« 礼服のカビと食器用の漂白剤 | トップページ | 着用中の傷みについて »

左のカフスばかり汚れる。

ここ立て続けにシャツの左カフスだけ汚れているお客様がご来店。
もちろん、他も汚れているんですが、左カフスだけ突出して汚れている。

しかも、このお客さんたち、とてもおしゃれなんですよね。
ダブルカフスといって、折りたたんでカフスボタンで留めるシャツを着ています。
このシャツが何故おしゃれかといいますと、沢山あるカフスボタンを選んでつけていく事が出来るからなんです。
今はあまり着る人が少なくなってしまいましたが、昔は結構いたんですよ。

最近のクリーニング屋さんの中には、このダブルカフスのシャツのプレスの仕方を知らない人がいたりします。
普通のカフスは外側をプレスするのですが、このダブルカフスは外側をプレスしてはいけないんです。
カフスを外側に折りたたんでボタンで留めるので、プレスをする時は内側をプレスします。

プレスされた方は、艶が出るので、すぐ違いがわかります。

さて、どうして左側だけに汚れがつくのか?
答えは簡単♪
そう、時計です。
たまにある話なのですが、時計が汚れているために袖に汚れが移ってしまう事があります。

こういう時はどうするか?
時計を洗ってもらいましょう。
時計屋さんへ行くと、時計のクリーニングをやってくれます。
左の袖が汚れている人は、一度やってみてください。

時計やベルトなど、金属が当たる所は錆びもつきやすいですね。
これらも是非気をつけてみてください。
気付かない所で、しみの原因を持っているかもしれません。

毎日使うものですから、汚れるのは当たり前です。
特定の部分だけ汚れる時は、その周辺のものを綺麗にしてみましょう。

|

« 礼服のカビと食器用の漂白剤 | トップページ | 着用中の傷みについて »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

boriboriさん

お元気ですね。( 笑 )
重ねてシングルのカフスでも左側のカフスが
先に擦り切れてきてお客様が不信に思うときがありました。
やはり時計が原因で金属のベルトの時計のほうが
著しいようです。
蛇足ですけど・・( 笑 )

投稿: 四宮 | 2005年9月28日 (水) 06時25分

四宮さん、ご無沙汰です。

時計に関する汚れやキズはたくさんありますよね。
お客様が気付かないでいるので、クリーニングに疑いを持つ人もいるかもしれません。

ひどい人は、袖が切れてきますもんね・・・。

ちょっとした事なんですけど、そういう事もありますよってお知らせする必要もあるのかな。

投稿: boribori | 2005年9月28日 (水) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左のカフスばかり汚れる。:

« 礼服のカビと食器用の漂白剤 | トップページ | 着用中の傷みについて »