« 着ていれば良いってものでもないんじゃないかな? | トップページ | 地震だ! »

綿の意外な性質

今日は、綿の意外な性質をご紹介したいと思います。

このブログでも少し紹介しましたが、綿とは綿花から作られた繊維です。
吸湿性がよく、汗などを良く吸い取ってくれますので、シャツや下着などに良く使われますね。
植物繊維なので、スレに弱く白っぽくなってしまう性質があります。
また、染色もあまり強くない。
強い染み抜きなどをすると色がはげる危険性を持っている繊維です。

とまあ、ここまでは一般的な話。

綿の意外な性質、それは水に濡れると強くなるんです。

どういう事かと言いますと、強度が増すんですね。
男性の方なら覚えがあると思うのですが、水泳の時間が終わって着替えようとしたら、海パンの結び目がきつくて解けなくなってしまい、引きちぎろうとしてもまったくダメだったというような経験がありませんか?
乾いている状態なら出きる事でも、濡れていると強度が増すので引きちぎるなんていうことが出来ません。

ほとんどありえない状況ですが、がけに落ちた人を助けようとしたとします。
その時に、綿のシャツやズボンなどを繋ぎ合わせて即席のロープを作って助けようとしたとしますね。
そういう時は、水に濡らすといいんです。
強度が増して、切れるということがなくなります。

いざと言う時のサバイバルの知識として・・・。

繊維の中には水に濡れると強くなる物、逆に弱くなる物があります。
こんな性質を知っておくと、何かと使えそうです。

|

« 着ていれば良いってものでもないんじゃないかな? | トップページ | 地震だ! »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

ててさん、見てらっしゃいますかね?
すすぎの件、メールで送ったのですが今ごろあて先不明で帰ってきてしまいました。

洗濯機に付いても少し触れていたので、機会があったらここで紹介したいと思います。

投稿: boribori | 2005年7月23日 (土) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綿の意外な性質:

« 着ていれば良いってものでもないんじゃないかな? | トップページ | 地震だ! »