« 逆汚染 | トップページ | NEWS23 »

シミ抜きの難しさ

シミ抜きのご依頼が多くなってきています。

シミは皆さんご承知の事と思いますが、一般的に時間が経つにつれて落ちにくくなります。
ですが、ほとんどの場合シミがいつ付いたのか気付かないでいるケースが多く、何のしみか分らない場合がほとんどですね。

プロですから、そこを何とかして抜くんですがそれでも抜けないケースがあります。
地色(生地の色)が抜けてしまうケースです。

シミの薬剤は色々種類があります。
比較的弱めのものからかなり強力なものまで、また熱を絡める事で更に強力にしたりします。
この薬品がシミだけに反応してくれればいいのですが、現実はそうもいきません。
頑固なシミに対して強力なシミ抜き剤を使用すると、地色まで抜ける事があります。

シミは抜けたけど白くなってしまった・・・、では着れませんよね。
中には染色補正と言って、色が抜けた所を染める技術もありますが、まったく同じ色にするのはかなり難しいです。

また、薬品は弱くても生地の特性で、表面が毛羽立ってしまいやはり白くなってしまう事があります。
綿や麻などの植物性の繊維はこのような傾向がありますね。
生地の特性からシミ抜きをするのにも限度があります。

消費者の中には、簡単に、漂白剤をつければいいのよ!なんていう人もいますがこれも危険です。
繊維によってはやはり部分的に色が抜けるケースもありますし、黄色くなってしまう場合もあります。

自分で染み抜きをする場合は十分にお気をつけ下さい。

|

« 逆汚染 | トップページ | NEWS23 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シミ抜きの難しさ:

« 逆汚染 | トップページ | NEWS23 »