« 地元の野菜を食べてみますか? | トップページ | バザーやフリマはいかがですか? »

クリーニングのイメージ〜お互いプロでしょ!

夕方ちょっと時間が出来たので、ネットで調べ物。

そこで気になるHPを発見しました。
内容はクリーニングについてなのですが、よーく読んでみるとどうも誤解されてるような気がしてならない。
100歩譲って確かにありそうな話もあるんですが、一括りにクリーニングはしないほうが良いと書いてあるとちょっと行き過ぎのような感じがします。
それがテーラーさんなら直のこと。
スーツを作るプロフェッショナルがまさかこんな事を書くなんて・・・・・、とちょっと落ち込みましたね。

確かに、スーツを作るところはスーツの事を熟知していると言っても良いと思います。
でも、お手入れの事まで知っている?と言うと、私たちほど知らないでしょう。

このHPを読んでいて感じたのは、テーラーさんは新品でいる事を目指しているんじゃないかなと言う事です。
いまやスーツは作業着に近いものがありますね。
毎日着ているサラリーマンの方からすると、過酷な通勤や労働などで、スーツが傷んでいるのは誰しも感じているはず。
そんなスーツを新品を扱うようなやり方では元に戻らないんですね。

汚れが付着し、着崩れているものには、その状態にあった仕事が必要です。

確かに、クリーニング屋さんが悪いケースもあります。
書いてあるのを読んでいると、大体が悪いクリーニング屋さんだなと思うものばかり・・・。
クリーニング溶剤に含まれる水分で縮む事があります・・・・とあるんですが、ウールが水分で縮むのはクリーニング業界では周知の事実です。
しかも、ドライクリーニングの溶剤は、油ですから本来は水分が入る余地がありません。
しかし、ドライクリーニングの溶剤の管理を怠っていると、水分が入ってしまいちぢみの原因となる事があります。
また、水分だけで言えば、ウェットクリーニングは完全に水で洗いますよね。
こちらも洗い方を間違えると縮む可能性はあるわけです。

私たちクリーニング屋も、そういった可能性を考えつつ、事故が起こらないように管理をしながらクリーニングをしています。
技術も進歩していて、溶剤中の水分を取るような資材も開発されていますし溶剤を蒸留して綺麗にする事も出来ます。

なんだか、一昔前の悪いクリーニング屋のイメージしかないんでしょうね。
これはいかん!
私たちの事をもっと知っていただかなければ!!!

クリーニングやお洗濯についての誤解は一般の消費者の方にもあります。
特に今は、クリーニング屋さんに行っても受付のみで中の様子を見る事が出来ませんから、余計分りづらいのかも。

一つ一つ、誤解を解いていけるように頑張りますね。
それはきっと私たちクリーニング業者のためじゃなく、消費者の利益になると思います。

これを読んでいる同業の皆様、一緒に伝えていきましょう!

|

« 地元の野菜を食べてみますか? | トップページ | バザーやフリマはいかがですか? »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリーニングのイメージ〜お互いプロでしょ!:

« 地元の野菜を食べてみますか? | トップページ | バザーやフリマはいかがですか? »