クリーニング

ネットを使う意味は?

作業には全部意味があります。

クリーニングも、家庭での洗濯も、みんな同じ。

 

洗剤をいれるのにも理由があるし、ノリをつけるのも理由がある。

すすぎにも意味があるし、回数にも意味があります。

 

その意味は、特に難しい話ではなく、常識的なもの。

理由を聞けば、誰もが納得できるくらい、シンプルな理由なことが多いです。

 

 

でも、なぜか世に伝わる洗濯のやり方やクリーニングの話は、デタラメばかり。

何でそんな解釈になるの?と首をかしげるものばかりです。

 

その理由の1つは、見たもの、起こったものへの解釈の勘違いがあると思ってます。

 

私見たんです!

この目で見ましたから!

 

 

見たものは事実だけど、正しく解釈しなければそれは正しくありません。

 

 

例えば、ウールのセーターを洗ったら縮んでしまい、この洗剤で洗うと縮む!と思い込んでしまう人がいたりするんですね。

 

洗って縮んだのは確かだけど、その洗剤で洗ったら必ず縮むと言うのなら、再現性がなければいけない。

つまり、何度やってもその洗剤でウールのセーターを洗ったら同じように縮んで始めて洗剤に疑いが持てるんですね。

 

でも、その洗剤でなくても縮むんですよ。

それは洗い方が悪いから。

 

この原理を知らないと、たとえ目の前で見たとしても、正しく認識をすることは出来ません。

 

人の思い込みって本当に怖いですよ。

ブログでも、主婦の方や何かのコンサルタントの方が専門外のことを書いているときはよく読まないといけません。

よく読んでいると、憶測で書いているのがわかる時があるんです。

 

本人もそれを承知で書いているんだけど、読み手はそうは取らない。

そこで不確かな情報が拡散されていくんですよね。

 

 

先日も、あー、またやってる、と思うような記事が。

 

 

某デパートの紳士服を扱っているバイヤーさんという方が、ワイシャツの洗い方を伝授していまして。

よく読んでいると、まあこれでよく専門家を名乗るなあと思って呆れてしまいます。

 

紳士服のデザインやブランド、着こなしについてはプロだと思うんですよね。

でも、お手入れについてはど素人。

本当にプロなら、自分の専門外を知ったかぶりで語ってはいけません。

プロになればなるほど、自分の専門以外の仕事へリスペクトするものですし、専門外に踏み込んで間違いを語ると、本当の専門も怪しく見えたりします。

 

いやね、ワイシャツを洗うときにネットに入れて洗うと汚れがよく落ちる、というわけです。

その理由が、ネットと生地が擦れて落ちやすくなる、と。

 

 

いったいどれだけでかいネットをお持ちで?(笑)

 

 

あのね、ネットに入れるってことは、品物を動かさない、他の衣類の影響を受けさせたくない、って意味があるんです。

ネットのあみと擦れて汚れが落ちるなら、僕らクリーニング屋さんは全部の品物をネットに入れます。

 

 

僕の友達が、ネットに入れた服の洗浄試験をしてるんですよ。

洗浄力、上がったと思いますか?

逆ですよ、落ちるんです。

そりゃ動かさないようにしてるんだから、汚れ落ちは格段に悪くなる。

 

 

これもよく考えれば当たり前の話。

 

 

多分、言葉だけで実際の洗濯機の中を想像してない人たちが変な話をするんですよね。

服は擦れて汚れが落ちるんだから、ネットに入れたら、もっと落ちる。

 

そんなわきゃねえだろ。(笑)

 

 

ドライクリーニングは油を落とすから、服の油も取られてパサパサする。

 

 

オレンジオイルの方が油脂溶解力は段違いに強いですが、それが入った洗剤で洗っても大丈夫なんですか?(笑)

 

オレンジオイル配合の洗剤で洗うと言われても、僕は油がとられますよ、なんて言いませんけどね。

なぜなら、そうならない理由を知っているから。

 

 

皆さん、もっと素直に考えましょう。

これは僕がお世話になっている接骨院の先生に言われて、すごく納得した話です。

 

 

水は上から下に落ちる。

それが真理ですよ。

上には上がりません。

 

 

よく説明をすると、でも!とか、だって!とかいう人がいるんですが、信じたくない気持ちは分からなくもないです。

もしかしたら、例外として特別なことが起きているんじゃないか?と思いたくなる気持ち、分からなくもない。

でも、そんな事は起こらないんですよ。

現実に起こることは、常識の延長でしかないんです。

 

 

ネットを使うか、アイロンの当て布を使うか、これにも理由があります。

正しく勉強してもらいたいなあと思います。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ドライバー。

今日はドライバーをしております。

父の配達の車がないので、父を後ろに乗せて、クリーニングの配達品を積んで、運転手です。

 

 

僕が小学生の頃、学校から帰って来たら、うるまに乗せられ、夜まで配達に付き合わされましたっけ。

父が出かけたり、病気でいけない時に、代わりに父の配達のルートを回ったことは何度かありますが、父と2人でこうして配達に回るのは35年ぶりくらい、かな?

 

あの時は父が運転、今は僕が運転。

時の流れを感じますねえ。

| | コメント (0)

洗剤の広告に踊らされてはダメですよ。

衣替えの時期になると、いろんな洗濯用品が出て来ます。

 

 

こんないい洗剤がありますよ!

 

簡単でクリーニングよりも綺麗になりますよ!

 

なんでも洗えますよ!

 

 

お手軽で、誰でも出来そうで、しかも一点あたりのコストが安くて。

しかも、綺麗になる。

 

普通なら飛びつきますよね。

 

 

しかし、プロのクリーニング屋さんの目から見ると、皆さんと全然違う見え方をしているんです。

 

僕らから見ると、そう言った商品の宣伝がどういう風に見えているか?書いてみたいと思います。

 

 

最近、Facebookの広告や、生活関連のコンサルティングの先生がブログでよく書かれている、オレンジオイル配合の洗剤。

 

 

先ほどの通り、お手軽で、簡単で、ほぼどんなものでも洗えて、シミも落ちて。

しかも、安い。

ダウンも洗えます、セーターも洗えます、カシミヤも洗えます。

 

クリーニングの何十分の一のコストで洗えちゃう。

 

 

そんな夢のようなものがあるなら、まず僕らが使います。(笑)

だって、僕らも無駄なコストは省きたいですから。

洗うコストが下がるなら、全然導入しますよ。(笑)

 

 

まず、どんな物でも洗える、という宣伝。

中性洗剤ですからね、大抵のものは洗えます。

洗えないものもありますが、それは洗剤というよりは水につけると問題が起こる商品。

色が出るとか、水に濡れただけで縮むとか。

だから、僕らが見ると、当たり前だよね?という感想になるんです。

 

さらに、シミがよく落ちる!と写真付きであるんですが、これを見ても、これが落ちないわけないよね?と見ています。

皆さん、醤油などの汚れ、そんなに落ちないんですか?

もし、落ちなかったとして、それってついてから時間が経っていませんか?

つまり、乾いた状態のシミ、だと思うんですよね。

 

ここね、宣伝のカラクリなんですけど、そもそも醤油そのものをシミとしてつけるってそんなにある状況ではないんです。

大抵、料理に使われた醤油なので、油が混ざったり、他の調味料が混ざっています。

それは落ちづらい。

さらに、乾いてしまうと落ちづらくなります。

 

で、広告の方はというと、醤油単体で、乾いてもいなくて、それ、水で洗うだけでも落ちるよね?という状態。

別に洗剤の効果を表しているわけではないんですよ。

 

この手のものって、実演販売とかでもよくあって、切れる包丁は、切れる切り方をしている、というのがあるんです。

切れない包丁の実演では、切れないように切っている、だから、切れない。

よく観察すると、切り方がまるで違ったりします。

 

確かに、切れ味も良いのかもしれませんが、比較するためにわざと切れないように見せている事もあるんですね。

 

話を戻すと、汚れがよく落ちる、ことの証明に何もなっていない洗剤の広告は本当に多いです。

 

 

もう1つ、縮まない、洗ってもおかしくならない、と広告であるんですが、これを見てもそりゃそうだよな、としか僕らは思いません。

なぜなら、洗剤のせいで縮むわけではないから。

素材や洗い方で縮むんです。

 

例えば、ウールは、お湯に濡れて、揉むと、縮みます。

これは、ウールの表面にある、スケールと呼ばれるうろこ状のもの、キューティクルという方がわかりやすいですね、それが水やお湯に濡れると起き上がるんですよ。

で、起き上がった状態で、揉むと、繊維がからんで縮むんです。

 

これがウールが縮む仕組み。

 

ウールを縮ませないためには、濡らして揉む、のどちらかをしなければ縮みません。

洗うのに、濡らさないわけにはいかないので、洗剤を溶かしてぬるま湯につけますが、いざ洗うのは揉まないように、ネットに入れて動かないようにして、軽く押し洗いをするだけ。

 

そりゃ、縮むわけないですもん。

でも、汚れもそんなによくは落ちませんよ?

その程度で落ちる汚れは表面の軽い汚れだけです。

 

 

と、このように、広告には僕らが見て、普通の出来事を、さもすごい効果のように書かれていることがあります。

 

多分、皆さんが普段苦労していることなんだろうなあと思うんよね。

 

 

縮む、綺麗にならない、おかしくなる。

それにはきちんとした理由があるんですが、それを知らないために、こうした宣伝に、騙されるとまでは言いませんが、踊らされてしまうんだと思います。

 

 

最後にもう1つ。

オレンジオイル配合の洗剤が洗浄力が高いと売られています。

 

 

オレンジオイル、どんなものかご存知ですか?

あれ、ものすごく油を溶かすんですよ?

ドライクリーニングなんて比にならないほど。

オレンジオイルの原液は、発泡スチロールを溶かしますからね。

ドライクリーニングの液体はそこまで強くありません。

 

市販されているものに、そんな高濃度で入ってるとも思えませんが、そう思うと逆に洗浄力に効果あるほど入っているの?という疑問も湧いて来ます。

ちゃんとしたものを選ばないと、オレンジオイル配合は難しいですねえ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

アイロンのいらない服を着る理由は?

ゴールデンウィークに、大好きな先輩と豊洲へ行きました。

その人は、今年の春先にクリーニング屋さんをやめたんです。

今は、一般の人。(笑)

 

でも、話をし出すと、クリーニングの話に花が咲きます。

 

 

車内で話をしていた時に、ふとこんな話をしたんですよね。

 

 

おい、工藤、家庭用のアイロンは伸びねえぞ?

だから、アイロンのいらない服を選んで着るようになった。

今、消費者の気持ちがよく分かるよね。

 

と。

ちょっと前から、まさにアイロンで伸ばした経験がないのが問題ではないか?と思っていた矢先の話だったので、本当にドンピシャの情報でした。

 

 

なんでノーアイロンのシャツを買いたいのか、なんでアイロンのいらないような服をきたがるのか。

結局それは、アイロンをかけるのがとても大変だからなんですよね。

で、下手すると、自分ではアイロンで伸ばせない人がたくさんいるんだろうな、と思います。

事実、つい数ヶ月前までクリーニング屋さんでばりばりやっていた先輩が苦労しているんですから。

普通の人にはアイロンは苦行だろうなあ、と思います。

 

たまに、私、アイロンには自信があるの!という方に出会いますが、僕らとは全然違うんです。

 

先輩が思わず言ったんですよ。

 

 

クリーニング屋をやめる時、アイロンとアイロン台をのこしておねばよかった、って。

 

 

本当に心からの声だと思います。

クリーニング屋さんの仕上げは、技術だけでなく、適切な機械があって出来上がっているものですからね。

家庭用のアイロンでも近づけることは出来ますが、まあ、時間が掛かる。

クリーニング屋さんのアイロン台なら10分もかからないのに、家庭用のアイロン台だと20分では上がらないんじゃないかな?

 

家庭科の授業でも、ちゃんとしたアイロンのかけ方はなかったと思うし、これからはアイロンが大事になってくるような気がします。

 

アイロンのセミナー、やってみたいんですよねえ。

いつかここで企画して告知してみましょう。

| | コメント (0)

服が長持ちしない理由は?

服が長持ちをしなかった時。

 

破れたり、ヨレヨレになったり、変色したり。

そんな時に、よく服のせいにする人が違います。

 

 

この服、安もんだからだよ!

 

服がダメなんだよね。

 

 

そういう風に、服のせいにする人が結構いるんですね。

たしかに、そういう現象が起きた時に、服が原因のケースもあります。

 

いいものは耐久性もある、そう考えるのも理解できますしね。

安いものはすぐダメになる、そんなイメージは僕も持っています。

 

しかし残念ながら、服がよければ長持ちをする、耐久性がある、傷まない、ヨレない、変色しない、わけではないんです。

 

逆に、いい服だから危ないことも多々あるわけで。

 

 

例えば、いい服と言われるもの、高級な服に共通しているのは、糸が細い、という事。

これは肌触りに直結するんです。

アパレルの考え方で、糸は細ければ細いほどいい、というのがあり、化学繊維の目標はシルクと言われるほど、細い糸を目指しています。

しかし、糸が細くなると肌触りが良くなる反面、当然耐久性に問題が出てくる。

 

太い糸と細い糸、どっちが強いか?と言われたら誰でも太い糸、と答えるでしょう。

その通りで、細くなると傷みやすくなります。

熱の影響も受けやすくなるし、色の定着度合いも変わってくる。

肌触りと一緒で、よりデリケート、より繊細になっていきます。

 

もちろん、いい服は繊維だけの問題ではなく、作りもしっかり作られています。

縫製が良くできているので、その分しっかりとしていますが、それでも生地のデリケートさはカバーしきれません。

 

 

結局、服を長持ちさせるには、きちんとしたメンテナンスが大事、という事になるんです。

 

 

僕らはクリーニング屋なので、いろんな服の状態を見てきています。

 

 

どうやって洗ったらおかしくなるのか、糊の有無でどう変わるのか、こまめに洗う人と滅多に洗わない人とどう変わるのか、いろんな事例を見てきています。

 

クリーニングって、そういう事例の集合体なんです。

その多くの事例から、いろんなことを学び、傷まない、変化が起きない洗い方、仕上げ方を見つけてきたのが、現代のクリーニングです。

 

クリーニングの歴史は50年ちょっとなのですが、沢山のクリーニング屋さんが多くの経験をし、失敗をし、学んできた事が僕らに継承されています。

 

その受け継がれてきた経験から見ても、たとえいい服だとしても、メンテナンスをしっかりしないとすぐダメになってしまうんですよね。

 

 

洗わないで着続けられる服はありません。

 

汚れない服もありません。

 

やはり、アイロンはかけた方がいいし、糊もついてる方がいい。

あるとないとでは圧倒的に傷み方に差が出ます。

 

 

服はいろんな立場の人が関係しているので、いろんな意見があります。

 

アパレルにはアパレルの事情や考え方からの意見が。

消費者には消費者の立場からの意見が、

そして、クリーニング屋にはクリーニング屋から見た意見が。

 

僕らクリーニング屋が考えるのは、長く着れるように、着やすくなるように、いい状態をキープ出来るように。

これがクリーニング屋の考えている事です。

服を大事に着たいならクリーニング屋さんの意見は参考になると思いますよ。

 

 

| | コメント (0)

クリーニングには限界があります。

クリーニングには限界があります。

 

例えば、汚れの落ちる限界と言うものがあります。

どんなに頑張っても、落ちない汚れは落ちない。

どうにかならないか、なんとかならないか、他に方法があるんじゃないか、そんなふうに考えながら、日々汚れを落としています。

 

見極めがとても大事で、もう少し、もう少しとやっているうちに穴が開いてしまう、なんて事もあり得るのです。

だから、どこが限界か?常に見えない限界を探りながらみんなやっています。

 

もう1つ、限界があります。

それは、メーカーの指定した洗濯表示。

一昨年の年末に、洗濯表示が改正されました。

これにより、僕らの出来る事も制限されてしまっています。

 

というのも、それまでの表示は、ドライマークなどが付いていても、クリーニングなどの商業洗濯には対応していなくて、あくまでも参考表示程度。

その代わり、それを参考にして僕らも攻めて洗うことが出来たんです。

 

 

ところが、改正後の表示では、製品化ののちに洗浄テストをしなければいけません。

その上で、ここまでは洗えますよ、と言ういわば限界表示を付けています。

さらに、商業洗濯にも対応してるので、その表示内のクリーニングなら問題が起きない、というお墨付きが付いたのと共に、それ以上の処理をして事故が起きたらクリーニング屋さんのせいになってしまうようになったんです。

 

逆に言えば、指定された表示内の処理で問題が起きたらメーカーが責任を取る事になります。

 

洗濯表示の改正が行われて、僕らも表示に従うようになってます。

なぜなら、その表示が限界表示だから。

そこまでの処理なら問題なく出来る、という事なので、安心してあらえるようになったからです。

 

 

本当なら。

 

 

しかし、その表示に問題が起きているんです。

その表示、本当に正しいのか?という問題。

きちんと洗浄テストをして付けているのか?僕も方々から情報を仕入れていますが、かなり怪しいケースがあります。

今までの経験から、どのくらいまでなら平気かな?というのはある程度わかります。

しかし、洗えないとか、何か特別な指定をされている場合は、僕らの知らない技術が使われていて、問題が起きるからやってはいけないと指定されている、そんな事もあるんです。

逆に、なんの根拠もなく、洗えないとか指定をしてくるメーカーもあります。

 

気になった時は、メーカーさんに問い合わせて質問をしますし、表示について議論をする事もあります。

 

それは、お客様の服を綺麗にしたいし長く着用できるようにしたいから。

 

そのために必要とあらば、メーカーさんへ問い合わせもするんです。

 

しかし、その問い合わせがいつもいい話し合いで終わるとは限りません。

時に、おかしな話になる事も多くあります。

 

そして、話が決裂してしまうと、僕らは最終的にはその表示内の仕事しか出来なくなってしまうんです。

 

例え、その表示通りではダメだと分かっていても。

 

そこが僕らの限界となります。

 

こんな話をすると、プロのプライドはないんですか!と言われる事もあります。

ブロなら自分の意思でやりなさい、と言う人もいます。

 

プロだから出来ないんですよ。

いろんな可能性から、大丈夫だと判断できないから。

お客様が、どうなっても構わないからやってくれ、そう言われる事もあります。

それでも、やらない事もあります。

なぜなら、どうなってもいいと言われてめ後で揉めることがあるから。

 

これ、多くのクリーニング屋さんが経験をしているんですよ。

お客さんを信用してるとかしてないとかの問題ではなく、おかしくなった時に、それが製品の問題なのか、クリーニング屋さんの問題なのか、お客さんでは判断できないから、トラブルになるケースはとても多い。

僕の友達で、一筆もらってサインをしてもらっても、もめた経験があります。

 

クリーニングのトラブルは、商品の問題では収まらなくて、信用問題にまで発展します。

あいつは信用できない、そこまで行くんです。

となると、その可能性があるから出来ません、というのも、プロだからの判断なんですね。

 

 

ここで本当に困るのはお客さんです。

洗ってもらえないのか?本当に困ると思います。

でも、それってクリーニング屋さんの問題なんでしょうか?

先ほども書きましたが、僕らには限界というものがあります。

 

製品を作ったわけでもない、テストをしたわけでもない、服の所有者はお客さんだし、僕らは依頼されているだけの関係だし。

その中で、僕らの中の責任では手を出せない事もあります。

その限界を超えては出来ない。

 

これ、本来はメーカーさんに問い合わせる話なんですよね。

クリーニング屋さんもできないっていうけどどうすればいいか?

どこで頼めばいいか?

 

僕らも言ってるんですよ。

でも、僕らはお客さんではないので、聞いてくれません。

お客さんから話してもらわないと、メーカーは動かないんです。

 

もしね、僕らが問い合わせた時に、きちんと説明をもらい、洗浄テストの結果とかも見せてもらえれば、抜け穴を見つけられて洗えるかもしれないんです。

実際、そういうケースはあります。

ちょっと温度を下げるくらいで洗えるな、そんなケースもあります。

その判断をするためにも、きちんとテストをしている必要があるのに、それすらしてないメーカー。

でも、僕らはそこにはいう権限がありません。

 

ここで、自分たちの力の無さにモヤモヤした気分になります。

 

 

こうなる可能性がありますが、ご了承ください。

 

 

この言葉を言わなきゃいけない、その気持ち、分かってもらえないんですよね。

 

 

いつも書いてますが、なんで製造メーカー、販売者はもっとメンテナンスの勉強をしないんでしょう?

怪しい知識を平気でお客さんにばらまいている。

 

服は着て、洗って、また着る。

 

このサイクルが出来て初めて成り立つものです。

そのために、製造メーカーは洗うのに十分な耐久性を持たせ、僕らクリーニング屋は傷まないようにしながら綺麗にし、お客さんに渡す。

みんな協力して、服を着てもらえるようになっていくのに、なんでこうもバラバラなのか。

そして、僕らの声はなんで届かないのか。

本当にくやしいですね。

 

もう何十年も変わらない。

変わる時は来るのかなあ。

そんな風に思ってしまいます。

| | コメント (0)

服にはどんな汚れが付くのか?

服は着たら必ず汚れます。

下着、上着、ズボン、セーター、コート。

汚れるので、また洗って着るんです。

 

 

もしかして、とおもうので、書いておこうと思ったのですが、僕らクリーニング屋さんは、目に見える汚れを相手にしているわけではないんですね。

目に見えてる汚れだけを気にしていると、目に見えない汚れを落とせなくなる。

なので、クリーニングする時は、着用したことを前提にして、その時にどんな汚れが付いているか?を想定して洗うようにしています。

 

 

よく、洗濯やクリーニングの説明で、汚れに合わせて洗い方を選びましょう、とあります。

そうすると、油汚れが付いてないから、そんなに着てないから、とか、見た目汚れてないから、とか、そんなふうに考えて間違った選択をしてしまう人がいるんです。

 

たしかに汚れに合わせて洗い方は選ぶんだけど、基本的な汚れはみんな付いているので、まずはそこに合わせて洗濯方法を選ぶ必要があるわけですね。

その上で、さらにひどい汚れが付いていた場合、どうするか?って話なんです。

 

その基本的な汚れとは、こんな汚れ。

 

 

まず、着用していて必ず付くのが、汗、皮脂の汚れ。

体の上に着ているので、必ずつきます。

私、汗かかないから、と言っててもダメ。

下着じゃないし、直接肌に付いてないから、これもダメ。

汗や皮脂を舐めてはいけません。

人はかいてないようでたくさんの汗をかいています。

それらが服につかないわけないじゃないですか。

また、手で自分の体を触っているので、その手が付いたところ、ボタン周辺、えり、お腹周り、ポケット周辺、この辺りにはたくさんの皮脂が付いています。

 

目に見えないけど汚れているんですよ。

 

次に付くのが、埃、土、排気ガスなどの汚れ。

残念ながら空気が汚れているので、その空気に触れていれば服も当然汚れていきます。

風の強い日は埃や土が舞い、服についていくし、車が走っているから排気ガスの汚れも付いています。

 

昔、白いパーカーを着てバイクに乗ってたら、1時間でパーカーが黒ずんだことがありますよ。

その当時はクリーニングの知識がなかったので、すごいびっくりしました。(笑)

 

 

洗うとスッキリするのは、これらの目に見えづらい汚れが落ちて、くすみが取れるから。

スッキリした時点で汚れていたという証拠です。

 

 

このように、服は必ず汚れます。

目に見えなくても、定期的に洗う必要があるのはこのためです。

この目に見えない汚れをいつ洗うか?で、綺麗に着ていけるか?どんどん汚くなっていくか?に分かれていくんです。

 

目に見えるようになってからでは落ちづらくなるので、早めに洗う方がいい、というのはこのためなんですね。

 

 

これらは汚れの基本。

ここに、服の情報を加えて洗い方を考えていくと、ベストかな、と思います。

素材を見て、服の形を見て。

洗うための基本のもう1つは、服ですから。

 

どんな服を洗うのか、どんな素材か。

素材を知る、今年はここをかいていこうかと考えています。

 

| | コメント (0)

服が傷む、と思う原因は?

さて、昨日の続きです。

 

 

丈夫なものを求める理由は、丈夫でないと感じているから。

 

服がそんなに丈夫でなくなったのか?まずそこが気になりますよね。

 

繊維の技術が上がるとどうなるか?というと、繊維が細くなっていくんです。

これは肌触りや柔らかさに直結するので、良いものというものは糸や繊維が細くなっていく傾向になります。

 

しかし、細くなるということは、同じ繊維でも強度は落ちる、これは容易に想像できますね。

はい、繊維が細くなった分、確実に弱くなっています。

 

弱くなったと実感するポイントは、例えばほつれやすくなっていたり、破れやすくなっていたり、また色合いが変わりやすかったりする所で見て取れます。

また、柔らかさを追求するあまり、硬くなりやすいものも増えてきていますね。

 

では、繊維の細さが原因か?というとこれが決定打、というわけでもありません。

もっと複雑にいろんなことが絡んでいます。

 

 

もう1つ、気になるのがクリーニングの技術。

クリーニングに出して、風合いが変わってしまう、そんな経験をしたことのある人もいると思います。

せっかく洗ったのに、長く着用できないことから、より丈夫なもの、変化の少ないものを求めるようになっていったという背景もありますね。

 

実はこれは2つの要因があって、1つは先ほどの繊維の細さが影響しています。

昔に比べてデリケートな衣類が増えていて、変化しやすくなっている。

また、製造メーカーが洗浄テストをしていなかったり、洗える服を作っていない、という問題もあります。

また、クリーニング屋さんもそういう服に適応していない業者がある、という問題も。

クリーニング屋さんの側にも理由があって、パートやアルバイトに洗わせているクリーニング屋さんもいます。

いわゆる大量に処理する大きなクリーニング屋さんです。

デリケートな服が増えている、と言うことは、細かく洗いを変えていく必要がある、ということ。

きちんと資格を取った人が洗うのと、アルバイトやパートが同じ仕事をできるとは到底思えません。

そのやり方で問題のない服もありますが、昔に比べてその範囲に収まる服が圧倒的に少なくなっている、という事なんですね。

 

 

繊維の細さ、クリーニング屋さんの問題、さあこれで全てか?いえいえ、まだありますよ。

実はこれからの話がかなり重要だと思っています。

 

 

 

それは、着ているお客様の方の問題。

これ、大きいなあと、思うようになってきました。

 

一番の問題は、服をよく知らない人が増えています。

まず、繊維を知らない。

綿、麻、ナイロン、ポリエステル、カシミヤ、ウール。

これらの区別がつく人、一体どのくらいいるでしょう?

ほとんどの方が全くと言って良いほどわからないと思います。

これら、全然違うんですよ、で、違うというのは、当然クセも違うので扱い方も変わってきます。

 

百歩譲って、服に詳しい方がいるとします。

それでも、デザインやファッションとして詳しいだけで、服が洗うとどうなるか?水に濡れるとどうなるか?アイロンをかけるとどうなるか?知ってる人はほとんどいないと思います。

僕がそう言い切れるほど、アパレル関係の方のブログで出てくる服のメンテナンスの話はみんな間違っている。

今までたくさん見てきましたが、見るたびに、作ったり販売する人たちと、僕らメンテナンスをする人たちは、全く違う知識や技術なんだなあと思いますから。

 

服のことを知らないので、扱い方がわからない。

連続して着てしまったり、ずっと洗わないで着ていたり、少ない着数で着回していたり。

そんな扱いをしていたら傷むよ!と言う行動をしてしまっていてら服が傷むから、と思っている方もいらっしゃいます。

 

実際に傷んでいる服を見て、丈夫な服が欲しい、これはまだ良いかもしれません。

 

さらに、服を知らないと言うことは、傷む、と言うことを理解してない人もいるんですね。

何をもって傷んでいるか?それを知らないで、ちょっとした変化に過剰に反応して、おかしくなった、傷んだ、と騒ぐ人、結構いるんですよ。

わからないから神経質になってしまっているんだと思います。

 

 

これらのように、いろんなタイプの人がいろんな理由から服がもたないと思い、形は似てる、大して変わらない、とポリエステルなどの化学繊維を求めるようになって来てるのかな、と思います。

 

 

丈夫な方が確かに良いのですが。

でも、服には必要な機能があるわけです。

化学繊維には致命的な欠点があります。

吸湿発散性がない。

あるように見せかけている服もありますが、実際は無理なんです。

で、この点は、自然の繊維の方がとても有利なんですね。

 

 

僕が一番気になるのは、区別もつかなくなり、形やなんとなくだけで着ていると、どんどん消費者の方々が損をしていくことになるんですよ。

 

デザインだけでなく、季節ごとに適切な素材があります。

また、TPOによってもあります。

合わない着用をしていると、服はどんどん傷んで行くし、ともふれば毎年新しい服を買わなければいけない。

1年しかもたない服にお金をかけようとは思いませんよね。

消費者の方が、そう言う買い方をし出せば、メーカーも一年持てば良い服を作り出します。

そう言う服は、着心地悪くなるんですよ。

すぐ変化し出しますからね。

 

長い目で見て、消費者に不利になるような世の中なりそうで、僕はすごく嫌なんです。

 

 

今まで、クリーニングを知っていただけてないからかな、と長い間思っていましたが、違うんだな、と気づきました。

クリーニングではなく、服のことを知らないんだ、と。

 

みなさん、服の勉強をしましょう。

素材の特性、違い、メンテナンスについて。

本当に大事ですよ。

| | コメント (0)

化学繊維を求める理由は?

平成の最後の方から感じていたのですが。

令和になったので、書いてみようかな?と思います。

 

 

なんかね、昔に戻ってるような感じを受けているんですよ。

消費行動というか、考え方というか。

 

物を買うときに、どこを大事にしているか?ってかなり重要です。

 

 

丈夫さだったり。

オシャレ度合いだったり。

ブランド名だったり。

 

ものを選ぶときに、人それぞれいろんな尺度を持って探して購入をしています。

 

僕が20歳くらいからこの歳になるくらいって、丈夫さはある程度当たり前で、素材の良さだったり、機能の高さを重視していました。

 

軽い、着心地がいい、かっこいい。

そんな理由で服を選んでいたんですよね。

 

何年か前に、ボロ市に行って、昔の雑誌をパラパラとめくっていたらこんな広告があったんですよ。

 

 

夢の繊維ポリエステル!

強い、丈夫、破れない!

 

これ見てねえ、ああ、時代だなあって思って。

一応、服の歴史を勉強していますから、何でこのような広告になるのか?理解しています。

 

昔は、そんなに糸も良くなくて、また服は高いもので、丈夫なものがいいものだと言われていたんです。

それまでは自然界の繊維が中心でした。

 

ウール、綿、麻、シルク。

それなりにいろんな問題を抱えていたんですね。

 

で、そこに化学繊維が登場したわけですよ。

 

とにかく丈夫!

色褪せしない、破れない、長持ちする!

まさに広告の通りで、わざわざポリエステルを指定して買ったほどだと聞いています。

 

しかし、丈夫な反面、着心地が少し変わっていて。

高度経済成長でみんなが裕福になっていくのと同時に、風合いの良い自然系の繊維に人気が集まるようになっていきました。

 

そのうち、化学繊維は良くないものと言われるようになっていきましたしね。

 

 

ところが、ですよ。

 

 

ここ最近はまたポリエステルなどの化学繊維に人気が出てきています。

 

理由は、丈夫だから。

 

スーパー系で売っている、洗えるスーツには化学繊維が使われているんですが、それを選ぶ人の理由の中に、丈夫だから、というのが入っているのに驚き。

 

明らかに風合いも違うし、着心地も違うのに、そこは特に気にならない、と言います。

 

 

何でこんな風になっているのか?考えてたんですね。

 

 

丈夫なものを欲しがる、と言うことは、今まで来ていたものが、長持ちしないと思っている、と言うこと。

そこにも何らかの理由があるわけですね。

 

思い当たることはいくつかあります。

 

で、これじゃないか、と言う結論を出してみました。

 

 

、令和一発目からですが、続きは明日。(笑)

僕なりの答えを書いてみようと思います。

| | コメント (0)

ぼくを作ってくれた人たち。

平成最後の日に何を書こうかな?とずっと考えていました。

 

クリーニングの話を書きたいな、あの話を書きたいな、服の話を書きたいな。

平成最後だから、と気負っていたんですけどね。

とある呟きを見て、平成最後の話をこれに決めました。

 

 

ぼく、見た目若いんですよね。

いや、今は白髪も混じって立派なおじさんなんですけど、それでも年相応に見られないのがほとんどなんです。

 

例えば、初めてあった人と話をしていて、結婚しているというと驚かれますし、子どもがいると言っても驚かれます。

さらに4人いるというと腰を抜かされるほどです。(笑)

 

まあ、若く見られるならいいんですが、時と場合によっては、舐められることがあるんですね。

バカにされたり、軽く見られて話を信用してもらえなかったり。

 

この事で随分と悩んできました。

普段は別に構わないのですが、仕事の時に、説明をしても話を聞いてもらえなかったり、信用されなかったりするのは本当に困ります。

大事な説明なのに、お客さまの服の話なのに、その話をしても信用されないって、何がわるいのか?ずっと悩んでいた時期があったんですね。

 

 

なん年前ですかねえ、10年以上前に、当時クリーニング屋さんの先輩にこんなことを言われたんです。

 

去年まで銀行さんと話をする時はこちらが頭を下げていたんだけど、今年は向こうが頭を下げて先に挨拶をするようになってきた。

向こうから見て、自分が年をとって目上に見えたんだろうなあ、と。

自然とそうなるもんなんだよな、と教えてもらったんです。

 

そのお話を聞いた時に、僕はびっくりしましたね。

だってその人、凄い人なんですよ。

知識も豊富だし、話し方も理路整然としているし、何よりも経験豊富。

その人でも、舐められたりするのか、と驚いたんです。

で、何も変わってないのに、ある時を境に待遇が変わる、という話を聞いても驚いたんですよね。

 

 

で、最近のぼくなんですが。

お店に来るお客様が、ぼくの話を聞いてくれるようになってきたんですね。

話をしていると、聞いているか聞いていないか、わかるんですよ。

特にうちは、仕上げをしているとぼくと、受付をしている母と2人でいることがあるので、どちらの話を聞いているか?は目の合い方でわかります。

 

母も年をとり、ぼくも年をとり、ぼくもだんだんとこなれてきたというのもあるのかも知れません。

 

でね、最近たまに感じるんです。

僕の中に、色んな人がいるなあって。

多重人格ではありませんよ。(笑)

今までお世話になってきた人たち、その人たちが居るんですよ。

 

それは色んなところで垣間見れるんです。

 

 

話し方だったり、考え方だったり、立ち振る舞いだったり。

色んな人に影響を受けて今の僕がいます。

 

ものすごいいい人たちなんです。

最初、その人たちを見て、こんな人たちみたいにはなれないな、と思いました。

やさぐれていた時期もありましたしね、人のせいにしていた時期もあります。

 

そんな風には考えられない、僕にはできない、なんて思ったりしたこともあります。

段々と、お付き合いをさせてもらっているうちに、僕も年をとったらこんな風になれるんだろうか?なんて考えまして。

で、その年になった時に、あの人みたいにはまだなれてないな、と自己嫌悪に陥ったり。

そんなことの繰り返しだったんですよ。

 

それが、最近になって、気付いたらその人たちが自分の中にいる。

本当に不思議でしたねえ。

 

横浜のクリーニング屋さんの先輩には、色々と教えてもらいました。

考え方や立ち振る舞い方、人との付き合い方など、たくさん教えてもらいました。

 

広島の先輩には楽しむ気持ちを教えてもらいました。

すっごい苦労人なんです。

それを微塵も見せずに明るく振る舞い、常に人を気遣っている。

優しさに満ち溢れた人です。

 

お世話になっている接骨院の先生にも人への優しさや仕事の考え方を。

何が本当に人のためなのか?って難しいんですよ。

優しくするのが本当に優しいわけじゃなく、本当に人のためにって時に厳しく、そして寄り添っていたりします。

 

まだまだたくさんの人にお世話になって、色んなことを教わって、今の自分が出来ているんだ、と改めて気付くようになりました。

 

 

人ってこうして成長をするんだなあと、平成を振り返るとそう思います。

人は人、自分は人にはなれない、のではなくて。

色んな人に関わることで、自分が色んなことを吸収していって、自分らしい自分ができる。

今、自分より優れた人がいたとしても、その人に勝つとか負けるではなく、その人から何を学び、何を吸収するか、が大事なんですね。

 

そして、それがいつか花開く。

 

まあ、いつかはわからないんだけど、自分の中で確実にその人たちが生きているんです。

 

 

渦中にいる時は、なかなか未来を信じて頑張るのは難しいんですが

その気持ちはよくわかる。

自分もそれで悩みましたしね。

 

でも、色んな人たちが経験しているんだから、まず間違いなく、今が糧となって未来は作られていきます。

だから、今答えを出さなくていいので、未来を信じて頑張ろうね、と、とある友達にエールを送ります。

 

今日の話は、とある友達に向けて書いたものでした。

その友達ね、ものすごいいい奴なんですよ。

彼とも不思議な縁で繋がりましてね。

元々がクリーニング屋さんでないのに、結婚して奥さんの実家の仕事のクリーニング屋さんの跡を継いだんです。

クリーニング屋さんでない人が、クリーニング屋さんをやるのって大変なんですよ。

さらに、自分の育った街を離れて頑張っている。

 

ぼく、たまたま縁があって、彼の成長を見てきました。

最初はぎこちなかった関係も、何度も会ううちに打ち解けていき、心が通うようになり、お互いのことをよく知る関係になっています。

彼の苦労はぼくでは想像も出来ないと思うし、そんな彼を尊敬もしています。

その彼の悩んでいる姿を見ると、何か出来ないかな?と思うんですよね。

かといってぼくのできることなんて、大してないんですが

せめて出来ることといえば、彼の悩んでいることのほんの少しでも、手助けになるような話をするくらいかな、と。

今日書いた話がなんの役に立つか、今すぐ役に立つか?と言われると、それはないと思うんです。

でも、いつかこの話が生きてくる時がある、と思っています。

 

それはぼくが色んな人に教えてもらってきたように。

 

心に色んな人のタネを植えておくと、いつか花開く時がきます。

 

 

だから、それを信じて、お互い頑張ろうぜ。

 

 

振り返った時に、平成を笑って語れるように。

令和がいい時代になりますように。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧