« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

竹の子、大量です♪

本日は、かねてより約束をしていた竹の子掘りへ。
八王子のインターから15分くらいの所にあります。

ちょうど昨日雨が降ったし、今日は天気が良いし、こりゃ出てるな?と思っていたら案の定、物凄い数の竹の子。
見渡す限り、にょきにょきと出ています。

子供を連れて、好きなものを選ばせて掘るんですが、なぜか子供が選ぶ物は小さいものばかり。
せっかく掘ったのに、15センチほどしかありません。
それくらいの大きさものもは皮をむくとほとんど食べる所が無いんですね。
もうちょっと大きなものを探してくれると良いんだけど、まだ分らないですから仕方が無いんでしょう。

1時間ほど竹の子堀を堪能した後に、釜で湯がいてもらう間、BBQをする事に。
竹の子は自分のうちでも湯がく事は出来るのですが、薪で湯がくのとは全然違います。
自宅でガスコンロを使って何時間かけて湯がいても、ここまで柔らかくならないし、あくも抜けないし。
薪の火力は圧倒的なんですね。

10時ごろにお伺いして、4時近くまでしっかりと遊ばせて頂きました。
帰ってくる頃には子供もぐっすりです。

しかし、残念なことに、私が風邪でダウン。
調子が悪かったのですが、子供の楽しみを奪うわけにも行かず強行で行ったのが裏目に出たようです。
帰ってくる頃には熱は出ているし咳は止まらないという状態だったので、薬飲んで早々と寝てしまいました。
これから二回目の薬です。

やはり薬を飲んだらすぐ寝るに限りますね。
治り方が違います。

連休、寝込まないようにしないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

G.W 今年は比較的穏やかですかね?

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。

今日からG.Wが始まりました。
当店はいつものように仕事をしています。

午前中、小金井市のほうから国分寺市へ回り、そのまま鎌倉街道を下りまして多摩市へ集配に行って来ました。

ニュースなどでは混雑が出始めていると言っていたのである程度覚悟していたのですが、出てみるとなんて事はない。
普段よりもスムーズに流れるし快適です。
やはり高速道路に集中するんでしょうね。

午後に入って高速道路も渋滞が緩和されたみたいですし、今年は比較的穏やかなのかもしれません。

長期のお休みに入る前に、スーツなどのクリーニングが一気に増えます。
こんな時でないとクリーニングする事が出来ませんから、皆さんたくさんのスーツをお持ちになりますね。

当店は明日が通常のお休みで、1,2,3は通常どおりに営業をしています。
明日は竹の子堀に行く事になっているので楽しみです。
今日は少し雨が降りましたし、にょきにょきと出てくるんじゃないでしょうか。

G.W、有意義にお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンが値上がり!

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。

配達に出ていて、ガソリンの値段が上がっているのに気付きました。
ニュースなどで原油価格が上がっているとの報道は目にしていましたが、それ以上の値上がりです。

ガソリンレギュラーが134円〜138円。
一時期のハイオクをはるかにしのぐ値段になっています。

問題なのは、他の石油製品ですね。
おそらく今後値上がりしてくるだろうと予測されますが、果たしてどれくらいになるのか?

去年暮れにクリーニング業界でも価格の改定が行われたお店が何件もありました。
あれから半年ほどですが、今回はどうするんでしょうかね。
私たちクリーニング業はほとんどの材料が石油製品です。

ハンガーもポリの袋も、ドライクリーニングの溶剤も。
シミ抜き剤も石油系のものがありますね。

すべてのものに跳ね返ってきます。

原油価格の高騰はいつになったら治まるんでしょうか。
半年経たないうちにこんなになってしまうと、正直言いまして、非常にやりにくくて仕方ありません。

メーカーさんはもっとやりにくいんでしょう。

もしかするとまたクリーニング代が上がるかもしれませんね。
今のうちにクリーニングしておいた方が良いかもしれませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配達出来ない???

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。

道路交通法が改正され、6月から駐車違反の取り締まり方法が変わります。
民間会社への委託を含め、今までとはかなり様子が違うようです。

概要はこんな感じ。

1 駐車違反の確認業務を民間委託する。
2 罰則金を納付しないと車検が受けられなくなる。
3 放置車両を見つけ次第、すぐ取締りを行う。

問題は3で、今までならタイヤに印をつけられてから一定時間後に取締りを受けていたのが、見つけた段階で取締りを受ける事になってしまいます。

今回の法改正で、本日付で警視庁より取り締まり活動ガイドラインが発表されました。
重点的に取締りをする地域、時間を発表して注意してもらおうといったもののようです。

HPはこちら。
警視庁ガイドライン

これを見ていて、ちょっと困惑しています。
と言うのも、当店の前の道路も重点地域ですので、荷物の積み下ろしにも問題が起こりそう。
ここは工夫をするとしても、宅配クリーニングをご利用のお客様のところで問題がある地域がいくつか発生しています。

自分が回らせて頂いている地域の所轄の警察署のガイドラインを見てみるとほとんどの地域が重点地域です。

多摩市永山駅周辺や、府中駅前、調布市や武蔵野市も。
小金井市にもあります。

警察関係の方がどう思っているか分りませんが、クリーニングのお預かりで、ぱぱっと済ませるなんて事は出来ないんです。
検品しながら説明をし、ご要望をお聞きしたりしていると10分くらい簡単に過ぎていきます。
この時期、冬物が大量に出るお宅などでは30分いることもしばしば。

本当に困りました。
どうすればいいんでしょうか。
近くにコインパーキングなどがあればとめる事も出来るでしょう。
しかし、先ほど調べてみるとお伺いしているお宅の近くにコインパーキングがない所が何件かあります。

クリーニング屋さん、何人かにこの話をしてみても、あまり気にしている様子は無さそう。
始まってみないと分らないのは確かですけど、取り締まられてからでは遅いんですけどねえ。

せめて、業者は事前に警察に登録制とかにしておいて、フロントガラスに張っておいたら30分ほど免除してもらえるとかそういった対策は取れないものなんでしょうか。

宅配ビジネスは皆さん頭抱えています。
何とかならないものですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カシミヤの柔らかさ!

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。

ここ最近お預かりしている品物の多くは、カシミヤやアンゴラ製品です。
今年は、セーターやカーディガン、オーバー類も多いですね。
それだけ寒かったという事なんでしょう。

素材にあわせて洗っているために、お時間をかなり頂いております。
4月の前半にお預かりしたカシミヤアンゴラ製品の仕上げをしていて、ふっと感じたんです。

うちのカシミヤのクリーニングは柔らかい。

今まではそんな事は当たり前で、気にした事がありませんでした。
しかし、去年辺りから周りは違うんだなと思い始めまして・・・。
カシミヤやアンゴラの風合いがなくなり、硬くなったり、縮んだりしているものが多いんですね。

そういうものを目の当たりにする事で、当店の技術を改めて確認する事ができました。

中には、アンゴラやカシミヤは固くなったら加工剤を使えばいい、と言うお店もあります。
確かにそういう加工剤はありまして、一部製品の段階で使われている事もあります。
一種の柔軟剤のようなものなんですが、カシミヤのような肌触りを作り出す事が出来るんですね。

しかし、ちょっと違うと思うんです。
確かに肌触りはカシミヤタッチですが、本来のそれとはかなり違います。
硬くなってしまったオーバーなどにこの加工を施すと、表面はフワフワ、腰は固いと言う不思議なものが出来上がってしまうんです。

長い間着用する事で、段々とカシミヤの柔らかさが薄れていく事は確かにあります。
その時にこのような加工をすれば良いので、初めからこの加工をあてにするようなクリーニングは本来望ましくないと思うんです。

素材にあったクリーニングをすれば、柔らかい生地をそのまま仕上げる事が出来ます。

素材で勝負できるうちは素材で勝負した方が良いですよね。
加工で誤魔化していてはいけません。

柔らかく仕上がったカシミヤのセーターなどを見ていると、そう強く思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雹(ひょう)が降った!

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。

今日は驚きましたね。
先日、物凄い雨の後に急にはれた話を書きましたが、それを越すくらいの物凄い天気です。

午前中、小金井市から三鷹市へ宅配に出かけ、そのままお昼前に調布市のお客様の所へ行きました。
それまではいい天気だったのに、あらら?と思っているうちに空が物凄くどんよりとしてきます。
こりゃ、降るな?と思ったので、大急ぎで品物を預かり車に戻りました。

そこから府中駅前にあるリサイクルショップさんへ行く予定だったのですが、降ってきましたよ、雨が。

最初はポツリポツリとだったので、少し甘く見ていたのですが、次第に強くなり、良く見ると雹が混じっているんです。
あまりの大雨に、この雨が通り過ぎれば晴れるだろうと思い、集配を途中で中止し、一度お店に戻る事にしました。

カミナリは光っているし府中の方へ行けば行くほど強くなるんですね。
お昼頃にお店へ到着。
すると、今度はビックリするほどの大きい粒の雹がどばどばと降ってくるんです。

時間にして5分くらいでしょうか。
今までこんな体験はした事がないですね。

その後は雨に戻り、さっきまでの雹が嘘のようにだんだんと晴れ渡っていましたけど。

集配に出かけ出して10年以上経ちますが、天気にまつわる経験は結構いろいろな事があります。
一番衝撃的だったのが、台風の影響で大雨になり、小金井市の道路が冠水していた事でしょうか。

本当に川なんですよ、道路が。
恐る恐る進んでいって、初めて足の下に水の気配を感じました。
私がその頃乗っていたのはタウンエースという1BOXだったので車高が高いんですが、それなのにしたからちゃぽんちゃぽんと音がするんです。

本当に生きた心地がしませんでしたね。

その日は、他にも凄い光景がありまして、マンホールから水柱が立っているんです。
垂直に数Mは上がっているんですよ。
これにはもうビックリです。

後から聞いた話ですと、そこの道路の下水道は元から管が細いので、こんなに大量の雨には対応しきれないんだそうで、逆流のような形で出たらしいです。

しかし、こんな凄い光景も、配達の帰り道、1時間半ほど後に同じ道を通ると何事も無かったような風景に戻っているんですよね。

本当にビックリです。

やっぱりちょっと異常気象なんでしょうか。
気になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪流行ってるようです。お気をつけて。

※ G.Wのお休みの情報です。5月4、5日とお休みを頂きます。その他は通常どおり営業をしておりますので、是非ご利用ください。


先日、うちの息子が風邪を引いた話を書きました。
実はそれから一週間ほど風邪を引きっぱなしだったんです。

39度の熱が出て、お腹は下し、咳も出る、といった症状で、時には熱が下がり、しばらくすると熱が上がりといった感じです。

先週の金土と病院で点滴を受けて、何とか熱が下がって来ました。

1週間ぶりに幼稚園へ通うと、どうやら似たような子が多かったらしく、先週は半分の子が着たり来なかったりといったようです。

で、この風邪、やっぱり家族に移ります。(>_<)

うちでも、私が先週末頃から咳が出始め、下の子も熱っぽい状態です。
しばらくがまんの時ですね。

熱が出ないのは幸いと言う事で、今日は早めにお休みさせていただきます。
まさかこんな時期に風邪なんて・・・。
本当に、皆さんお気をつけください・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタにて

今日は午前中にトヨタ西東京カローラ 府中店に行って来ました。
私のお客様がお車を買いたいというお話がありまして、中学生の頃の友人がトヨタに勤めているので一緒に同行した次第です。

この友人、数年前に嫁さんの車の車検でうちに来た時にばったりとあって、偶然の再会を果たしたわけです。
というか、私も彼も数回顔を合わしても気付かずに、普通に営業マンと家族と言う形で話をしていたんです。
が、車検証を見た時に彼がはたと気付いたらしく、声をかけてくれました。

それ以来、うちの、車の点検相談はすべて彼に任せています。

この彼、中学の卒業から会っていないんですが、物凄く優秀な営業マンになっていました。
優秀な営業マンというと、どのように想像されるでしょうか?

色々な営業マンを想像されると思います。
彼のタイプは、お客様にとって優秀な営業マンなんです。

お客様を第一に考えて、お客様に良いようにいろいろな事を調べてやってくれます。

たとえば、新車の知識も半端ではありません。
しかもそれが具体的な話しが多いんですね。
経験から来ると言うことももちろんあるんでしょうが、様々な情報をどうお客様に伝えていくかと言う事を常に考えている結果のように感じています。

だから、説明を受けていてもとても分り易いし、心配な事があってもきちんと説明をしてくれます。

だから、不安がなくなるんですね。

他にも営業マンはたくさんいますが、彼の行き届いたサービスを越えるような人はまだ私は知りません。
本人は、まだ至らない所ばかりで・・・・・、と謙遜していますが、その意識が更にお客様へのサービスを良いものにさせていくんでしょう。

私は人に紹介するときには結構気を使うタイプなんですね。
でも、彼の場合は誰に紹介しても安心なんです。
心から任せられる、といっても良いでしょう。

本当に十数年の間に凄くなったなあと彼と会うといつも思うんですね。
負けてられないし、自分もそうなりたいなあと強く思います。

本日同行したお客様も、彼の説明や対応に満足して頂けたようで、話がスムーズに進んで行きました。
これからまだお付き合いもあると思いますが、彼なら大丈夫でしょう。

お車の買い替えを考えている方、府中周辺ならご紹介します。
ご一報ください。(^.^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣はパリパリにはならないですね。

つい先ほどまで仕事をしていました。
お店のほうも11時近くまで開けていましたね。

段々と忙しくなってきて、営業時間中に仕事が終わらない日があります。
今日は白衣やシーツのプレスで遅くなりました。

午前中に配達に出かけたおたくに、浴衣をお届けにあがりました。

当店では、浴衣はアイロンでかけているのですが、他のお店ではもろもろの事情からプレス機などでばったんばったんと押しているようです。
その為でしょう、他店で仕上げた浴衣はどうもパリパリらしいのです。

まるで裃見たい・・・・・、分りますかね?
まるで紙かなんかで出来た服のように、バリバリになっているようなんですね。

今日お届けにあがったおたくでも、同じ事を言われまして、『こんなに柔らかく仕上がるのならいいわね。』と言われました。
今まで出していた所はパリパリだったようで、浴衣のクリーニングはそういうものだと思っていたようです。

最近は聞かれなくなりましたが、昔はクリーニングの良し悪しを判断する言葉の中に、『風合い』と言う言葉がありました。
私たちプロの業者の中でも風合いを良くとか、そういう言葉が昔は飛び交っていましたね。

しかし、ここ数年、風合いと言う言葉がなくなっています。
それは、主観的な意味合いが強く、人によってまちまちである事から、判りづらいので使われなくなってしまいました。

しかし、お客様から色々とお話しを聞いていると、クリーニングで嫌な思いをしているほとんどが風合いに関係しているんですね。

硬くなってしまったとか、肌触りが悪くなったとか、艶がなくなったとか。

もちろん、この他にもありますが、お客様が大事にしている事が私たちクリーニング業者からなくなっていっているのではないかと思います。

服を着るために汚れを落とすのですが、ただ落とすだけでなく、服そのものの風合いも非常に大事な時代になってきていると思います。

風合いを語るクリーニング屋さんは今どれだけいるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信号機が移動?

今日、中河原の商店会から、一枚の紙が回って来ました。

読んで見るとちょっとびっくり!
信号機の移動に関する話です。

簡単に話すと以下のとおり。

中河原駅から多摩市方面へ向かう、鎌倉街道には現在2つの信号機がある。
鎌倉街道によって、住吉町5丁目と住吉町2丁目が分断されている。
長谷工のマンションなどが建って、5丁目の人口が急激に増えつづけている。
今の信号機のままだと、下りから上り方面への右折が増えてしまう恐れがある。
そこで、北京家庭菜の前の信号機と横断歩道をセブンイレブンとフォトエキスプレス21の前に持ってきたらどうか?

と言う話。

ホテル スプリングスの横の道とセブンイレブンの横の道が一直線に繋がるイメージですね。
これが現在、住吉町5丁目付近の方から話が出ているらしいです。

確かに、現在は恵仁会病院の前の信号機からしか右折やUターンは出来ませんでした。
セブンイレブンの横に信号を持ってきたら・・・・・、どうなっちゃうかなあ。

車のことを考えると面白い案かもしれません。
でも、人の事を考えるとちょっと微妙ですね。
セブンイレブン横の道は、住吉小学校へ続いているし、公園もあるし、東京エレクトロンなどの企業もあって、お昼になるとこの道を使ってお弁当を買いに来る人もたくさんいます。
何より、道が狭い!
今でも狭い道をかなりの車が通っていくのに、これ以上交通量が増えるとちょっと危険かもしれません。

今は変えよう!と言う運動だけらしいので、今後どうなるか?要チェックですね。

町が変わろうとしていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急な雨で服が濡れた時は。

今日は凄まじい一日でした。
朝、小雨かなあと思っていると、そのうちに物凄い土砂降りに。
そうかと思うと、急に雨がやみ、風が強く吹いています。
そして、また豪雨。

午前中は今日は春の嵐だな、なんて思っていたのですが、それが嘘のように午後からは綺麗な青空です。

こんな日もあるものなんですね。

さて、午前中お店でアイロンをかけていると雨の中ずぶ濡れになりながら走る人をたくさん見かけました。
しかも、スーツです。

きっと大変でしょうねえ。
洗ってないと、雨で匂いが出てくるし、今日一日気持ち悪かったんではないでしょうか。

急な雨でスーツが濡れた時は二つほど気をつけるポイントがあります。

1 ハンガーにかけて乾かす。
2 濡れたまま袋に入れておかない

濡れたスーツはハンガーにかけて乾かして欲しいんです。
どこかに引っ掛けるようにして乾かすと、雨の水分と適度な圧力でシワが強力についてしまいます。
後でシワを取るのに物凄く苦労することになるんです。

そして、ここが結構重要なんですが、雨で濡れたスーツを後日クリーニング屋さんへ出そうと思い、濡れたままだと置き場が無いのでビニール袋に入れたまま置いておく人がいます。
この状態にしておくと、先ほどのシワも強力についてしまいますし、何よりもカビが生える可能性があります。

濡れたスーツはきちんとハンガーに吊るして乾かせば、プレスなどで元に戻ります。
しかし、その後の処置を誤ると雨よりひどい事になってしまうんですね。

スーツなどウール製品の乾燥で、乾燥機の使用は控えた方がいいと思います。
早いほうがいいかな?と思う人もいるかもしれませんが、ウールに水分と熱が加わって、さらに揉んでしまうと、縮んでしまうんですね。
この縮みは、もう直す事が出来ないものなんです。
絶対、やらないでください。

雨に濡れた時は、慌てずにハンガーに吊るすようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹の子を頂いちゃいました。

仕事をしていると、いろいろなものを頂いたりします。

夏の暑い時期は、ジュースの差し入れを頂いたり、冬の寒い日には温かいコーヒーを頂いたり・・・。
他にもまだありまして、お買い物帰りのお客様から、少し置いていくわ、とお野菜を分けて頂いたりします。

ゴールデンウィークも間近に控えて、そろそろ竹の子の季節だなあ、と思いながら仕事をしていると、八王子からお客様がいらっしゃいました。

袋いっぱいの冬物と、なぜかその下に段ボールの箱があります。
何かな?と思っていると、

『今朝掘ってきたたけのこ。湯がいてあるのと無いのとがあるけど食べて。』

そうおっしゃるんです。
見てみると、ビックリするほど大きなたけのこがズラリ!
ありがたく頂戴しました。

その後、仕事も終盤に差し掛かり、もうちょっとで終わるかなあと思っていると、小学校の前のお客様がご来店。
クリーニングじゃないんだけど・・・・・、と言いつつ出て来たのが、たけのこ。

おかげさまで本日の夕飯は竹の子づくしとなりました。m(__)m

八王子のお客様から頂いた竹の子は、大きな釜で湯がいているので、ビックリするほど柔らかいんです。
歯の弱い人でもらくらく噛み切れるくらい。
ここまで柔らかくなっていると、灰汁も抜けているしおいしいんですよね。

今ごろ残りの竹の子を湯がいているんではないでしょうか。
明日は竹の子ご飯かな。

結構クリーニング屋さんはいただき物が多いんじゃないですかね。
何故だか分りませんけど、わたしの知る限り、お客様に可愛がってもらっているクリーニング屋さんは本当に多いです。
クリーニングと言う仕事は日常に密着しているって事なんですかね。

以前は、配達の最中に柿取っていけと言われ、柿を取った事があります。
たくさん頂きまして、次のお宅におすそ分けしたりして。

府中周辺は畑があったりまだまだ自然も多いですから、このような事があるのかもしれませんね。

物を頂く以上に、お客様の気持ちが嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単じゃないんですよ・・・。

受付をしていて困ってしまうのが、『簡単に落ちますよ。』と言うお客様の言葉。

今日も、ネクタイをお持ちになったお客様がいらっしゃいまして、シミが付いているので落としてもらいたいと言うお話しを頂きました。
お話しを聞くと、いつ付いたか分らない、何のしみか分らない、初めてのクリーニングで買ってからそんなに経ってないから・・・・、とおっしゃいます。

しみを見ると、ぽつぽつと変色しているシミが。

時間が経っていないというけど、どうもそれなりに時間が経っているようです。
お聞きすると、最後につけたのが一年位前とおっしゃいます。
つまり、最低でも一年前のシミと言う事ですね。

ネクタイはクリーニングが難しい商品です。
素材もそうですし、生地の使い方もちょっと違います。
その説明をお客様にさせて頂きまして、とりあえずやらせて頂くと言う事で了解を頂きました。

色々な汚れやシミがありますが、どれも簡単に落ちるなんていうものはありません。
生地にもよりますし、シミの付き方や時間による変化もあります。
どんなに簡単そうな衣類でもシミでも、万が一事故になる可能性はゼロではないんです。

簡単に取れるでしょ、とおっしゃるお客様のお気持ちもわかります。
しかし、私たちプロのクリーニング屋が、簡単だと慢心をしてしまったら、事故が絶えなくなってしまいます。

お預かりする衣類は全部違うものです。
簡単そうに見えて、簡単ではないんですよね。
綺麗にしてお客様に渡すまでの間に、想像を超えるような苦労をする事もしばしばです。

喜んでもらえるためにも、日々努力ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集配から帰ってきてビックリ!

よく、集配から帰ってきてビックリ!という事があります。

何にびっくりするかと言うと、品物の汚れなどです。
一応お預かりする時に、玄関で簡単な検品をさせて頂くんですが、これがなかなか思うように行かないんですね。

と言うのも、どこのご家庭でもそうなんですが、玄関で衣類の色や汚れがはっきりと分るほど明るい所ってそう無いんです。
ですから、お預かりする時には気付かなかった汚れが帰ってきてから発見!なんていう事もしばしばあります。

お急ぎで受け付けたけど、帰ってきたら厳しいかな?という時もあります。

私が玄関先で見る時は主に素材と色、装飾品をチェックしています。
最近はデリバリーと称して新しくクリーニングの集配をしている所もありますが、お預かりする時に判断が出来る人は少ないのではないでしょうか。

危険性のあるもの、お時間のかかるもの、これらは実際にクリーニングの現場を知らないとお話する事が出来ません。

今は結構な数で集配にいっている人がバイトだったりするので、余計答えられないんですよね。

お預かりしている時に私が考えている事は、クリーニングの仕方なんです。
この衣類はどういったクリーニングをすればいいかな?と伝票に書きながら考えています。
ですから、お客様にお話が出来るんですね。

そういえば、少しずつ増えてきたのが、玄関の外で受け渡しをする方法です。
今までは、玄関の中まで入れていただいて、そこで出票に書いていたんですが、最近は防犯の意味でしょうか、玄関の外もしくは門の外でお受け渡しをするお客様がいらっしゃいます。

一点二点なら問題ないですが、数が多くなるとさすがに厳しいんです。
それだけ自己防衛をしないといけない世の中が寂しいですよね・・・。

集配に来る人も色々です。
なるべくならプロの人に来ていただきたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒暖の差で熱が。

一昨日から、長男が熱を出しています。

金曜日の午後、幼稚園から帰ってきて、そのままお友達の家へ遊びに行ってしまいました。
帰ってきたのが5時ごろだったでしょうか。

ふらふらしていたので、遊び疲れたんだなあ、と思っていると、どうも様子が変です。
体を触ってみると熱い!
どうやら熱を出した模様。

すぐに体温計で測ると38.5度。
食欲はあるようなので、食べられるだけ食べさせてその日は寝かせました。

あくる日の土曜日、朝体温を測ると36.5度。
平熱に下がったので一安心と思いきや、夕方からぐぐっと上がり、昨晩とほぼ同じ38度。
やっぱり一晩では治りませんね。
しかし、幸いな事に、食欲だけはあるのと、熱があるわりには元気なので、いつも通りがつがつと食事をさせて早めに寝かせました。

で、本日日曜日。
まだ少し熱がありそうです。
動く事は出来るし、いとこがきて大暴れ出来るほど元気、でも熱があります。

薬を飲んでくれませんから、治るのが遅いんでしょうね。
普段飲まないんだから、飲めば一発で治るのに・・・。

月曜日、熱があったら幼稚園はお休みですね。
しかし、この寒暖の差で、疲れが溜まっている人は何かしら影響が出ているようです。
季節の変わり目は体調が優れないでしょうから、皆さん気をつけましょうね。

子供の風邪が移らないか内心びくびくしています。
これからもっと忙しくなると言うのに、寝込んでいられませんから・・・。

ほんと、気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職活動が終わったら

先月から就職活動で使うと言うスーツのクリーニングがたくさん来ます。
アイロンのかかったスーツを、ピシッ!と着たいんでしょう、急ぎが多いですね。

しかし、その就活もそろそろ終わりのようで、学生さんたちも早く決めて残りの大学生活を楽しみたいようです。

学生さんとスーツと言って私たちがイメージするのは、カビだらけもしくは真ッ黄色になってしまったスーツ。
あまり良いイメージじゃないんですね。

入学式に着ただけでそのまま放置しておいたり、お祝いなどで1回着ただけと放置しておいたりして、このような結果になってしまうことが多いようです。
実は、就職活動の後も要注意。

以前もここで書きましたが、衣類は洗ってしまうのが鉄則です。
また、一回しか着ていないと言う服でも次にいつ着るかわからないものは、洗って仕舞わないとダメにしてしまいます。

次に着る予定がはっきりとしているものは大丈夫。
いつ着るか分らないという事は、何年もそのままにしておく可能性もあるんです。

汚れがひどくなっているものなら、何とか誤魔化せます。
カビも、とりあえず表面だけは落とす事が出来ますし、臭いも対策をとれなくもありません。

怖いのは、虫食いでしょう。
いざ着ようと思ったら、所々に穴があいていて、とても着る事が出来る品物じゃなくなっている、なんてことはざらにあるんです。

普段着ない人に限って、こういう事が起こります。

逆にいうと、普段着ない人は着たら必ずクリーニングをしてしまい、使うときは早めにチェックする事で対処が出来るんです。
万が一、着れない状態でも早めに気付けば買う事も出来ますし、レンタルも出来ます。

そろそろ就活もおわりです。
必ず、洗って仕舞うようにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悩みどころ

暖かくなったり、寒かったり、この時期の服装はとても悩みますね。

今日も集配の途中、新小金井街道で面白い光景に出会いました。
向こうから歩いてくる女の人はコートを羽織っています。
そして、横断歩道を颯爽と横切っていく自転車の女性は、なんと半袖短パン。

本当に同じ季節なのか?と思っちゃうような光景です。

実は、この時期私たちも非常に悩んでいたりします。
何に迷うかと言いいますと、窓を開けようかどうしようか。

些細な話でしょ?
でもですね、悩んでいたりするわけです。

段々と暖かくなってくると、お店の中の気温も急に上がり始めます。
冬場はちょうど良い暖房代わりだったのが、一気に夏のような気温まで上がってしまうから体がついていきません。

今日も夕方には、私のひざの辺りにある温度計が25度を指していました。
頭の辺りは30度を越えていたと思います。

そうなんです、すでにかなり暑いんですね。

当然、汗もかきますので、半袖などの対応はするんですが、窓も開けたいんです。
でもでもでも・・・・・、この位の気温で窓を開けてしまうと、夏の本当に暑い時期に堪えられないんじゃないか?と思うんです。

夏場の気温は本当に凄いんです。
窓を全部開け、ドアも開け、換気扇を回し熱を外に逃がします。
タオルを常備しておいて、汗は逐一拭いていく、こんな感じです。
気温でいいますと、40度から45度くらい。

考えるだけでも汗が出てきそうです。

ね、この話を聞くともうちょっと我慢した方がいいと思いませんか?
で、私もそう思うので、ぐっとこらえて窓は開けないでいます。

もうしばらくすると、とりあえず今の温度には慣れてくるはず。
そうすればまた体が楽になるでしょう。

それまで、がまんがまん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リピーターになっていただける喜び

クリーニング屋さんは、リピートをして頂く事が多い仕事です。
1回こっきりと言うお客様も当然います。
染み抜きとか他で断られたものとかをお持ちになるお客様です。

もちろん、ご利用していただくと、回数など関係なく嬉しいのですが、リピートして頂くとそれはまた別の嬉しさがあります。

なんと言いますか、クリーニングの仕事を認めていただけたような、気に入ってもらえたのかな?なんて思う瞬間なんですね。

以前ここのブログにも書きましたが、出来うる限りのクリーニングをして、汚れを落としたつもりでも、汚れが残る事もしばしばです。

そこでいつも悩んでいたりします。

もっと落とす方法はないのか?綺麗に出来ないか?
いつも自問自答です。
もっとも、今の仕事に満足していたら技術も進歩していかないんですけど・・・。

そんな時に、お声をかけていただいたり、再度利用して頂いたりするとやっぱり嬉しくなるんですね。
で、もっと頑張ろう!と強く思うんです。

人間弱いもので、自分だけではどんなに頑張ろうと思っても挫折をしてしまいます。
どこかで評価してもらったり声をかけていただくだけで、それが次へ向かう活力になるんですね。

カシミヤ・アンゴラ専門店 カシミヤクリーニング.COMをご利用いただいたお客様も、ほとんどのお客様がリピートしてくださっています。
本当に嬉しいんですよね。
ネットでのクリーニングの受注は試行錯誤の連続でした。
パソコンのトラブルでご連絡が遅れたりして、ご迷惑をおかけした事もあります。

それでも、また衣替えシーズンがやってきて、『今年もお願いします』、と言うメールを頂くと感謝の気持ちでいっぱいです。

カシミヤクリーニング.COMは、カシミヤやアンゴラ製品のクリーニングでお困りの方がたくさんいると言う事をお客様の話から感じ、クリーニングでダメにされる前にお手伝い出来ないか?と思い始めたプロジェクトです。
お客様の方も、大事なコートやオーバー、セーターを宅配便で送ってクリーニングしてもらうなんて、最初はきっとドキドキしていたと思います。

そんな不安を抱えていると思うからこそ、綺麗にして返したかったと言う思いがあります。
クリーニングにあきらめないで、綺麗になると言う希望を感じて欲しかったのかもしれません。

リピートして頂いたお客様の気持ちに応えるよう、これからも頑張っていきます。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニングの検品とお返しと。

インターネットで宅配便でクリーニングをお受けしています。
宅配便で届いたらすぐ検品をするのですが、気になることをチェックしておいて、お客様へメールでご連絡しています。

何をお伝えするかと言うと、汚れの具合や傷み具合など。
また、洗うために必要な情報をお客様にお聞きするようにもしています。

汚れにも色々とあります。
着用期間が長くて汚れているのか、特殊な事情で汚れてしまったのか、クリーニングをしてたはずなのに汚れてしまったのか、様々ですね。
そして、その原因にあわせてクリーニングをするんです。

こちらからの質問はお客様もお答えしづらいだろうなあと思います。
場合によっては職業や生活習慣などをお聞きする事があるからです。

でも、その情報が汚れを落とす鍵になってくれます。

汚れや傷みは生活の延長です。
何もしないでできる物ではありませんから、原因があるわけです。

ごく稀にある話ですが、お預かりした衣類の色がくすんでいて、全体的に汚れているなと思っていたんですが、実はそのくすんだ色が元の色だったということがあります。
事前に色の話を聞いておいたので、無理なクリーニングはしませんでしたが、聞かなければ落ちるまで何回もクリーニングをしようとしたでしょう。

クリーニングの目標は元の状態に戻す事です。
完全にもとの状態にはもちろん戻せませんが、近づけるようにみんな努力しています。
しかし、着用してから私たちのところに来るので、元の状態が分らない事もしばしばあるんですね。
ですから、お客様に色々とお聞きします。

そして、お返しするときにも色々と必要な事をお伝えします。
クリーニングした後の状態や、衣類の特徴から気をつけていただくこと、仕舞う時の注意など、様々です。

いつも通り何気なく着ている洋服ですが、扱い方を知っていたり仕舞い方を知っているだけで服の寿命が格段に延びます。
私たちクリーニング屋さんだからこそわかる情報はお伝えするべきですよね。

宅配便で当店をご利用のお客様に、まるで洋服のお医者様のようですね、とお返事を頂きまして、とても嬉しかったんです。

クリーニング屋さんの間では何年も前から、クリーニング業はどうあるべきか?と言うような議論がされています。
その中の一つに、衣類のお医者さんを目指す、と言うものがあるんですね。

お医者さんのように、治療とまではなかなかいきませんが、汚れを落とす事で、長持ちさせ、お客様に衣類の情報をお伝えする事で予防にもなります。
至らない事だらけですが、少しでもお客様にそう感じてもらえたと言うのが嬉しくて嬉しくて・・・。

この一言でまた頑張る事が出来ます。
本当に感謝です。

何事もなかったようにお預かりし、お返しするお店もたくさんあります。
でも、当店ではそれは出来ません。
お客様との情報交換がとても重要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリーニング後、仕舞っておいたら虫食いに!原因は?

私の大事なお友達、ブルーローズさんから、コメントを頂きました。

『実は昨年冬物を出した時に、セーターとコートが虫に食われていました。セーターはともかくコートはとても気に入っていただけにショックが大きかったです。春先にクリーニングに出して、その後洋服ダンスで保管してました。何がいけなかったのでしょうか?最近はこれでもか(笑)と言うくらい防虫剤入れてます(^^ゞ』

これは非常にショックです。
お気に入りだからこそ、クリーニングに出したんであろうし・・・。
現物を見ていないのではっきりとは断定できませんが、いくつか原因が考えられます。

1 クリーニングが悪く、汚れが残っていたため虫に食われた。

2 虫が好みそうな柔らかい生地だった。

3 防虫剤の使い方が悪かった。

4 最初から虫穴があいていた。

ざっと上げただけでもこれくらいは出るでしょうか。
一つ一つ検証してみましょう。

まず一番目ですが、クリーニングで汚れが落ちてなくて虫に食われると言った事は実際にあります。
本当に落ちないシミと言う物もありますし、落ちるはずのしみを落とせていなかったということもあるでしょう。
どういったクリーニング屋さんでクリーニングをしたのかが重要になってきます。

2番目は汚れ以前にとても柔らかい生地で、虫の大好物でやられてしまった、と言う事も考えられます。
虫も生き物ですから、硬い物を食べるよりも柔らかい物のほうを好みます。
柔らかい生地に汗などの汚れが付いていると適度な味がついてご機嫌で食べるのです。

3番目は防虫剤の事をよく知らないために起こる事故です。

防虫剤は忌避剤と呼ばれていまして、虫が嫌がる成分を出して虫を近づけないようにしています。
中には嫌な成分をものともしない虫もいるので、全部の虫を避けてくれるわけではありません。
また、防虫剤は空気より重いので、下に貯まる傾向があります。
防虫剤を使うときは衣類の上におくようにしないと効果が全体に行き渡りません。

そして、ここが重要!
防虫剤を入れた箪笥はむやみに開けない。

せっかく防虫剤をいれて、箪笥の中に効果を行き渡らせているのに、扉を開けてしまうと防虫剤の成分が外に出てしまいます。
成分が抜け出してしまい、効果も半減です。

そして最後、4番目は無さそうでたまにある話なんです。
虫穴に気付かない人はたくさんいます。
一年間、ずーっと気付かないなんて事も。
ですから、仕舞っておいて出来たのか、その前にあったのか、よく調べてみないと分りませんね。

虫食いを防ぐために、注意した方が良い点は以下の四つです。

1 クリーニングをしてから(汚れを落としてから)仕舞う。

2 防虫剤を入れる。(空気より重いので上のほうに)

3 除湿剤を入れる。(カビ防止と虫対策に)

4 仕舞ったら次のシーズンまで開けない

以上のような事に注意して頂いて、仕舞ってみてくださいね。
防虫剤だけでは逃す恐れもあります。
除湿剤も忘れずに入れて置いてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とほほ、配管パイプのパンク。

クリーニング屋の蒸気は、ボイラーから取っています。
配管をして、工場内にまわしているのですが、そのパイプから蒸気の漏れを発見しました。

場所は、アイロン台の上。
そのままでも仕事が出来ないわけではなかったのですが、ちょっと問題のある箇所だったのでどうせならちゃんとしておこう!と言う事になり、機械屋さんに連絡をしました。

今日の寒さで、冬物の衣類がパタッと止まっているので、思い切って午前中の仕事をストップ。
大きなボイラーを使っているので、配管を変えるのにもボイラーを止めないと危ないんです。
電話をしてから約1時間後に機械屋さんが到着しました。

問題箇所を見てもらい、相談しながら配管を決めていきます。
通常は壊れた所をそのまま変えるだけで済むのですが、今回は少しばかり変更をしてもいましたので、ちょっと時間がかかります。

しかし、蒸気の威力って凄いですよね。
時間をかけてですが、配管を突き破って蒸気が漏れ出すんですから・・・。
あなどれません。

無事に交換終了、ボイラーをつけて様子を見て、蒸気の漏れがない事を確認して、作業終了です。

午前中は仕事が出来ませんでしたが、午後から一気に仕事をして夜の8時ごろに仕上げ終了。
いつもと同じ仕事量ですが、ちょっとずれると長く感じますね。

この寒さで品物の出が少し鈍ったのが幸いでした。
これが最盛期の量だったらと思うと・・・・・、まだ仕事しているかもしれません。

とりあえず、これで準備万端、安心して仕事が出来ますね。

今週はどうも雨続きのようです。
この雨が終わったら本格的にクリーニングにお持ちになられるのでしょうか。
今週は一休み、ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

府中公園 桜まつりに行って来ました。

今日は、お休み。
子供のかねてからのご希望で、府中公園の桜まつりに行って来ました。

府中公園は、京王線府中駅から歩いて10分ほどの所にある、桜が綺麗に咲いている公園です。
でも、今年は残念ながら桜の時期を少し逃したようで、葉桜が主だったかな。(笑)

何故、桜まつりに行く事になったかというと、ショーがあったから。
そう、子供に大人気の、轟轟戦隊ボウケンジャーのショーがあったんです。
どこで知ったかと言いますと、府中市の広報がありまして、そこに先々週辺りに載っていました。

今朝は朝早くから番組を見た子供が大騒ぎ、家を出るまでに大騒ぎ、会場に着いてから大騒ぎと終始興奮状態で、大人はついていけません。

12時からのショーにあわせて、妹たちと合流し、早めに会場入りしました。

会場には出店がたくさん出ていまして、焼そばやおでん、トン汁などが売っています。
しかも、値段が良心的。
ほとんどが100円から200円なので、お手軽に買う事が出来ます。
しかも、公園の中は広い芝生ですから、そこここにレジャーシートを広げてくつろいでいる家族もたくさん。

実は私府中公園の桜まつりに行ったのは初めてで。
いつも混んでいるので敬遠をしていたんですね。
でもいってみると、今まで行かなかったのがもったいないと痛感しました。

おでんを食べさせたりしているうちに、ショーの始まりです。

戦隊物に出てきそうな、おねーさんが登場。
もう、子供は大興奮です。
会場は人だかりができていまして、子供の背の高さじゃ見る事が出来ません。
肩車をして見せていたんですが、気が付くと自分の後ろにも物凄い人が。
ボウケンジャーショーの人気の高さがうかがわれます。

30分ほどのショーなんですが、子供たち絶叫、ボウケンジャーの勝利に満足げでした。

終わってみると不思議な物で、先ほどの興奮はどこへやら、ぐったり疲れています。
あれだけ騒げば疲れもしますよね。(笑)

伊勢丹で妹たちと食事をする頃には、今にも寝そうな雰囲気です。
こりゃやばいな?と思いまして、すぐに家に帰ったのですが、先ほどまでのぐったりは演技だったのか?と疑いたくなるほど、また家の中で暴れています。

ぐったりしているのは大人だけですね。

子供の体力は凄い・・・。
そして、世の中のお父さんお母さんも凄い・・・。
そんな事を感じた一日でした。

私ですか?
すでに子供に負けそうです。
今日は早めに寝ます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地べたに置くなんてとんでもない!

この時期は、新規で集配のご依頼を受ける事が増えるのですが、お伺いした時に色々とお話しを聞くんです。
こちらも服の話をしながら、注意する所や扱い方など話をします。

今日は、以前ご利用されていたクリーニング屋さんの話しでとてもびっくりするような事がありました。

お話しを聞くと、以前ご利用されていたクリーニング屋さんも良かったんだけど、ちょっと気になることがあってね・・・・・、とおっしゃいます。
以前着ていただいていてクリーニング屋さんが地べたに品物を置くのを見ちゃったの、という話なんです。

地べたに品物を置くと聞いて、てっきりお店の中の足元に置いたのかなと勘違いしてしまった私は、『クリーニング屋さんは狭い所が多いですから、昔ながらのクリーニング屋さんは足元に置いちゃう人がいるかもしれませんね』、と話をしました。

余談ですが、クリーニング屋さんは結構狭い所で営業をしている所が多いんです。
繁忙期ともなるとお預かりした衣類、仕上がった衣類であふれ、置く所がなくなるという事態も起こります。
そこで、お店によってまちまちですがお預かりした衣類を、袋に入れて下に置くところ、下になにか敷いて置く所、何も敷かずにそのまま置く所、と言うような事が起きたりします。

話を元に戻します。

この話、私の勘違いだったんです。
地べたとは、表の事、玄関のすぐ外での話だったんです。

品物を預かって玄関を出た所で衣類をそのまま地べたに置いたらしいんです。

これには正直ビックリしました。
お預かりした衣類が確かに物凄く多かったらしいのですが、一度に運べないなら何度かに分ければ済む話。
もしくは、袋を持っていって入れていけば済んでしまいます。

なんで、洗う前とはいえ地べたに置いちゃうんでしょうか。
かなりショックを受けました・・・。

ついついと言う出来心なのか、慢心なのか、私にはわかりません。
ほとんどのクリーニング屋さんはこんな事をしていないと思います。
でも、一軒でもこのような事をやっていれば、消費者の方はショックですよね。
良い仕事をしていてもこれではいけません。

人の振り見て我が振り直せ、じゃありませんが、今日の話は心に刻み込みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はかなり汚れていますよー。

今年の品物はかなり汚れています。
特に、オーバーやコートの汚れが凄いですね。

寒かったので着用する機会が多かったんでしょう。

こういう年は注意が必要です。
衣類の汚れは気付かない人はまったく気付きません。
去年までのつもりで、洗うのを忘れたいたり、来年洗おう♪なんていう人は虫やカビにやられちゃう可能盛大です。

まず、自分の服を良く見てみる事が重要です。
汚れが目立つ箇所は大体決まってきます。

襟や袖口、ポケット、裾。

この周辺を見ていただければ、汚れているか判断がつくでしょう。
また、汚れているかどうかの判断の一つに返り襟の裏側と比べると言う手もあります。
返り襟とは、コートなどの身頃の部分の三角の襟。
折れ曲がっている所の裏地の色が本当の色です。

ここの色と汚れているんではないかなあと言う場所と照らし合わせてみると、はっきりと分ると思います。

実はこの方法、良くないクリーニング屋さんを見分ける時にも使えるんです。
逆汚染している衣類も同じように色が違うので、一般の方でも見分ける事が出来るでしょう。

ちょっと説明が下手ですいません。
詳しく知りたい方は、ご来店いただくか、メールにて連絡をください。
詳しく説明いたします。

ゴールデンウィーク前には冬物の衣類の決着をつけておきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫穴発見!

冬物をお預かりしだして数日、虫穴があいたマフラーを発見しました。

今年に入ってから、虫穴に遭遇したのは初めてで、穴があくまではなく削られたような被害の物は何点かあったのですが、今回のマフラーはしっかりと穴が4つほどあいています。

穴は広範囲にぽつぽつとあるんですが、見ているとどうも規則性があるんですね。
上のほうに集中しています。

もしや?と思い、畳んでみると穴があいている箇所がほぼぴったり。

畳んでしまっておいた所をやられてしまったようです。

虫食いの被害は実際にあうまではなかなか信じられないと思います。
これだけ家もしっかり出来ているし、虫が入る余地なんかないんじゃないか、そう思うんではないでしょうか。

でも、しっかりと食われてしまうんですよね。(>_<)

今回のマフラーも食われ易い特徴を備えていまして、以下のような感じでした。

・ 柔らかい生地
・ 汚れている

この二つが揃っていると、狙われると思って間違いないと思います。

ですから、柔らかい生地の服は特に注意が必要です。
カシミヤやアンゴラ、ウールでもふわっとしたような感触を出している物は注意が必要ですね。
そして、汚れたまま放置しない、と言う事です。

汚れていると虫はそこに寄ってきて食べ始めます。

汚れを落とすと言う事は虫除けの第一歩なんです。

虫の活動期間は大体決まっています。
活動する前に、虫に食われる可能性のある物は、早めに洗うようにしましょう。

仕舞う時は防虫剤と除湿剤をお忘れなく!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちゃんとテストしてくださいね。

クリーニングと言う仕事をしていると、ふとクリーニングって簡単に考えられてる?なんて思う事がしばしばあります。

どういった時にそう思うかと言うと、一般の方のときではなく、アパレルメーカー等と話をしている時です。

先日も、某服飾関係のメーカーの方がいらっしゃいまして、新しい物があるので、ぜひ見ていただきたいと言われました。
服に後からつける服飾品なのですが、ぱっと見た感じあまりいい感じはしません。
と言うのも、どうもクリーニングをすると問題が起こりそうなんですね。

そこで、耐クリーニング性の話をしてみると、まったく分らないとの事。

商業クリーニングはまったく考えていませんから、テストは家庭洗濯機だけでやっています、とのお話でした。

こういうのは非常に困ります。
クリーニング屋さんに持ち込まれる可能性があるものを、テストしていないなんて・・・。
もしそれで事故になったら、どうすればいいか困ってしまいます。

そうお話しをすると、後日またいらっしゃいまして、他でドライクリーニングをしてもらったけど、問題はなかったと言うのです。

ドライクリーニングしても大丈夫!?
どう大丈夫なのか、それじゃあ判断つきません。

よくある話なのですが、アパレルメーカーさんなどにも問い合わせをすると、簡単にドライクリーニング出来るよ、とかドライクリーニング出来ないよ、という話をされるのですが、それだけではどのように出来たのか判断がつかないんですね。

そもそもドライクリーニングにも、溶剤に種類があります。
各々強さというものが違いまして、弱い物で大丈夫でも、強い物だと事故が起きる、と言う事もあるんですね。
また、弱い溶剤でも、溶剤温度が高いと事故が起きてしまったり、洗浄時間の長さでも問題が起こるケースがあります。

つまり、私たちが欲しい情報は、どういった条件でどういった作業が事故が起きるか起きないか、と言う事なんです。

それらが分れば、ギリギリの所で洗う事も出来るし、場合によっては洗えないと判断するかもしれません。
事故を未然に防ぐ事が出来るんですね。

また、ドライクリーニングで普通に戻ってきたよ、といわれても困ります。
乾燥工程をしたのかしないのか、これも影響がある話なのに、お店に任して帰ってきたから大丈夫、では話になりません。

洗浄テストには色々な意味があると思います。
衣類製品の強度を測ると言う目的もあるでしょう。
しかし、捉え方によってはどのレベルまでなら大丈夫と言う指標を測っているともいえます。
そのような現実に即した情報をアパレルや私たちクリーニング業者が共有できると、事故も減るし、お客様も綺麗に着つづけることができるようになると思います。

より具体的に、より現実的な情報を交換できるように、洗浄テストを軽く見ないで頂きたいです。

作る側も良い物を提供しようと努力していると思います。
ぜひ、私たちにも協力させてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅配クリーニング?集配クリーニング?

この時期はクリーニング屋さんにとって、一年で一番忙しい時期になります。
クリーニング業界で言うところの、『繁忙期』です。

インターネットのホームページを見て電話でお問い合わせをたくさん頂くのですが、その中で微妙に迷ってしまう言葉があります。

『宅配して頂けるんですか?』と『集配して頂けるんですか』と言う言葉です。
最近は、宅配と言う言葉の方が多いかもしれません。

当店の集配エリア内のお客様なら、宅配と言う言葉はイコール集配と何となく理解できるのですが、微妙なのが集配エリアからちょっと外れた地域。

取り来て頂きたいのか宅配便で発送するのか、迷う事があります。
もちろんその場でお話しを聞きまして、どっちなのか聞くんですが、今でこそ慣れましたが初めの頃はかなりあたふたしてしまいました。

言葉と言うものはその時その時で意味も使い方も微妙に変わってきます。
今までなら、集配クリーニングと言うのが一般的だったと思いますが、宅配クリーニングと言う言葉がそれ以上に一般の方々に認知されているんでしょう。

特に、この時期のクリーニングは冬物衣料をまとめて洗う時期ですから、出来る事なら取りに来て欲しいと思う人はたくさんいるはずです。
インターネットでの検索も増えていますよね。

当店では、取りに伺いするサービスも宅配便を使ってのサービスもどちらも対応しております。
遠慮なく、お問い合わせください。
特に、インターネットからの注文は、不安が多い事と思います。
ご利用される前に、気になることがありましたら遠慮なくお問い合わせくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セーターを洗うときの注意点

今日は風が物凄かったですね。

電線はブンブン音が鳴っているし、家は揺れるし・・・。
地震が来たかと思ってしまいました。
果ては、セブンイレブンさんの物置が風で倒れてしまって・・・。
これだけでも相当な強さだった事が伺えます。

段々と暖かくなってきて、冬物の衣類の整理を始めようとしている人も多いのではないでしょうか。
全部クリーニングに出すわけには行かない、出来るものは自分で洗いたい、このような話を最近良く耳にします。

そこで、ご家庭でセーターを洗う時の注意点などを少し書いてみましょう。

セーターを洗うときに、まず素材の確認をします。
化学繊維のものはほぼ大丈夫でしょう。
洗濯表示で、水洗い×になっていなければ洗う事が出来ます。

毛のものは注意が必要です。
洗えない事はないのですが、間違った処置をすると縮んでしまうのです。

ウールには、人間の髪の毛を同じようにキューティクルがあります。
人間と違う所は、このキューティクルが水を含むと広がってしまうのです。
うろこが逆立ったようなものをイメージしてください。
この逆立ったキューティクルが絡み合って縮みを起こしてしまいます。

ですから、ウールを洗うときは、揉まないでください、という表現を使うのです。

また、このキューティクルは水の温度によっても開き方に違いがあります。
やはり、温度が高い方がより開いてしまうので、ウールを洗うときにはあまり水温をあげないほうがいいんです。

微妙なのは、温度が高い方が汚れの落ちがいいということ。
この辺のジレンマがありますね。

次に、洗濯表示を確認します。
洗濯表示は、家庭洗濯において大事な情報の一つです。
このマークが示す事は、やってはいけないこと、できる事、この二つを教えてくれます。

先ほど書いたように、ウールは扱い方さえ間違わなければ水洗いをする事が出来ます。
しかし、中には水洗い×がついているケースもあります。
これは、染色に問題があったりするのでやめておいたほうが無難でしょう。

綿だからとかウールだからとか、勝手な判断で洗ってしまう事が一番危ないです。
綿でも水洗いに適さないものがあるんですね。

表示にしたがって洗うのがいいと思います。

洗いあがった後は、若干地詰まりを起こしているので、少し伸ばした方がいいです。
これは干す時でもアイロンをかけるときでもかまいませんが、アイロンの蒸気をかけたほうが楽でしょう。

干す時の注意点は、ハンガーに干さない事。
ハンガーに干すと、衣類の重さで下に延びてしまうんです。
そうすると、だらーんとした衣類が出来上がってしまい、みっともなくなります。

水で洗うと、どうしても腰が抜けたようになってしまいます。
ここは覚えておいてくださいね。

色鮮やかに、生地の張りを持たせて洗うのなら、きちんとした仕事をしているクリーニング屋さんに出す方がいいと思います。
いわゆる、大事な衣類だけってやつですね。

衣類は自分で洗う事ももちろん出来ます。
洗えるもの洗えないもの、家庭で洗ってもかまわないもの、プロに任せた方がいいもの、きちんと選別をしましょう。
分けることが出来れば、後はもう簡単です。

冬物の整理、そろそろ始めるようにしましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見が出来ずに残念!

今日は、クリーニング屋さんの仲間と花見をする予定でした。

場所は、川崎市多摩区にある宿河原。
駅から徒歩3分ほどの所にある、小さい小川です。
この小川の両脇に、桜の木が生い茂っていまして、桜のアーチが川を包んでいると言ったイメージでしょうか。

私の大好きな桜の名所です。

ところがところが、天気予報は雨。
前日の予報も雨。
でも、そんなに降るような予報ではないので、当日ギリギリまで待つ事に。

日中、曇ってはいましたが雨は降らなかったので、予報が外れたかな?とちょっと期待してたら、やられました。

そう、夕方から大雨です。(T_T)

外れた事は外れましたけど、大雨の方に外れるなんて・・・。
仕方なく、居酒屋での飲み会に変更し、みんなで楽しく飲んで来ました。

来週はもう散っちゃいますよね・・・。
毎年、ここの桜は楽しみにしているので、来年までお預けと思うとちょっと残念です。

来週は府中市内の桜を堪能しちゃおうと思います。
府中公園周辺も桜のアーチが出来ていて綺麗ですし、まだまだたくさんありますから。

さくら、楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪いクリーニングをするとどうなるか?

今日は花見日和でしたね。
午前中の集配が、所々の花見渋滞で遅れ気味でした。

府中市周辺は、桜の見所が多く、また今日の私の集配範囲が小金井市や国分寺市、多摩市などと公園が充実している地域が多かったせいかもしれません。

さて、日頃このブログでクリーニング屋さんは選ばないとダメですよ、と書いて来ました。
えらい目にあうと。

具体的に書いた覚えがないので、どんな風になってしまうか書いてみましょう。

特に変化の激しい、分りやすいカシミヤやアンゴラ製品を例に挙げてみます。

カシミヤやアンゴラは繊維が細くとても柔らかい繊維です。
そのため、肌触りがよくて軽く、着易いんですね。
カシミヤはつやもありますから、その光沢が好きと言う方もいらっしゃるでしょう。

この繊細な素材を、悪いクリーニングをするとどうなってしまうでしょうか?

ケース1  硬くなる。

原因は色々と考えられますが、カシミヤやアンゴラの独自の柔らかさがなくなり、まるでウールのような硬さになります。
表面はざらざらした感触になり、風合いも変化してしまい、同じ物?と疑いたくなってしまう事もあります。

クリーニング屋さんによっては柔らかさを出すためにシリコンを使う事があるのですが、硬くなってしまうと表面だけすべりが良くなり、腰が硬いという不思議なカシミヤやアンゴラが出来上がります。


ケース2 縮む

こちらも原因は様々です。
柔らかい繊維なので扱いが難しく熱の影響などをもろに受けます。
そのため、全体的に縮んでしまい、硬さにつながってしまう事があります。


ケース3 全体的に汚れて帰ってくる

これはいわゆる逆汚染と呼ばれるものなのですが、落としたはずの汚れが服に逆戻りしてしまう事をいいます。
逆汚染をすると、全体的にくすんだ色になってしまい、一気に古ぼけた服へと変化してしまいます。

よく、白を出すと黒ずんでくる、という話を聞くと思います。
これも逆汚染の一つなのですが、白の場合はそれだけが原因とはいえないケースもありまして、非常に難しい判断になります。
白以外で、みなさんが経験しているのは、薄いブルーや薄いピンクではないでしょうか。
実はこの二つの色は逆汚染をした時に最もはっきりと分る色合いなんです。

元がとてもいい色なので、逆汚染をして、黒ずんでくると見るに堪えないようなくすんだ色になります。
女性の着るカシミヤやアンゴラのセーターやカーデガンはこの色がわりと多いので、逆汚染の被害を受けている人は多いのではないでしょうか。

以上のような事が、ひどいクリーニングを受けた時に出る症状です。
これ以外にもありますが、一般の方にも分りやすいケースを取り上げてみました。

しかし、ここで注意をしていただきたいのが、これに似たケースでもクリーニングに問題がない場合もあります。
たとえば、逆汚染と思っていたものが実は汚れすぎで落ちなかったと言う事もありますし、硬くなったり縮んだりと言うものも、製品に問題があると言う場合ももちろんあります。

繊維製品に関しては、原因が色々と考えられるので、その特定をするのが先決です。

去年、カシミヤのオーバーをお預かりしていた中で、このような症状が出ていても気付かなかったお客様がたくさんいらっしゃったんです。
気付かないで損をしているなんて、ちょっとかわいそうだなと感じていました。

当店にお持ちいただいた衣類でこのような症状が出ているものは、なるべく元に戻すようにしています。
しかし、それにも限度があります。
最初のクリーニングで間違わないように、しっかりとクリーニング店を選んでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »