« なくなっちゃうのかなあ。 | トップページ | 梅雨の中休み。 »

この生地であまりハードに着ちゃあ良くないと思います・・・。

ここ数年、高級獣毛品が多く出回っていますよね。
いわゆる、カシミヤやアンゴラと言った商品です。

数年前までは、これらがウールとか毛という表現一つで一括りにされていたんですから、恐ろしい。
メーカーの方で、付記表記としてカシミヤやアンゴラと言った表示はついていましたが。

お預かりする時に、カシミヤやアンゴラなどの柔らかく注意が必要な衣類の時は、お話しをするように心がけているのですが、最近は自分がどんな素材の衣類を持っているか知らない人が増えました。
お話しをうかがうと、素材などは気にせず、値段が高い商品なので良い物で長持ちするだろう、と思って購入をするらしいです。

そのせいでしょうか、素材に合わない着方をする方が増えて来ました。

とても柔らかいカシミヤのセーターを、普通のセーターのようにシミだらけにしてしまったり・・・。
また、糸が抜け易いアンゴラのコートを着てショルダーバッグを抱えたり・・・。
当然、弱い製品なので穴があいてしまいます。

素材には各々特徴があります。
昔の人は素材の特徴を知っていたので、用途用途で使い分けたりしていたんですよね。

以前ここで書きましたが、高い商品が長持ちするとは限らないです。
特に衣類では、柔らかさや肌触りなどがよくて高級化しているものもあります。
このような場合は、耐久性は弱いと思う方が賢明です。
汚れがひどくなる前に洗うようにしないと、汚れを落とすか?生地を大事にするか?厳しい選択に悩む事になります。

まず、皆さんご自分の持っている服の素材を知りましょう。
素材によって、どのような着方をするか、分かれてきます。
衣類を長持ちさせる第一歩です。

柔らかい生地は特に扱いが難しいので、着る時もあまりハードに着るのはオススメしません。
丁寧に着てあげましょう。

| |

« なくなっちゃうのかなあ。 | トップページ | 梅雨の中休み。 »

クリーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なくなっちゃうのかなあ。 | トップページ | 梅雨の中休み。 »