« カシミヤのご依頼が多いです。 | トップページ | 普通にクリーニングしても縮む物があります。 »

素材の特徴を知ろう!

皆さん、衣類を買うときに素材を見ていますか?

デザインや値段は見ているでしょうね。
また、洗濯表示も見ている人が多いかも。

素材の特徴を知っていると、服を買うときもクリーニングする時も役に立ちます。
また、着用中も素材ごとに避けた方がいい事が分り、傷めないで長く着る事が出来るようになります。

とりあえず大まかに分類してみましょう。

衣類の素材には大まかに2種類あります。
天然素材から出来た繊維と、薬品などから出来た化学繊維です。

今日は天然繊維について話しましょう。

天然繊維はその中でもさらに2種類に分けられます。
植物性の繊維と動物性の繊維です。
植物性の繊維は、代表的なもので綿や麻があります。
レーヨンやポリノジックなども植物性の原料を使っているのですが、これらは特に再生繊維と呼ばれています。

植物性の繊維は、色々と特徴があります。
まず、吸湿性がいい。
下着などで皆さん実感している事と思います。
また、綿は耐洗濯性に優れていて取り扱いが非常に楽な繊維です。
しかし、問題点もあります。
それは、擦れに弱い事。
濃色に染められている場合、着用中の擦れなどで白化という現象を起こします。
また、染色がちょっと弱いので、色が出やすいんです。
Gパンを洗濯すると、水が真っ青になりますよね?
あんな感じで色が出てしまいます。

植物系の素材の服を買うときは、色が抜けやすい事、白化しやすいことなどを念頭において購入しましょう。
濃色系などは必ず色が褪せます。
色が褪せていくのが素材の楽しみ方の一つです。

次に動物系の素材ですが、代表的なものに羊毛やカシミヤ、アンゴラなどの獣毛繊維、絹などがあげられます。

これらの繊維の特徴は保温性に優れている点です。
空気を含んで断熱材の役割をします。
また、絹は光沢があり、肌触りもものすごくいい繊維です。

問題点は、虫に食われやすい所。
虫食いはほとんどがこの動物性の繊維です。
近年、稀に化学繊維などもやられるようですが、主はやっぱり動物性でしょう。

動物性の繊維は、お手入れに注意です。
汚れが残っていると虫に食われますし、またあまり激しいクリーニングは向いていない繊維もあります。
低価格の物から、高価格の物まで幅広いので、買うときは十分選んでくださいね。

化学繊維については、近々ここに書き込んでみたいと思います。

|

« カシミヤのご依頼が多いです。 | トップページ | 普通にクリーニングしても縮む物があります。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素材の特徴を知ろう!:

« カシミヤのご依頼が多いです。 | トップページ | 普通にクリーニングしても縮む物があります。 »