩が気にしてくれるおかげで、いろんな人がつながっていく。
みんな感謝しているんですね。


懐かしい話をしたり、今の現状の話をしたり、広島での話をしたり。
2時間ほど滞在をしたでしょうか。
貴重な休みの時間を取っていただいたので申し訳ないな、とおいとましまして。

次へ移動を始めました。


ええ、まだ帰りません。(笑)



次に行くのは、芦屋。
ここにもクリーニング屋さんの友達がいます。


当初、ここには寄る予定はありませんでした。
なぜ寄るようになったのか?
それはFacebookへの書き込みから始まります。

どこへ行くか?は書かないで、コンビニの写真とともに流浪の旅に出ます、とだけ書いた僕。
そこにコメントをくれてたんですが、まさか西の方へ行っているとも思わずに、軽く僕に絡んできたんですね。

多分、その辺をうろうろしていると思ったんでしょう。


今なら気を抜いているな。(´・∀・`)



そう思った僕は、襲撃を決めたのです。(笑)


神戸から30分ほどで着きそうなので、のんびりと。
お店につくと当然まだお正月やすいの最中です。
それも折り込み済み。
いや、むしろ好都合。(笑)

お店の前で写真を撮って、友達に送信。
既読がつかないのでその場で電話。


なにしてるの?お店開けなきゃ!とせっつきます。(笑)


えっ?ええっ?

と明らかに挙動不審。(笑)
も、もしかして、工藤さん?
なんで?と返ってきます。


ここで一つわかったんですが、僕の携帯の番号を知らなかったんですよね。
古い番号を知っていて、知らない人からかかってきて、突然、どこにいるのか?と聞かれた、と。
そりゃ驚くと思います。(笑)


今お店にいるから、早く開けて、というと、友達のうちにいるから無理です、と言われてしまいます。
仕方ないなあ、お土産置いていくからね、とこっそりとお土産を隠し、ミッション終了です。(´・∀・`)


その後友達は、襲撃された、とつぶやいていました…。
油断するからやで?(´・∀・`)



ここからはさらに移動が始まります。
高速に乗り、滋賀を通って、一路愛知へ。
愛知で、友達が待っていてくれて、帰る前に温泉で体を癒していきなさい、と行ってくれてまして。


長島温泉湯あみの島に行きました。


ここは以前も行ったことがあるをですけどね、本当にすごい温泉で。
施設が綺麗で、タオルも使い放題で、お風呂の数もたくさんあって。
さらに、館内着もあるし、レストランも完備してるし、休むところも充実してるし、至れり尽くせりとはまさにここのこと。

入る時間でかなりリーズナブルに入れるので、帰るときに重宝するんです。


夕方に到着。
先にご飯を食べてから、お風呂へ。
流石にあまり寝てないので、お腹が満たされてお風呂に入ると眠くなります。


ぼーっとしたまま時間を過ごし、体が回復したところで、帰る事に。


友達と別れた後は、初日にご一緒した刈谷の友達のお店によります。
実は初日に買い物をしていまして、冷蔵物だったので預かってもらっていたんです。
それを引き取りに一路刈谷へ。


無事にお土産も回収し、さあ、後は帰るだけになります。
まだ日付は変わっていませんが、朝までにつかないといけません。
なにしろ、仕事始めの日ですからね。


休み休み運転して、東京に向かいます。

この話も明日で終わりですね。
もうちょっとお付き合いくださいませ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。その3

だし道楽さんのうどんを食べて、車で走り出しました。


もう一軒、行きたいところがあったんですよ。
それが、ワタオカさん。
爪ヤスリ、踵ヤスリで有名な会社です。

ヤスリメーカーのワタオカさんが、踵ヤスリや爪ヤスリを出して、それがものすごく良くて。
一度ニュースで見て、買ってみたら驚くほど爪がツルツルになって。
それに感動して、一度会社に行ってみたかったんです。


年末に電話をしました。
そちらの会社に直接お伺いしたら、買えますか?と。
また、営業されていますか?と。
すると、会社は休みですがいます、とのこと。
置いてあるものでよければ販売もしてくれる、との事。


呉駅の前に着いてから電話をしまして、ワタオカさんの会社に向かいました。



ナビに従って走っていくと、民家の密集したところに入っていきます。
ここに会社がある?と言うような感じ。
でも、入っていくと、あー、工場がある、と言うところに出たんです。


玄関から入っていくと、お年を召した女性が出てきてくれました。
その方が電話の方で、前社長と言うことがわかったんです。
今は娘さんに会社を譲ったとのお話。


応接室に通してもらうと、ワタオカさんの製品がずらりと並んでいます。


もう、またまたテンションが上がる。(笑)


ぼくの買った、爪ヤスリ、踵ヤスリもあります。
他にもヤスリがずらりと並んでいる。
その内にどうぞと言われて椅子に座り、前社長とぼくと二田さんで話をしたんですね。


いろんな話をしました。

ワタオカさんの爪ヤスリがどうしてできたのか?という話。
実は会社を辞めようとしていたらしいんですね。
でも、やめる前に今までの技術で何かを残そう、と決めて取り組んだのが爪ヤスリだったとの事。
それが売れて会社が存続することになったそうです。


呉市は国産のヤスリの95%の生産地だそうですが、年々工場が閉鎖されているらしい。
いいものを作っても安い海外製品にシェアを奪われてしまうんでしょう。


クリーニングの話をしたり、呉市の話をしたり、たくさん話をしたんです。
気がついたら4時間話をしていましたから。(笑)


辺りが暗くなってきて、もう帰らなきゃ、と慌てて帰ってきたくらい。
そのくらい、楽しい時間でした。


お話の中で、すごいなあと思ったのが、前社長さん、社長を譲っていざ今の状態になったら、まだまだ何か作りたいと思った、と言うんですね。
隠居するなんてことはなく、まだまだ自分は作りたいんだ、とおっしゃっていました。
バイタリティがあると言うか、見習わなきゃな、と思いましたねえ。


後ろ髪を引かれつつ、ワタオカさんを後にしまして、一度シバクリーニングさんに戻り、夕食にお好み焼きさにいき、そば入りのお好み焼きを堪能しました。

広島を満喫したところで二田さんのうちに帰り、息子さんと二田さんを交えてお話。
深い話、濃い話、普段は決して出来ない話を3人でしてきました。
今日、この日にしなければいけない話があったんです。
そのために来たと言っても過言ではありません。
3時間、みっちり話したところでお開きに。

日付が変わる頃、お風呂を頂きまして、帰ります、と車に。
そう、これから東京方面に行くんです。

最初、泊まろうと思ったんですが、話もしたし、このまま移動すると決めまして。
休み休み、東京方面に走り出しました。


ここで泊まってれば一泊は確定なんですけどねえ。
なにせ、0泊3日ですから。
泊まらないんですね。(笑)

翌朝、ぼくは神戸に辿り着きます。


続きは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その2

広島呉市に辿り着きました。
朝食を頂きまして、さあこれからどうする?となったわけです。


シバクリーニングさんはこの日から営業をしています。
制服を取りに来る方がいるので、お店を開けておかなければいけない、とおっしゃっていました。
工場の中は稼働しておらず、店受けだけ営業をしている感じ。
当然、従業員さんたちは誰もいません。


息子さんがいまして、彼に店番頼むわ、と一言。
店主の二田さんは僕に付き合ってくれると言うんですよ。

申し訳ないなあ、と思いつつ、二田さんと一緒に出掛けたんです。


呉市に来たら行きたかったところがいくつかあります。
まず、その一つが、だし道楽の二反田醤油さんに行くこと。

呉市内にはだし道楽の自販機がいくつもあります。
でも、工場で買いたいわけですよ。(笑)
二田さんに道案内をしていただきまして、二反田醤油に到着。

もうね、ドキドキですよ、僕にとっては聖地ですから。(笑)


だし道楽、本当に美味しいんです。
東京でも自販機で売っていたりします。
以前、友達に配ったらみんな虜になったと言うくらい美味しい。

お店に入りましてね、たくさん並んだだし道楽に感動しながら、たくさん購入してきました。(笑)
自宅用とお土産用です。
広島からの帰り、色んなところに寄りますからね。

広島にしかないだし道楽がある、と言われて逆に東京にはあるけど広島にないものもある、と言われて、貴重な話が聞けてよかったなあと、感動。
直にお店の人と話をするって本当に大事です。
たくさんお話をしましたねえ。


その後、帰り道にあるだし道楽のうどん屋さんで昼食を。(笑)
広島のうどんって柔らかいんですね。
なんで柔らかいのか?なんて話を聞きながらうどんを食べ、大満足。

もう、これだけで呉市に来た甲斐があったと言うもの。


でも、まだまだ僕の呉市探訪は終わりません。(笑)


明日に続きます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その1

お正月の後半に広島へ行ってまいりました。
相変わらずの強行軍。(笑)
終わってみれば、またやっちまったなあ、といった感じです。


うーん、冷静に見ると0泊3日でしたからね。


どんな風にしたらそうなるのか?
どんな旅だったのか?ご紹介したいと思います。


今回の目的地は広島呉市のシバクリーニングさん。
20年来の友達です。
ここに行こうと決めて準備をしていました。

片道800キロ。
車で行こうと思っていたので何時間かかるか?想像も出来ません。
ナビで設定をすると8時間で着くと言いますが、休憩したら当然もっとかかるし、どのくらいくる疲れるのか?どのくらい休むのか?見当もつきません。

という事で、4日の朝出て5日の朝につけるようにすればいいかな、と軽い段取りを付けました。(笑)


まず、車で寝れるように車中泊用のマットを購入。
寝袋を注文したのですが、年末で間に合わず。(笑)
仕方がないので、毛布をしこたま積んでいきました。

朝8時に府中を出発しまして、順調に高速に乗ります。
道中は混みもせず、車も少なかったので、安定して走っていくことが出来ました。


実はこの日のために車にあるパーツを付けたんです。


クルーズコントロールという機能が、いいグレードの車にはついています。
一定の速度で走ってくれる設定ができる機能。
最先端の車では、前の車を認識するのて追突も防止してくれるらしい。

後からつけるのでそんな大層な機能は付きませんが、一体の速度で走ってくれるのは助かる。
これを付けておいたのが功を奏しました。


走っていてとても楽。
アクセルワークがこんなにも負担になっているとは思いもしませんでしたねえ。
加減速が運転の負担にもなっていたんですね。
一定の速度で走るということは、いろんなメリットが出てきます。

疲れない、燃費も良くなる、安全。

気がついたら名古屋に着いていた、そんな感じです。

名古屋で友達と会う約束をしていまして、連絡を取り合って合流。
お昼ご飯を食べにいきました。


道の駅のような大きな施設に行きまして、そこがまたのんびりといい雰囲気。
買い物をし、ご飯を食べると、クジが一回引けると言うんですね。
どうせ当たらないけど、と思いながらも、友達に引いてきなよ、と。

なにが当たるのかな?と見てたら、一等は知多牛。
全国にブランド牛っているんだな、と思い、知多牛当てて(笑)、なんて冗談を言ってたんですよ。


6等がその場で使える金券でしたから、それで何か買う足しにしようかな、と考えていました。


後ろにパン屋さんがあり、いい香りだなあと、パンに見とれてたら、カランカラン!と威勢のいい音とともに、おめでとうございます!との声が。
誰がなにを当てたんだろう?と見てたら、友達でした。(笑)
なんと、知多牛を当てちまったみたい。(笑)
彼の引きの強さには驚きます。

こっちも冗談で言ったのが本当になったもんだから驚いちゃうし。(笑)

その後、友達のオススメのお店を回ったり、おしゃれな喫茶店でコーヒーとプリンをいただいたり。
4時間ほど愛知を満喫したんです。


気がつくと夕方、暗くなっていました。
広島まで、まだまだ距離があります。
走らないと、と使命感が。(笑)

友達と別れ、広島へ向かいました。


夕方になって、大阪に近づくとそれなりに混んできます。
都市圏ではオートクルーズはあまり効果がありません。
やはり、車の少ない長距離で効果を発揮するんでしょうね。


大阪を抜け、山陽道をひたすら走ります。
今回の長距離で決めていたのは、2時間おきに休む事と、疲れたり眠くなったら関係なく休む事。
山陽道では1時間おきに休憩を取りました。


サービスエリアに入ると、今はコンビニがどこでもあります。
コーヒーを買うと、店員さんと話すことになるのですが、今はどこに言っても標準語なんですよね。
大阪に来た感じがしない、岡山に来た感じがしない、と、遠くまで来た感じがしないんです。


ちょっと会話をすると、イントネーションが方言っぽくなるんですね。
そこが嬉しく思っていました。
もっとどんどん方言を使えばいいのになあ。


ひたすら走り、呉市のちょい手前の小谷サービスエリアに到着。
日付が変わる頃に着きました。
ここで仮眠をとります。


コンビニで、広島を感じるものがないか?と見てると、東京では見たことないようなものがたくさん売ってます。(笑)
思わず店員さんに、これなんですか?どうやって食べるんですか?と聞いてしまい、店員さんも困り顔。(笑)
そりゃそうだ、こっちなら当たり前のものを質問されるんですから。(笑)
そんなやりとりに満足して、車の後部座席を寝れるようにして、仮眠をとったんです。


3時間後におきまして、準備をします。
ここから呉市に入るまで、30キロ以上あるんです。
友達のうちに行く前に、寄りたいところがあったのと、お風呂に入りたかったので早めに移動。
まずは、呉市の温泉に入りました。


事前に調べておいたので、わかってはいたものの、昭和の感じを出したレトロな温泉。
人も少なく、温泉も程よく、気持ちのよく汗を流してきました。
思ったよりも長湯をしたので、時間が微妙に。


悩んだ末に、予定を変更して朝一で友達とうちへ行くことに。


ここで、ふと、ナビを設定しないでつけるか?なんて遊びをし始めてしまいまして。
住所はおぼろげながら覚えている、近くになにがあるかは聞いている、呉市の地図も頭に入っている。


いけるんじゃね?


と思い、呉市をぶらぶら運転。(笑)
途中、大和ミュージアムという看板を見つけ、回ってみたら、大きな潜水艦が!
テンションが上がって、車を止めて写真をパチリ。
さすが呉!なんて感動しておりました。

ナビでたどり着く楽しさもありますが、不意に現れる景色に感動することもあると思います。
時間があるなら、こんな出会いも楽しいもんですね。


街中をうろつくこと30分。(笑)
目の前にローソンがある、と聞いていて、ここだな、と言うローソン発見。
前を見たらシバクリーニングさんでした。


長い道のりでしたが、無事に到着。
不思議なもんで、しばらくと言うかほとんど会ってないのに、まるで昨日もあったかのような感じで挨拶。(笑)
その後、僕のリクエストで朝食を作ってもらいました。

呉に来たらしたかったことが幾つがあるんです。
その一つ、手手作りの朝食を食べたい、は見事に果たすことができました。

美味しかったなあ。


ふふふ、続きは明日。
さらに呉市での珍道中が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開店時間に間に合った!

本日より、今年の営業が始まります。
4日から広島の方へ行き、神戸により愛知によりと、クリーニング屋さんの友達とたくさんあって来ました。

今日の営業時間までに間に合うように、夜通し走って来まして、なんとか間に合うことが出来ました。


慌ただしい始まりですが、こんな年の始まり方もいいのかな、と思います。(笑)


本年もよろしくお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧