« 美味しい焼きいも発見! | トップページ | 破れているズボン〜結果 »

破れているズボン

『他のクリーニング屋でズボンを破られた』

というお客様がご来店しました。
当店に持ち込まれたのは破れたのとは違うズボンのようです。
お預かりするときに詳しく見させていただくと、左のお尻のあたりに擦れたような傷と穴があいています。
お客様に穴があいている旨をお伝えし、他のクリーニング店で破られたと言うズボンの穴の場所を聞くとどうやら同じ場所のようです。

こういうケースの場合、大体がクリーニング屋さんで穴があいたのではなく、生活の中で何か原因があります。

以前あったケースでは財布を入れていてこすれて穴があいたと言うものがありました。
結構気づかないようですが、日常生活において衣類を傷めているケースは良くあります。
革のバッグを使っていたら上着に色が移った!と言うケースもありましたが、お客様の方では言われるまでしみの存在すら気づかれませんでした。

あるお客様は『Yシャツの脇に黒いシミがついているので何とかして欲しい』とお願いされ、染み抜きをし
ましたが抜けませんでした。
原因を探そうといろいろ聞きますがこれだと言うものが出てきません。

バッグは使いますか?
何か脇に抱えませんか?
汚れたものを持った記憶はありませんか?

どれもノーだとおっしゃいます。
そこでお仕事を聞くと、タクシーのドライバーさんでした。
ここで一気に核心に近づきます。
シミの形や方向から見て・・・・・、シートベルトが怪しい!
そこでシートベルトを確認してもらうと原因はこれでした。

さて、今回のお客様の原因は何なのでしょうか・・・。
気になりますね。

|

« 美味しい焼きいも発見! | トップページ | 破れているズボン〜結果 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しい焼きいも発見! | トップページ | 破れているズボン〜結果 »