« 久しぶりの雨です。 | トップページ | 焼きボタン »

洗濯ボール

義理の妹が遊びに来ておりまして、お兄さん教えて欲しいことがあるんです・・・、と言うんです。
たまにはお兄さんらしい事をしてみようかと、話を聞くと、洗濯ボールと言うものの効果についてでした。
洗剤を使わないで洗濯が出来ると言うすばらしいものらしいのですが・・・。

生協で扱っているらしく、水道代が浮くのなら是非使用してみたいと言います。

本当に効果があるのか?
ちょっと調べてみました。

要点は三つ。

1 セラミックのマイナスイオン効果でふんわりと仕上がる
2 セラミックのマイナスイオン効果で泡立ちを良くししつこい汚れを落とす
3 セラミックの効果で薬剤に頼らなくても洗濯層に抜群の滅菌効果を発揮する

とあります。
ここからは私の推測です。
水はもともと分子が大きく存在しています。
H+とOH-に分かれて存在しているんですが、これが各々束になって存在しているためクラスタが大きく存在してしまうわけです。
で、これをセラミックの遠赤外線により、細かくしようと言うのがこのボールの狙いだと思います。
水の分子が細かくなると、浸透性が増します。
クラスタが小さい水は油を溶かす事が出来るんです・・・・・・・・・、ものすごく少量ですけど。

ここがポイント。
確かに浸透性は増し油も溶かしやすくはなりますが、それは極少量です。
果たして洗浄にどれだけの影響力があるのだろうか?
現実的なレベルと試験でのレベルとでは若干の違いがあります。
データでは溶かしても現実レベルでは溶かさないと言う事例はたくさんあります。

ふんわりと仕上がると言うのも洗濯層の滅菌性が向上というのも、いまいち微妙な感じです。
洗剤を使わない事による効果でもあるような気がしますね。

洗剤の効果というのは汚れを落とすだけではありません。
落とした汚れがまた衣類に戻らないように捕獲するのも洗剤の大事な仕事です。
もし洗剤を使わないで、汚れが落ちたとしても、落ちた汚れがまた全体に付着する可能性は捨てきれません。

それならね、と義理の妹にちょっとレクチャー。
残り湯を使ったお洗濯のお話です。
残り湯は本当にすばらしい、洗濯に適した水だと言う事を説明しました。

洗剤も半分になるし、汚れ落ちもいいし、色もくすまないしで、本当に良いんですよ。
もったいないからと使う人は多いけど、洗濯に適しているって知らない人は多いんでしょうか。

こうなったら、残り湯で洗濯普及の会でも作ろうかしら。

|

« 久しぶりの雨です。 | トップページ | 焼きボタン »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯ボール:

« 久しぶりの雨です。 | トップページ | 焼きボタン »