リネンサプライ業の方と情報交換を。

コロナウイルスの事でいろんな噂が飛び交っています。

ぼくの方にも同業の友達からこんなのがあるけど?と連絡が。



情報の真偽はともかくとして、その人はリネンサプライズ業と言う、いわゆるおしぼりや作業着などをクリーニングしてレンタルする仕事をしているので、少し情報交換をしたんですね。



僕ら一般の衣類を扱うクリーニングと違って、とても細かい基準を持っていたりします。

ドイツの方のRALの認定を受けている所ですから、コロナだけに限らず、殺菌などの知識が豊富。


まだ何にも分からないコロナウイルスに対して、どうするのか?聞いてみたんですよね。



すると、やはりいろんな話を知っていて。



何もわからないからからこそ、できうる限りの準備をする、と洗剤などを取り寄せていました。

普通の洗剤や消毒では落ちきれないことも可能性であるので、効果の強いものを選択。


お話を伺っていると、やはりウイルスや菌は過去にいろんな悪さをしていて、その都度、見直して改善をして行っている、と。

それらの経験から最悪のことを想定して準備をしていると話していましたね。


リネン屋さんは、飲食や病院などにも出入りしているから基準が厳しい所もあります。

一度工場を見学させてもらいましたが、同じクリーニングでも、考え方や機械など違うのに驚きましたもん。


うちらにもこの機能欲しいなあ、なんて話が出たくらい。



とても参考になりました。


そして、クリーニング屋さんにもコロナウイルスに対しての対応の仕方が発表されたようです。

何にもわかっていないため、用心に用心を重ねて、作業者に感染しないように最大限の注意を払うようにおふれが出ています。


ノロのようにその場に居続けるものなのか、はたまた数時間で不活化してしまうものなのか。

現時点では何もわかっていないので仕方ないのでしょうけど。

出来ることをしていきましょう。




| | コメント (0)

«クルーズ船のクリーニング、どこが受けるのかな?