« 明日から3月ですね。 | トップページ | 素材を知っていますか? »

悲しい言葉

毎日仕事をしていると、嬉しい事が多いのですが中には悲しい出来事もあります。
今日はそんな話。

私たち商売人はお客様に商品(サービス)を提供してお金を頂いています。
お客様にたくさん利用して頂くことも喜びの一つですが、また別の喜びもあるのです。

それは、しみが落ちた時、綺麗になったとき、お客様にありがとうと言われた時。

汚れを落としている時は、綺麗にしてお客様の喜んでいる顔しか頭の中にありません。
何とかしてこの汚れを取って、綺麗にするんだ!という強い思いで仕事をしています。
時には、お客様へ衣類のお手入れのご提案をさせて頂く事もあります。

私たちは、クリーニングを通して衣類を長持ちさせる工夫を知っています。
ただ長く着れればいいというものではなく、生地もへたらず、色も鮮やかなままで着て頂ける方法を知っているのです。

それは特別な方法ではなく、定期的にクリーニングをする事だと思います。
汚れが長くついていると、落とすために衣類へダメージを与えてしまいます。
汚れたままの着用は、生地の磨耗を早めますし、良い事がありません。
ですから、私たちは早めのクリーニングをご提案しています。

しかし、この提案がしばしば誤解を招くのも事実。

『儲けたいだけだろ!』
『嘘ばかりつきやがって!』

などなど、悲しい言葉が返って来る事もしばしばです。
確かに、クリーニングで生計を立てていますが、汚れてもいないものまでクリーニングして儲けようと思ったことは今まで一度もありません。
ほとんどの業者さんがそうだと思うのですが、お客様のため・服が長持ちするようにとの願いから提案させて頂いています。

まだまだ私たちのアピール不足で誤解を受けてしまいますが、いつかお客様にこの思いが伝わるように、これからもご提案させていただきたいと思います。

|

« 明日から3月ですね。 | トップページ | 素材を知っていますか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい言葉:

« 明日から3月ですね。 | トップページ | 素材を知っていますか? »