« あきらめないでね。 | トップページ | 今晩のNHK『ためしてガッテン』を見てね。 »

良いものは大変だ!?

今日は仕事の途中に、叔父の所へお手伝いに。

片付けを手伝っていた所、汚れたカーテンを発見しました。
かなり良い品物で、厚みもあるし、とても高価な品物です。

ただ、ここ数年洗っていなかったらしく、物凄く汚れています。

このカーテンいいものですね、とおじさんに話し掛けたら、こう言われました。

『良いものはあとが大変だよ。クリーニング代は高いし。』

おっしゃる通りです。
良いものはクリーニング代も高くなります。

ただ、闇雲に高いと言うわけでなく、そこにはきちんとした理由があるのです。
今回のカーテンの場合、クリーニングをすると、かなりのリスクが伴います。

特殊な織り方をしていて、デザインも凝っている。
しかも、生地が厚く、重量もあります。

これが何を意味するか?と言うと、クリーニングした時に変化が起こる可能性が高い事を指すんです。
特に、重量があると言うのはポイントで、カーテンは長期間日光に照らされて生地が弱っています。
丁寧にクリーニングをするのは当たり前ですが、中には自分の重さに耐え切れずに破れてしまう物もあるのです。

特殊な織り方は更に扱いを難しくします。
場合によってはクリーニングして縮んでしまったり、糸が飛び出してしまったり。

このようなハイリスクを伴いながら、問題なくクリーニングをして、汚れを落とすと言う事は非常に難しい事なんです。

ですから、リスクが高い衣類には手が出せないクリーニング屋さんが出てきてしまいます。
よしんば、クリーニングをしたとしても、名ばかりのクリーニングで汚れが落ちてない事も多々ありますね。

ここがいわゆる技術力の差なんです。

言葉で書くと簡単な事ですが、汚れや素材にあわせたクリーニング、本当に難しいですね。

ただ、お客様にもご理解いただきたいこともあります。
それは、特殊な素材は扱いもやはり難しいと言う事。

麻とかカシミヤとか言うとすぐそれだけで高くなる!とおっしゃるお客様がいます。
そもそも、肌触りも段違いで違うこの素材が、ほかのものと同じような扱いでクリーニング出来るわけないんですね。

人の肌にやさしい、と言う事は、素材も更にデリケートだと言う事を覚えておいてください。

良い品物はお手入れも同じようには行きません。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

| |

« あきらめないでね。 | トップページ | 今晩のNHK『ためしてガッテン』を見てね。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 良いものは大変だ!?:

« あきらめないでね。 | トップページ | 今晩のNHK『ためしてガッテン』を見てね。 »