« 畳みから立体へ。 | トップページ | ドンキホーテへ行ってみました。 »

いざ無くなって見るとさびしいものですね。

今日の配達で、多摩市へ行った帰りのこと。

いつもの様に関戸橋を何気なく走っていたのですが、何かが違うんですよね。
景色が広いんですよ。

さくらサンリバーが壊され、周りのシートも外れ、今まで見えなかったものが見えるようになりました。

こんなに広い土地だったんですねえ。
閉鎖されてから、壊されるまでどこかにもしかしたら復活するんじゃないかな?なんていう期待もあったんですが、甘かったですね。

さくらサンリバーは今こうして考えてみると、中河原の象徴だったんでしょう。
多摩から帰ってくるときも、府中から出かけるときも、サンリバーのボーリングのピンを見てきました。
さくらサンリバー見れば、帰ってきたんだなあと思いましたし。

跡地にはマンションが建ちます。
ライオンズマンションです。

多摩川沿いは、これからも色々と変化していく事と思います。
企業が撤退したり、また新しいマンションが建つかもしれません。
もとから中河原は比較的広い土地がありましたから、マンションや企業などが入りやすいんですよね。

これだけ住民が増えれば、自ずと大きい企業も入ってくるのではないでしょうか。
四谷にも大きなショッピングセンターが出来るという話ですし。

新しい建物が建てば、少しは気持ちが変わるかもしれませんね。
新しく中河原の顔になる建物、期待しています。

|

« 畳みから立体へ。 | トップページ | ドンキホーテへ行ってみました。 »

中河原の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畳みから立体へ。 | トップページ | ドンキホーテへ行ってみました。 »