« 衣類を長持ちさせる秘訣 | トップページ | 丁寧に着る。 »

釣り堀へ

天気予報が変わり、日曜日も雨が降らずに済みそう・・・・・、と言うことなので、釣り堀へ行く事にしました。
実は天気予報を信じていなくて、曇りの予報でも降るんじゃないの?と思ったので、午前中で終わる釣りを選んだわけです。

後でこの選択が見事に的中するわけですが・・・。

実は府中市には釣り堀があります。
場所は中河原と分倍河原の間といいますか、同じくらいの距離といいますか。
南町にあります。

府中へら鮒センターです。

駐車場もでっかく完備、素人さんでも手ぶらでいける嬉しい釣り堀となっています。

上の息子が釣りをしたいと言っていたのですが、まだ4歳。
そんなに大きい魚は釣る事が出来ないだろうと判断して、ここへ来ました。
目当ては、雑魚つりです。

所が、久しぶりにくると、雑魚釣りがなくなっています。
困ったなあと思いつつ、鯉釣りへと変更しました。

中でお金を支払います。
1時間600円。
釣りざおと餌を頂くんですが、大きい方がいいですか小さい方がいいですかと尋ねられるんです。

ここの鯉は本当に大きくて、40センチ以上の鯉がばかばか釣れたりします。
ところが、雑魚釣りを止めた変わりに小さい池を作りまして、小さい鯉を釣る場所を作ってくれたようなんです。

しめた!と思いまして、小さい鯉釣りにしました。

中に入って、網を取り、池の周りを見渡します。
天気のせいなのか、わりと空いていていい感じです。

子供と一緒にビールケースに座りまして、釣り開始、です。

釣りをやった事無い方は難しいんじゃない?と思うかもしれません。
しかし、ここは至ってシンプル。
さおにすでに仕掛けは作ってありますので、針に練り餌(団子のような粉を練った餌です)をつけまして、池へ落とすだけ。
入れるとそう間もなく浮きがぴくぴく動き出します。

ここはじっと我慢。

そのうち、ぐいっと水の中に浮きが沈むんです。
そこをパッとさおを上げると魚が釣れています。

ね、簡単でしょ?
初めての女性でも簡単だし、癒されますよ〜。


以前は魚篭(びく)がありまして釣った魚を入れて置けたんですが、近年のコイヘルベスという病気のせいで、魚篭はなくなったそうです。
また、竿も持ち込み禁止。
一匹でもかかると池の鯉が全部死んでしまうかららしいです。

魚篭に物凄い量の鯉をいれて重さを測るのが楽しかったんですけどねえ。

さてさて、釣り始めてしばし。
初めてだし、子供にそんなに集中力はありませんので、なかなか釣れません。
やっぱりダメかな?と半ばあきらめていた所、運良くあげた竿に魚がヒット!
初めて魚を釣る事が出来ました。
もう大はしゃぎです。

ここの釣り針は返しと言うものがついていませんので、釣った魚から針が簡単に取れます。
また、魚にも優しいんですよね。

その後、面白かったらしく、時間を延長して結局2時間ほどで釣りを終了。
息子の今日の釣果は、鯉7匹、お父さん一人、自分一人でした。
お約束で周りにいる人間を釣るのはやめて欲しい・・・。

途中、仕掛けが切れるアクシデントもあったんですが、100円で竿を変えてもらえますからご安心を。

私が一人で来る時は半日釣りをするんです。
2100円だったかと思うんですが、それで4時間ほど釣りが出来ます。
飽きるほど釣れたかと思うと、全然釣れない時間帯もあったりして、色々と楽しめます。
釣れないときは物思いにふけったりして。
釣れだすとそんなの考える余裕もありませんしね。

今日はご家族で来ている方も沢山いらっしゃいました。
家族連れでもいいかも。

釣りも終わり、今度は家に残してきた娘と奥さん孝行です。
日曜のお昼御飯くらいは、外食に連れて行ってあげないとかわいそうかなあと思いまして、ご飯を食べにいくことにしました。
ここでも子供の要望で蕎麦屋さんへ。
よく出来た子供たちです。(笑)

御飯を食べた後は、娘のサンダルと上の子の帽子を買いにイトーヨーカドーへ。
ご飯を食べ始めた頃からポツリポツリと雨が降ってきていまして、イトーヨーカドーに入る頃にはちょっと強く降って来ました。

うん、私の予想通りです・・・。
この時期の天気予報は当てになりません。
出てくる頃にはやんでいたんですけどね。

帰ってきたのが夕方。
1週間の疲れも出てますし、私だけお昼寝させてもらいました。

今日は府中から出ていませんねえ。
晴れてくれれば昭和記念公園や郷土の森へ行きたいんですが、この天気じゃねえ・・・。
来週こそは晴れてほしいものです。

|

« 衣類を長持ちさせる秘訣 | トップページ | 丁寧に着る。 »

府中の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衣類を長持ちさせる秘訣 | トップページ | 丁寧に着る。 »