日記・その他

インフルエンザの猛威。

インフルエンザが猛威を振るっています。



お客様の中でもインフルエンザにかかった人がちらほら。
すると、お昼過ぎに娘が意気揚々と帰ってきたんです。


ガッツポーズしながら、やった!学校休みっ!と。



どうして?と聞くと、学級閉鎖!と言い残して自分たちの部屋へ。
自分は元気なもんだから休みになって嬉しいようで。


しかし、翌日から他のクラスでも学級閉鎖に。
気がつくと、学年のほとんどのクラスが学級閉鎖になってしまっています。



朝の天気予報でも湿度が25%とか。
ありえないくらい乾燥していますし。
本当に気をつけないと、インフルエンザにかかってしまいそうです。



みなさん、注意しましょう。
今はかかってしまったら外に出ることもできません。
仕事もできません。

シャレになりませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次に伝えるとは。

昨日の晩、阪神淡路大震災のドラマが放送されていました。


ドラマは震災のあと、潰れてしまった駅を元に戻す人たちを中心に当時の話がうまくまとめられていました。


かなりリアルに近かったと思います。
子供達と見ていたんですね。
子供達は、当然阪神淡路大震災の事は知りません。
東北震災は経験したけど、その前のことはテレビや教科書で知るくらい。
ここには大きな差があります。


映像を見ながら、かなり驚いた様子。
東北震災の時とは状況がかなり違いましたから。


人は最初から上手には出来ないんですね。
一つずつ経験して、失敗を繰り返しながらうまくなっていく。


阪神淡路大震災の教訓を元に、長野や新潟、東北震災、熊本と、段々と地震が起きてからの対処も上手くなっていきました。



友達も当時被災していたんですね。
以前お伺いした時に、斜めになった建物を教えてくれたり、当時の様子を話してくれたりしました。

その凄惨な様子は話を聞くだけでもこの世のものとは思えないようなものでした。

それを淡々と話し、一つずつ前に向いてやってきたのがこちらに伝わるような話し方は、心に響きました。

お正月に神戸に寄った時。
毎回神戸によるとその話を思い出すんです。
で、ここはまだ被災の跡が残っているんだなあと思います。



テレビを見ながら、一つずつ、子供達に話してきます。


この当時、自分が何をしていたか?
友達が被災してしまった話、その時に物資を送ろうとした時の話、日本中が助けようと動いた話、その中で人ごとのように冷たい人もいた話。
離れた東京ですらいろんな人がいましたから。


物資も、水や基本的なものから、食べ物、小洒落た食べ物、最後はものが買えるようになったからと現金が欲しい、と。


これも時間を追うごとに被災地にものが届き始め、生活が始まったことがリアルに伝わってきた事です。



阪神淡路大震災を知らない子供達に、映像を通して伝えることがあるな、と思いました。


これって僕らが子供の時に、おじいちゃん、お おばあちゃんが話してくれたりしてましたよね。


昔、あそこで水が出て、ここまできたんだ、とか。
当時は昔話みたいに聞いていましたけど、あの時も僕らに何かを伝えようとしてたんだろうな。


映像やデータなど、記録として残るものも多くなってくるでしょう。
でも、それらでは残らないものもあると思うんですね。
リアルな僕らの経験、感じたことは、僕らが伝えていかないとね。


考えたくはないですが、これから先、大きな災害が起きない保証もないですし。



伝えていくことで、次の災害に備えられるようになるといいなと思っています。



子供の真剣な目が嬉しかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日、最後はここだ!

お正月の広島遠征の話も今日で終わりです。(笑)
なぜ、のんびりと帰ってきたのか?
そこにも理由があったんです。


愛知を出たのが夜の11時くらい。
そのまま走れば深夜3時頃には帰れるわけですね。
いくら寝てないと言っても、深夜の高速、車がいるわけでもないから順調に走ればすんなり帰ることが出来ます。

でも、僕は帰りたくなかった。



いや、この表現はまずい。(´・∀・`)
うちに入れてもらえなくなる。(´・∀・`)


正確に言うと、帰りたくないのではなく、寄りたいところがあったんですよね。
早朝から。


話は3日の朝にさかのぼります。


広島へ行くのにお土産を買おうと、色々と買い物へ出かけていました。
今までいろんなお土産を渡してきたので、正直、もうネタがない。
困ったなあと思っていたら、思い出したんです。


町田にまちだシルクメロンを使ったお土産があるじゃないか、と。



糖度がめちゃくちゃ高くて美味しいと噂のまちだシルクメロン。
これを使った商品がいくつか販売されているんです。

先日ここでも書きました、町田クリスタルメロン。
これもとても美味しい。
他にもキャンディーがあったりするんですよ。
で、それを買いに町田に向かったんですね。


ところが。


やはり正月、お店がやってないわけです。
コンビニで取り扱っているお店もあるんですが、やはり手頃なものはみんな考えることは同じで、すでに売り切れている。


微かな希望をもって、一日中、町田をうろついていました。


もう見つからないな、と諦めまして。
府中に戻ろうと思ったら、ふと、そういえばまちだシルクメロンを使ったメロンパンがあったな、と気づきまして。
探している間 、パン屋さんが営業しているところが何軒があったので、もしかしたらやっているかもしれない、と一路向かったんです。


メロンパンはお土産にできませんが、家族へのお土産ですね。
なにしろ、正月にお父さんは一人で出かけていないんですから。
罪滅ぼしってやつです。


恐る恐るお店に行くと、人だかりが。
営業をしていたんですよ。


パンステージ エピソードさん。


ここにまちだシルクメロンパンがあるんです。



早速車を停めて中に入ると、なんか様子がおかしい。
パンがほとんどないんです。
もしかして…、と思っていたら、パンがほとんど売れちゃってたんですね。
で、この日は営業時間も短くて僕が行った頃にはもうお店が閉まる時間。


残念だー、と思っていたら、なんとここに探していたまちだシルクメロンのキャンディーがたくさん売っている。(笑)
大喜びで買って帰ったんです。

メロンパンはいつかリベンジしてやると心に誓って。



そして、広島からの帰りになります。



パンステージ エピソードさん、朝の6時から営業をしているんですよ。
僕が休み休み帰って来れば、ちょうど開店時間に合わせて寄れるんです。


メロンパン、買いたいじゃないですか。(笑)


と言うことで、やたらめったら休んでのんびり走って、パン屋さんの営業時間に合わせて到着、無事にメロンパンを買って帰ってきたわけです。



メロンパンの味は?と言うと、まちだシルクメロンを使っている商品はどれも香りがとても豊かなんですね。
このメロンパンもいい香りがしてとても美味しい。
表面がカリッとしていてとても特徴があります。


子供達へのお土産も買えて、無事に僕の広島遠征も終わりを迎えました。


普段、行きたくてもいけないところが多いので、出かけるときは詰め込んで全てを消化しようとさます。(笑)
今回も満足いく遠征となりました。


読んでいただきまして、ありがとうございます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その4

広島呉市に到着して、1日いないで帰り始めました。(笑)


夜は休み休み走るのでそんなに距離は稼げません。
眠くなったら少し仮眠、起きたら移動の繰り返し。
コーヒーもなんども買いますので本当に休みまくるんです。


神戸にたどり着いたのが朝の8時。
ここで、クリーニング屋さんの先輩に会おうと思っていました。


前日、シバクリーニングさんで電話をしてて、帰りに寄るかも?と話をしていた僕。
確か夜だったと思います。
その僕が、朝には神戸にいる。(笑)

来るとは思ってたけど、朝来るとは思わなかった、と言われましたしね。(笑)
そうれでいいんです。(笑)


せっかくだから朝食でも、と喫茶店に入りまして、モーニングをいただきながら話をしました。


この先輩も20年来の先輩でお友達。
色々気に掛けてくれて声を掛けてくれます。
この先輩が気にしてくれるおかげで、いろんな人がつながっていく。
みんな感謝しているんですね。


懐かしい話をしたり、今の現状の話をしたり、広島での話をしたり。
2時間ほど滞在をしたでしょうか。
貴重な休みの時間を取っていただいたので申し訳ないな、とおいとましまして。

次へ移動を始めました。


ええ、まだ帰りません。(笑)



次に行くのは、芦屋。
ここにもクリーニング屋さんの友達がいます。


当初、ここには寄る予定はありませんでした。
なぜ寄るようになったのか?
それはFacebookへの書き込みから始まります。

どこへ行くか?は書かないで、コンビニの写真とともに流浪の旅に出ます、とだけ書いた僕。
そこにコメントをくれてたんですが、まさか西の方へ行っているとも思わずに、軽く僕に絡んできたんですね。

多分、その辺をうろうろしていると思ったんでしょう。


今なら気を抜いているな。(´・∀・`)



そう思った僕は、襲撃を決めたのです。(笑)


神戸から30分ほどで着きそうなので、のんびりと。
お店につくと当然まだお正月やすいの最中です。
それも折り込み済み。
いや、むしろ好都合。(笑)

お店の前で写真を撮って、友達に送信。
既読がつかないのでその場で電話。


なにしてるの?お店開けなきゃ!とせっつきます。(笑)


えっ?ええっ?

と明らかに挙動不審。(笑)
も、もしかして、工藤さん?
なんで?と返ってきます。


ここで一つわかったんですが、僕の携帯の番号を知らなかったんですよね。
古い番号を知っていて、知らない人からかかってきて、突然、どこにいるのか?と聞かれた、と。
そりゃ驚くと思います。(笑)


今お店にいるから、早く開けて、というと、友達のうちにいるから無理です、と言われてしまいます。
仕方ないなあ、お土産置いていくからね、とこっそりとお土産を隠し、ミッション終了です。(´・∀・`)


その後友達は、襲撃された、とつぶやいていました…。
油断するからやで?(´・∀・`)



ここからはさらに移動が始まります。
高速に乗り、滋賀を通って、一路愛知へ。
愛知で、友達が待っていてくれて、帰る前に温泉で体を癒していきなさい、と行ってくれてまして。


長島温泉湯あみの島に行きました。


ここは以前も行ったことがあるをですけどね、本当にすごい温泉で。
施設が綺麗で、タオルも使い放題で、お風呂の数もたくさんあって。
さらに、館内着もあるし、レストランも完備してるし、休むところも充実してるし、至れり尽くせりとはまさにここのこと。

入る時間でかなりリーズナブルに入れるので、帰るときに重宝するんです。


夕方に到着。
先にご飯を食べてから、お風呂へ。
流石にあまり寝てないので、お腹が満たされてお風呂に入ると眠くなります。


ぼーっとしたまま時間を過ごし、体が回復したところで、帰る事に。


友達と別れた後は、初日にご一緒した刈谷の友達のお店によります。
実は初日に買い物をしていまして、冷蔵物だったので預かってもらっていたんです。
それを引き取りに一路刈谷へ。


無事にお土産も回収し、さあ、後は帰るだけになります。
まだ日付は変わっていませんが、朝までにつかないといけません。
なにしろ、仕事始めの日ですからね。


休み休み運転して、東京に向かいます。

この話も明日で終わりですね。
もうちょっとお付き合いくださいませ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。その3

だし道楽さんのうどんを食べて、車で走り出しました。


もう一軒、行きたいところがあったんですよ。
それが、ワタオカさん。
爪ヤスリ、踵ヤスリで有名な会社です。

ヤスリメーカーのワタオカさんが、踵ヤスリや爪ヤスリを出して、それがものすごく良くて。
一度ニュースで見て、買ってみたら驚くほど爪がツルツルになって。
それに感動して、一度会社に行ってみたかったんです。


年末に電話をしました。
そちらの会社に直接お伺いしたら、買えますか?と。
また、営業されていますか?と。
すると、会社は休みですがいます、とのこと。
置いてあるものでよければ販売もしてくれる、との事。


呉駅の前に着いてから電話をしまして、ワタオカさんの会社に向かいました。



ナビに従って走っていくと、民家の密集したところに入っていきます。
ここに会社がある?と言うような感じ。
でも、入っていくと、あー、工場がある、と言うところに出たんです。


玄関から入っていくと、お年を召した女性が出てきてくれました。
その方が電話の方で、前社長と言うことがわかったんです。
今は娘さんに会社を譲ったとのお話。


応接室に通してもらうと、ワタオカさんの製品がずらりと並んでいます。


もう、またまたテンションが上がる。(笑)


ぼくの買った、爪ヤスリ、踵ヤスリもあります。
他にもヤスリがずらりと並んでいる。
その内にどうぞと言われて椅子に座り、前社長とぼくと二田さんで話をしたんですね。


いろんな話をしました。

ワタオカさんの爪ヤスリがどうしてできたのか?という話。
実は会社を辞めようとしていたらしいんですね。
でも、やめる前に今までの技術で何かを残そう、と決めて取り組んだのが爪ヤスリだったとの事。
それが売れて会社が存続することになったそうです。


呉市は国産のヤスリの95%の生産地だそうですが、年々工場が閉鎖されているらしい。
いいものを作っても安い海外製品にシェアを奪われてしまうんでしょう。


クリーニングの話をしたり、呉市の話をしたり、たくさん話をしたんです。
気がついたら4時間話をしていましたから。(笑)


辺りが暗くなってきて、もう帰らなきゃ、と慌てて帰ってきたくらい。
そのくらい、楽しい時間でした。


お話の中で、すごいなあと思ったのが、前社長さん、社長を譲っていざ今の状態になったら、まだまだ何か作りたいと思った、と言うんですね。
隠居するなんてことはなく、まだまだ自分は作りたいんだ、とおっしゃっていました。
バイタリティがあると言うか、見習わなきゃな、と思いましたねえ。


後ろ髪を引かれつつ、ワタオカさんを後にしまして、一度シバクリーニングさんに戻り、夕食にお好み焼きさにいき、そば入りのお好み焼きを堪能しました。

広島を満喫したところで二田さんのうちに帰り、息子さんと二田さんを交えてお話。
深い話、濃い話、普段は決して出来ない話を3人でしてきました。
今日、この日にしなければいけない話があったんです。
そのために来たと言っても過言ではありません。
3時間、みっちり話したところでお開きに。

日付が変わる頃、お風呂を頂きまして、帰ります、と車に。
そう、これから東京方面に行くんです。

最初、泊まろうと思ったんですが、話もしたし、このまま移動すると決めまして。
休み休み、東京方面に走り出しました。


ここで泊まってれば一泊は確定なんですけどねえ。
なにせ、0泊3日ですから。
泊まらないんですね。(笑)

翌朝、ぼくは神戸に辿り着きます。


続きは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その2

広島呉市に辿り着きました。
朝食を頂きまして、さあこれからどうする?となったわけです。


シバクリーニングさんはこの日から営業をしています。
制服を取りに来る方がいるので、お店を開けておかなければいけない、とおっしゃっていました。
工場の中は稼働しておらず、店受けだけ営業をしている感じ。
当然、従業員さんたちは誰もいません。


息子さんがいまして、彼に店番頼むわ、と一言。
店主の二田さんは僕に付き合ってくれると言うんですよ。

申し訳ないなあ、と思いつつ、二田さんと一緒に出掛けたんです。


呉市に来たら行きたかったところがいくつかあります。
まず、その一つが、だし道楽の二反田醤油さんに行くこと。

呉市内にはだし道楽の自販機がいくつもあります。
でも、工場で買いたいわけですよ。(笑)
二田さんに道案内をしていただきまして、二反田醤油に到着。

もうね、ドキドキですよ、僕にとっては聖地ですから。(笑)


だし道楽、本当に美味しいんです。
東京でも自販機で売っていたりします。
以前、友達に配ったらみんな虜になったと言うくらい美味しい。

お店に入りましてね、たくさん並んだだし道楽に感動しながら、たくさん購入してきました。(笑)
自宅用とお土産用です。
広島からの帰り、色んなところに寄りますからね。

広島にしかないだし道楽がある、と言われて逆に東京にはあるけど広島にないものもある、と言われて、貴重な話が聞けてよかったなあと、感動。
直にお店の人と話をするって本当に大事です。
たくさんお話をしましたねえ。


その後、帰り道にあるだし道楽のうどん屋さんで昼食を。(笑)
広島のうどんって柔らかいんですね。
なんで柔らかいのか?なんて話を聞きながらうどんを食べ、大満足。

もう、これだけで呉市に来た甲斐があったと言うもの。


でも、まだまだ僕の呉市探訪は終わりません。(笑)


明日に続きます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0泊3日の内容は。 その1

お正月の後半に広島へ行ってまいりました。
相変わらずの強行軍。(笑)
終わってみれば、またやっちまったなあ、といった感じです。


うーん、冷静に見ると0泊3日でしたからね。


どんな風にしたらそうなるのか?
どんな旅だったのか?ご紹介したいと思います。


今回の目的地は広島呉市のシバクリーニングさん。
20年来の友達です。
ここに行こうと決めて準備をしていました。

片道800キロ。
車で行こうと思っていたので何時間かかるか?想像も出来ません。
ナビで設定をすると8時間で着くと言いますが、休憩したら当然もっとかかるし、どのくらいくる疲れるのか?どのくらい休むのか?見当もつきません。

という事で、4日の朝出て5日の朝につけるようにすればいいかな、と軽い段取りを付けました。(笑)


まず、車で寝れるように車中泊用のマットを購入。
寝袋を注文したのですが、年末で間に合わず。(笑)
仕方がないので、毛布をしこたま積んでいきました。

朝8時に府中を出発しまして、順調に高速に乗ります。
道中は混みもせず、車も少なかったので、安定して走っていくことが出来ました。


実はこの日のために車にあるパーツを付けたんです。


クルーズコントロールという機能が、いいグレードの車にはついています。
一定の速度で走ってくれる設定ができる機能。
最先端の車では、前の車を認識するのて追突も防止してくれるらしい。

後からつけるのでそんな大層な機能は付きませんが、一体の速度で走ってくれるのは助かる。
これを付けておいたのが功を奏しました。


走っていてとても楽。
アクセルワークがこんなにも負担になっているとは思いもしませんでしたねえ。
加減速が運転の負担にもなっていたんですね。
一定の速度で走るということは、いろんなメリットが出てきます。

疲れない、燃費も良くなる、安全。

気がついたら名古屋に着いていた、そんな感じです。

名古屋で友達と会う約束をしていまして、連絡を取り合って合流。
お昼ご飯を食べにいきました。


道の駅のような大きな施設に行きまして、そこがまたのんびりといい雰囲気。
買い物をし、ご飯を食べると、クジが一回引けると言うんですね。
どうせ当たらないけど、と思いながらも、友達に引いてきなよ、と。

なにが当たるのかな?と見てたら、一等は知多牛。
全国にブランド牛っているんだな、と思い、知多牛当てて(笑)、なんて冗談を言ってたんですよ。


6等がその場で使える金券でしたから、それで何か買う足しにしようかな、と考えていました。


後ろにパン屋さんがあり、いい香りだなあと、パンに見とれてたら、カランカラン!と威勢のいい音とともに、おめでとうございます!との声が。
誰がなにを当てたんだろう?と見てたら、友達でした。(笑)
なんと、知多牛を当てちまったみたい。(笑)
彼の引きの強さには驚きます。

こっちも冗談で言ったのが本当になったもんだから驚いちゃうし。(笑)

その後、友達のオススメのお店を回ったり、おしゃれな喫茶店でコーヒーとプリンをいただいたり。
4時間ほど愛知を満喫したんです。


気がつくと夕方、暗くなっていました。
広島まで、まだまだ距離があります。
走らないと、と使命感が。(笑)

友達と別れ、広島へ向かいました。


夕方になって、大阪に近づくとそれなりに混んできます。
都市圏ではオートクルーズはあまり効果がありません。
やはり、車の少ない長距離で効果を発揮するんでしょうね。


大阪を抜け、山陽道をひたすら走ります。
今回の長距離で決めていたのは、2時間おきに休む事と、疲れたり眠くなったら関係なく休む事。
山陽道では1時間おきに休憩を取りました。


サービスエリアに入ると、今はコンビニがどこでもあります。
コーヒーを買うと、店員さんと話すことになるのですが、今はどこに言っても標準語なんですよね。
大阪に来た感じがしない、岡山に来た感じがしない、と、遠くまで来た感じがしないんです。


ちょっと会話をすると、イントネーションが方言っぽくなるんですね。
そこが嬉しく思っていました。
もっとどんどん方言を使えばいいのになあ。


ひたすら走り、呉市のちょい手前の小谷サービスエリアに到着。
日付が変わる頃に着きました。
ここで仮眠をとります。


コンビニで、広島を感じるものがないか?と見てると、東京では見たことないようなものがたくさん売ってます。(笑)
思わず店員さんに、これなんですか?どうやって食べるんですか?と聞いてしまい、店員さんも困り顔。(笑)
そりゃそうだ、こっちなら当たり前のものを質問されるんですから。(笑)
そんなやりとりに満足して、車の後部座席を寝れるようにして、仮眠をとったんです。


3時間後におきまして、準備をします。
ここから呉市に入るまで、30キロ以上あるんです。
友達のうちに行く前に、寄りたいところがあったのと、お風呂に入りたかったので早めに移動。
まずは、呉市の温泉に入りました。


事前に調べておいたので、わかってはいたものの、昭和の感じを出したレトロな温泉。
人も少なく、温泉も程よく、気持ちのよく汗を流してきました。
思ったよりも長湯をしたので、時間が微妙に。


悩んだ末に、予定を変更して朝一で友達とうちへ行くことに。


ここで、ふと、ナビを設定しないでつけるか?なんて遊びをし始めてしまいまして。
住所はおぼろげながら覚えている、近くになにがあるかは聞いている、呉市の地図も頭に入っている。


いけるんじゃね?


と思い、呉市をぶらぶら運転。(笑)
途中、大和ミュージアムという看板を見つけ、回ってみたら、大きな潜水艦が!
テンションが上がって、車を止めて写真をパチリ。
さすが呉!なんて感動しておりました。

ナビでたどり着く楽しさもありますが、不意に現れる景色に感動することもあると思います。
時間があるなら、こんな出会いも楽しいもんですね。


街中をうろつくこと30分。(笑)
目の前にローソンがある、と聞いていて、ここだな、と言うローソン発見。
前を見たらシバクリーニングさんでした。


長い道のりでしたが、無事に到着。
不思議なもんで、しばらくと言うかほとんど会ってないのに、まるで昨日もあったかのような感じで挨拶。(笑)
その後、僕のリクエストで朝食を作ってもらいました。

呉に来たらしたかったことが幾つがあるんです。
その一つ、手手作りの朝食を食べたい、は見事に果たすことができました。

美味しかったなあ。


ふふふ、続きは明日。
さらに呉市での珍道中が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はここで一泊っ!

朝8時に家を出まして、途中、愛知で友達と会い、たどり着いたのが広島。
現在、ここに居ます。







今日はここで車中泊。
明日の朝、早くから移動です。



ふふふ、何してんの???という問いへの答えは明日。(笑)


おやすみなさい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな可愛い子に言われたら…。

新年早々、こんな話をするのもどうかと思うのですが、昨年末より、何かと付いてないんですよ。

必要なものを取り寄せようとして、問い合わせをして間に合うか?と聞いてるのに間に合わなかったり。
いざ買い出しに行ったら、お店がやってなかったり。
商品が売り切れてたり。


見通しの甘さや事前にきちんと調べていなかったりと、自分で回避できることが多いので、多分僕が呼び込んでいるんだと思うんですね。


でも、続くときは続くもので。


なるべく怒らないようにしていたんですね。



つい先ほどのこと。


お土産を買いにお店に寄りました。
さほど混んではいないものの、店員さんがあたふた。
お客さんもなんとなくイライラしています。
どれにしようかな?とじーっと見ていると、店員さんが、レジに並んで注文してください、と。

感じ悪いなあ、と思いつつもレジに並びました。


受け付けてくれたのは女の店員さん。
見た感じ、まだ慣れていないような感じです。
注文をすると、これは日持ちがしません、と教えてくれます。

では、これを変えてもらえますか?と聞くと、やってみます、少々お待ちを、と言われました。
頑張っている姿は人に好感を与えます。


いい子だなあー、とぼーっと椅子に座っていると、お車の方ー?と言われたので僕です、と答えると、車が邪魔で他の人が止められない、と言います。
そんな止め方したかなあ?と見てみたら、逆から入れようとして僕の車が邪魔になっていたようでした。


反対なのに、と思いつつ、車どかしますね、と車に歩いて行くと、詰まっている車の中から、小さな女の子が、窓を開けて、あらがとうごさいます、と丁寧に挨拶をしてくれる。(笑)



年の頃いくつかなあ、多分3歳か4歳くらいだと思っんだけど。
おめかししててね、可愛らしい子が、何度も、ありがとうございます、という訳ですよ。(笑)


こんな状況で誰が怒れると思いますか。(笑)


いい子だねえ、と素直に口から出てしまうから不思議。(笑)


その後、店内に戻ってきても、その子は僕を見つけると、ありがとうございます、と丁寧に挨拶を。


この子のありがとうは、争いを消す能力があるのかもしれない。(笑)



いい子だなあ。



年末からの負の空気が一気に変わった感じがしますね。


おじちゃん、何でも買ってやるぞー!と思わず言いそうになったし。(笑)
いい子だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

便利過ぎなのに慣れてしまってるようで…。

便利な世の中に慣れてしまったようで、いつもと違うということになかなか慣れません。


今年の正月は、お休みのところが結構あるんですね。
当たり前の話なのに、無意識でやってると思い込んでしまう。


用事があったので、午後からぶらりと出かけてきました。
それなりに行くところもあるのですが、とにかく行き当たりばったり、思いついたり目についたらそこへ行く、という感じだっんです。


普段は行きたくても仕事があってなかなかいけないんですよ、なので、お休みに入ると行かなきゃ!となるわけですね。


で、ナビに入力していざお店に着くと休んでる。



当たり前なんです、お正月なんですから。
まだ2日ですよ、やって方がおかしいんです。

わかっているのに、やってないと、あれなんで???と思ってしまう。


やってるのが当たり前だと思い込んでるんですね、僕も。



ひとしきり回ってきて、夜になり帰宅。
行きたかったところにはほとんど行きましたが、やっているところは一軒だけ。(笑)
またリベンジしましょう。



お正月ですからら皆さん休んでください。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧