« 縮んでしまった上着を直してもらえますか? | トップページ | 引取りに来ない品物ってあるんですか? »

アイロンにも種類があります。

この話は、私の仲の良いお友達がブログで書いていたのでこちらでも取り上げてみようかな?と思った話です。

アイロンと一口に言いますが、アイロンにも種類があります。
私達プロが主に使っているのは3種類。

こてアイロン
生蒸アイロン
電蒸アイロン

この3種類です。

これだけでは一般の人には分りませんよね?
一つ一つ説明しましょう。

まず、こてアイロン。
これはいわゆる鉄板のようなアイロンで、熱だけのアイロンです。
蒸気などは出ません。主にYシャツなどを仕上げるのですが、これで仕上げるとやはり一味違った仕上がりになります。
現在のこてアイロンは温度の調節ができるのですが、昔のアイロンは温度調節が自動で出来ませんでしたので、感覚に頼って調節をしていました。
アイロンの後ろの方に二つの抵抗がありまして、それを入れると温度が上がり、外すと温度が下がります。
二つの抵抗も強さが違いまして、抵抗の強い方をあげると温度が急速に上がります。

では、どうやって適切な温度を見たか?
これはですね、音で見極めるんです。
軽く水で指先をぬらし、アイロンにつけます。
すると、ジュッ!っと音がするんですが、その音でどれくらいの温度か見極めているんですね。
何か凄い話でしょ?
このアイロンを使うには熟練の技術が必要です。
そういう意味でも昔は本当に技術がないとクリーニング屋さんは出来なかったんですね。

クリーニング師の試験の時はこのこてアイロンを使うのですが、あまりの緊張に温度の調節を失敗する人もいます。
シャツに乗っけた瞬間に、焦げ臭い匂いが充満して、シャツが真っ黒焦げに!なんていう事もあります。
そう、まるでサザエさんに出てくるみたいです。

今は温度を自動で見張ってくれるので壊れでもしない限りそういう事はありません。

次に生蒸アイロン。
こちらのアイロンは名前の通り、蒸気が出ます。
そして他の熱源はなし。
蒸気の熱によりアイロンをかけます。
生蒸アイロンは、ウールなどのふわっとさせたい衣類向けです。
また、蒸気以外に熱源がないため、あたりが出にくい性質があります。
今テレビショッピングで売っている蒸気が出るアイロンみたいなものですね。

そして最後の電蒸アイロン。
こちらは今までのアイロンをすべて組み合わせたようなアイロンです。
蒸気ももちろん出るし、鉄板に直に熱が入っています。
万能型といえば良いでしょうか。
このアイロンにも、サーモスタットが入っていますので、自動で熱を調節します。
非常に使いやすいアイロンの一つですね。

以上の三つが主なアイロンです。
形にも色々と種類があります。
細いアイロンや大きいアイロン、これらも用途によって選んでいるようです。

プロのアイロンは非常に重たいのですが、軽そうに使っているのを見かけますよね?
どうしてかとネタばらしをしますと、アイロンを天井から吊っているんです。
アイロンのコードに紐もしくはバネをつけまして、天井から吊ります。
するとあら不思議、あの重たかったアイロンが軽く使えるんですね。

クリーニング屋さんでアイロンを見かけたら天井を見てください。(笑)

プロが使うアイロンの話し、いかがでしたか?
またプロならではの道具を取り上げてみたいと思います。

|

« 縮んでしまった上着を直してもらえますか? | トップページ | 引取りに来ない品物ってあるんですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しております。
中河原が地元ですのでよく通りかかるんですよ。
結婚を機に今月末都内へ引っ越すので、中河原が故郷になりますが。。。
アイロンや洗濯のお話はこれから主婦になる私にとって本当に勉強になります!
大学時代は被服学科を専攻してましたがサッパリなもので。。。反省です。
これからも楽しみにしております。

ちなみに、いつもお店にいる真っ白い猫ちゃんの名前は何ですか?
かわいいです♪

投稿: pinoco | 2005年9月 8日 (木) 13時09分

pinoco さん、いらっしゃいませ。
ご結婚ですか。
おめでとうございます♪

中河原から離れると、じわりじわりと中河原の住みやすさを実感しますよー。
私もそうでした。

洗濯の極意は、選ぶ事です。
クリーニングに出した方がいいもの、自分で洗った方がいいもの、上手く分けてくださいね。
そして、クリーニング屋さんも選んでください。
独身の頃に買っておいた服は、大事にした方がいいですから。

うちの猫をご存知のようで、うれしいです。
この辺ではちょっとした有名猫で、猫目当てにお店に来る人が沢山いらっしゃいますよ。
よろしければ是非お立ち寄りください。

名前は、みーこ と言いますが、みんな呼び方は色々。
ミーちゃんと呼ぶ人が多いです。
もう10歳になる猫なので、うちの中では苗字の、くどうさん、で呼んでいます。

投稿: boribori | 2005年9月 8日 (木) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイロンにも種類があります。:

« 縮んでしまった上着を直してもらえますか? | トップページ | 引取りに来ない品物ってあるんですか? »