日記・その他

ぼくのために泣いてくれるって言ったじゃん。

この歳になると、いろんな人の訃報を聞くようになります。
そのほとんどが、ぼくよりも年上の人たちなんですが…。

つい先ほど、配達から帰ってきて、お店の前に車を止めて品物に名前をつけていました。
すると、後輩が前を通りかかったんです。

久しぶり。

と声をかけたら、話がある、と言います。


工藤さんの友達の◯◯先輩が亡くなった、って。


最初、聞いた時に何を言っているのか?意味がわかりませんでした。
亡くなったと言うのはぼくの同級生です。
中学の頃、同じクラスでした。


男気があり、やんちゃもしていましたがみんなから好かれていました。


中学生の時に、こんな話を彼がしたのを今でも覚えています。



おれ、工藤が死んだら泣くな。



その時に、ああ、彼はぼくのために泣いてくれるんだな、となんか嬉しかったのを覚えています。


それから進学して会う機会はなくなってしまいましたが、ある時に店によってくれたことがありました。


今、こんな仕事をしていてな、と嬉しそうに話してくれました。


ぼくのほうが先にいくと思ってたのに。
ぼくが死んだら泣いてくれるって言ってたじゃんか。


まさか先にいってしまうなんて。


力が抜けてしまいました。
もし、ここを読んでる同級生の人がいたら、もしかしたら耳に入っているかもしれません。

僕らの同級生で知らない人はいないような人でしたからね。



ご冥福を祈りたいと思います。
合掌。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリして鍛え直さないと。

本日、かかりつけの接骨院の先生から包帯を外してみましょう、言われました。
手首の腱鞘炎をやってから3ヶ月。
ようやくここまでこぎつけましたね。


痛くなったら巻いてね、と言われて、その代わりやることがあるぞ、と。


そう、リハビリですよ。


左うで、無茶苦茶細くなってるんですよね。
握力なんて子供に負けますから。
包帯を外して普通に使えているようで変な形に手首を曲げないと力が入らない。
これって、単純に筋力が衰えて力が入らないらしいです。
先生に触ってもらっていると、左の手首に骨がないかのようにぷにぷに。
右と見比べると明らかに筋肉がないのがわかります。


リハビリのやり方を教えてもらって、これからは仕事しながら筋力の復活を目指します。


当たり前にしてきただけに、手首の筋力がないと言われても困ってしまいますね。
でも、見ればないと言うのがわかる。
で、これ出来る?とやらせてもらうとできないから余計にわかる。(笑)


本当にびっくりするんですよ。
こんなの出来るでしょ?と言うことが、左手だけ出来ない。
両手を使うことも、左手が弱いからバランスが取れない。

そりゃ、何かする時に骨の力を借りないとダメだから変な方向に曲げて使うわけです。


リハビリにいそしみましょう。

アイロン持つ手でなくて本当に良かった。
もし、右手なら、まだアイロンを持ててなかったかもしれない。
アイロンって重いんですよ、業務用ですから。
何かしら、対策をとらなければならなかったかもなあ。
左手でよかったな。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰り温泉も独自色を出してますねえ。

府中周辺は日帰り温泉が結構あります。
温泉じゃないかな、スパかな。
家のお風呂だと体が温まらないので、最近はよく行くんです。


いくつかあるので、日によっていくところを変えてます。
すると、お風呂なんだけど、結構違いがあるんだなあと色々と見えてきました。


大きくていろんなお風呂があるお店。

景色のいいお店。

昨日、行ったお店はお風呂も種類がありましたが、そのあとのんびり出来るお店でした。


今はリクライニングチェアを置いてあるお店が多いんですが、そこは座敷がありクッションと膝掛けが置いてあります。
みんなそれを使って寝ている。

食事所ではテーブル席や掘りごたつなど楽に座れる工夫が。
ここは、お風呂に入った後にのんびりすることに力を入れているんだな、とわかりますね。
そのせいか、駐車場は混んでいるのにお風呂の中はそうでもありません。
その代わり、休憩所には人がたくさん。


みんな独自色を出そうと工夫していますね。


どこもうちから車で20分くらいの場所にあるので行こうと思えばいつでもいける。
しばらくいろんなところを試してみようと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケジュールをきちんと把握しないとダメですね。

あ、今日だったか!

そんな風に思ったことはありますよね?
僕だけではない、と思いたいです。


仕事の予定はスマホのカレンダーに全て登録し、アラームで教えてもらうように設定をしてしまうので問題はないんですが、これ見たいな、とか、あれ見に行かなきゃ、とか思っているもの程、気が付いた時には過ぎていたり、当日でどうしようもなかったりします。


今、イベント多いでしょ?
数ヶ月前から告知とかあるので、まだ早いかな、近くになったらまた見るだろ、とか思っていると、他のことで頭がいっぱいで、ふとfacebookを見たらイベントやってた!なんてことがしょっちゅうあります。


やはり、facebookの影響でしょうね。
事前にイベントがある事を知る回数も増えました。
その代わり、イベントが終わった事を知る回数もむちゃくちゃ増えました。(笑)


楽しかったです!

という言葉とともに写真が上がってて、それ見て、あーことしもやっちまった、また来年まで我慢だな、と何度思った事か。


今日もそんな風に思っていました。


何年か前に、配達中に街路樹にくくりつけられていた立て看板に、バラフェスタの文字を。
神代植物公園でバラフェスタをやっている、と見て来年は絶対行くぞ、と心に誓ったんです。

で、毎年、今年も忘れてた、来年こそは!と思っていました。



ふと、ネットを見ていたら、青い薔薇の文字が。
青い薔薇、今は作ることができるんですね。
昔は、青い薔薇を作れたらノーベル賞ものだ、とよく聞いていたので、青い薔薇と聞くと心が踊ります。(笑)


何と、それが神代植物公園にあると言うんですよ。
早速調べたんですよねえ。


イベント情報のところで、シーズンがちょうど終わった事を知りました…。


薔薇って案外短いんですね…。


春と秋、薔薇は観れるらしい。
来年だと5月あたり。
僕らの仕事が忙しくなる頃で、暑くなってきて、服装などの対策に頭を悩ませている時期です。


カレンダーに登録をします。


忘れるな!絶対忘れるな!と戒めを込めて。


来年こそは、青い薔薇を見るんだ。
綺麗だって噂なんですよね。
来年を楽しみにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまで治ったか?試してみたくなる。

手首の腱鞘炎にかかってから2ヶ月ほどたちます。
このまま一生、動かないんじゃないか?という不安の中、時間の経過とともに段々と動くようになってきました。


半月ほど前までホチキスも止めることができなかったのに、今はちゃんとホチキスを使うことが出来るようになっています。
着実に治ってきてますね。


痛み止めをやめても、生活に支障が出るほどの痛みがなくなってきてるし、包帯を巻きながらでも手を動かせるようになってきてるし、ズボンやシャツなどを持つこともできるようになってきました。

ただ、動けば反動もあって、無茶は出来ませんけど。
ここで悪くさせるわけにはいかないので、用心しながら動かしています。


どこまで出来るようになったのか?


つい、検証してみたくなります。(笑)
半日包帯を外してみたらどうなるだろう?とやってみたり。
仕上げが少ないから包帯外して仕上げしてみたらどうなるだろう?とやってみたり。

2リットルのペットボトルを左手で持てるかな?と試してみたり。
これはすごく怖かったなあ。(笑)


ちょいちょいですが、自分の体を試しています。
ああ、これはまだ無理なんだな、と感じたものも、数日後に、あれ、出来るようになってる、となってたり。

動かしてないから筋力も落ちてるので、筋肉がついてくると出来ることも増えるんでしょうね。


この一月の配達も、品物が多い時は子供達を動員して配達に回っていました。
おかけてすごく助かりましたねえ。

その分、お駄賃が掛かりましたけど。(´・∀・`)


友達とも話してたけど、サポーターを考えないとだめかなあ。
手が大きいので、探さないといけません。
こんな時は普通の大きさでないことを恨みますね。(笑)
アメリカにならあるのかなあ?
探してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一緒に行こう?

クリーニングのをご利用のお客様は、お店周辺のお客様が多くなります。
当店は少し変わってて、かなり遠方のお客様もいらっしゃるんですけどね。


今日、配達から帰ってきて駐車場に車を止めたんですよ。
朝から配達に出て、府中市内から小金井へ。
そこから三鷹市に入り、また府中に戻ってきて、最後は日野市の高幡不動まで。
この辺に住んでいる方が聞くと、えらい広い範囲だなあと思うと思います。
かなり走りますよ。(笑)


駐車場から出てきたら、お客様のうちのお子さんが歩いていました。


◯◯ちゃん!


と声をかけると、ニコッと笑ってくれて手を上げてくれます。
ところが、そのままスタスタと歩いて行ってしまうではないですか。


あまりにも寂しいのでもう一度声をかけました。


◯◯ちゃん、一緒に行こうよ。


そうしたら、ニコッとまた笑ってくれて、わざわざ僕の方に戻ってきてくれたんですね。
で、一緒に歩いてくれました。
これからお稽古に行く、と話してて、駅の方へ行くといっていたので、ほんの30メートルくらいの距離、一緒に歩くことに。
短い距離でしたが、ちょこちょこと話をしてたらすぐ分岐点についてしまいました。


駅に行くんでしょ?
そうしたらここでお別れだね。


と僕が言うと、どっちいっても大丈夫だよ、と僕と一緒にうちの店の前まで来てくれまして。
優しい子だなあ、と思いましたね。


分岐点からさらに150メートルくらい。
一緒に歩いて、話をして、そしてお店の前で本当にお別れ。


またね、と言うと、ニコッと笑ってくれて、バイバイ、と。


かわいいなあ。
大手とは違う、個人店ならではのお付き合いを感じました。
お客様のお子さんとこうして歩くなんてね。
嬉しかったなあ。

赤ちゃんの頃から知っているので、成長が嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天地の恵み 弥平四郎

お引越しのお手伝いをちょこっとしまして、二男とそのまま所用で出かけてきました。
若葉台から稲城の方へ。


用事を済ませ、もう一軒寄ってから帰ろうとしてると、不意に木になるお店を発見。

で、入ってみたんですね。






天地の恵み 弥平四郎



なんと、おにぎり屋さん。
米にこだわってるみたいで、気になったので寄ってみました。
中に入ると、綺麗なおねえさんたちが居りまして、メニューもたくさんあります。
迷いますよねえ、おにぎりの具って。
どれもこれも美味しそうなので、悩んでいたら、一番人気はコレですよ、と教えてくれたのが、卵の黄身の醤油漬け。
それと紅しゃけのおにぎりを注文。

なんと、このお店、ご飯を選べるんですよ。


せっかくなので、1つは魚沼産コシヒカリを。
もう1つは…、すいません、忘れました。(笑)


少しお話をしてるうちにおにぎり登場。
お代を払って車に戻り、次の場所へ食べながら移動したんですね。


したら、隣に座っていた次男が紅しゃけのおにぎりを食べ始めまして。
あ、あら?君、そんなにお腹空いてた?と言うくらい、一気におにぎりを食べている。

その食べっぷりがあまりにも美味そうだったので、一口もらったらすごい美味しい。
塩気もちょうどよく、そりゃこのおにぎりなら一気に食べるよな、と。


で、僕の分のおにぎりももらったんですね。
こちらは魚沼産のコシヒカリ。
黄身の醤油漬けです。


こちらも黄身がネトっとして美味しく、ご飯がこれまたうまい。
半分食べたら次男にとられましたけど、また食べたい、と言っていました。


中河原から車で15分くらいで着きます。
昔は若葉台周辺は道路が狭く、混んじゃってどうしようもなかったんですが、今は車の数も減り、道路も太くなり、ストレスなく走ることができます。


若葉台からちょっと先ですが、ちょうどいい距離ですよ。
また行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故の多い日。

今日はとても事故の多い日でした。


年に一度くらい、こんな日があります。
配達に出掛けて、1日回っている間に何軒もの交通事故を見かけるんです。
普通は事故にあうことはありません。
たまに1日一件あることがあるくらい。

それが今日に限っては5件も。


混みだしたな?と思うと、先に行ったら交通事故。
また混みだしたな、と思うと事故。
今日は本当に多かった。


最後にまた事故は、なんでそうなったの?というような事故で。
反対車線の電柱に激突して前の方が大きく凹んだ事故でした。

中央分離帯で分けられている道路なので、どこから侵入してきたのかも不明。
一体何があったのやら。


ここ最近、隊長のすぐれない人も多いみたいですしね。
事故も、こうして妙に多い日があったりすると、何か共通したことが起きてて、それが事故につながりやすくなっているんじゃないか?とさえ思ってしまいます。

流石に三件目を見たときは、今日は気をつけよう、と本気で思いましたしね。


事故は起こすだけじゃなくて、もらうこともあるので、こういう日は周り含めて気を付けないと。



皆さんもくれぐれもお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 引っ越しのお手伝い 〜DIY編

おはようございます。
今日は祝日ですが、いつも通り営業中。

そんな中、午前中にお客さんの引っ越しの手伝いに来ています。
今日はDIY編。


色々試行錯誤した結果、棚をDIYするのが一番だ、と言うことになり、朝からコーナンで材料を仕入れに来ています。


有料で木材をカットしてくれます。
コーナンのアプリを入れておくとカットも無料になります。





そして、板に穴をあける必要があるので工作室で工具をお借りしてきました。

電動ドリルは貸してくれますが、ドリルピットは買わなければいけません。

さあ、穴をあけましょう。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

水汲みを交代。

我が家では飲料水を富士山まで毎月汲みに行っています。
うちの両親がやっていて、病気を機に僕らがその仕事を引き継いだ、と言う形。
店の前の水道工事の時に、錆びた水が出てきたのを見て、これはいけない、と思い、水を汲みに行き始めた、と聞いています。


その水汲みのせいで、僕は左手首をケガしています。
8月の初めに、左肩を亜脱臼しているのに気付かず、水汲みに行って手首が腱鞘炎になってしまったんですね。
なかなか治らず、未だに包帯で補強をしています。


あれから2ヶ月。


水を汲みに行ってないわけで、当然、我が家に飲料水がなくなっているんです。
お茶を買ってきたりして誤魔化していましたが、流石にそうもいかず。
子供を連れて行ってこようと考えました。

また左手は使えませんが、運転はできるし右手は普通に使える。
なんとかなるかなあ、と。


すると、どこかから声が聞こえてきたんですね。


私たちが代わりに行くよ。


ええ、両親です。
初代、水汲み職人ですよ。(笑)


朝早く家を出て、富士山まで出かけて行きました。
両親が通っていた時と今は違う場所に変わっているので、戸惑ったみたいですが、無事に汲むことが出来たようです。


当時、よっていたお店に顔を出してきて、いい気分転換になったようで。


でも、もう行きたくないだろうな。
重いですもん、水は。


次行く頃にはら治ってるといいなあ。
やっと先週あたりからホチキスを使うことができるようになってきました。
しかし、まだ重いものは無理です。
せめてね、スーツを5着くらい持てるようになればなんとかなるんだけど。
安静しか道はないのでひたすら大人しくしてるしかありません。

こんな話をしているうちに、子どもが行くようになるのかなぁ。
水汲みの世代交代も案外早いかもしれません。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧