クリーニングから返って来て、なんかおかしいな?と思ったらまずやる事は?

クリーニングのご相談を受けることが多いんですね。

こうしてブログで書いていると、似たような話があるのか、質問が結構やってきます。


半分くらいはどこかのクリーニング屋さんに出したら変になったので、やってもらえないか?と言うもの。


こう言う時は、直ぐにお受けはしません。

なぜなら、もしおかしくなった理由がクリーニング屋さんにあった時は、そのクリーニング屋さんが補償をしなければいけないから。


もし、うちで何かしらの作業をしてしまったら、もう前のクリーニング屋さんに補償は求められません。

なので、僕らがやる前に、前のクリーニング屋さんに聞いてみてもらうようにしています。


聞く内容はこんな感じで。



クリーニングから返ってきたら、風合いがおかしくなったと思うんですけど、見てもらえますか?



なぜハッキリと聞いてもらわないか?と言うと、本当におかしいのか?お客さんの方の勘違いなのか、分からないからです。


本当におかしいケースもあるし、お客様の勘違いもあります。

クリーニング屋さんが見れば、大抵はわかる。

微妙な変化の場合は、経時劣化ということも考えられます。

また、ハッキリとわかるほどの変化なら、クリーニング屋さんは真摯に応えなければいけません。

どちらにせよ、一度確認の意味も込めて、クリーニング屋さんに見てもらうことは大事なんです。


これはぼくが個人的に思うことかもしれないんですけどね。


もし、クリーニングで問題があったとしたら。


クリーニング屋さんは真摯に対応をしなければいけない、その責任があると思ってます。

お金をいただいてますからね。


と同時に、直すチャンスを与えてあげる必要がある、とも思っています。



例えば、洗い直しで直るものもある。

アイロンをかけ直す事で直るものもある。

やり直せばリカバリー出来るなら、そのチャンスをクリーニング屋さんにもあげなきゃいけないよな、と思うんです。



人間がやる事ですから、完璧を目指していてもミスはあると思います。

そのミスを責め立てる事は後でも出来る、その前にミスをリカバリーするチャンスを与えるのって健全な世の中の証だと思います。



もし、クリーニングから返って来て、変だな?と思ったら。


まずは、そのクリーニング屋さんへ相談。

そして、やり直しをしてもらいましょう。

まずはそこからですよ。



| | コメント (0)

«八王子 竜泉寺の湯。